?S41?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
「サクラサク」田中光敏監督と!
2014 04.05 Sat

「利休にたずねよ」「精霊流し」などでもおなじみの田中監督。
実は東京ではなく神戸にお住まいで、わざわざ名古屋に来てくださいました。

福井の女性朗読会の人から、「クライマックスが地元の素晴らしい小説なので、ぜひ映画にしてほしい」とお手紙をいだたき、そこから動き出したという田中監督。
テレビ局が映画化権を持っていたのにもかかわらず、さださんご本人が引き揚げ、田中さんに託されたというのも素晴らしいお話だなあと思いました。

そしてやはりこの映画のいいのは、どこの家庭でもありえる問題をリアルにみせていること。
仕事漬けのお父さん、
冷え切った関係の妻、
受験に失敗してフリーター生活の息子、
生意気な女子高生の娘、
そして認知症を発症したおじいちゃん。
超バラバラで家族崩壊してます。

そんな5人がお父さんの号令で、最初はいやいやなんですが、
おじいちゃんの70年前の記憶が正しかったことを確かめるために、
車で旅をするというストーリー。

旅でいろいろ起きることで、家族が元の輪になっていく。
向き合うことの大事さを教えてくれます。

実際の藤竜也さんや、緒方直人さん、南果歩さんたちも
ずーっと25日間一緒にすごして、
特に南果歩さんは、「はいみんなで晩御飯」
「はい、みんなで銭湯に行きましょう」ってやってたそうです。
映画と大違い(笑)

福井県の美浜町など、すてきな風景がたくさんでてきますよ〜。

「サクラサク」は4月5日より公開中です。


by 番組スタッフ | TIME 22:47|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「白ゆき姫殺人事件」綾野剛さん、中村義洋監督と!
2014 03.22 Sat

湊かなえさん原作のこの映画、実に面白い!
ぜひみてもらいたい!

薄っぺらなテレビディレクター、赤星の役を演じた綾野さん。
内面も自己中心的で薄っぺらくないと、そうは見えないということで、
役作りは苦労されたようです。

一方の中村監督、たいへんだったのは、ツイッターの画面と実写を合成するのに
パソコンが重くなって編集が大変だったとか。
意外なところで苦労されていたんですね〜。

関係者や近所の人の証言も、ついびっくりさせようと話を盛ってしまう。
特定の人を疑惑の犯人扱いしてしまうテレビのワイドショー。
デマと噂を実名や住所をさらす、ツイッター。

もうね〜、人のゴシップや噂話ほど怖いものはないです。

エンディングは、小説と違うオリジナルの部分もあって、これがまた泣ける!

ぜひ見てほしい、久々のエンターテインメント・ミステリーです。

井上真央さんのオーラを消した大熱演。すばらしすぎます。3月29日より公開!


by 番組スタッフ | TIME 22:30|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「映画 ドラえもん 新のび太の大魔境」COWCOWと!
2014 03.19 Wed

声優として出演も果たしたCOWCOWのお二人にインタビュー!

子供がいらっしゃるよしさんは、ドラえもん映画にでたことで、
子供にも認められる仕事ができたとうれしかったそうです。

今回は夏休みにアフリカの奥地にある大魔境に探検する
のび太たちのお話。
お二人は映画ではバウワンコ王国の兵士役でしたが、
インタビューでは探検隊の姿!

これがまた似合ってて、素敵ですね。

「ドラえもん、あたりまえ体操」もあって、オンエアしましたがお聞きいただけたでしょうか?




by 番組スタッフ | TIME 21:45|コメント(0)|カテゴリー:-

「偉大なるしゅららぼん」濱田岳さん、岡田将生さんと!
2014 03.01 Sat

超仲の良いお二人!最高ですね〜。

濱田さんは「鴨川ホルモー」、岡田さんは「プリンセストヨトミ」で
万城目ワールドを演じていますので、
もうこの世界観は大丈夫だそうで、
二人ともとってもエンジョイしていました。

濱田さんは、お殿様高校生を演じるのに、
ちょっと太っていたほうが原作にぴったりくると
10キロも増量。
撮影中もめちゃ食べていたそうです。
この写真ではすでに6キロ減量に成功しているそうで、
ポスターよりやせてますよね!

この赤い制服。撮影用とキャンペーン用に2着作ったそうですが、
濱田さん、太りすぎてパンツをびりっと破ってしまい、
緊急用の2着目を使って撮影する羽目になったそうです。
もちろん、1着目も修理したそうですよ。

二人は1か月以上撮影中以外の食事なども、ずっと一緒だったそうで、ほんとに仲がいい。
歳も近いし、同じ事務所というのもあって、気楽なんだそうです。

映画はお殿様とおつきのものみたいになってますが、
実際もそんな雰囲気が醸し出されていて、おもしろいなあ。

映画も琵琶湖が舞台のパワースポット映画となってます!






by 番組スタッフ | TIME 23:33|コメント(0)|カテゴリー:-

「魔女の宅急便」清水崇監督インタビュー!
2014 02.15 Sat

実写版「魔女の宅急便」。
まさかハリウッドでも有名な「呪怨」の清水監督が、引き受けられるとは思ってみませんでした。

でも実は自分から喜んで引き受けられたんだとか。
「ホラーの監督と言われたくなかった。いろんなジャンルの映画を撮りたい」というのが清水監督の願いだったそうで、あのアニメになった有名すぎる児童文学と聞いて、よけいやりたかったそうです。

ある意味、ホラーという殻から抜け出すのに、もっとも効果的な選択。さすがです。

小芝風花さんは、フィギュアスケートで鍛えた体で、体当たりの演技。
ほうきをさばく足腰はさすがだなあと思いました。
下手に小細工してないところが、好感もてました。

北欧ではなく、日本の瀬戸内海が舞台となっていて、ちょっと和風ですが、それもまたいいかな。

「アニメでは外国の風景なのに、日本語しゃべってても違和感ないのに、
実写だといろいろ言われるのがつらい」と清水監督。
でも、むしろ日本が舞台でいいと思いました。





by 番組スタッフ | TIME 23:16|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ZIPPIEが選ぶ映画大賞2013」結果発表!
2013 12.28 Sat

本当にたくさんの投票、ありがとうございました!
そして番組へのご感想、本当にありがとうございます。

いっぱいみなさんに聞いていただいているんだなあと、
改めてAZUSA、スタッフともども感激しています。
普段こういう風にメッセージをいただくことがなかったので、
本当にはげみになります。
ありがとう!

ちなみに来年最初にインタビューする予定なのが、
「抱きしめたい」の錦戸亮さん。
3回目ですが、楽しみです〜。

それでは結果発表です!

<映画大賞 日本映画部門>

1位 風立ちぬ

2位 そして父になる

3位 清須会議

4位 謝罪の王様

5位 真夏の方程式

6位 陽だまりの彼女    

7位 図書館戦争

8位 探偵はBARにいる2

9位 ストロベリーナイト

10位 劇場版SPEC 〜結〜



<外国映画部門>

1位 モンスターズ・ユニバーシティ

2位 レ・ミゼラブル
 
3位 テッド

4位 007/スカイフォール

5位 ワイルドスピード・ユーロミッション

6位 アイアンマン3

7位 ローン・レンジャー

8位 ライフ・オブ・パイ 〜トラと漂流した227日

9位 世界にひとつのプレイブック

10位 タイピスト!

ちなみにAZUSAが選んだのは、「風立ちぬ」と
「ライフ・オブ・パイ 〜トラと漂流した227日」でした。

スタッフが選んだもうひとつの裏ベストは、「じゃじゃ馬さんとビッグマウス」と「テッド」かな?

また来年もよろしくです〜




by AZUSA & 番組スタッフ | TIME 22:31|コメント(0)|カテゴリー:番組の話題

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」大原櫻子さんと!
2013 12.07 Sat

映画撮影時は16歳。今も17歳の現役高校生、大原櫻子ちゃん。

これが初めてのお仕事で初映画がヒロインの小枝理子、しかも歌もギターも弾く!

5000人のなかから選ばれた、ラッキーガールです。

さすが、歌がうまい。
オーディションで好きな歌を歌うのに、美空ひばりの「愛燦々」を歌ったんですって!
しかも映画の中でも、エキストラのみなさんのために歌い続けたり、
クランクアップでもスタッフに感謝をこめて「愛燦々」を歌ったり、
本当にカノジョは礼儀正しすぎる!

インタビューでも、はきはき答えるしっかりした女の子で、びっくりしました。
とても16歳の新人とは思えません。

それでも撮影は大変だったそうで、5キロのダイエットがきつかった。
さらにいきなり渋谷駅前で「はい、泣いて」と涙を流すシーンを撮らされたり、
苦労が多かったようです。

胸キュンの切ないラブストーリー、
また音楽業界の裏側も見えて、勉強にもなります。

漫画が好きな方も、きっと実写版も気に入ってもらえるんじゃないかな〜。

エンドロールの最後に大事なシーンがあるので、
ぜひ館内が明るくなる直前の最後までしっかり見てくださいね!

12月14日より全国東宝系にて公開です!


by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:58|コメント(0)|カテゴリー:番組の話題

「くじけないで」八千草薫さんと武田鉄矢さんインタビュー!
2013 11.16 Sat

八千草さん、80代とは思えないほどきれいで、お若くて、すてきです〜
武田さんのベストは、オードリーの春日さんみたいね(笑)

そんな彼女が60代から100歳までの柴田トヨさんを演じた「くじけないで」。
若いシーンは、わりと演じやすかったけど、
90代のシーンは、どういう風に演じていいのか苦労したそうです。

ああ、そうなんだ。90代は体験してないから演じるのは難しいのか〜。
目からうろこでした。

それより若い頃の柴田トヨは壇れいさん、子供のころは芦田愛菜ちゃんが演じています。

そして武田鉄矢さん。

八千草さんのまえでは、ほんとに息子のようで、
八千草さんのことも「おっかさん」と呼んでいて、
それがとてもいい感じでした。
最初は、柔らかくお母さんをしかってたのが、
30代の深川監督に「もっときつく叱ってください」と言われて、
「え〜」と思いながら演じたそうです。

でも実際の家族って、そう、親に対しても、「ばかじゃないの?」とか、
遠慮がなくきついこといいますよね。
家族だから言えるんです。
そう武田さんも感じて、「さすが、監督」と思われたそうです。

映画は、家族ならではの苦労、そして、素直な詩に涙があふれます!
ほんとに素敵な作品です。


by 番組スタッフ | TIME 22:29|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「SPEC 結(クローズ)」戸田恵梨香さんと加瀬亮さんと!
2013 10.26 Sat

はい、11月1日公開の「漸ノ篇」と11月29日公開「爻ノ篇」の2作が
続けて公開となります!

字が読めない〜と思ったら、ゼンノ篇と、コウノ篇。
なんだ前篇、後篇だったのか・・・。

その当麻を演じられた戸田恵梨香さん、
瀬文を演じられた加瀬亮さんにインタビューしてきました!

いや、ふたりとも実物のほうがもっともっとカッコイイ!

SPECが私の代表作という戸田さんの映画への意気込みが、バンバン伝わってきます。
自分で餃子1000個作って、撮影スタジオの外でふるまったそうです。
焼きとゆで、しかも味噌餃子とシソ餃子の2種類!
ちょうどお花見シーズンのころで、
撮影終わり次第からの、お花見となったそうです。


そして加瀬亮さん、相手の顔をじ〜〜〜っと見るんです。
思わず目をそらせてしまうくらい、じっとみてくる。

しかもやさしくてかっこいい。
めっちゃすてきですよ。
SPEC使えなくて、あんなにケガしてるのに超人のように戦う瀬文。
自分で「すごいですよね〜、瀬文」って言ってるのがおもしろかったです。

でもまだ向井理と大島優子との戦いが、「爻ノ篇」で待っている!
ああ〜楽しみ!




by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:47|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「陽だまりの彼女」と「ムード・インディゴ うたたかの日々」
2013 10.05 Sat

今夜は、紹介した2本とも、ラブファンタジーで、どちらも素敵な映画でした。

松本潤と上野樹里主演の「陽だまりの彼女」。

中学の時の初恋の相手に、社会人となった二人が10年ぶりに再会して、
再び恋に落ちる。

いいよね〜

江の島デートも素敵だし、
なにより自然体のマツジュンと、ふわふわした感じの上野樹里がかわいすぎる!

これはぜひともデートしたい相手と見に行ってほしいです。
「映画見に行こう!」って、本命を誘って見に行ってほしい。
映画館でデートしながら、映画の中でもデートしてる気分になれます。
切ない物語なんだけど、あったかいのです。
ビーチボーイズの曲も、山下達郎の曲もいいのです。


そしてもうひとつの「ムード・インディゴ うたたかの日々」。

ボリス・ヴィヴァンの小説を忠実に映画化したものですが、すごい!

さすが、「エターナル・サンシャイン」や「僕らの未来に逆回転」「恋愛睡眠のすすめ」の
ミシェル・ゴンドリー監督ならではの、手作り感満載アート恋愛映画!

これがまた、モダンアートで、恋愛ストーリーながら人生の真実も描いていて
切なくて泣けるんです。
前半のカラフルでふわふわした感じ。
後半のモノクロになっていく様子が、胸につきささる。

ぜひともこれは見てほしい、おすすめ作品です。





by あずさ&番組スタッフ | TIME 23:38|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S41?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Spt 2018 次月
M T W T F S S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
「センセイ君主」と「28日後...」
「劇場版コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
「未来のミライ」細田守監督インタビューと「海街diary」
「虹色デイズ」と「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
「ルームロンダリング」池田エライザさんインタビュー!
バックナンバー
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧