?S1?y?[?W 1
1968年、キャロル・リード監督の映画「オリバー!」
2006 01.27 Fri

今月公開のポランスキー監督をはじめ、愛され数々リメイクされ続けるチャールズ・ディケンズの小説映画化作品です。
主役を演じるのは、映画「小さな恋のメロディ」の二人の少年。歌とともにストーリーが展開する、ミュージカルタッチのヒューマン・ドラマ。

舞台は、19世紀初頭のイギリス。
貧しい孤児院で、生き倒れの一人の女が男の赤ちゃんを産み落として死んでいく。その子はオリバー・ツイストと名付けられ、利発な少年に成長するが、孤児院のあまりに貧しい食事に文句を言ったがために、売りに出されてしまう。
売られた先の葬儀屋から運良く抜け出し、はれて自由の身となったものの、天涯孤独。
夜はどこかの農家の納屋で眠ったり、はたまた野菜カゴにキャベツと一緒にもぐりこんで眠ったり。だが、その野菜かごは、オリバーとともにロンドンへ流れ着いた!
大都会ロンドン!右も左も分からぬまま路地を歩いているうち、自分と同い年くらいの少年ドジャーと知り合った。なんと、彼はスリを生業として日銭を稼いでいると言う。

オリバーと、ドジャー。引き寄せられるように友達になった二人。
二人の少年を取り巻く世界は、貧しいけれど活気豊か。たとえば市場で肉を裁く男たちや、路地で花を売り歩く女たちの声が、オリバーには全て音楽に聞こえるんです。
いわばそれが、ミュージカルとしての、コーラスのスタート合図。
町中の人々が歌う歌と、ダンス。圧倒されるほどに色彩豊かで、楽しげで、活気に溢れている。その活気を始めて目の当たりにして驚くオリバーの頬には、生き生きとした笑顔が浮かぶ。
けれど、明るい笑顔とはウラハラに、やはり貧しさが落とす影は、少年のオリバーの人生を翻弄して行く・・・

ピカレスク文学をも思わせる独特の人間描写が、この映画をいっそう魅力的にしています。
この映画の紅一点、バーの女給をするナンシーを演じるのはシャニ・ウォリス。その、クシャッとなる笑顔はキュートです☆
街中が踊るリズムに顔を輝かせる少年オリバーの笑顔は、今も私たちに『生きる喜び』というものを伝えていますよ。

*ロマンポランスキー監督はオリバーツイストについて奥様から「数々リメイクもあるけれど、原作に忠実なものは一つもないのよ」といわれ、今回の製作に乗り出したとか。
新作映画「オリバー地スト」については、今週末土曜のコーナーで詳しくご紹介!お楽しみに♪


by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 22:45|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月21日公開『天使』
2006 01.11 Wed

東京のとある街。

コンビニ店員のカトウ(内田朝陽)は、彼女が欲しいのに積極的になれずにいた。
シングルファーザーの吉川(永瀬正敏)は恋人のカスミ(永作博美)から子供が嫌いと言われていたが、本当は結婚したいと思っていた。
女子中学生のみずほ(小出早織)は、ちょっとした誤解から学校でいじめに合うようになっていた。
皆が「本当は・・・」という思いを抱えている、いわば日常の風景。
けれどそこに、天使(深田京子)が舞い降りる。

この天使はメイクバッチリ、爪にはファー、しかもジンライム(お酒)が大好き!という一風変わったキュートな小悪魔的存在(天使なのに小悪魔って変な表現ですけどね)。

おしゃれだってしっかりしたい女の子の、憧れの姿がこの天使なのかな、と思います。
天使に振り回されているうち、街はあったかい幸せに包まれるようになっていく、というお話。
天使=素朴で純朴ってステレオタイプなイメージじゃなくって
女性監督らしい、女性作家の漫画の映画化。

見所は映像美!
まるで夢のような夕焼けの冒頭に、映画開始5分で世界に引き込まれてしまうかも(^-^)

桜沢エリカ原作
宮坂まゆみ監督作品。

なんと!永瀬正敏さんのインタビューゲッツしました!
1月14日のオンエアをお楽しみに〜♪愛だろ、愛!




by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 0:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月21日公開『レジェンド・オブ・ゾロ』
2006 01.10 Tue

スピルバーグが放つアクション・エンターテイメント超大作!
(スピルバーグは製作総指揮で、監督は『マスク・オブ・ゾロ』と同じくマーティン・キャンベルです。)
豪華スタッフ・キャストの夢のコラボ!とうたわれる今作。

マスク・オブ・ゾロの続編です。

時代は1850年。カリフォルニアは、アメリカ合衆国の31番目の州になろうとしていた。
けれどそれを阻止しようとたくらむ人達がいた・・・そこでゾロ登場!
前回から時がたって、ゾロには男の子ができてます〜。
その子がまた、ちっちゃいゾロそのものなの!
ちっちゃいゾロが活躍してくれたりします。

見所は、子供も生まれたゾロ夫婦の倦怠期。
『風とともに去りぬ』の終盤にも似た(?)嫉妬の激情とか。
って、書くとメロドラマみたいですが(笑)、
そこは、あのゾロですもん!夫婦喧嘩だってすごいんです。

音楽には、『タイタニック』の巨匠ジェームズ・ホーナー!
いろんな意味でレジェンドです。




by ZIP-Mナビゲーター都竹悦子 | TIME 0:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月14日公開『プライドと偏見』
2006 01.09 Mon

原作はジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」
『ブリジットジョーンズの日記』の元になったものであり、
また『You’ve Got A Mail』で、メグ・ライアンとトム・ハンクスの台詞の端々にも登場してるんですよね。
例えばメグからトムへのメール「この小説は読んだことある?私大好きなの。何度も読んだわ!何度もエリザベスとダーシーは上手くいくのかしら?ってドキドキして読むの」といった調子。
あの映画も、プライドの塊であるトムと、そんなトムへの偏見を拭い去れずにいたメグとのラブストーリーって事で、かなりジェーン・オースティンの「自負と偏見」を軸にしたストーリー展開。いわば、現代版「自負と偏見」だったんでしょう。

でも、自負と偏見、「プライドと偏見」。
今は恋人とのやりとりもメールでも、世が世なら一筆お手紙啓上です。

さぁ、舞台は18世紀末のイギリス。ベネット家(あんまり裕福とはいえないが、一応上流階級)の5人姉妹の2番目として生まれたエリザベス。
高慢で超一流お坊ちゃまのダーシーが、エリザベスに恋をする。
この二人の恋を軸に、他の姉妹の恋を交えて色んな恋愛テーゼがちりばめられてます。

主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』で主役の一端を担ってたしたキーラ・ナイトレイ。(陽にあたった横顔が最高に美しいです。)
また、監督は本作が長編デビュー作!というジョー・ライト。

オール・イギリス・ロケで撮ったという一作で、由緒ある豪邸の数々も要ちぇけら!
イギリス好きにはたまりませんよ〜♪

*本当に有名な原作ですが、登場人物の心の動きを表面に出すという演出がとっても難しい話です。
それを、デビュー作にて任された新人監督。
映画界からの期待が高い監督なのかなー!って感じですよね。
そういう意味で、このジョーライト監督長編デビュー作は映画好きなら抑えておくべきかも!






by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 23:59|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月14日公開『スタンドアップ』
2006 01.08 Sun

『立ち上がる』
これが人生を変える。

炭鉱で働く男たちの映画って割と多いですが、主役は女性です。
ジョージー(シャーリーズ・セロン)は、2人の子供を抱えたシングルマザー。結婚も上手くいかなかった彼女には、何より仕事が必要だった。
そこで働き始めたのは、父親の職場でもある炭鉱。
The男の職場!
そこでは女性職員にセクハラは当たり前、犯罪に近いことも横行していた。
「男の世界に女がしゃしゃり出やがって!」
わー(怒)。
映画の中の幼稚な行動言動、嫌がらせの仕方には、現代日本の男性もきっと怒りを覚えるはず。

もちろん力仕事なので、女性には大変だと思うんですよ。男性のほうが力持ちなのは動かしがたい事実なんですが、
この映画に登場する女性は、そんじょそこらの(?)男性よりもたくましく、仕事の上では男性と同等の実力を持っています。それが台詞ではなく、うまくシーンの展開の仕方で伝わってくるという演出のしかたは、女性へのリスペクトを感じる『言わずもがな』の世界でした。
監督は、ニキ・カーロ!
女性だからこそ作れた映画だなぁと思います。(←女性を特異に見ているわけじゃなくて、実際「女性監督」としてハンディをご自身も経験されたのだろうからこそ、という意味でリアリティがあるってことです!!)

さぁ、横行する女性蔑視。女性への敵視。
そこでスタンドアップ!立ち上がったのがシャーリーズ・セロン演じるジョージーです。
演技は圧巻!

見所は『演説』のシーン。
リチャード・ジェンキンス、父親エイムズの演技!本当に素晴らしい俳優人だなぁ・・・

NORTH COUNTRY『スタンドアップ』
109シネマズ名古屋などにて公開です。


by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 23:59|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月14日公開『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』
2006 01.07 Sat

主演は アンソニー・ホプキンス(天才数学者の父:ロバート)
    グウィネス・パルトロウ(娘:キャサリン)
監督は『恋に落ちたシェイクスピア』のジョン・マッデン。
(これだけでももう、「観たいな」って思う方も多いのでは?)

さて。数学って好きですか?
私は、ドライブのときは前を走る車のナンバープレートを素因数分解するのが好きで、たまたま素数だったりすると「一日良いことあるかも」なんて考えちゃうんです。(変?)
映画『ステルス』でも、「3は素数だが、4は素数じゃない。なんだか嫌な予感がする」って台詞でジェイミー・フォックスが大好きになってしまったくらい、数字が大好き人間のツヅク。
だって、数字って神秘的でしょ?完全数とか、神の業のようです。

数学のPROOFをなし得る人間と言うのは、一種の神秘に包まれた「特別な人」と言う気がします。
ロバート(アンソニー・ホプキンス演)も、神業のような歴史的数学の照明を、21歳でなしえた天才数学者。
けれど老いていくに従って、脳は認知症にさいなまれていた。天才だからこその、一種の交錯状態だったのかもしれません。
そんな父を見つめたキャサリン。自分がその父にそっくりであること、
そして父には勝てず27歳(脳がとっくに後退を始めていると言う年齢)に差し掛かってしまったこと・・・。様々な「人生への恐怖」という漠然とした思いを消化できないまま、父が死んでしまった。

一つのPROOFを記したノート。
キャサリンは「この数学の照明は、私がやったのよ」と言うが、筆跡は父のものにそっくり。
キャサリンもまた交錯状態に陥ってしまったのか?
ノートの真実を巡り、それが誰によるものなのかと言うPROOFが進むうち、
キャサリンは「自分自身の人生とは?」という答えのPROOFを見つけ始める。

冬の、雪積もる中、
ロバートの家の庭での 父と娘のシーンからは
雪の冷たさと、父と娘が触れ合ったときの熱いほどの「温度」がスクリーンから伝わるかのようです。(さすが舞台劇を映画化した作品だ!という圧倒的な空気ですよ。)

数学という高尚な世界へスムースに入っていけるという面でも、知的欲の強いZIPPIEへオススメ☆



by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 23:59|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

1月7日公開『輪廻』
2006 01.06 Fri

明けましておめでとうございます!新年初ブログ書き込み。
遅れ馳せながらですみません(汗)。
2006年もどうぞ宜しくお願いします☆

さて、新年早々怖いヤツ紹介です。
私ツヅクは、ホントに怖いヤツダメなんですよ。苦手なんです。
なんで皆が見るのかも分かんないくらいですよ、ホント。
だって、ほら、一人夜中とか
「ベッドの下のスペースに誰かいるかも?」なんて思い出してトイレ行けなくなったりするでしょ?トイレに行ったら行ったで、便器の中から血まみれの手とか出てくるんじゃ?と怖くなるでしょ。
ほんと、いや(>_<)!

でも!
観ました『輪廻』。

昭和45年。群馬県のホテルで、数十分のうちに11人が殺される大量殺人事件があった。犯人は同日自殺。
そして時は35年後の現代。その殺人事件を映画化しようと村松監督(:椎名桔平)は撮影に漕ぎ出すが、主演女優の杉浦渚(:優香)は撮影とともに昭和45年当時の夢を見るようになり・・・
大量殺人事件は蘇ろうとしている・・・

「ようこそ、前世へ・・・」(←こう書かれたポスターはすでに目にした方も多いのでは?)


7日のオンエアで清水監督のインタビューをお届けしますが、
今回初めて、人がどうしてホラーを観るのかが分かった気がします。
監督の言葉に、
「大人だからこその想像力」の話が出てきたんですね。
子供の頃は、例えば人形を見ても「カワイイ」くらいだった。けれど、大人になってくるとそれが不気味に思えたり、髪が伸びたり?なんて色んな想像をする。
その想像力って、大人だからこそ。
ホラーって、大人の嗜好品なんですね〜。

しかも!
この『輪廻』は、ホラー以上にサスペンスとして面白い!
昔『シャイニング』って雪山で父親が霊に取り付かれて発狂する映画がありましたが、あの映画以上に「舞台が日本」ってことで親近感はあるわけで。
でもあの映画が好きな方は、今回の『輪廻』、絶対にハマると思いますよ!

法が『呪怨』シリーズだけでなく、日本人初全米ナンバー1を獲得した『TheJUON』の監督が送る自信作!詳しくは7日のオンエア(もしくはこのブログ観たのが8日以降で番組聞き逃した方はi-podCASTING)をちぇけら!

追伸:今回監督が自分に課した「禁じ手」とは?
温和で、ホラー映画の監督とは思えない柔和な 世界の清水崇監督。素敵です。




by ZIP-FMナビゲーター都竹悦子 | TIME 21:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S1?y?[?W 1
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jan 2006 次月
M T W T F S S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
すべての記事>>
いよいよはじまりました!
「北の桜守」滝田洋二郎監督インタビュー
「祈りの幕が下りる時」溝端淳平さん、福澤克雄監督インタビュー
「嘘を愛する女」高橋一生さんインタビュー
「ミックス。」瑛太さん、石川淳一監督インタビュー!
「ナラタージュ」行定勲監督インタビュー
「ユリゴコロ」熊澤尚人監督インタビュー
「三度目の殺人」是枝裕和監督インタビュー
「関ヶ原」岡田准一さんと原田眞人監督!
「君の膵臓をたべたい」浜辺美波・北村匠海インタビュー!
バックナンバー
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧