?S42?y?[?W 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [次のページ]
「億男」
2018 10.13 Sat

ドラマ「半分、青い」や「義母と娘のブルース」で
今年上半期テレビで大人気となった
佐藤健ファンの皆様、次は映画ですよ!

「るろうに剣心」でタッグを組んだ大友啓史監督との最新作は、
3億円の宝くじに当たったけど、その大金をなくしちゃった男の物語。

いろんな億万長者の生活をみながらその大金を探しにいくんですが、
まあお金もつと、こんな生活になっちゃうのかと驚きの連続です。

そのなかで、行方不明になる親友九十九との大学時代の思い出などが挟み込まれて、
徐々に真相があかされていく。
この感覚、そして何が大切なのかを知らされていくのが実にいいです。

その九十九には高橋一生。こういう役もできるんだなあと、びっくりです。

特にモロッコ旅のシーンは、雄大で気持ちいいです。

10月19日公開、お楽しみに!



by 番組スタッフ | TIME 23:28|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「覚悟はいいか そこの女子。」
2018 10.06 Sat

中川大志くん、いいですよね〜。
映画「坂道のアポロン」もよかったけど、
この映画では、イケメンだけどヘタレで一途な役どころを大熱演。
まさに学園ラブコメディの王道です。

「彼女が欲しい」というただそれだけで、ターゲットを絞り、
彼女にツンとされていくほど夢中になる。
やがてそれが本当の恋になっていくところがいい。

まあ多少大げさな展開はありますが、映画だからいいんです。
二人の恋の展開を楽しみましょう!

小池徹平演じる美術の先生。
なんかやさしいのかつれないのか、そのギリギリな感じもツボです。

ぜひ小学生・中学生のみなさん、お友達と見に行ってくださいね!




by 番組スタッフ | TIME 23:17|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「散り椿」木村大作監督インタビュー&「SMOKE」
2018 09.29 Sat

名キャメラマンである木村大作監督、今年で79歳!
黒澤明監督の撮影助手としてスタート。
監督3作目は時代劇となりました。

こんなに美しい映像の時代劇、見たことない!
素晴らしいです。

岡田准一さんで行こうと決めたけどスケジュールが合わなくて、
ずっと待ってた、しかも映画「追憶」のキャメラマンとして
岡田さんを追いかけたというのもすごい!

実際の映画では、木村監督はほとんど演出しないのだそうで、それもびっくりです。
殺陣に関しては、殺陣師よりも岡田さんのアイデアを重視。

もちろん監督の好きな富山の山も出てきます。

エンドロールも素晴らしい。
最後までしっかりご覧になると、意外なところに意外な名前がありますのでご注目


もう一本は1995年のアメリカ映画「SMOKE」。タバコの煙ですね。
クリスマス・ストーリーとして書かれた小説の映画化。
ニューヨーク・ブルックリンのタバコ屋さんに集う男たちを巡る、ユーモアと人情味あふれるドラマです。
人って、たとえその出会いが唐突だったとしても、それを望めば心に深く残る交流が生まれるんですよね。
それぞれの男たちの想い、そして経験やうんちくを語る一つ一つが、心にしみます。
意外な展開も面白いです。
オーギーには、ハーヴェイ・カイテル、小説家のポールには、ウィリアム・ハートが演じています。

それでは「SMOKE」のストーリー。
ブルックリンの街角で煙草屋を営むオーギー。14年間、毎日欠かさず店の前の風景を写真に撮っています。
その店の常連で、小説家のポール。数年前に強盗の流れ弾で妻を失って以来、仕事が手につきません。
ぼんやりして車にはねられそうになったポールは、10代の黒人の少年に助けられます。
ポールは、家がないという少年を数日間、家に泊めてあげるのでした。
ところが出て行った後、彼の叔母さんが訪ねてきます。
彼の本名はトーマスといい、しかも行方不明なので、探しているというのでした。
しばらくたったころ、少年がポールの家に再びやってきます。名前を偽っていたことに怒る、ポール。
さらに少年がポールの家の本棚に隠していた6千ドルを、ポールが発見。トラブルが始まるのでした。

ぜひご覧になってください!


by 番組スタッフ | TIME 21:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「食べる女」と「最強のふたり」
2018 09.22 Sat

9/21より公開中の映画「食べる女」。

脚本家としておなじみの筒井ともみが企画・原作・脚本、プロデュースした作品です。

美味しいものを心置きなく、好きなだけ食べられるって、なんて贅沢なんでしょう。

年齢も、職業も、恋愛に対する考え方も、人生における価値観も異なる8人の女たちが、
それぞれいろいろ抱えながら生き、辛い時こそ、おいしいごはんを食べて、元気になる。

そんな女たちの頑張りようが、じわっと共感できる作品です。
そしてめっちゃお腹すきますよ〜。

その主演のトン子にはキョンキョンこと小泉今日子。
編集者のドドには沢尻エリカ。
そして前田敦子と勝地涼が、この映画での共演がきっかけで結婚したというのも、今、話題ですよね

トン子の幼なじみで小料理店の女将には鈴木京香。ほかにも前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、
シャーロット・ケイト・フォックスと豪華。男性陣もユースケ・サンタマリア、池内博之、小池徹平などが登場。


一軒家で古書店を営なむ雑文筆家のトン子は、仕事より美味しい料理を作り、
迷える女たちを迎え入れ、気の置けない仲間たちとの本音トークで盛り上がります。
映像制作会社で働く多実子は、不倫経験が長かっただけに、
普通の男との恋愛が生ぬるく感じています。
雑誌編集者のドドは、男に求めるのはトキメキだけと割り切っていたはずなのに、
好みじゃない男と出会います。
料理のできないマチは、夫に怒鳴られ、さまよううちに、小料理店の女将に招き入れられます。
BARの常連・アカリは、いい女になって本気の恋がしたいと思っています。
そのBARの手伝いの珠美は、大きなおなかをしているのでした。

みんないろいろ、それがいいね。
ご飯をたべて、いい恋愛、したいね。
女性の方におすすめです。



もう1本は、2011年のフランス映画「最強のふたり」。ご覧になりました?
フランスではもちろん、日本でも2012年に大ヒット!
日本で最もヒットしたフランス映画となりました。
 
身体の不自由な富豪のフィリップと、介護人の貧しい移民の若者・ドリスという、
何もかもが全く違う環境で暮らしていた二人の出会いと交流を描いた作品ですが、
ドリスの陽気な優しさに、フィリップも徐々に心を開いていく様子に、思わずにっこりしてしまうんです。
しかもこれ、実話の映画化なんですよね。
人間ってどんなに環境が違っていても結局のところ、どれだけお互いを信頼し尊重できるかで、
友情も深めていけるんだなあと、改めて感じました。
そのフィリップには、フランソワ・クリュゼ。ドリスにはオマール・シーが演じています。

ストーリーですが、パリにすむ教養深い富豪のフィリップは、妻を亡くしたうえ事故で首から下を動かすことができません。
介護人が必要ですが、雇われた介護人たちは気難しい彼の要求に応えることはできず、すぐやめてしまいます。
そこにやってきたのが、スラム街に住む移民のドリス。
失業保険を貰うために仕事の面接を受け、不合格を証明する書類にサインが欲しいだけでした。
ところがフィリップは、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うのでした。
ドリスは彼の豪邸で、自分専用のトイレ・バス付きの部屋を充てがわれて大喜び。仕事ぶりは少々雑ですが、
フィリップは自身を病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていくのでした。


二人の対等な友情が素晴らしい!必見です。

by 番組スタッフ | TIME 20:48|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「コーヒーが冷めないうちに」と「レザボア・ドッグス」
2018 09.15 Sat

有村架純ちゃんみたいな女の子がいたら、
毎日でもモーニングに通うやろ〜!

そんな喫茶店でのお話です。

時田数が働く、過去に戻れると噂の喫茶店。
ただしそこにはルールがあります。
「過去に戻ってどんなことをしても、現実は変わらない。」
「過去に戻れるのは、コーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。」などです。

今日も喫茶店には、不思議な噂を聞いたお客さんが訪れます。
幼なじみの彼とケンカした独身女性や、若年性アルツハイマーに侵された妻と、見守る夫。
過去に戻ることを望む客たちに、待っていたものとは?
 
出演は、有村架純、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊などとなっています。

ベストセラー小説の映画化です。あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?
温かな感動の涙が、何度も流れます。
思いだし泣きしたい、心をデトックスしたいあなたにお勧めです!

「コーヒーが冷めないうちに」は9月21日金曜日より、
ミッドランドスクエアシネマはじめ全国東宝系にて公開です。 



もうひとつはご紹介するのは、1993年日本公開のアメリカ映画「レザボア・ドッグス」。

クエンティン・タランティー初監督作品。
俳優のハーヴェイ・カイテルが彼の自主制作を気に入り、
製作総指揮として資金調達。主演のMr.ホワイトもハーヴェイが演じています。
これがカルト的ヒットとなり、
監督2作目の映画「パルプ・フィクション」へとつながったという意味でも、記念碑的作品です。
暴力的だけど、会話のテンポの良さとユーモアが面白く、
裏切り者探しのお楽しみが実に楽しいんです。
超低予算映画でも、これだけ面白くなるんですね。すごい!

エディにはクリス・ペン。
犯罪のために集められた男たちには、ティム・ロス。スティーブ・ブシェミなど、
いい味だしてます。そしてタランティーノ監督もMr.ブラウンとして出演しています。

ぜひTSUTAYAプレミアムでご覧になってくださいね!


by 番組スタッフ | TIME 21:34|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
2018 09.08 Sat

女子高生2本立て!


響というのは15歳の女子高生の名前です。
柳本光晴の2017年、マンガ大賞受賞作の映画化です。現在も連載中ですよね。
響の圧倒的な小説の才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマとなっています。
しかもこの響が、決して主張を曲げない。
そのため思わず手も足も出てしまう、キレッキレの高校1年生。
小説家たちとその周辺の人々を描いたドラマなのに、
やたらアクションが多いのも、観ていて面白いです。

その主人公響には愛知県出身、「欅坂46」の平手友梨奈。
これが映画デビューにして、初主演!ぴったり!
メガネをかけた奥にある鋭い目つきと、豪快なアクションが まさに痛快、しびれます。
編集者の花井ふみには、北川景子。高校の文芸部の先輩・りかには、アヤカ・ウィルソン。
さらに小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥といった豪華俳優陣も登場です。

「響(ひびき)」のストーリー。
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた天才少女『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を起こす力を持っていました。文芸誌の編集者・花井ふみとの出会いを経て、
響は一躍脚光を浴びることになるのでした。
しかし響は、自分の信じる生き方を絶対曲げない性格。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができません。
響がとる行動は文芸部の先輩・りかをはじめ、
過去の栄光にすがる有名作家、スクープ欲に満ちた記者などに、
計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始めるのでした
そんななか響の執筆した処女作は、
日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという
歴史的快挙にまで発展していくのでしたが・・・。


9月14日より全国東宝系にて公開です! 



もうひとつは、2015年の映画「ビリギャル」。
名古屋の学習塾・坪田塾長のベストセラー本「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
慶応大学に現役合格した話」の映画化です。略して「ビリギャル」。 
名古屋弁なら「ドベギャル」ですけどね。
夢に向かって突き進む主人公さやかが、
周囲や崩壊寸前だった家族を変えていく青春ストーリーであり、家族の物語でもあります。 
笑って、つい応援して、最後は思わず感動の涙です。
そして舞台は、もちろん名古屋! 栄のプリンセス大通りや テレビ塔、庄内川もでてきます。
主人公のさやかには有村架純。屈託のない笑顔と、ぎこちない名古屋弁がかわいい!
ちなみに名古屋弁指導は本物のビリギャルだった、さやかさんが行ったそうです。
坪田先生には伊藤淳史。母親のああちゃんに、吉田羊。

あんなにお父さんや先生にバカにされても頑張れるさやかをみていると、
思わず勇気がもらえて、応援したくなって、涙がでます。

ぜひ受験生でなくても、ご覧ください!

by 番組スタッフ | TIME 23:36|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
2018 09.01 Sat

もう衝撃的です!

松浦だるまのベストセラー・コミックを原作にした、
劣等感と欲望むきだしのダーク・シンデレラストーリー。

顔にひどい傷のある醜い累が、見た目の美しいニナと出会う。
激しい劣等感と、むくむくと湧き上がる欲望。
そういう気持ち、わかりますよね。

その顔を入れ替えることができたら? そしてその先にあるものは?
 
土屋太鳳・芳根京子が顔を入れ替えるということで、
二人が累とニナの両方の役をやるという、難しい演技。
朝の連続ドラマ主演経験のある芸達者な二人だからこそ、
見応えのあるサスペンスとなりました。

また演出家・烏合には横山裕。羽生田には浅野忠信、
累のお母さんには壇れいが演じています。

この映画「累(かさね)」は9月7日金曜日より全国東宝系にて公開です。



懐かしい映画からは、1999年公開のイギリス映画「ノッティングヒルの恋人」。
19年も前の作品ですが、ロンドンのノッティングヒルを舞台に、
旅行書専門店の男とハリウッドスター女優のラブストーリーです。
なんといっても女優アナを演じるジュリア・ロバーツと、ウィリアムを演じるヒュー・グラントという美男美女コンビが、ユーモアたっぷり、さわやかに演じているのが、とってもキュート。
笑って、きゅんとして、しかもハッピーエンドなのが、観ていて安心できて、楽しいんです。

イギリスとアメリカに住み、スター女優と普通の男など、そう会えるもんじゃない。
でも会えない時間が、愛おしさを募らせていくんですよね。

こういうロマンティックな映画、もっとあってほしいなあ〜。
とにかくまずはTSUTAYAで借りてみましょう!


by 番組スタッフ | TIME 21:24|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
2018 08.25 Sat

「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」。
アニメ「メアリと魔女の花」でデビューを飾ったスタジオポノックから、
新たに短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」がスタート。
その第1弾のテーマが「ちいさな英雄」です。
3人の監督がこの「ちいさな英雄」をテーマに3つの短編アニメを作り上げました。
どれもが全く違った想像の膨らませ方で楽しいです。
3つ足しても54分しかないのも、親子で観るにはぴったりです!

☆それではまず一つ目「カニーニとカニーノ」をご紹介しましょう。
『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督のオリジナルストーリーです。
川底に住むサワガニの家族。
父・トトと母のカカ、兄のカニーニと甘えん坊の弟カニーノは、岩陰で暮らしていますが、
ある日嵐が来ます。
間一髪でトトに助けられたカニーノ。しかしかわりにトトが流されてしまいます。
カニーニとカニーノは、父を探して生まれて初めての旅に出かけるのでした。

☆2つ目の短編は、「サムライエッグ」。
高畑勲監督作品の中核をになった演出家・百瀬義行による家族の愛と感動のドラマです。
少年シュンは、野球好きの元気な小学生。
ママはダンススクールで働きながらシュンを育てています。
そんなシュンは、実は極度のたまごアレルギーに悩まされています。
自分でもしっかり警戒しているのですが、
ある日、間違ってアイスクリームを食べてしまい、異変が起きるのでした。

☆そして3つ目の短編は、「透明人間」。
宮崎駿監督作品の中心を担った山下明彦監督によるスペクタクル・アクションです。
ワイシャツとコート、マフラーにメガネ帽子をかぶった青年だけど、なにかが違う。
彼は透明人間でした。
コンビニの自動ドアもATMも彼を認識しません。それどころか、重りがないと空に浮いてしまうのでした。


8月24日金曜日より全国東宝系にて公開中です。




そして2010年、日本では2014年公開のスウェーデン映画「シンプル・シモン」。
そして今はDVDで見る事ができます。
自分の習慣を大事にし、対人コミュニケーションがうまくいかないアスペルガー症候群のシモン。
彼の眼に映る世界を、ユーモアたっぷりに描いたこの作品。
少しうざいけど、ユニークで愛すべきキャラクターのシモンをあったかく描いているのも楽しいんです。
おおらかな気持ちにさせてくれて、心の持ちようを教えてくれます。
そして北欧デザインのインテリアやファッションも、カラフルでキュート。
音楽も楽しくて、心だけでなく、目も耳もハッピーにさせてくれる、ハートフル・ラブコメディです。
その主人公シモンには、映画「アンナ・カレーニナ」のビル・スカルスガルド。
実はあの映画「マイティ・ソー」シリーズでおなじみのステラン・スカルスガルドの息子なんですよ。
ぜひTSUTAYAでレンタルしてみてくださいね!

by 番組スタッフ | TIME 12:16|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
2018 08.19 Sun

8月31日より公開となる「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。
90年代に女子高生だったあなたは必見!
あの頃のコギャルたちの、恐れを知らないパワーのすごさ。
そして20年後の今、再びつながっていく熱い友情に笑って、泣けます! 
青春っていいなあ。
原作は韓国映画ですが、大根仁監督らしい青春音楽映画となっています。 
しかも音楽担当は小室哲哉。
あの頃の小室サウンドをはじめ、小沢建二やジュディマリ、Charaや久保田利伸など、
ヒット曲満載!
今、辛いことがあっても、この映画を観ると、あの頃のようにまた頑張ろうと思わせてくれるのが
実に爽快な作品となりました。
30代以上の方には、かなり刺さるんじゃないかな〜。
出演者も豪華です。現代の奈美には、篠原涼子。90年代の奈美には広瀬すず。
板谷由香、山本舞香、ともさかりえ、小池栄子、渡辺直美、
池田エライザ、三浦春馬が演じています。

☆ ストーリー、ご紹介しましょう。

ルーズソックスをはき、空前のコギャルブームに沸いた90年代に、
青春を謳歌していた女子高生仲良しグループ“サニー“のメンバー6人は、
20年以上の時を経て、それぞれ問題を抱える大人になっていました。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会しますが、
彼女は末期ガンに侵されていました。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という芹香の願いをかなえるため、
奈美は動き出します。
梅や裕子、心、そして奈々。
かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのでしょうか?


感想をちょっと。

コギャル時代と今と、別々の女優さんが同じ人を演じているわけですが、結構似てます!
渡辺直美に寄せてきた冨田望生もさすが!
そのなかで篠原涼子と広瀬すずが同一人物役。これはかなりどちらも頑張って寄せましたが・・・。


その若いコギャル時代のはじけっぷり。
そうそうこうだったよね〜と思うポイントばっかり!安室ちゃん風ロングヘア、
ルーズソックスにミニスカ、クリーム色のべスト、アルバローザやミージェーンなどのショップバッグ、ラブボートのミラーなど、小物が懐かしすぎ!
 
特に初期のプリクラの機械は、北海道に残っていたのを見つけ、わざわざ取り寄せて撮影に使ったそうです。


そんな彼女たちの20年後、本当にいろいろあったんですよね。
その積み重ねた人生が表情にでているところも切なくていい。
こうして大人になtっても友情っていいよね。あの頃に帰れる喜び。
だからこそ今、友情を大切にしておきたいです。



2012年の日本のドラマ映画「希望の国」。
「冷たい熱帯魚」などでおなじみの園子温監督が、実際に福島の被災地で取材を重ね、
見聞きした事実をもとに描いた、フィクションです。それまでの園監督のタッチとはずいぶん違うのが印象的。
未曾有の事態に巻き込まれた人々の行きどころのない“情感”が、丁寧に細かく描かれているのが
心に染みる作品となっています。
主人公の小野泰彦には、夏八木勲。泰彦の妻・智恵子には、大谷直子。息子の洋一には村上淳。
その妻・いずみには、神楽坂恵が演じています。

☆ 「希望の国」」のストーリー。

東日本大震災から数年後の長島県。酪農を営む小野泰彦は、妻と息子・洋一、その妻・いずみと暮らす生活。
しかし長島県東方沖を襲った地震と、それに続く原発事故は、
人々の生活をたちまち一変させるのでした。
原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、強制退去となるお隣と、道路ひとつ隔てただけで
避難区域外となる小野家。
しかし泰彦は、自主的に洋一夫婦を避難させ、夫婦はここにとどまるのでした。
一方、妊娠がわかったいずみは、子供を守りたい一心で、放射能への恐怖を募らせていきます。
やがて原発は制御不能に陥り、最悪の事態を招いてしまい、
泰彦の家も避難区域となってしまうのでした。

(映画の感想)

喉元をすぎ、町がきれいに片づけられると、忘れてしまう。
そんななか、必死に子供を守ろうとするいずみの姿。
それを見て私たちも、あの大震災のすさまじいい記憶を忘れてないかと突きつけられたようなきがします。
まだ原発事故の処理は続いていることを忘れないようにしたいです。
 



by 番組スタッフ | TIME 12:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
2018 08.08 Wed

アニメ「ペンギン・ハイウェイ」のアオヤマくんの声を担当している
北香那さんにコメントをいただきました!

1997年生まれ。初めての声優でしかも主役ということで、
オーディションに受かったときは、大泣きしたそうです。
アニメが好きで、ずっと声優をやりたかったので、それはうれしかったでしょう!

小学4年生の男の子の役ということで、
当時4年生だった妹の学校に授業参観にいって、
男の子を観察して役作りしたそうです。
でもアオヤマ君は大人びてるので、監督と相談して
実際には6年生くらいを想定して役作りしたそうです。

お姉さん役の蒼井優さんとは現場では1度しかお会いできなくて
それも大緊張だったとか。

出来上がったアニメを鑑賞して「私、蒼井優さんや西島秀俊さんとお話してる!」と
ストーリーよりも声のことばかりきになったそうです。

どの俳優さんもおっしゃいますが、試写のときは自分の演技しか見えなくて
映画を楽しめないそうですね。
何度か見て、やっと映画が楽しめるそうです。

この作品、本当に夏休みらしくて面白くて素敵です!
8月17日より公開です!



もうひとつは過去の作品から「ヘンゼル&グレーテル」。
お菓子の家に閉じ込められた二人が、魔女を倒し、魔女ハンターとなった15年後の世界を描く
ダークホラーアクションです。

なんといっても二人のアクションがすごいです!
魔女たちを倒す話なので、結構グロいシーンも多くて、
目を覆いたくなることもありますが
ユーモアもあって、楽しめます。
夏の夜はこういうのもいいですよね!







by 番組スタッフ | TIME 18:42|コメント(0)|カテゴリー:-

?S42?y?[?W 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [次のページ]
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Aug 2008 次月
M T W T F S S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「億男」
「覚悟はいいか そこの女子。」
「散り椿」木村大作監督インタビュー&「SMOKE」
「食べる女」と「最強のふたり」
「コーヒーが冷めないうちに」と「レザボア・ドッグス」
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
バックナンバー
Oct 2018
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧