?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
「ZIPPIEが選ぶ映画大賞2012」結果発表!
2012 12.29 Sat

今年もたくさんのエントリー、本当にありがとうございました!

まずは外国映画部門


第10位 「幸せへのキセキ」
第9位 「タイム」   
第8位 「アーティスト」。                      
第7位 「ダークナイト・ライジング」
第6位「アベンジャーズ」
第5位「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」
第4位「白雪姫と鏡の女王」
第3位「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」
第2位、「最強のふたり」

 そして第1位は!
「メン・イン・ブラック3」!




続いて日本映画部門


第10位 「へルタースケルター」
第9位「るろうに剣心」
第8位「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 
第7位「宇宙兄弟」 
第6位「悪の教典」
第5位「のぼうの城」
第4位「ブレイブハーツ 海猿」
第3位、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
第2位、「おおかみこどもの雨と雪」。 


そして第1位は!ぶっちぎりの1位でした。
「テルマエロマエ」!



そしてAZUSAが選んだ、
今年よかった外国映画は
「宇宙人ポール」




日本映画は
「おおかみこどもの雨と雪」

でした。

来年もいい映画、たくさん紹介しますので、聞いてくださいね!

by 番組スタッフ&あずさ | TIME 23:41|コメント(0)|カテゴリー:番組の話題

「レ・ミゼラブル」
2012 12.15 Sat

今夜紹介した新作2本目は、
12月21日より公開のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」。

19世紀フランスを舞台に、必死で生きる主人公・ジャン・バルジャンを描いた、
ヴィクトル・ユゴーの大河小説。
85年にミュージカルになり、世界43か国で上演され、日本でも大ヒット。
それが「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督により、
リアルな街並みや衣装で映画化されました。
なんてったってセリフがすべて、歌です。その歌がすばらしい。
しかも舞台と違ってアップが多く、
すぐそばで歌ってくれているような迫力。
歌詞の内容も字幕でわかるので、より心にしみる。
歌とは、こんなに心揺さぶるものなんでしょうか! 圧倒の2時間38分です。
ちなみにダンスはありません!

そのジャン・バルジャンにはヒュー・ジャックマン。ジャベールには、ラッセル・クロウ。
ファンテーヌにはアン・ハサウェイ。コゼットには、アマンダ・セイフライド。
マリウスには、エディ・レッドメイン。


☆「レ・ミゼラブル」のストーリー・・・
19世紀フランス。姉の子供のためにパンを盗んだ罪で19年も服役したジャン・バルジャンは、ついに監督官のジャベールから仮釈放されます。
しかしお金がなく、泊まるところを提供してくれた教会から銀食器を盗もうとし、
司教に見つかります。
ところが司教は「これも持っていきなさい」とキャンドル台まで差し出します。
感激したバルジャンは「身も心も新しい人間になろう」と仮釈放状を破り、改心するのでした。

それから7年、名前を変え、工場経営が成功し、市長にまでなったバルジャン。
ある日、客を求めて警察に突き出されそうになった娼婦を助けます。
それはなんと自分の工場を解雇された、ファンテーヌ。
バルジャンは病気のファンテーヌを介抱し、里親から娘・コゼットを連れ戻すと約束します。

そのころ別の男がバルジャンに間違えられ、逮捕されます。
もし自分が本物だと名乗れば、すべてを失います。
それでもバルジャンは、裁判所に向かい、自分の正体を明かし、逮捕された人を助けるのでした。
しかしコゼットを引き取る約束を果たすため逃走。
コゼットを強欲な里親から引き取り、二人は逃げるのでした。

それから9年、ふたたび王政に戻ったフランスでは、貧富の格差が広がる一方。
革命に燃える学生のマリウス。
ところがマリウスは、街で見かけた成長したコゼットに、一目ぼれ。
家をつきとめ、お互いの気持ちを確かめ合うのでした。
ところがジャベールに隠れ家を突き止められたと思いこんだバルジャンは、
コゼットと共にパリを離れることに。そして革命が始まるのでした・・。




みどころが多すぎて紹介しきれません!
前半の山場と言えるファンテーヌの歌。
その前の髪を切るシーンも、すごい!
アン・ハサウェイのショートカットの原因はこれだったのね!

コゼットとマリウスの小鳥のようなデュエット。
そしてバルジャンとジェベールの確執の歌の応酬。ラッセル・クロウも、歌、うまい!

撮影は、口ぱくでなく実際に歌いながら。
アマンダ・セイフライドによると、歌に気を取られると演技がおろそかになり、大変だったとか。

脇役で光る、強欲な里親には「ボラット」のサシャ・バロン・コーエンとヘレナ・ボナム=カーター。コミカルで、いい味出してます!

普通の映画とは違った、ミュージカル映画としてのスタンスを、ぜひ楽しんで。
音楽が好きな方に、特におすすめです。



by 番組スタッフ | TIME 22:39|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「大奥〜永遠〜」
2012 12.15 Sat

今夜紹介した新作!

まずは12月22日公開の「大奥〜永遠〜 右衛門佐・綱吉篇」。
よしながふみの大人気コミックを原作に、テレビドラマ、2010年の映画も大ヒットした
「男女逆転 大奥」。
若い男だけがかかる病気で、男性が少なくなり、男女逆転の幕府が誕生、という設定が
面白いですよね!
その続篇プロジェクトの最終章が、この「大奥 〜永遠〜」です。
今回は、百科繚乱の元禄時代を舞台に、
女・徳川綱吉と、つかえる美しき男3千人の「大奥」の物語。
衣装も、お屋敷も、超豪華絢爛!
そんななかで、綱吉を演じる菅野美穂が、将軍であり、
世継ぎを産まなくてはならないという役どころを、つややかに演じています。
その綱吉に使える右衛門左には、テレビドラマに続き再登場の、堺雅人。

☆ 「大奥〜永遠〜 右衛門佐・綱吉篇」のストーリー・・・
男女逆転の世が誕生して30年。時は元禄、綱吉の時代。
大奥では後継者をめぐり、正室と側室の派閥争いが
起きていました。そこへ京から一人の公家、右衛門佐が大奥に入ります。
そのたぐいまれなる美貌と知性で、さっそく綱吉に目をかけられ、
側室になることを命じられますが、
右衛門佐は35歳に近い年齢を理由に、なんと辞退。
代わりに大奥総取締に就任し、巧みに大奥内での権勢を手に入れていくのでした。

ところが綱吉は、一人娘の松姫を亡くすという悲劇がおきます。
それとともに綱吉は、政治よりも、世継ぎをつくることに専念させられるのでした。
大奥の美しき男たちと夜をともにしても、一向に懐妊の気配のない綱吉。
次期将軍の父の座をめぐり、陰謀がうずまく大奥のなか、
綱吉は孤独とプレッシャーと不安にさいなまされるのでした。
父の桂昌院のすすめに従い「生類憐みの令」を発令するも、国は乱れていくばかり。
生きる気力をなくしていく綱吉に、手を差し伸べたのは、
人知れず綱吉を見守り続けた右衛門左でした。



 
豪華なお屋敷に着物に、イケメンたちとそろっているのに、
孤独と不安をかかえながら世継ぎを作らなくてはならない綱吉。
なんだかマリー・アントワネット、徳川版って感じ?
それをじっと見つめる右衛門左も、また孤独。
2つの孤独な魂が、ふれあうのはいつ? これがたまらないですね。 

脇役も面白い。側室・伝兵衛には要潤。自信がなく、頼りない。
プライドが邪魔する正室の御台所には、なんと宮藤官九郎!
そして娘綱吉を溺愛するあまり、干渉しすぎの桂昌院に西田敏行。
そんな桂昌院とも通じながら、綱吉の寵愛を得ようとする柳沢吉保に尾野真千子。

こりゃ綱吉も気の休まることがないわ〜。



by 番組スタッフ | TIME 22:33|コメント(0)|カテゴリー:番組の話題

「今日、恋をはじめます」
2012 12.01 Sat

いよいよ冬休み映画もスタート。
そんななか十代女子にみてほしいのが、
12月8日より公開となる、胸キュン・ラブストーリー「今日、恋をはじめます」。

水波風南の大ヒット人気少女マンガの映画化です。

おさげ髪、恋愛経験ゼロの昭和女・日比野つばきと、
ドSキャラだけど、学年主席の超モテ男の椿京汰。

この二人の出会いと恋愛、試練と成長のストーリーですが、
これを武井咲ちゃんと松坂桃李君が演じるんだから、それはもう胸キュンキュン。

蛹から蝶へと、美しく成長するつばきちゃんと、意外な面をみせてくれる京汰。
ドキドキする純愛映画って、ほんといいね〜。


☆ それでは、その「今日、恋をはじめます」のストーリー・・・


まじめだけが取り柄のダサダサ女・日比野つばき。
高校入学式当日、成績トップで学校一のイケメン椿京汰と隣の席になりますが、
クラスみんなの前で、涼太にファーストキスを奪われてしまいます。
そればかりか、京汰は、なんとつばきを「自分の女にする」と言い出すのでした。
ショックで反発するつばき。
でも次第に彼の優しさにふれ、次第につばきは京汰を好きになっていきます。
初めてのデート、初めての恋。 
クラスメイトやつばきの妹まで京汰を狙うなか、少しずつ変わっていく、つばき。
また京汰も、直球で自分にぶつかってくるつばきの姿に、惹かれ始めるのでした。
高校最初の夏休み、伊豆高原の海辺の天文台にやってきた二人。
来年のクリスマス・イブに同じ場所で会おうと、約束をします。思い切って告白するつばき。
しかし京汰は「おまえでも、そんなこと言うんだな」と言い捨てるのでした。京汰の抱える過去の秘密とは?
これから1年半も先の、運命の約束。二人の恋の行方は、いったいどうなるんでしょうか?



音楽もいっぱい!スキャンダル、パフューム、ボーミ、セカイノオワリ、メイズ、ねごと、バックナンバーなどなど。



by 番組スタッフ | TIME 23:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ロックアウト」
2012 11.17 Sat

23日より公開の近未来SFアクション映画「ロックアウト」。

リュック・ベッソンが「フィフス・エレメント」以来
15年ぶりにSF映画の脚本、製作を担当。
宇宙に浮かぶ刑務所を舞台に、ガイ・ピアーズが、
たくましいヒーロー、スノーを演じます。

これが初期の「ダイハード」のブルース・ウィリスを思わせる、
お疲れ気味ながら頑張る、
セリフがちょっとコミカルなヒーロー。
 
優等生のヒロイン、エミリーとは正反対の性格ながら、
一緒に頑張らなくてはならない、ってのが、みていて面白いです。
もちろん宇宙刑務所など、近未来ならではのスタイリッシュ映像や
切れ味のあるアクションなど、見どころたっぷり!
「ダイハード」好きな方にはおすすめ!


この映画「ロックアウト」は来週23日(祝日の金曜日)よりミッドランドスクエアシネマほかにて公開です。



by 番組スタッフ | TIME 23:14|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「任侠ヘルパー」
2012 11.17 Sat

本日17日より公開中、仁侠エンターテインメント「任侠ヘルパー」。

極道が素性を隠して老人介護をするという、
前代未聞のストーリー展開で人気を呼んだテレビドラマが、
新しい土地、新しい設定での映画化。
テレビドラマにはない踏み込んだ迫力、
主演の草g剛演じる彦一のハードボイルドな凄み。
ストーリー的にも面白い、見応えのある作品です。

実は高倉健さんと映画「あなたへ」で共演したあと、この映画の撮影があり、
健さんの仁侠映画を観て役作りをしたそうで、まるで若き健さんのよう。

「任侠とは、弱きを助け、強きをくじく」
その理想をめざすけど、ズルもする、決して正義のヒーローではない彦一。
特に後半のアクション・シーンは、体張ってます!
そして考えさせられるのが、老人介護の実態と、お年寄りたち自身の生きがい。
自分の親は、そして自分自身も、将来どうなるのかな?


☆ 「任侠ヘルパー」のストーリー・・・

暴力団をぬけ、堅気となってコンビニで働く、元極道の彦一。
ある夜、フルフェイスのヘルメットを付けた男が強盗に入りますが、簡単に取り押さえます。
しかしヘルメットを取ると、お金に困った老人。
彦一は老人にレジのお金を渡し、逃がしてやります。
しかしコンビニの経営者に通報され
なんと彦一が逮捕され、刑務所に入るのでした。
そこで再会したのが、その老人。
出所後、彦一は、その老人のツテを頼り、再び裏の仕事に手を染め始めます。
その仕事とは、老人相手の闇金。
そしてその闇金で破産した老人を、
「うみねこの家」という悪臭ただよう最悪の環境の介護施設に入れ、
生活保護や年金をせしめることでした。
最初は淡々とシノギをこなす彦一。
しかし次第に老人を食い物にすることに、苛立ちを感じ始めた彦一。
「うみねこの家」を立て直す決意をするのでした。




by 番組スタッフ | TIME 23:03|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「のぼうの城」犬堂一心監督&樋口真嗣監督記者会見
2012 10.20 Sat

大ベストセラー小説の映画化です!
強くはないけど 農民たちから「でくのぼうの“のぼう様”と呼ばれた前田長親が、
500人の軍勢で石田光成の2万の大軍と、いかに戦うか? 
これがほんとに面白いんですよ!

野村萬斎、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市といった豪華な出演者。

しかも、犬童一心監督と樋口真嗣監督の、ダブル監督。
めずらしいですよね〜!

このお二人が、先日、長親の菩提寺である、
名古屋・大須の興国山(こうこくざん)大光院(だいこういん)で
大ヒット祈願のお参りをされ、そのあと記者会見が行ないました。

心底小説にほれ込んで、9年近くかけて完成させた映画。
しかもダブル監督だと、漫才のかけあいのように、お互いをフォローしていくので
アイデアが3倍にも4倍にも膨らんでいく。
それがとても心地よくて、楽しかったそうです。

だからあんなにスケールのある、しかもそれぞれのキャラクターもしっかり描いている作品になったんだなあと思いました。

とくに二人は野村萬斎さんを絶賛する一方で、
少しふつうの人と違う空気感があるのを、かなり楽しんでいたもよう。
映画でもその感じがでてますので、ぜひ見て、笑ったり、うなったり、どきどきしたりしてみてください!楽しい!





by 番組スタッフ | TIME 22:43|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「おおかみこどもの雨と雪」細田守監督・宮アあおいさんと!
2012 07.21 Sat

本日より上映中「おおかみこどもの雨と雪」。
もう、号泣ですよ!花という大学生だった女の子が、結婚して子供を産んで育てる13年間を描いた作品。
なにがあっても、子供たちを育てるという強い意志を持つお母さんになっていく花の成長が
泣けるんです。
そしてこどもたちのかわいいこと!
そんなお母さんと子どもの日常を、細田監督、しっかり描いていました。

「当たり前と思われているお母さんのすごさを、ちゃんと映画として残しておきたいと思ったから。」

そうなんです。お母さんって、すごいよね。こんなに働いて子育てして、がんばってるんです。
それが初めて映画として表現されてるなと思いました。

宮アあおいさんは、大学生から立派な母親まで、声の出演をされていますが、最初から順番にアフレコしていたので、子役の方がいらっしゃれば自然にお母さんの声になっていったそうです。
そして完成した映画を見て、最後のアンサリーさんの歌で、思わず泣いてしまったとか。
それくらい感動したそうです。いいよね。

宮アさん、インタビューの間も、じっと動かず、一生懸命話していたのが印象的でした。
しかしかわいいわ。フレンチネイルの先がブルーでした。

細田監督、本当に声も姿もやさしくて、素敵な監督でした。ありがとう!




雨くんと雪ちゃんのお人形。これは特注品で、とっても高いのだそうです。
髪の毛とか、作るのがとても難しいんですって。欲しいけど、これしかないそうです(苦笑)

by 番組スタッフ | TIME 22:49|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「へルタースケルター」蜷川実花監督と大森南朋
2012 07.14 Sat

はい、なんとこのインタビューで108本目だそうです。
「煩悩の数と同じだね〜」って語る蜷川監督。
公開日まで頑張って取材を受けるこの姿勢、すごいです。
沢尻エリカさんにも来てほしかった・・・。

いやいや、大森さんも、実に楽しそうにしていましたよ〜。

岡崎京子のコミックの映画化ですが、現代に置き換えてあります。
でもトップモデルの栄光と挫折って、いつの時代も変わらないですよね。

そんななかでトップモデルにしがみつくために、
あらゆる手段でがんばりつづける
りりこ。
ある意味、ものすごい根性の女です。

沢尻さんの懇親の演技。蜷川監督の赤を基調にした極彩色の画面。
まさに欲望の渦巻く世界と、りりこの生き方に衝撃を受けます。

特に若い女性に、ぜひ見ていただきたいです!


by 番組スタッフ | TIME 22:30|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

映画「BRAVE HEARTS 海猿」羽住栄一郎監督と伊原剛志さんインタビュー!
2012 07.07 Sat

いや〜、4作目がついに完成!
しかも今回が一番おもしろかったと断言します!

自分にも降りかかるかもしれない事故だからこそ、ドキドキ感がハンパない。
思わず座席で体が揺れる、体感アトラクションみたいな映画です。

その羽住監督は、北海道から、そして伊原さんは東京から、
名古屋に到着。
インタビューする部屋で再会したようで、
二人が「あ、どうもお久しぶりです」と握手するところから始まりました。
なかなかこういうインタビューはないので、おもしろかったです。

その伊原さん、初めての海猿。
始まる前、撮影は夏から冬で、「最後は冬だから寒いぞ」と相当脅かされていたとか。
でも実際には、夢中でやってるので意外ときつくなかったそうです。

とはいえ、やはり相当始まる前に体を作ったそうで、
だから、その数十キロに及ぶ装備を付けての演技も持ちこたえられたのかな?
とにかく本物だから重いんですって。

特に沈みかけたジャンボジェットのコックピットの外での撮影。
あれはセットですが、重いうえに飛行機が傾いて、足場が建ってられないくらいななめなんですって。
しかも毎日少しずつ傾いて、最後は50度にまで!
そりゃきついわ〜

ていうか、あのシーンだけでそんなに日数かけているんだ!
そっちのほうがびっくりしました。

激しいアクションも多いけど、カップルについてもそれぞれ深く描かれていて、
伊原さんは映画をみて「仙崎、カッコイイ!」と惚れ直したそうです。

夏にぴったりの作品です。ぜひみんなで見に行ってね!


by 番組スタッフ | TIME 23:45|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る45分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jan 2018 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「嘘を愛する女」高橋一生さんインタビュー
「ミックス。」瑛太さん、石川淳一監督インタビュー!
「ナラタージュ」行定勲監督インタビュー
「ユリゴコロ」熊澤尚人監督インタビュー
「三度目の殺人」是枝裕和監督インタビュー
「関ヶ原」岡田准一さんと原田眞人監督!
「君の膵臓をたべたい」浜辺美波・北村匠海インタビュー!
「メアリと魔女の花」米林監督と!
「忍びの国」中村義洋監督と!
「TAP THE LASTSHOW」水谷豊監督とHIDEBOHさん
バックナンバー
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧