?S41?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
「こち亀」速水もこみちさんと!
2011 07.30 Sat

中川財閥の御曹司で、副業で警察官をやっているという設定ってなに??
それだけでも笑ってしまう、中川圭一。

その中川演じている速水もこみちさんも、
背が高くて、素敵でございます。

部屋に入るとき、頭をかがめて入るんです!

それにしても中川、フェラーリのマイパトカー。
それにマイ・ヘリコプターまで持っている。
さすが〜

冬の撮影でしたが、
フェルト生地の黄色いスーツは、とってもあったかかったとか。

一方の香取慎吾演じる両さんは、半袖、パンツもおりまげ、はだしにサンダル。
これで1月に、びしょ濡れになりながら演じたといいますから、たいしたものです〜

「こち亀」、ちょっと寅さんっぽかんじがして、おもしろいですよ〜

親子でぜひ、一緒に楽しんでください!


by 番組スタッフ | TIME 22:02|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ロック わんこの島」中江功監督と佐藤隆太さんインタビュー
2011 07.23 Sat

今日から公開、三宅島の噴火のなか、
「離れていても心はつながっている」と信じて生きる
家族と犬のロックの物語。

今見ると、あまりに切なくて、泣けてきます。
今もなお、避難生活されている方の多いこと。

公開前に東北のみなさんに試写会を開いたそうですが、
開く前は、監督もやはり悩んだそうです。
でもみんなが「よかったよ」と言ってくれて、
励まされたそうです。

なんて東北の方は強いんだろう。
そして三宅島の方も強いんだろう。

それぞれの故郷を思う気持ちに、心打たれます。

佐藤さんも初めてのお父さん役なのに、ふつうにお父さんが似合うのにびっくり。
子供や犬と一緒が似合います!

母ちゃん役の麻生久美子さんは、普段でもあんな感じで明るく楽しい方です。
インタビューはできませんでしたが、お見かけしました。

早くみんな故郷に帰れるといいなあ。


by 番組 | TIME 23:09|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「コクリコ坂から」鈴木敏夫プロデューサーと!
2011 07.09 Sat

もう、びっくりするような話が次々とでてくる鈴木プロデューサー。

名古屋の男子高校時代の思い出が、映画のモチーフになっていること。

坂本九さんの曲が大好で、宮崎吾郎監督が
「見上げてごらん夜の星を」を使おうとしたけれど、
猛反対して「上を向いて歩こう」に決めたこと。

1963年の横浜が舞台なのですが、そのころ生まれていなかった吾郎監督に
たくさんの吉永小百合さん主演の映画を見てもらって、感じをつかんでもらったこと。

海の声に長澤まさみさんを起用して、最初やってもらったら
明るい声なので、
思わずミスキャストかと思ってしまったこと。

そして「普段の地声でやりなさい」と言ったら、
「暗くなるけどいいんですか」って言われて、
それでやったら、うまくはまったこと。

こんなことまでおっしゃる鈴木プロデューサー、さすがですね〜

東北での試写会用に持って行ったトトロの絵は、
鈴木さんが描いたというのも笑いました。


そしてジブリスタッフが、キャンペーン中にギターを練習して、公開日までに「さよならの夏 コクリコ坂から」が弾けるようにするというキャンペーンも進行中。

実は1枚目を貼ったのがAZUSA。真ん中のステッカーです。
そして今回2枚目も貼っちゃいました。
ギターケース、サイドの部分もステッカー、いっぱいありましたよ!

by 番組スタッフ | TIME 22:30|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「小川の辺」片岡愛之助さんインタビュー
2011 07.02 Sat

最初にご紹介するのは、本日7月2日より上映中、「小川の辺」。
海坂藩士・戌井朔之助は、
藩から佐久間森衛を討つことを命じられます。
藩を批判し、脱藩した佐久間への裁きでした。

しかし農民を思い、正論を訴えた友人を斬らなければならない朔之助の心は揺れます。
しかも佐久間は妹・田鶴の夫。
田鶴も武士の妻として、手向かってくるに違いありません。
それでも翌朝、朔之助は、佐久間を探しに旅立つ、というストーリー。

藤沢周平の時代小説のなかでも、名作の声が高い作品の映画化。
その東山紀之さんふんする戌井朔之助に追われる佐久間森衛を演じた、
片岡愛之助さんにインタビューしてきました。


愛之助さん、さすが歌舞伎役者、かっこいいです。

そしておしゃべりが本当にお上手。

あんなにかっこいい殺陣の裏側の大変な様子など、
わかりやすく教えてくださいました!

映画は日本の風景が素晴らしく、また
東山紀之さん演じる朔之助がたたずまいが素敵。
森衛もよきライバルだし、
この二人が戦うのが、不条理すぎる!

本当にいい映画なので、ぜひ大きな画面でご覧ください。


by 番組 | TIME 22:31|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「アンダルシア 女神の報復」記者会見!
2011 07.02 Sat

今夜は豪華でしたね!

「アンダルシア 女神の報復」の記者会見。
外交官黒田役の織田裕二さん、
インターポールの刑事役の伊藤英明さん、
そして西谷弘監督。

会場がふわ〜っと熱気に包まれていました。
そんななかにこやかな織田さん、
楽しそうな伊藤さんと、笑顔満開。
めちゃ楽しそう。

でも映画では、二人とも苦みばしった雰囲気で
とてもかっこいいんです。

二人の格闘シーンは、つい伊藤さんが本気でパンチしてしまい
結構痛かったとか。

そんな二人の様子を、本当に進化していると評していた西谷監督。

雪のアンドラ、バルセロナ、そして太陽に愛された町アンダルシアで、
謎の殺人事件を追う二人のサスペンス・アクション。

バルセロナなどで1か月半にわたり撮影し、スペイン大好きという3人。
来週は伊藤さん単独インタビューの様子もお伝えします!


そして、伊藤英明さんに単独インタビュー!
「海猿」とは違った、影のある役が渋かったですね〜

本当にスペイン大好きだそうで、バルセロナのホテルの向かいにあったバールにもよく通ったそうですよ!

by 番組スタッフ | TIME 22:30|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「コクリコ坂から」手嶌葵さんとジブリ広報部長さん
2011 06.18 Sat

はい、まだ映画出来上がってないのに、インタビューしちゃいました。

広報部長さんは、「ぶっちょ」さんというニックネームであちこちに登場。

ぶっちょさんの顔のイラストもあるんです!

でもご本人は、「ぶっちょさんなんて、呼ばれたことないです」とのこと。
本人には言えないし、宣伝のためのキャラクターみたいですね。
ぶっちょさん、って言いたかったんだけどなあ。

それはともかく、映画は60年代の横浜を舞台に、高校生の海ちゃんと俊くん、、
そして海ちゃんの両親が若かった、戦後すぐのお話だそうです。
楽しみですね!

そしておもしろいのが、ジブリの関係者の方が、なんとギターを購入。
映画の公開日である7月16日までに「さよならの夏 コクリコ坂から」が弾けるように
頑張るキャンペーンをやってるそうです。
その最初のステッカーを張ったのが、ZIP-FM。
初めてギターを触るそうで、チャレンジャーだ〜

手嶌さんはやはり清楚なかんじで、すてきでございました!
歌がしみますね!




by 番組スタッフ | TIME 22:48|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「もしドラ」と「お家をさがそう」
2011 05.28 Sat

「もしドラ」。

大ベストセラーの映画化ということですが、原作に沿った出来上がり。
そのなかで、映画だけあって、役者さんが頑張ってます。
みなみ役の前田敦子、ピッチャーの瀬戸康史や監督の大泉洋まで、はまってます。
そして高校野球東京都予選大会からはまさに青春ストーリー。
思わず泣けます。


そして「お家をさがそう」

「アメリカン・ビューティー」のアカデミー賞監督が、
意外にもリラックスしたロードムービーをこさえてくれました。
人生設計がはっきりせず、将来の見えないカップルが、
子供が生まれるのを前に、理想のご近所さんを探して旅するストーリー。
二人の仲のよさと対照的に、風変わりな家族がいっぱいでてきて、
これがなんか面白いんです。
「うちの家族、変わってたけど、どこんちも変なんだな〜」って安心したり。

そう家族って、みんなオリジナルなんですよね〜。
将来に不安のある20代、30代のみなさん、
「ああ、こんなんでいいんだ」って思えるかもしれないです。

まあ、それより早くパートナーが欲しいってのが、先だけど(爆)




by 番組 | TIME 22:38|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「キッズ・オールライト」
2011 04.23 Sat

今年のゴールデングローブ賞コメディ部門で作品賞と主演女優賞を獲得。

ちょっと変わった家族の危機を、描いています。

というのもこの家族、二人のお母さんと娘と息子の4人家族。
お母さんは同性愛者なんです。
そこにやってきたのが、生物学上のお父さん!!

そんな家族に起きた亀裂や崩壊、進学する子供への未来への期待と、
子育てを終え新しい夫婦の形を作り始める嬉しさと寂しさ。

ひと夏の事件を、やさしい視点で描いています。

そのお母さんニックには「アメリカン・ビューティー」のアネット・べニング。
もう一人のお母さんジュールスには「ことの終わり」や「シングルマン」のジュリアン・ムーア。
娘のジョニには「アリス・イン・ワンダーランド」のアリスことミア・ワシコウスカ。

同性愛がオープンに語られるようになって、20年。
子供たちも大きくなって、親から自立する季節がやってくる。
どういう風に親を見て、育ったのか。
そういう時の流れも感じさせてくれるのがおもしろいです。




by 番組スタッフ | TIME 22:18|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「阪急電車 片道15分の奇跡」
2011 04.23 Sat

ご存知、有川浩の大ベストセラー小説の映画化です。
阪急今津線ってご存知でしょうか?
兵庫県の宝塚から西宮北口までの、短いローカル線。
この電車にさまざまな愛や人間関係に悩み、
やりきれない思いを抱えながら乗り込んできた乗客たちが、
ふとしたきっかけで、つながっていく。
「袖振り合うも、多生の縁」という言葉を思い出します。
ちょっとした会話で、気持ちが前向きになる。
「こんな電車に乗りたい!」と思わせてくれる、素敵な作品。


出演は、婚約者を寝取られたOL祥子に中谷美紀。
彼氏のDVに悩む女子大生に戸田恵理香、
老婦人に宮本信子、ほか南果歩、谷村美月、玉山鉄二、芦田愛菜など。

映画をみると、鉄ちゃんでもないのに、
関西に行って、阪急電車、乗りたくなりますよ。




by 番組スタッフ | TIME 22:10|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「GANTZ Perfect Answer」の二宮和也・松山ケンイチさんと!
2011 04.22 Fri

はい、「GANTZ」2作目、完結篇です。
前回は松山さんおひとりでしたが、今回はお二人。

ホテルの共同記者会見場のひな壇ではなく、
横の普通の席でインタビューしたのですが、
ひな壇をみた二宮さん、
にわかにテンションがあがって、
「え、なになに、この部屋!」って盛り上がってました。
で、プロデューサーが、そのひな壇の席に座るもんだから、
「新郎さんみたいね〜」ってなごんでました。

そして松山ケンイチさん登場。
前回はGANTZのTシャツだったのが、
今回は、サスペンダーなどして大人な雰囲気。

「ひな壇でやりましょうか?」って言ったら
「いえいえ」ってかんじで、普通の席でインタビュー開始。

でも、そのあと翌週に松山さん、入籍発表。
今思ったら、ちょっと冷や汗でしたね〜

「新郎さん」とか言ってましたもんね〜。

それはともかく、
二人はライバルというよりは
同志ってかんじで映画を撮影していたとのこと。
仲いいんですよね〜

二宮さんは、とても頭の切れる少年みたいな人でした。

映画の不条理さをよく理解して、演じられているところが
さすがニノピー。
衝撃の結末、ぜひ楽しみにしていてください。


by 番組スタッフ | TIME 20:57|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S41?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Spt 2018 次月
M T W T F S S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」と「シンプル・シモン」
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と「希望の国」
「ペンギン・ハイウェイ」と「ヘンゼル&グレーテル」
「センセイ君主」と「28日後...」
「劇場版コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
「未来のミライ」細田守監督インタビューと「海街diary」
「虹色デイズ」と「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
「ルームロンダリング」池田エライザさんインタビュー!
バックナンバー
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧