?S41?y?[?W 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 [次のページ]
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
2018 09.08 Sat

女子高生2本立て!


響というのは15歳の女子高生の名前です。
柳本光晴の2017年、マンガ大賞受賞作の映画化です。現在も連載中ですよね。
響の圧倒的な小説の才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマとなっています。
しかもこの響が、決して主張を曲げない。
そのため思わず手も足も出てしまう、キレッキレの高校1年生。
小説家たちとその周辺の人々を描いたドラマなのに、
やたらアクションが多いのも、観ていて面白いです。

その主人公響には愛知県出身、「欅坂46」の平手友梨奈。
これが映画デビューにして、初主演!ぴったり!
メガネをかけた奥にある鋭い目つきと、豪快なアクションが まさに痛快、しびれます。
編集者の花井ふみには、北川景子。高校の文芸部の先輩・りかには、アヤカ・ウィルソン。
さらに小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥といった豪華俳優陣も登場です。

「響(ひびき)」のストーリー。
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた天才少女『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を起こす力を持っていました。文芸誌の編集者・花井ふみとの出会いを経て、
響は一躍脚光を浴びることになるのでした。
しかし響は、自分の信じる生き方を絶対曲げない性格。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができません。
響がとる行動は文芸部の先輩・りかをはじめ、
過去の栄光にすがる有名作家、スクープ欲に満ちた記者などに、
計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始めるのでした
そんななか響の執筆した処女作は、
日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという
歴史的快挙にまで発展していくのでしたが・・・。


9月14日より全国東宝系にて公開です! 



もうひとつは、2015年の映画「ビリギャル」。
名古屋の学習塾・坪田塾長のベストセラー本「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
慶応大学に現役合格した話」の映画化です。略して「ビリギャル」。 
名古屋弁なら「ドベギャル」ですけどね。
夢に向かって突き進む主人公さやかが、
周囲や崩壊寸前だった家族を変えていく青春ストーリーであり、家族の物語でもあります。 
笑って、つい応援して、最後は思わず感動の涙です。
そして舞台は、もちろん名古屋! 栄のプリンセス大通りや テレビ塔、庄内川もでてきます。
主人公のさやかには有村架純。屈託のない笑顔と、ぎこちない名古屋弁がかわいい!
ちなみに名古屋弁指導は本物のビリギャルだった、さやかさんが行ったそうです。
坪田先生には伊藤淳史。母親のああちゃんに、吉田羊。

あんなにお父さんや先生にバカにされても頑張れるさやかをみていると、
思わず勇気がもらえて、応援したくなって、涙がでます。

ぜひ受験生でなくても、ご覧ください!

by 番組スタッフ | TIME 23:36|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
2018 09.01 Sat

もう衝撃的です!

松浦だるまのベストセラー・コミックを原作にした、
劣等感と欲望むきだしのダーク・シンデレラストーリー。

顔にひどい傷のある醜い累が、見た目の美しいニナと出会う。
激しい劣等感と、むくむくと湧き上がる欲望。
そういう気持ち、わかりますよね。

その顔を入れ替えることができたら? そしてその先にあるものは?
 
土屋太鳳・芳根京子が顔を入れ替えるということで、
二人が累とニナの両方の役をやるという、難しい演技。
朝の連続ドラマ主演経験のある芸達者な二人だからこそ、
見応えのあるサスペンスとなりました。

また演出家・烏合には横山裕。羽生田には浅野忠信、
累のお母さんには壇れいが演じています。

この映画「累(かさね)」は9月7日金曜日より全国東宝系にて公開です。



懐かしい映画からは、1999年公開のイギリス映画「ノッティングヒルの恋人」。
19年も前の作品ですが、ロンドンのノッティングヒルを舞台に、
旅行書専門店の男とハリウッドスター女優のラブストーリーです。
なんといっても女優アナを演じるジュリア・ロバーツと、ウィリアムを演じるヒュー・グラントという美男美女コンビが、ユーモアたっぷり、さわやかに演じているのが、とってもキュート。
笑って、きゅんとして、しかもハッピーエンドなのが、観ていて安心できて、楽しいんです。

イギリスとアメリカに住み、スター女優と普通の男など、そう会えるもんじゃない。
でも会えない時間が、愛おしさを募らせていくんですよね。

こういうロマンティックな映画、もっとあってほしいなあ〜。
とにかくまずはTSUTAYAで借りてみましょう!


by 番組スタッフ | TIME 21:24|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
2018 08.25 Sat

「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」。
アニメ「メアリと魔女の花」でデビューを飾ったスタジオポノックから、
新たに短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」がスタート。
その第1弾のテーマが「ちいさな英雄」です。
3人の監督がこの「ちいさな英雄」をテーマに3つの短編アニメを作り上げました。
どれもが全く違った想像の膨らませ方で楽しいです。
3つ足しても54分しかないのも、親子で観るにはぴったりです!

☆それではまず一つ目「カニーニとカニーノ」をご紹介しましょう。
『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督のオリジナルストーリーです。
川底に住むサワガニの家族。
父・トトと母のカカ、兄のカニーニと甘えん坊の弟カニーノは、岩陰で暮らしていますが、
ある日嵐が来ます。
間一髪でトトに助けられたカニーノ。しかしかわりにトトが流されてしまいます。
カニーニとカニーノは、父を探して生まれて初めての旅に出かけるのでした。

☆2つ目の短編は、「サムライエッグ」。
高畑勲監督作品の中核をになった演出家・百瀬義行による家族の愛と感動のドラマです。
少年シュンは、野球好きの元気な小学生。
ママはダンススクールで働きながらシュンを育てています。
そんなシュンは、実は極度のたまごアレルギーに悩まされています。
自分でもしっかり警戒しているのですが、
ある日、間違ってアイスクリームを食べてしまい、異変が起きるのでした。

☆そして3つ目の短編は、「透明人間」。
宮崎駿監督作品の中心を担った山下明彦監督によるスペクタクル・アクションです。
ワイシャツとコート、マフラーにメガネ帽子をかぶった青年だけど、なにかが違う。
彼は透明人間でした。
コンビニの自動ドアもATMも彼を認識しません。それどころか、重りがないと空に浮いてしまうのでした。


8月24日金曜日より全国東宝系にて公開中です。




そして2010年、日本では2014年公開のスウェーデン映画「シンプル・シモン」。
そして今はDVDで見る事ができます。
自分の習慣を大事にし、対人コミュニケーションがうまくいかないアスペルガー症候群のシモン。
彼の眼に映る世界を、ユーモアたっぷりに描いたこの作品。
少しうざいけど、ユニークで愛すべきキャラクターのシモンをあったかく描いているのも楽しいんです。
おおらかな気持ちにさせてくれて、心の持ちようを教えてくれます。
そして北欧デザインのインテリアやファッションも、カラフルでキュート。
音楽も楽しくて、心だけでなく、目も耳もハッピーにさせてくれる、ハートフル・ラブコメディです。
その主人公シモンには、映画「アンナ・カレーニナ」のビル・スカルスガルド。
実はあの映画「マイティ・ソー」シリーズでおなじみのステラン・スカルスガルドの息子なんですよ。
ぜひTSUTAYAでレンタルしてみてくださいね!

by 番組スタッフ | TIME 12:16|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
2018 08.19 Sun

8月31日より公開となる「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。
90年代に女子高生だったあなたは必見!
あの頃のコギャルたちの、恐れを知らないパワーのすごさ。
そして20年後の今、再びつながっていく熱い友情に笑って、泣けます! 
青春っていいなあ。
原作は韓国映画ですが、大根仁監督らしい青春音楽映画となっています。 
しかも音楽担当は小室哲哉。
あの頃の小室サウンドをはじめ、小沢建二やジュディマリ、Charaや久保田利伸など、
ヒット曲満載!
今、辛いことがあっても、この映画を観ると、あの頃のようにまた頑張ろうと思わせてくれるのが
実に爽快な作品となりました。
30代以上の方には、かなり刺さるんじゃないかな〜。
出演者も豪華です。現代の奈美には、篠原涼子。90年代の奈美には広瀬すず。
板谷由香、山本舞香、ともさかりえ、小池栄子、渡辺直美、
池田エライザ、三浦春馬が演じています。

☆ ストーリー、ご紹介しましょう。

ルーズソックスをはき、空前のコギャルブームに沸いた90年代に、
青春を謳歌していた女子高生仲良しグループ“サニー“のメンバー6人は、
20年以上の時を経て、それぞれ問題を抱える大人になっていました。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会しますが、
彼女は末期ガンに侵されていました。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という芹香の願いをかなえるため、
奈美は動き出します。
梅や裕子、心、そして奈々。
かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのでしょうか?


感想をちょっと。

コギャル時代と今と、別々の女優さんが同じ人を演じているわけですが、結構似てます!
渡辺直美に寄せてきた冨田望生もさすが!
そのなかで篠原涼子と広瀬すずが同一人物役。これはかなりどちらも頑張って寄せましたが・・・。


その若いコギャル時代のはじけっぷり。
そうそうこうだったよね〜と思うポイントばっかり!安室ちゃん風ロングヘア、
ルーズソックスにミニスカ、クリーム色のべスト、アルバローザやミージェーンなどのショップバッグ、ラブボートのミラーなど、小物が懐かしすぎ!
 
特に初期のプリクラの機械は、北海道に残っていたのを見つけ、わざわざ取り寄せて撮影に使ったそうです。


そんな彼女たちの20年後、本当にいろいろあったんですよね。
その積み重ねた人生が表情にでているところも切なくていい。
こうして大人になtっても友情っていいよね。あの頃に帰れる喜び。
だからこそ今、友情を大切にしておきたいです。



2012年の日本のドラマ映画「希望の国」。
「冷たい熱帯魚」などでおなじみの園子温監督が、実際に福島の被災地で取材を重ね、
見聞きした事実をもとに描いた、フィクションです。それまでの園監督のタッチとはずいぶん違うのが印象的。
未曾有の事態に巻き込まれた人々の行きどころのない“情感”が、丁寧に細かく描かれているのが
心に染みる作品となっています。
主人公の小野泰彦には、夏八木勲。泰彦の妻・智恵子には、大谷直子。息子の洋一には村上淳。
その妻・いずみには、神楽坂恵が演じています。

☆ 「希望の国」」のストーリー。

東日本大震災から数年後の長島県。酪農を営む小野泰彦は、妻と息子・洋一、その妻・いずみと暮らす生活。
しかし長島県東方沖を襲った地震と、それに続く原発事故は、
人々の生活をたちまち一変させるのでした。
原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、強制退去となるお隣と、道路ひとつ隔てただけで
避難区域外となる小野家。
しかし泰彦は、自主的に洋一夫婦を避難させ、夫婦はここにとどまるのでした。
一方、妊娠がわかったいずみは、子供を守りたい一心で、放射能への恐怖を募らせていきます。
やがて原発は制御不能に陥り、最悪の事態を招いてしまい、
泰彦の家も避難区域となってしまうのでした。

(映画の感想)

喉元をすぎ、町がきれいに片づけられると、忘れてしまう。
そんななか、必死に子供を守ろうとするいずみの姿。
それを見て私たちも、あの大震災のすさまじいい記憶を忘れてないかと突きつけられたようなきがします。
まだ原発事故の処理は続いていることを忘れないようにしたいです。
 



by 番組スタッフ | TIME 12:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
2018 08.08 Wed

アニメ「ペンギン・ハイウェイ」のアオヤマくんの声を担当している
北香那さんにコメントをいただきました!

1997年生まれ。初めての声優でしかも主役ということで、
オーディションに受かったときは、大泣きしたそうです。
アニメが好きで、ずっと声優をやりたかったので、それはうれしかったでしょう!

小学4年生の男の子の役ということで、
当時4年生だった妹の学校に授業参観にいって、
男の子を観察して役作りしたそうです。
でもアオヤマ君は大人びてるので、監督と相談して
実際には6年生くらいを想定して役作りしたそうです。

お姉さん役の蒼井優さんとは現場では1度しかお会いできなくて
それも大緊張だったとか。

出来上がったアニメを鑑賞して「私、蒼井優さんや西島秀俊さんとお話してる!」と
ストーリーよりも声のことばかりきになったそうです。

どの俳優さんもおっしゃいますが、試写のときは自分の演技しか見えなくて
映画を楽しめないそうですね。
何度か見て、やっと映画が楽しめるそうです。

この作品、本当に夏休みらしくて面白くて素敵です!
8月17日より公開です!



もうひとつは過去の作品から「ヘンゼル&グレーテル」。
お菓子の家に閉じ込められた二人が、魔女を倒し、魔女ハンターとなった15年後の世界を描く
ダークホラーアクションです。

なんといっても二人のアクションがすごいです!
魔女たちを倒す話なので、結構グロいシーンも多くて、
目を覆いたくなることもありますが
ユーモアもあって、楽しめます。
夏の夜はこういうのもいいですよね!







by 番組スタッフ | TIME 18:42|コメント(0)|カテゴリー:-

「センセイ君主」と「28日後...」
2018 07.28 Sat

竹内涼真が超クールなメガネをかけた数学の先生というだけで、
これは女子ならかなりきゅんとするのではないでしょうか。

関係ないけど、昔、木村拓哉が「あすなろ白書」でメガネをかけていたのを思い出す…という人は、
アラフォー世代以上ですね(苦笑)

なにはともあれ、そんな弘光先生にひょんなことで夢中になっちゃうあゆはには、浜辺美波。
その暑苦しいほどのアタックぶりに笑えるけど、でもなんか一緒にワクワクできるのが楽しい
ハッピーラブコメです。

追いかけるけど先生に跳ね返される、その距離がだんだん縮まってくるところに、
また別の試練が待っていたり、そういうのがまた胸キュンでいいんです。

友達と一緒に夏休み、わいわい見ながら楽しんでください。


この映画「センセイ君主」は8月1日水曜日、お得に鑑賞できるファーストデーより
全国東宝系にて公開です。




もう1本は2002年、イギリスのサバイバル・ホラー映画「28日後…」。
やはり夏ですからね。ぞーっとするホラーは涼しくなりますが、この作品は、むしろいろいろ考えさせられる名作。
ダニー・ボイル監督作品です。
ウィルスによって凶暴化したゾンビ風の感染者達から逃げる話ですが、これがめっちゃ足早い!
でもそれより怖いのは人間同士の争い。そのあたりをうまく描きつつ、感染していない普通の人を探し続ける主人公の青年ジムの姿にジンときます。途中で4人になって、車で郊外に逃げ出していく。
美しいイギリスの風景と、今起きている恐怖。怖いです〜。
でも誰もいないロンドンも怖いよ。

TSUTAYAでレンタルして観てくださいね!




by 番組スタッフ | TIME 22:29|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「劇場版コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
2018 07.21 Sat

地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、
藍沢は脳外科医としてカナダのトロント医大のレジデントに推薦。
緋山は周産期医療センターの医局長に推薦。
白石はリーダシップについて今も悩む日々。
藤川は冴島との結婚式に胸躍らせ、
一方の冴島は自分の結婚式より、ある若き女性患者を助けることが優先。
5人は旅立ちの日がせまるなか、10年間を共にした互いへの想いを抱えて過ごしています。

しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入ります。
成田空港への航空機緊急着陸事故。そして東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という、
「空」と「海」の未曽有の大事故が連続発生。
史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのでしょうか。


出演は、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、ほかとなっています。

2008年7月にテレビドラマとしてスタート。
リアルな医療・災害現場、患者とそれに接する人々が織りなす
感動の人間ドラマ、そして主人公5人の成長と絆が素晴らしいと、大好評でした。
なによりフライト・ドクターという存在が、10年前には驚きでしたよね。
そのスタートから10年。ついに劇場版が完成、公開となります。


迫力あるのは、ヘリまで全速力で走り、どんな大怪我でも的確に判断して医療を続けるドクターやナース。その冷静さが、本当にカッコイイです。すごい人たちです。頭が下がります。
 
ところが今回は、言えないですけど、こんな事件が発生するとは!
衝撃の展開です。言えない言えない。
あと今はなき児玉清さんが懐かしい映像で登場。椎名桔平演じる部長さんも、いい味出してます。
エンドロールもまた思い出いっぱいで泣けます。ぜひ最後までお楽しみください! 

「劇場版コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は7月27日金曜日より、
ミッドランドスクエアシネマはじめ全国東宝系にて公開です。 



もう1本は2001年のアメリカ映画「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」。
映画「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン監督による不器用な家族の物語です。
独特のクセがニヤッとさせるというか、「しょうがないな、家族って」と思えるおかしみがあり、ほっとします。
そしてアンダーソン監督らしい映像や美術のセンスも、実に素晴らしい。
さらにキャストがジーン・ハックマン、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・スティラー、グウィネス・パルトローなど、豪華で見応えあります。
もちろん大学時代からの親友で俳優のオーウェン・ウィルソンも登場、脚本も監督と共同で書いています。

ストーリーをご紹介しましょう。

テネンバウム家の3人の子供たち。みな天才児でしたが、父親のロイヤルはある事件で家を出ていきます。
それから20年。30代になった長男はビジネスマンですが、妻を事故で失い、被害妄想に取りつかれながら二人の子供を育てています。
養女である長女は作家で、歳の離れた夫と暮らしていますが、1日8時間もバスルームに引きこもっています。
次男はテニス・プレイヤーとして10代から大活躍しましたが、養女の姉の事を密かに思い続けています。
そんなある日、お父さんのロイヤルは、妻や子供たちと和解したい一心で、家に現れます。
妻や子供たちは受け入れませんが、ロイヤルは「自分は余命わずかなんだ」と告白。
「償いをしたいのでチャンスをくれ」という懇願にまけ、一緒に暮らすことになります。
しかしロイヤルは子供たちの生活に介入し、トラブルを引き起こすのでした。


家族ってなんだろう?ひきつけあう力とは、やはり愛情なんでしょうね。

ぜひTSUTAYAでレンタルしてご覧ください!


by 番組スタッフ | TIME 22:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「未来のミライ」細田守監督インタビューと「海街diary」
2018 07.14 Sat

細田守監督、とってもお話好きなんです。
一生懸命作品について語ってくれます。
時にはプライベートなこともしゃべっちゃうので、スタッフもヒヤヒヤ(苦笑)

作品ですが、妹を家族と思えない、親の愛情を妹に取られたと拗ねる4歳児くんちゃんが、
父母やそのまた父母の過去と未来を知り、少しずつ成長していく物語。

お父さんが星野源、なぞの青年には福山雅治が声優をしていますが
なんか似ているので「あてがきですか?」と聞いたら、決してそうではなく、
声を入れたら似てきたそうです。不思議なもんですね。
ただしお母さんの声優には最初から麻生久美子さんと決めていたとか。
細田家と普段から家族ぐるみのお付き合いをされているそうです。

そして肝心のくんちゃん。オーディションでなかなか決まらず、
上白石萌歌ちゃんがミライちゃんのオーディションに来ていたのを、
むしろ「くんちゃんにぴったり」ということで決まったんだそうです。
面白いですね。

そしてくんちゃんの本名。漢字1文字で「訓」だそうです。カッコイイね!
子育て中のお母さん・お父さんはもちろん、これから子供が欲しいなと思う方にもおすすめ。
お盆にもぴったり、ご先祖様にも感謝です。

「未来のミライ」は、7月20日より全国東宝系にて公開です!



過去のおすすめ映画からは「2015年の日本映画「海街diary」。
吉田秋生の名作漫画を、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞映画「万引き家族」の是枝裕和監督が映画化。
鎌倉にある一軒家を舞台に、3姉妹と、新たにやってきたお母さんの違う妹の4姉妹が
一つ屋根の下で暮らす四季を描いた作品です。
それぞれ性格の全く違う4人が、本当の家族になるまでに積み重ねるかけがえのない瞬間に、
思わずじわっと感動させてくれます。家族の形、改めて考えさせてくれます。
その4姉妹を 上から、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが演じています。

それでは「海街diary」のストーリーをご紹介しましょう。
15年前に出て行った父の訃報が届き、葬儀に参列した三姉妹。
そこでお母さんの違う13歳の妹、すずに出会います。
父を奪ったすずの母は、すでに他界。
義理の母と暮らす すずに、長女の幸(さち)は「一緒に暮らさないか」と声をかけます。
鎌倉の家にやってきたすず。看護師でしっかり者の長女の幸、
次女で酒癖も男運も悪いOLの佳乃(よしの)、
三女でスポーツ用品店で働くマイペースな19歳・千佳(ちか)の生活に
中学生のすずが加わり、4人で季節の食卓を囲む生活が始まります。
徐々に鎌倉での生活になじんでゆく、すず。
しかし再婚して音信不通だった三姉妹の母親が、突然祖母の七回忌に現れるのでした。


そう、そのお母さんを大竹しのぶが演じてますが、一気に状況が複雑化。
まあ4姉妹もいろいろ複雑な恋愛関係だったりと、みんないろいろありますよね。
でも自然に囲まれた鎌倉の家は、そんなのを包み込んで、ゆったりと四季が流れていくんです。
これがいいね〜。
人生って毎日の積み重ねなんですよね。改めてdiary、日記という言葉の重みを感じました。
ぜひTSUTAYAでレンタルしてみてくださいね!

by 番組スタッフ | TIME 21:34|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「虹色デイズ」と「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
2018 07.09 Mon

4人の男子高校生たちのかけあい、空気感、そして彼らの本音がわかっちゃうのが、
なんといっても新鮮。そして男子たち本気の恋がわかるのが、女子にはうれしいですね。
そして演じている4人が素敵!
佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星。
4人の楽しそうな空気感がたまらなくキラキラしてます。

そのストーリーですが
高校2年。同じクラスのなっちゃん、まっつん、つよぽん、けいちゃんは、いつも一緒の仲良し4人組。
なっちゃんは同級生の杏奈に片思い。偶然を装って話しかけるものの、連絡先すら交換できません。
というの杏奈の親友のまりが、厳しくブロックするからでした。
それでも徐々に距離が近くなる二人。
まりはそれと共にイライラを募らせるのでした。
夏休み、つよぽんと両想いのゆきりんは将来について話し合いますが、東京にいくかどうか迷っています。
なっちゃんは杏奈と仲良くなりますが、邪魔をするまり。それをみたまっつんは、まりに理由を聞こうとします。
そんな3人をみながら、「僕の恋はいつ始まるのだろう」と悩む恵ちゃん。
秋、恋や進路、将来の選択肢に悩む4人は、もやもやする想いで、ついプールに飛び込むのでした。

青春っていいよね〜。キラキラ男子の青春、7月6日より公開中です。



そして過去の映画からは、2011年のイギリス映画「ワン・デイ 23年のラブストーリー」。
デヴィッド・ニコルズの小説を、ニコルズ自らの脚本で映画化。
23年にわたる恋と友情を、毎年7月15日にスポットを当てて描いたラブ・ロマンスです。
今夜は7月7日で、織姫と牽牛が年に1回会う日ですけど、この二人も毎年7月15日に連絡をとりあう。
年ごとに、二人それぞれ浮き沈みがあって、そしてファッションや音楽も変化していく。そして大人になっていく。
この二人、ラストはいったいどうなるのか。ぜひ7月15日も近い今の時期、ぜひごらんいただきたい。
最後は思わず号泣です。
ヒロイン、エマには映画「レ・ミゼラブル」や「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイ。
デクスターには、映画『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが演じています。

そのストーリーですが
1988年、エジンバラ大学での卒業式。互いに心ひかれ合いながらも友人でいることを選び、
毎年7月15日を一緒に過ごすと決めた、エマとデクスターの二人。
エマはロンドンのメキシコ料理店で働きながら詩人をめざし、
デクスターはテレビの音楽番組の司会者として派手な生活を送っていますが、
毎年この日だけは、二人で旅行に行ったりや恋愛相談したり、友人として交際するのでした。
エマは秘かにデクスターを思い続けるものの、すれ違いも起き、ついにエマも別の男性と同棲。
そして2000年7月15日、エマはデクスターから、別の女性と結婚することを告げられるのでした。


20代は、仕事も恋も忙しくて、本当の自分の気持ちを抑え込んでしまうこと、あるんです。
大人になるにつれて、なくした自分を思い出していく。それが成長というのか、過去というのか。
ぜひこの映画をご覧になって、自分の人生の参考にしてもらえるといいなあ。



by 番組スタッフ | TIME 11:14|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ルームロンダリング」池田エライザさんインタビュー!
2018 06.30 Sat

池田エライザさん、飾らない性格で素直にお話してくださるのがとっても素敵な方です!
幽霊が出てくる映画の主演と聞いて、
最初ビビったけど、
台本読んだら全然そんなことはなくて、
とても楽しく演じられたとか。
共演者の渋川清彦さんや健太郎さん、そしてオダギリ・ジョーさんなどに助けられて、
自然に演技できたそうです。

ご本人もインドアで本を読んだりするタイプなので、
御子ちゃんと共通する部分も多いそうです。

全然怖くない、むしろ笑えて楽しめるホラーコメディとなっています。


あひるちゃんも持ってきてくれました。これは3号だそうです(笑)


モデルさん、写真の写り方となると、さすがプロ!

7月7日より公開です!ぜひご覧ください!



by 番組スタッフ | TIME 23:25|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S41?y?[?W 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 [次のページ]
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Spt 2018 次月
M T W T F S S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
「センセイ君主」と「28日後...」
「劇場版コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
「未来のミライ」細田守監督インタビューと「海街diary」
「虹色デイズ」と「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
「ルームロンダリング」池田エライザさんインタビュー!
バックナンバー
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧