?S40?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
「僕等がいた 後篇」生田斗真さんと三木孝浩監督インタビュー!
2012 04.07 Sat

はい、前篇を見た方は、「はやく後篇、公開してよ!」ってかんじでしょう。

でもね、前篇は北海道・釧路を舞台に
キラキラした高校生活のなかでの恋って感じだったのが、
後篇は東京で、ドロドロの大人の愛でございます。

そのあたり、矢野元晴を演じた生田斗真さん。
実際に釧路で1か月半撮影合宿生活を送っていたせいか、
東京での後篇の撮影は、吉高由里子さんにもほとんど会えず、
「さびしいなあ」と思いながら撮影していたせいで、
すんなり役作りができたそうです。

そして前篇から登場するダークな存在、
本仮屋ユイカさん演じる、山本有里。
「いやー、本人が嬉々として演じていたよ」って監督がおっしゃってました。
決して明るくいい子じゃない役柄なのが、面白いんでしょうね〜。

しかも本仮屋ユイカ、っていう名前に監督も生田さんもうれしそうに反応するんですよ!
よっぽど楽しかったんでしょうね〜。

もちろん吉高由里子演じる七美は、太陽のような存在。
矢野はそんな太陽の光で輝く月のような存在。
ふたりはいったいどうなるのか? それもお楽しみに!
4月21日が待ち遠しい!


by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:35|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「僕たち急行 A列車で行こう」松山ケンイチさんと瑛太さんと!
2012 03.24 Sat

はい、なんと松ケンと瑛太さんと一緒に、新幹線に乗ってきました〜!

それも3人掛けのところを向い合せにしての、インタビュー!

ウェリントン型の黒いメガネをかけて、ちょっとジョニー・デップ風の瑛太さん、
そして平清盛そのまま、日焼けが素敵な松山ケンイチさん。
映画とはかなりイメージが違います。

訊いてみるとこの映画は2010年の秋に撮影されたもので、あれからもう1年半なんですね。
そして森田芳光監督の遺作となってしまいました。

鉄道ファンだった森田監督が、オリジナル脚本で、鉄道ファンの男の子のナイーブな雰囲気。
そして昭和の「社長シリーズ」のような、のんびりした会社の雰囲気がとってもなごめる作品。

お二人は全く鉄道ファンではないということでしたが、
さすが芸達者なお二人、素晴らしかったです。

森田監督は細かいところまで、自ら演技して演出するそうで、それを真似するだけなので、
とてもやりやすかったとか。
最初からどういう風に撮りたいか、しっかりわかっている監督だったんですね。
監督が一緒にいないのは、さびしいけれど、映画はとってもあったかくて、なごみます。

この独特の二人の距離感、楽しんでみてください。

最後に3人掛けに並んで写真をとりました。真ん中にAZUSA。
このままずっと、旅していたかった・・・。
(アップ不許可ということで、すみません)








N700系だよ!

by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:55|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「僕等がいた 前篇」生田斗真さんと三木孝浩監督インタビュー!
2012 03.17 Sat

本日から公開「僕等がいた 前篇」。

モテモテだけど心に影のある高校生矢野元晴を演じた、生田斗真さん。
そしてそんな矢野を好きになる、吉高由里子さん演じる、高橋七美。
いいね〜、初恋!
胸きゅんきゅんの純愛ストーリーでございます。
号泣ですよ、号泣!

そんな女子目線を丁寧に描いた三木監督と、主演の生田斗真さんが
インタビューしてくれました。

なんかとっても二人とも明るくて、ロケが楽しかったことが伝わりました。
実際に北海道厚岸の廃校になった学校の校舎を使って、1か月あまり撮影。
合宿状態みたいなかんじだったので、とても楽しかったそうです。

監督も生田さんも吉高さんの魅力にぞっこん、ってかんじで、
それも楽しそうで、いいなあ。

学園祭のシーンは、リアルすぎて、役でなく、ほんとに楽しんでる状態だったそうです。
焼きそばとか食べたりね〜。

で、すごいのが、このあと後篇が4月21日公開となっております。
トータル4時間以上!
まずはこれを早くみて、後篇に備えたいですね!




by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:10|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「おかえり、はやぶさ」藤原竜也さん、本木監督インタビュー
2012 03.10 Sat

はい、藤原さん、いつもさわやかでかっこよくて、そして楽しい受け答え!
気取らないところがとても素敵な方です。

そんな藤原さんをやさしく見守る本木監督。
インタビューはちょっと緊張されていたけれど、
3D映画を一生懸命苦労しながらも頑張って撮影されたのが
よーく伝わるお話でした。

それにしても藤原さんのハプニングネタが面白すぎる!
豊原功補さんが、クランクインして3週間ぐらいたってから、これが3D映画だと気が付いたってこと!
3D映画のカメラって、ふつうのカメラの倍の大きさなのに、気づかなかったんでしょうか!

あと共演されていた杏さんが渡辺謙さんの娘さんだったことも、知らなかったそうで
それを知ってびっくりされたそうです。

藤原さん、「豊原さん、おもしろすぎる〜!」って、インタビューでも笑っていました。

なんか豊原さんにお会いしてみたくなりました。


それにしてもこの「おかえり、はやぶさ」。
3Dで宇宙が体感できるのが、もう〜すごい!
さらに、太陽よりずっと先にいる火星のそばにまで、あんなに小さな探査機が
往復7年もかけて飛んで行ったのかというのも実感できて、泣けてきます。
ぜひ親子で、3世代で、ご覧になってください。
小学生も必見ですよ!


by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:38|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

POV 呪われたフィルム 志田未来・川口春奈・鶴田監督インタビュー
2012 02.25 Sat

学校の怪談ですよ。
中学校のトイレの映像が・・・・

「キャ〜ッ!!!」

っていうかんじのホラー。
観る前からお化け屋敷入る前みたいにテンションあがります。

しかもこれ、志田未来ちゃんと川口春奈ちゃんが実名で登場ですよ!

いや〜、普通にしている二人は、本当にかわいいです。

映画では二人とも恐怖で顔ひきつりまくりですけどね。

実際の未来ちゃんは超こわがりだそうで、完成した映画をみて恐怖で泣いちゃったそうです。
自分が主人公なのに(苦笑)

一方、川口春奈ちゃんは、怖いの大好きで、
ホラー映画は映画館の一番前の真ん中にすわるくらい好きなんですって。
撮影中も、未来ちゃんにこわ〜い話をして楽しんでいたといいいますから、すごいもんです。

ホラー映画の第一人者・鶴田法男監督は、POV,point of Viewという
ドキュメンタリータッチでの撮影。
ブレアウイッチ・プロジェクトの向こうをはるそのリアルさが怖すぎ!


これはお友達やカップルでぜひ見に行って、キャ〜ってお互い抱きついたり、手を握ったりして
楽しんでね!
ホラー映画は「つり橋」効果といって、カップルが親密になれるチャンスですよん♪


by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:36|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「逆転裁判」成宮寛貴さんインタビュー!
2012 02.11 Sat

人気ゲームの映画化。

実写の成歩堂、髪型がすごいです!
ゲームそのまんま(笑)

そして裁判も、「異議あり!」とカッコよく言うけど、
そのあとが続かなかったり、
へんな証人がおかしなこと言って、傍聴席のみんながずっこけたり。
しかもそこに座っている人たち、みんなすごいファッションだったり。

細かいところで、いちいち「なんだこれ!」というネタ満載。

その主演の成宮さん。いや〜イケメンで、しかもきさくな方です。

日によって、三池崇史監督がワンカットでいくかとおもったら、細かくカット割りしてきたりと
ぜんぜん違う演出をしてくるので、今日はどうなるかな〜と楽しみだったそうです。

内容は言わないほうがいいですよね!
ゲームファンの方はもちろん、ゲームやったことがなくても、とっても楽しめます。
桐谷美鈴ちゃんもかわいいので、
とくに学生のみなさん、お出かけくださいね!





by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:27|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「はやぶさ 遥かなる帰還」記者会見!
2012 02.05 Sun

2月11日より公開の「はやぶさ 遥かなる帰還」記者会見に行ってきました。
滝本智行監督、そして映画主演で、映画のプロダクト・マネージャーも担当されている
渡辺謙さんが登場!

雄弁に語る姿が素敵でした!

映画では科学者の姿で、今までの謙さんとは違うたたずまいが、さすが俳優さんだなあと思わせてくれましたが、普段の渡辺さんは本当にダンディでかっこいい!

「はやぶさ」にかけるたくさんの人々の思いを群像劇としてあらわすのに、
本読みから車座になって行ったこと。
実際に取材にいった川口教授は、まさしく理系の人で、
プライベートをほとんど話してくれない人で、役作りに苦労されたこと。

また滝本監督はとても感激屋さんで、記者会見中、今、自分が監督になってこの映画を作っているということに、とても感激されて、つい涙ぐんでしまったんです。
それだけ思い入れのある作品なんですよね〜

太陽までの距離よりずっと遠いところまで旅してきた「はやぶさ」。
その満身創痍の姿に、ぜひ涙してください・・・



滝本監督。こう見えてとても感激屋さん。オーストラリアの砂漠での星空のすごさにも泣いてしまったそうです。いいね!

by 番組 | TIME 22:03|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「麒麟の翼」新垣結衣さんインタビュー
2012 01.28 Sat

いや〜、写真がなくてすみません。
めちゃめちゃかわいかったです。

そんな新垣さんが、容疑者の恋人役で登場し、阿部寛さん演じる加賀刑事に尋問される
「麒麟の翼」、現在上映中ですよ!。

東野圭吾の小説が、テレビドラマ「新参者」シリーズを経て、ついに映画化。
想像を絶する衝撃の真相に胸があつくなるミステリーです。
愛するってすごいな〜。泣ける。

ミステリー初挑戦の新垣さん、
刑事さんに尋問されると、自然におびえてしまう、というのが印象的でした。

テレビドラマのときからですが、日本橋人形町、行ってみたいな・・・。


<ストーリー>

東京・日本橋の「翼のある麒麟像」の下で男性が刃物に刺され、死亡。
しかしこの男は刺されてから8分間も歩き、ここで息絶えていたのでした。
さらに容疑者の男は逃走中、車に轢かれ、意識不明の重体に。
容疑者の恋人・香織は、彼の無実を訴えます。
刑事の加賀恭一郎は、加害者と容疑者、そしてそれぞれの家族や恋人のの持つ別の面を探りますが、
複雑に絡む あまりにも多くの謎に、捜査は難航するのでした。

出演は、阿部寛、溝端淳平、新垣結衣、中井貴一、ほか。



by 番組スタッフとあずさ | TIME 22:53|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」山崎貴監督インタビュー
2012 01.21 Sat

昭和39年。オリンピックをひかえ、
高速道路やビル建設ラッシュにわく東京。
小説家の茶川はヒロミと結婚し、高校生になった淳之介と暮らし、
もうすぐ子供も誕生というのに、
新人に人気を奪われ、スランプ気味です。
一方、鈴木オートで働く六子(むつこ)は、通勤途中の若きお医者さんに片思い。
毎日おめかしをして家を出ては、通りがかるお医者さんに挨拶するのでした。
そんなある日、茶川は、思いがけない電報を受け取るのでした。

出演は、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子ほか。
さらに今回は森山未來が初登場。

5年ぶりとなる3作目は、リアル3D!しかもテーマは「巣立ち」。
茶川とお父さん、淳之介のそれぞれの思い。
そして六子の恋の行方と、今回も盛りだくさん。
オリンピックで熱狂する町の様子、
そして三丁目の住人たちのドラマに、胸が熱くなります。

その山崎貴監督にインタビューしてきました。

いや〜、ほんとにかっこいいですよ〜。
リアル3Dカメラで苦労して映画とって、VFXでまたまた苦労の連続なのに、
なんかさわやかでそういう苦労を感じさせない。

しかもスマートすぎる流ちょうな受け答え。
本当に頭がよい方です。

それにしても3D体感コーナーまでちゃんと作ってあるのが面白い映画!
タイトルバックの東京タワーが目に突き刺さる!

そして鈴木社長の激怒シーンもこれぞVFXです(苦笑)、
後ろの景色がほとんどVFXなのに、
あまりになじんでいて、そうと感じられないのが、かわいそう(苦笑)

監督は、お嫁にいく前の六子をできるだけかわいくとるようにしたといいますが、
さすが、かわいすぎる!
そしてやらた髪をさわるキザな森山未來くんは、自分でこのキャラを考えたそうです。

そんな裏話も楽しかった。
ぜひ映画館で体感してくださいね!





by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:42|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ロボジー」五十嵐信次郎さんと吉高由里子さんインタビュー!
2012 01.14 Sat

なにだきついてんだ!信次郎!
吉高由里子さん、かわいすぎる〜
ステキステキステキ〜

はい、映画も楽しいですが、お二人がとても自然体!
ナチュラルってか、本音丸出し!

その模様はインタビューでもお伝えしましたが、
本音炸裂!
映画への思いはもちろん、俳優・女優としての思いも
本当に素直にしゃべってくださって、素敵でした。

「女優なんて、干されるときは、5秒で干されるから」
その通りでございます。
さすがわかってらっしゃるわ〜(苦笑)

それはともかく「ロボジー」です。
重さ30キロもあって、装着が大変だったうえ、
着ると耳も聞こえない、視界もほとんどない、トイレにも行けない。
しかも冬の撮影でタイツしか着てないから、
金属が冷えて激寒い!

そんなハードな撮影だったそうです。
それでも何も飲まず食わずでロボットに入り続けた
ミッキー・カーチスさんこと五十嵐信次郎さん。
さすが初主演映画は違いますね!

ぜひぜひ映画館で、鈴木のおじいちゃんと、ロボットに恋する女子大生に注目してみてください。
ちなみに濱田岳さんの奮闘ぶりも、要チェック!


<ストーリー>
ワンマン社長から二足歩行のロボットの開発を命じられた、
家電メーカーの窓際社員3名。
しかし「ロボット博」まであと1週間というとき、
製作途中のロボット「ニュー潮風」が大破。
このままではクビになると恐れた3人は、
ロボットの中にぴったりサイズの人を入れ、
ごまかす作戦を思いつきます。
そして中に入る人をこっそり選ぶ架空オーディションを開催。
しかしサイズがぴったりで残ったのは、
引退して久しい73歳の一人暮らしの老人だったのでした。


「ロボジー」は1月14日より 全国東宝系にて上映中!


どーも、ニュー潮風です。

結構かっこいいでしょ!実はこれは、3分の1スケール。

せっかくなので、後ろ姿を撮影してみました。
後ろもかわいすぎる〜♪


by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:44|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S40?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jun 2018 次月
M T W T F S S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
「パンク侍、斬られて候」と「グランド・ブダペスト・ホテル」
「世界でいちばん長い写真」と「天使にラブソングを・・・」
「終わった人」と「チェンジリング」
「Over Drive」羽住監督登場!それと「キツツキと雨」
「羊と鋼の森」上白石萌音・萌歌姉妹インタビューと「ショーシャンクの空に」
「恋は雨あがりのように」と「スワロウテイル」
「蚤とり侍」と「ジャガーノート」
「孤狼の血」白石監督と! 「きっとうまくいく」
『ラプラスの魔女』と『ゴールデンスランバー』
「となりの怪物くん」と「きっと、星のせいじゃない。」
バックナンバー
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧