全5ページ 1 2 3 4 5 [次のページ]
3月19日【SAFE YOUR FUTURE】
2013 03.19 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


今夜は、被災地支援などの活動をおこなっている学生に スタジオに来てもらいました!

名古屋学院大学 災害復興支援チーム あすなろ 竹内貴幸(たけうち・たかゆき)くん
そして、愛知淑徳大学メディアプロデュース学部 森優輝(もり・ゆうき)くん

学生のお2人に・・・
「災害に備えるために、今 自分に何ができるのか」をテーマに
アイデアを出し合ってもらいました。

● 過去にどのような活動をおこなってきたんでしょうか?
竹内:被災地で、今 何が必要なのか調べるため、
    NPO団体、社会福祉団体の方々の協力を元に、
    宮城県で交流イベントをおこないました。
森:福島県で現地の学生と「今、伝えたいこと」をテーマに映像作品を作成。
  その経験をふまえ、上映会を開催しました。

● 被災地で見て、聞いたことから、今 災害に備えて 自分でしていることはありますか?
竹内:自分が被災地に行くことで、自分の周り、親などの意識が変わりました。
    その結果、家族で対策方法について考えるようになりました。
森:現地の方が口々に「名古屋に伝えてほしい」とおっしゃっていました。
  自分が周りに伝えて、防災意識を高めてもらえるように行動しています。

● 今後 災害に備えて、自分で、またはこの東海エリアで、
  どのようなことをするべきだと思いますか?
竹内:防災団体ではないですが、地域でおこなわれる防災訓練などで、
    被災地の状況などを広く伝えて行きたいと思っています。
森:防災についてのイベントを開催予定。
  月に1回、防災デーを設けてセミナーを開催したいと思っています。


竹内くんの今後の活動情報はfacebookをチェックしてください!
↓ ↓ ↓
竹内くん:「名古屋学院大学・災害復興支援チームあすなろ」

森くんは、現在「アースデイいわきinなごや2013」という企画に関わっているそう。
↓ ↓ ↓

くわしくは・・・コチラから!
by STAFF | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


3月12日【SAFE YOUR FUTURE】非常食のアレンジレシピ
2013 03.12 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


昨日で 東日本大震災の発生から2年がたちました。
みずからの「防災」について、考え直す1日になったのではないでしょうか?


身近な避難所の確認、家族の安否確認の仕方、
防災グッズの確認 などを、改めておこなった方も多いと思いますが、
「非常食」の確認は、済んでいますか?

たくさん非常食を準備してあるから・・・と、安心するのは禁物。
気づいたら賞味期限が切れていた、ということも 考えられます。
「非常食」は、季節ごとにチェックしておく必要があります。

そんな「非常食」の中でも代表的なのは、「カンパン」。
備蓄している家庭も多いと思います。

カンパンの賞味期限は、長いもので5年。
ただ、せっかく備蓄しておいても、
賞味期限が切れてしまってはもったいないですよね。
期限が切れる前に、ぜひ日常のおやつや食事に利用してみてください。


カンパンを使ったレシピも、
インターネットで検索してみると たくさん出てきます。

例えば・・・
●油で揚げてドーナツ風に
● 細かく砕いてケーキの台に
● グラタン
● クルトンとして
● パン粉の代わりに
●牛乳とシリアル風にして食べる
・・・などなど。


先日、RADIOKICKスタッフは、
防災イベントに参加して「カンパン」をもらいましたが、
そこにはオリジナルのレシピもついていました。

レシピを紹介しますと・・・
まずは【カンパンでホットケーキ】
作り方は、パンを金づちで粉々にし、
牛乳200ccと 卵1個を加え、よく混ぜて焼く。

そして【カンパンだんご】
こちらは、粉にしたカンパンに水か牛乳を加え、
はちみつ・ジャム・チョコシロップなどを混ぜてだんごにする。

・・・とのこと!

家で賞味期限間近のカンパンがあれば、ぜひ美味しくアレンジしてみてください。
非常食のチェックはこまめに。そして、買い替えも忘れずに!



by STAFF | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


3月5日【SAFE YOUR FUTURE】高校生ボランティア団体「bud」
2013 03.05 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今夜は、高校生ボランティア団体の
代表 鈴木花衣さん、そして竹内友梨恵さんにお話を伺いました!


「bud」、東北物産展を開催します!

【第18回 西区ボランティアまつり みんなでわいわいコミュニケーション】
日時:3月9日(土曜日)午前10時から正午
場所:西区役所2階講堂


高校生ボランティア団体「bud」のHPは⇒ コチラ

by STAFF | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


2月26日【SAFE YOUR FUTURE】ボランティア大交流会
2013 02.26 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今週は 災害に強いまちづくりのための活動をしています
「NPO法人レスキューストックヤード」が 先日 開催したイベント
「ボランティア大交流会」に スタッフが行ってきた模様をお届けしました。


今回、ボランティア団体「RSY758」の
キックオフとして開催された「ボランティア大交流会」。

当日は、事前の呼びかけに100名以上の参加者が募り、
「被災地の今」や「地震の備え」について紹介されたブースめぐりをはじめ、
被災地とのスカイプ中継や、講演会、
さらには「わたしたちにできること」を考えるワークショップも開催されました。



当日の参加者数はなんと127名!


会場のブースには、被災地での写真も掲載されていました。


「わたしたちにできること」を考えるワークショップでは、
お茶を飲みつつ、クッキーを食べながら、
2つのテーマについて15のグループにわかれて話し合いました。


グループによって、様々な意見がありますね!


そして、それぞれのグループで良かったアイデアを
A4用紙に書いて貼りだしました。

参加したスタッフも、
改めて「防災」や「被災地支援」について考えるきっかけになりました!


次回の実行委員会は3月6日(水)19:00〜RSY事務所です。
参加できる方はぜひ!

そして次の目玉企画は、5月12日(日)に行う予定の帰宅困難ウォーク大会です。

誰もが災害時には帰宅困難者になる可能性があります。
通学?通勤?もしくは旅行中に見知らぬ土地で…ということがあるかもしれません。

どんなことに気を付けないといけないのか、みんなで歩いて楽しくプチ知識を身に着けませんか?

レスキューストックヤードのHPは⇒ コチラ

by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


2月19日【SAFE YOUR FUTURE】自宅の耐震性
2013 02.19 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


今週は 愛知県防災局が発行している
防災パンフレット「防災・減災 備Lガイド」を参考に、
「自宅の耐震性」の確認をしていきましょう。

この時期は、新生活の準備をしている方も多いですが、
あなたの選んだマンション や アパートの「耐震」について、詳しく知っていますか?
また、実際に 今みなさんが住んでいる家は、いかがでしょうか?

東日本大震災では、津波の影響で日本各地に甚大な被害をもたらしましたが、
1995年に発生した阪神・淡路大震災では 6,434人の命が奪われ、
そのうち 地震による直接的な死者数は5,502人。
そのおよそ9割の 4,831人が 住宅・建築物の倒壊などにより、亡くなりました。

阪神・淡路大震災 以降は、
全国的に住宅などの耐震化への取組みが進められてきています。
みなさんも「耐震工事中」の建物を見かける機会があると思います。

ここ愛知県では、平成23年度におよそ85%となっている住宅の耐震化率を、
平成32年までに95%とする
「愛知県 建築物 耐震改修 促進計画−あいち建築減災プラン2020−」を掲げ、
災害に強いまちづくりに取り組んでいます。


その取り組みの中で、建物の「無料耐震診断」もおこなわれていて、
対象は、古い耐震基準によって 昭和56年5月31日までに着工された
木造住宅となっています。

しかし、昭和56年6月1日以降に着工された家であっても 年々 劣化していきます。
定期的に修繕されているかによって耐震性も変わります。
「耐震診断」も定期的に受けることをおすすめします。


また、愛知県がホームページで公開している「愛知県 防災学習システム」では、
大地震が起こったときの自宅の様子を シミュレーションできます。

ぜひ自分が住んでいる家の耐震状況のチェックに、役立ててみてください。


「防災・減災 備Lガイド」のダウンロードは⇒ コチラ

by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


2月12日【SAFE YOUR FUTURE】避難場所の確認
2013 02.12 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


今週は 愛知県防災局が発行している
防災パンフレット「防災・減災 備L(そなえる)ガイド」を参考に、
災害時の避難方法の確認をしていきます。

みなさんは、地震や台風などの災害時に避難する場所、
そして、そこまでの安全な経路を把握できていますか?

地震 や 風水害など 災害の種類によって、
避難する場所はいつも同じとは限りません。
避難する場所を確認し、そこまでのルートを決めておきましょう。


それでは、避難所の種類を 紹介します。

その1「一時 避難場所」
危険を避けるため、ひとまず身を守るための場所です。
近所の広場や公園、空き地などがあります。

その2「広域 避難場所」
一時避難が危険となるような 延焼火災が発生した場合に
身の安全を確保するための場所です。
周辺に建物の少ない「大規模な公園」や「競技場」などがあります。


その3「津波避難ビル」
津波から避難するときに、
近くに高台がない場合は一時的な避難場所となる「津波避難ビル」に逃げましょう。
愛知県内でも、東日本大震災の後、津波避難ビルの整備・指定が進められています。

その4「避難所」
被災により自宅などで生活できない方を 一定期間 受け入れるための施設です。
地域への支援の拠点となる場所でもあります。

その5「福祉避難所」
公的施設のほか、指定の民間福祉施設など、
要援護者や 障がい者が 必要な生活支援が受けられる体制を整備した避難所です。
避難する場所の利用用途は、災害の規模や種類によっても違ってきます。
いざという時、家族で避難するための場所を確認しておきましょう。


また、避難する場所は 家族が別々の場所で被災した時の集合場所にもなります。
避難経路を確認するために、家族と実際に歩いてみることで、
途中、ブロック塀や自動販売機などの場所を地図にメモして、
危険を予測しておくこともできます。

ぜひ今一度、自分の家、学校、職場付近の「避難場所」を
家族全員で 確認してみてください。


「防災・減災 備Lガイド」のダウンロードは⇒ コチラ

by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


2月5日【SAFE YOUR FUTURE】RSY758
2013 02.05 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今夜は、災害に強いまちづくりのための活動をしています
「NPO法人レスキューストックヤード」の加藤祐子さんにお話を伺いました。

さて、「レスキューストックヤード」は、昨年の秋、
「RSY758」という新たなボランティアグループを発足しました。
今まで様々なボランティア活動をおこなってきたレスキューストックヤードが、
なぜ改めてボランティアグループを発足することになったのでしょうか?

加藤さん:
震災直後から、宮城県七ヶ浜町にボランティアバスを派遣してきました。
このボランティアバスだけでも 800人以上の方が参加し、
今回の震災をきっかけに新しくボランティアに関わってくれた人も多くいました。

震災から間もなく2年がたち、報道が減っているのが現状です。
一方でまだ何かできることがあるのでは?と考えている人もいるはず。

そのような想いを共有する場があってもいいんじゃないかと思い、発足しました。


■「RSY758」、具体的な活動内容は?

加藤さん:
「RSY758」、今後の活動として、
2月24日(日)にクラブダイアモンドホール スペース“D”(Aホール)にて
「ボランティア大交流会」がおこなわれます。これがキックオフになります。

その後、メンバーで今後の活動を相談します。
例えば・・・
帰宅困難者に自分がなったら・・・と想定し、みんなで一定の距離を歩いてみたり、
非常時に生き延びられる知恵、知識を楽しみながら学んでいきます。
被災地の経験を学ぶ、被災地の想いを届けるための活動ができればと思っています。


■「RSY758」に参加するには?

加藤さん:
ぜひまずは、24日の交流会に参加してください。
今スグでも、いつでも、レスキューストックヤードの事務所に連絡してもらえればOKです。

被災地への支援活動、自分の身を守るための知識に興味がある方は、
ぜひ参加してください。

***********************************
みんな集まれ!「ボランティア大交流会」開催!!

●日時:2013年2月24日(日)13:00〜17:00(12:30開場)
● 場所:クラブダイアモンドホール・SPACE “D” (Aホール)

※地下鉄東山線・新栄駅より徒歩5分程度
●参加費:500円

● 内容:講演会「被災地の今」「地震のことを考えよう」

ワークショップ「RSY758の今後」「届けよう!被災地へのメッセージ」

東北物産展・写真展・ゲームコーナー(お子さんも一緒に!)・足湯 など
★お楽しみ大抽選会も行います!何が当たるかは当日までのお楽しみ!
★美味しいものを食べながらみんなで話そう!
★ 交流会の詳細をボランティアグループ「RSY758」で考えています。

その進捗については、facebook(rsy758)でチェック!(いいね!してください。)

随時内容を更新していますのでたまにのぞいてみてくださいね。

※もちろんレスキューストックヤードのHP・ブログでも紹介しています。


詳細はレスキューストックヤード オフィシャルサイトから!
by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


1月29日【SAFE YOUR FUTURE】書籍:学校を災害が襲うとき
2013 01.29 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


さて、東日本大震災に関する書籍は、数多く出版されていますよね。
実際の体験記や 防災に関するものなど、分野は様々ですが、
現在、宮城県の学校教師10人に体験を聞き取ってまとめた
『学校を災害が襲うとき』という本が
教育現場をはじめ、一般企業の方からも 注目を集めています。

発売後およそ3ヶ月で初版4000部をほぼ売り切るなど、 
“危機管理本”として話題の『学校を災害が襲うとき』。

仙台市にある宮城教育大学の准教授が、
2011年の夏から半年かけて行ったインタビューをもとに執筆され、
写真を一切掲載せず、登場する教師も全員匿名とし、
「興味本位でなく、言葉だけで事実を伝えること」を目指して出版されました。

10人の教師は、ほとんどが津波被害に遭った沿岸部の学校に勤務。
地震の揺れで子どもたちがパニックになる中 どのように落ち着かせたか、
避難誘導や 避難所での物資配布で 教師の指導力がいかに発揮されたか、など、
具体的なエピソードとともに紹介しています。

また、他の場所を借りて 学校を再開した場合の
校庭や体育館の使用をめぐる調整の苦労など、
一般報道では触れられない話も盛り込まれました。

著者は「震災では子どもも亡くなり、学校は非難を受ける立場に立たされたが、
多くの子どもや住民の命を救ったことも事実。このことを知らせたい」
・・・と話しています。

分かりやすい危機管理の本として、
学校の管理職を中心に一般企業の方にも読まれている
『学校を災害が襲うとき』。

学生の方も「震災時、学校内はどのような状況になっていたのか」を知り、
防災について考えるきっかけになる本です。
ぜひ、チェックしてみてください。



by スタッフ | TIME 21:15|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


1月22日【SAFE YOUR FUTURE】ハザードマップについて
2013 01.22 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


さて、いつ起こるかわからないのが災害の怖さですが、
みなさんは、自分が住んでいる地域で起こった過去の災害、
また、地形や地盤について、詳しく知っていますか?

自分の住んでいる地域は、
災害に対してどのような危険性があるのか、
それを知っておくだけでも 災害対策に繋がります。

その手がかりとなるのが
それぞれの市町村で配布されている【ハザードマップ】。
みなさん、聞いたことはありますか?

「ハザードマップ」とは、
火山の噴火、地震、台風などがおきた場合に想定される災害を
地図上に示したものです。

マップの種類は、洪水・地震・津波・風水害・高潮など
お住まいの地域の特徴によって数種類あります。

例えば・・・「津波の被害」だと、
どこの地域がどのくらい浸水する可能性があるのか?
そういった情報も得ることができます。

これらは、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」から、
市町村がWEBで公開しているハザードマップを閲覧できるので、
ぜひチェックしてみてください。

その他、愛知県が配布している「防災・減災 備Lガイド」を参考に、
災害対策のためにチェックしておくべきポイントを紹介します。

まずは、「地形や地盤」。
地形や地盤は、家の耐震性に大きく影響します。
特に埋立地や造成地は、地盤が軟弱であることが多いため、
揺れが強く、液状化現象や土砂災害が発生しやすい場所です。

また、「土地の標高の違い」によっても災害の起こり方は違います。
建っている場所だけでなく、一戸建てと高層マンションなど、
建物の構造によっても、揺れ方に大きな違いが出ます。

そのほか、地名に「サンズイ」がつく漢字が使われていたり、
水に関係する言葉が使われていたりする地域は、
かつて川や池、沼であった可能性があります。

地元のお年寄りなどにその土地の伝承や成り立ちを聞いてみたり、
古い地図や図書館の文献などで
地域の災害の歴史や地名の由来を調べてみたりしましょう。

過信は禁物ですが、自分たちの暮らす地域が安全なところかどうか、
調べておくことも重要です。


国土交通省「ハザードマップポータルサイト」は⇒ コチラ

「防災・減災 備Lガイド」のダウンロードは⇒ コチラ

by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


1月15日【SAFE YOUR FUTURE】アマチュア無線
2013 01.15 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今日は、日本アマチュア無線連盟の愛知県支部長、
磯直行さんにお話を伺いました。

アマチュア無線、
災害の時には 携帯の電池がきれた時でも、
遠くの人と連絡がとれる手段になります。

しかも特徴は、1対1ではなく、1対“大勢”で話ができること。
それは、安心感がありますよね。

簡単な試験で利用できるようになります。

アマチュア無線について詳しくは⇒ コチラ

by スタッフ | TIME 21:15|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


全5ページ 1 2 3 4 5 [次のページ]
INFORMATION
NEW

カレンダー
前月 Jun 2017 次月
M T W T F S S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
★☆裏キッチンファンタジスタ☆★【たこ焼き?いいえ、オムライスです。】
★☆キッチンファンタジスタ☆★【たこ焼き風 アメリカンドッグ】
ヨガッて範田紗々 - 睡眠のポーズ -
ふらっとナビ - ブーランジェリー Cou Cou - 
【TODAY’S KICK】東急ハンズ 名古屋店のオススメ商品はコチラ!!
*RADIOKICKERS 田口絵未花 独占インタビュー*
3月25日放送『DJ-Nanta Non-Stop mix』Playlist
★☆キッチンファンタジスタ☆★【和風サルサのホットドッグ】
【THE SPECIALIST】  作家 大沼紀子さん 3月21日OA分
【TODAY'S BOOK】ジュンク堂書店
バックナンバー
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Jan 2010
カテゴリー
★☆キッチンファンタジスタ☆★
紗々ちゃん
★☆ RADIO RECYCLE ☆★
プロモーションコーナー
THE SPECIALIST
SUZUKA CIRCUIT MOTOR SPORTS INDEX
DJ-Nanta Non-Stop Mix(毎週月曜日オープニング)
THE 独占
RADIO CLINIC
SAFE YOUR FUTURE
SWING FOR GREEN 2012
岡田智美バスツアー
Let's Talk About AIDS
【TODAY's KICK】杏優先生の占い(月曜日)
【TODAY'S KICK】商品紹介(火曜日)
【TODAY's KICK】ふらっとナビ(水曜日)
【TODAY's KICK】TODAY'S BOOK (木曜日)
トヨタ名古屋自動車大学校テクニカルマスター
なんじょーだいすけ(。・ω・)ノ゛
番組からのお知らせ
イベント
THE 番宣
RKスタッフ
妄想旅行
ヒライのつぶやKICK☆★☆
検 索
LINK