?S1?y?[?W 1
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
2018 08.25 Sat

「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」。
アニメ「メアリと魔女の花」でデビューを飾ったスタジオポノックから、
新たに短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」がスタート。
その第1弾のテーマが「ちいさな英雄」です。
3人の監督がこの「ちいさな英雄」をテーマに3つの短編アニメを作り上げました。
どれもが全く違った想像の膨らませ方で楽しいです。
3つ足しても54分しかないのも、親子で観るにはぴったりです!

☆それではまず一つ目「カニーニとカニーノ」をご紹介しましょう。
『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督のオリジナルストーリーです。
川底に住むサワガニの家族。
父・トトと母のカカ、兄のカニーニと甘えん坊の弟カニーノは、岩陰で暮らしていますが、
ある日嵐が来ます。
間一髪でトトに助けられたカニーノ。しかしかわりにトトが流されてしまいます。
カニーニとカニーノは、父を探して生まれて初めての旅に出かけるのでした。

☆2つ目の短編は、「サムライエッグ」。
高畑勲監督作品の中核をになった演出家・百瀬義行による家族の愛と感動のドラマです。
少年シュンは、野球好きの元気な小学生。
ママはダンススクールで働きながらシュンを育てています。
そんなシュンは、実は極度のたまごアレルギーに悩まされています。
自分でもしっかり警戒しているのですが、
ある日、間違ってアイスクリームを食べてしまい、異変が起きるのでした。

☆そして3つ目の短編は、「透明人間」。
宮崎駿監督作品の中心を担った山下明彦監督によるスペクタクル・アクションです。
ワイシャツとコート、マフラーにメガネ帽子をかぶった青年だけど、なにかが違う。
彼は透明人間でした。
コンビニの自動ドアもATMも彼を認識しません。それどころか、重りがないと空に浮いてしまうのでした。


8月24日金曜日より全国東宝系にて公開中です。




そして2010年、日本では2014年公開のスウェーデン映画「シンプル・シモン」。
そして今はDVDで見る事ができます。
自分の習慣を大事にし、対人コミュニケーションがうまくいかないアスペルガー症候群のシモン。
彼の眼に映る世界を、ユーモアたっぷりに描いたこの作品。
少しうざいけど、ユニークで愛すべきキャラクターのシモンをあったかく描いているのも楽しいんです。
おおらかな気持ちにさせてくれて、心の持ちようを教えてくれます。
そして北欧デザインのインテリアやファッションも、カラフルでキュート。
音楽も楽しくて、心だけでなく、目も耳もハッピーにさせてくれる、ハートフル・ラブコメディです。
その主人公シモンには、映画「アンナ・カレーニナ」のビル・スカルスガルド。
実はあの映画「マイティ・ソー」シリーズでおなじみのステラン・スカルスガルドの息子なんですよ。
ぜひTSUTAYAでレンタルしてみてくださいね!

by 番組スタッフ | TIME 12:16|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
2018 08.19 Sun

8月31日より公開となる「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。
90年代に女子高生だったあなたは必見!
あの頃のコギャルたちの、恐れを知らないパワーのすごさ。
そして20年後の今、再びつながっていく熱い友情に笑って、泣けます! 
青春っていいなあ。
原作は韓国映画ですが、大根仁監督らしい青春音楽映画となっています。 
しかも音楽担当は小室哲哉。
あの頃の小室サウンドをはじめ、小沢建二やジュディマリ、Charaや久保田利伸など、
ヒット曲満載!
今、辛いことがあっても、この映画を観ると、あの頃のようにまた頑張ろうと思わせてくれるのが
実に爽快な作品となりました。
30代以上の方には、かなり刺さるんじゃないかな〜。
出演者も豪華です。現代の奈美には、篠原涼子。90年代の奈美には広瀬すず。
板谷由香、山本舞香、ともさかりえ、小池栄子、渡辺直美、
池田エライザ、三浦春馬が演じています。

☆ ストーリー、ご紹介しましょう。

ルーズソックスをはき、空前のコギャルブームに沸いた90年代に、
青春を謳歌していた女子高生仲良しグループ“サニー“のメンバー6人は、
20年以上の時を経て、それぞれ問題を抱える大人になっていました。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会しますが、
彼女は末期ガンに侵されていました。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という芹香の願いをかなえるため、
奈美は動き出します。
梅や裕子、心、そして奈々。
かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのでしょうか?


感想をちょっと。

コギャル時代と今と、別々の女優さんが同じ人を演じているわけですが、結構似てます!
渡辺直美に寄せてきた冨田望生もさすが!
そのなかで篠原涼子と広瀬すずが同一人物役。これはかなりどちらも頑張って寄せましたが・・・。


その若いコギャル時代のはじけっぷり。
そうそうこうだったよね〜と思うポイントばっかり!安室ちゃん風ロングヘア、
ルーズソックスにミニスカ、クリーム色のべスト、アルバローザやミージェーンなどのショップバッグ、ラブボートのミラーなど、小物が懐かしすぎ!
 
特に初期のプリクラの機械は、北海道に残っていたのを見つけ、わざわざ取り寄せて撮影に使ったそうです。


そんな彼女たちの20年後、本当にいろいろあったんですよね。
その積み重ねた人生が表情にでているところも切なくていい。
こうして大人になtっても友情っていいよね。あの頃に帰れる喜び。
だからこそ今、友情を大切にしておきたいです。



2012年の日本のドラマ映画「希望の国」。
「冷たい熱帯魚」などでおなじみの園子温監督が、実際に福島の被災地で取材を重ね、
見聞きした事実をもとに描いた、フィクションです。それまでの園監督のタッチとはずいぶん違うのが印象的。
未曾有の事態に巻き込まれた人々の行きどころのない“情感”が、丁寧に細かく描かれているのが
心に染みる作品となっています。
主人公の小野泰彦には、夏八木勲。泰彦の妻・智恵子には、大谷直子。息子の洋一には村上淳。
その妻・いずみには、神楽坂恵が演じています。

☆ 「希望の国」」のストーリー。

東日本大震災から数年後の長島県。酪農を営む小野泰彦は、妻と息子・洋一、その妻・いずみと暮らす生活。
しかし長島県東方沖を襲った地震と、それに続く原発事故は、
人々の生活をたちまち一変させるのでした。
原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、強制退去となるお隣と、道路ひとつ隔てただけで
避難区域外となる小野家。
しかし泰彦は、自主的に洋一夫婦を避難させ、夫婦はここにとどまるのでした。
一方、妊娠がわかったいずみは、子供を守りたい一心で、放射能への恐怖を募らせていきます。
やがて原発は制御不能に陥り、最悪の事態を招いてしまい、
泰彦の家も避難区域となってしまうのでした。

(映画の感想)

喉元をすぎ、町がきれいに片づけられると、忘れてしまう。
そんななか、必死に子供を守ろうとするいずみの姿。
それを見て私たちも、あの大震災のすさまじいい記憶を忘れてないかと突きつけられたようなきがします。
まだ原発事故の処理は続いていることを忘れないようにしたいです。
 



by 番組スタッフ | TIME 12:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
2018 08.08 Wed

アニメ「ペンギン・ハイウェイ」のアオヤマくんの声を担当している
北香那さんにコメントをいただきました!

1997年生まれ。初めての声優でしかも主役ということで、
オーディションに受かったときは、大泣きしたそうです。
アニメが好きで、ずっと声優をやりたかったので、それはうれしかったでしょう!

小学4年生の男の子の役ということで、
当時4年生だった妹の学校に授業参観にいって、
男の子を観察して役作りしたそうです。
でもアオヤマ君は大人びてるので、監督と相談して
実際には6年生くらいを想定して役作りしたそうです。

お姉さん役の蒼井優さんとは現場では1度しかお会いできなくて
それも大緊張だったとか。

出来上がったアニメを鑑賞して「私、蒼井優さんや西島秀俊さんとお話してる!」と
ストーリーよりも声のことばかりきになったそうです。

どの俳優さんもおっしゃいますが、試写のときは自分の演技しか見えなくて
映画を楽しめないそうですね。
何度か見て、やっと映画が楽しめるそうです。

この作品、本当に夏休みらしくて面白くて素敵です!
8月17日より公開です!



もうひとつは過去の作品から「ヘンゼル&グレーテル」。
お菓子の家に閉じ込められた二人が、魔女を倒し、魔女ハンターとなった15年後の世界を描く
ダークホラーアクションです。

なんといっても二人のアクションがすごいです!
魔女たちを倒す話なので、結構グロいシーンも多くて、
目を覆いたくなることもありますが
ユーモアもあって、楽しめます。
夏の夜はこういうのもいいですよね!







by 番組スタッフ | TIME 18:42|コメント(0)|カテゴリー:-

?S1?y?[?W 1
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Aug 2018 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「あいあい傘」宅間孝行監督
「億男」
「覚悟はいいか そこの女子。」
「散り椿」木村大作監督インタビュー&「SMOKE」
「食べる女」と「最強のふたり」
「コーヒーが冷めないうちに」と「レザボア・ドッグス」
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
バックナンバー
Oct 2018
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧