?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
Always三丁目の夕日、共同記者会見4
2005 10.29 Sat

監督、吉岡さん、小雪さんの3ショット!!


by 番組 | TIME 17:36|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

Always三丁目の夕日、共同記者会見3
2005 10.29 Sat

監督の山崎貴さん


by 番組スタッフ | TIME 17:35|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

Always三丁目の夕日、共同記者会見2
2005 10.29 Sat

茶川竜之介役の吉岡秀隆さん


by 番組スタッフ | TIME 17:33|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

Always三丁目の夕日、共同記者会見1
2005 10.29 Sat

10月27日木曜日。
映画「ALWAYS三丁目の夕日」の共同記者会見がありました。

小雪さん


by 番組スタッフ | TIME 17:31|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

サヨナラCOLOR
2005 10.25 Tue

音楽好きに愛される曲を作り続けるハナレグミは永積タカシ。そんな彼の名曲が「サヨナラCOLOR」。この曲をタイトルに付けるというぐらいほれ込んだ竹中直人が主演&監督を務めるのがこの作品。まさしく竹中直人節いっぱいのホンノリ作品でした。
あと、出る役者(音楽人)に顔がにやけます。永積タカシ、原田郁子、中島みゆき、忌野清志郎、Leyona…、何かイイカンジ。
あと、女子高生役で出ている水田芙美子ってカワイイです(スィングガールズにも出てます)。
ちょっと惹きつけるものがある気がします。

今週末までシネマスコーレで上映中。


by ぎゃお | TIME 10:42|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

TAKESHIS’
2005 10.25 Tue

監督・脚本・編集 北野武によるTAKESHIS’。試写会に行ってまいりました!
もう、「二人のTAKESHIが登場する」とか
「誰も観たいと思わない映画を作りたかった」という監督による意味深な発言等など、話題になってますよね!

賛否両論あるようですが、私はハマリました。
同一性と対照性が、素晴らしいバランス感覚で象徴的に描かれていました。
えっと。同一性と対照性は実は同じテーゼのもと成り立っていると思いませんか?それは例えば、光と影とか夢と現実のように、どちらかが存在するからこそ対照物が存在しうるのですよね。
二人のTAKESHIは、対照的です。この二人のTAKESHIを象徴するかのように、全編に渡ってスクリーンには赤と黒のコントラスト。(そしてその両者が執着する青色という色彩も鮮やかに心象風景をシンボライズしています。)
他にも
かっこいいものとかっこわるいもの
新しいものと古いもの
死んだものと生きるもの(死んだ思想と生きる思想をはじめとして、死んだ肉体と生きる肉体など。)
こういった対照的なものがマーブル模様のように入り組みながら描かれるうち、
二人のTAKESHIについても映画の最後にはどっちがどっち何だかわからなくなってることでしょう!(ほら、対照性と同一性は実は同じことなのですし。)
そこらへんの夢想感を堪能するも良し。

と、なんやら普段使わない脳みその一部分を痛く刺激されてしまったのでつらつら書きましたが、

総合的に言って
北野武という方の 内面を覗いた感じがありました。
もしかしたら、今の武さんの中に潜む「不安」といったものがテーゼなのかもしれないと思ったほどです。武さんの中には、かっこいいたけしさんとかっこ悪いたけしさんがいるのかも。
そして、日本人にしか分からないペーソスがにじみ出ています。

監督曰く「5回目に観たときに良さが分かる」と。
1回で100パーセント理解できる映画ではなく、5回目辺りで一気に道が開けたように500パーセント体感できる映画だということですよぅ。

*京野ことみさんのエロティシズムには脱帽。


by ZIPナビゲーター都竹悦子(ツヅクエツコ) | TIME 1:48|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「男たちの大和」完成披露試写会&大和実物大セット見学広島ツアー!
2005 10.21 Fri

12月17日の公開が予定されている今年の年末の注目作「男たちの大和」。
原作は、生存者と遺族への膨大な取材によって完成された辺見じゅんの傑作ドキュメント。
反町隆史、中村獅童らが演じる下士官たちの生き様が描かれています。

この作品の撮影のために、広島県の映画の街「尾道」に
約6億円をかけて全長190mもの広大なセットを建造したことも大きな話題になっています。
新番組「プレミアシート」の特別企画として、この作品の完成を記念しての、
最初の完成披露試写会が11月11日、金曜日広島で開催されます。
反町隆史らも舞台挨拶に登場する予定です!
この完成披露試写会と、尾道の実物大の大和のオープンセットの見学ツアーに
1組2名のリスナーレポーターを招待!
もちろん、都竹悦子も行きます。
応募はZIP-FMのホームページ「ENTRY」から!!
https://zip-fm.co.jp/access/entry/EntryInfo.asp?QNo=2338

10月31日 月曜日締め切りです。

俺も行きて〜〜〜〜〜〜〜〜!!
by番組ディレクター




by 番組スタッフ | TIME 20:13|コメント(0)|カテゴリー:-

エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画
2005 10.20 Thu

SERVING SARA
試写会に行ってきました☆

そうか、離婚なのに明るいのか。タイトルがトシちゃんの「哀愁デイト」みたいなテンションだなぁと思って惹かれた一作。(暗くないポップさがナイスですよね〜。)
主演は、最近セクシー水着のブランドも立ち上げたおしゃれセレブカリスマ:エリザベス・ハーレーと
テレビドラマ「フレンズ」でもチャンドラー役としておなじみのマシュー・ペリー。

離婚届を先に相手へ届けたほうが財産分与に有利!という状況の下、妻と夫が離婚届から互いに逃げあいつつ、相手を追いかけるというストーリー。いかに逃げ惑い、いかに追いかけるかが映画自体にもスピード感を与えてGOODです☆

エリザベス・ハーレーは、あんなにも見目麗しくていらっしゃるのに、コメディまでやってのけちゃうのがすごい!40歳の彼女がブリティッシュスクールテイストの、赤いチェックのミニスカートを着てるシーンは必見!かなりキュートですよー!
マシュー・ペリーがコミカルな中に見せる男の哀愁にもクラリきます。

このコメディは、笑う要素が様々散りばめられているので、
一緒に見に行く相手と「笑いのツボ」の一致・不一致が試せる映画です☆
こういう映画観て一緒のシーンで笑うことができる相手とだったら離婚しないと思いますわん〜。



by ナビゲーター都竹悦子 | TIME 21:39|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

親切なクムジャさん
2005 10.20 Thu

試写会に行ってきました〜。
でも、クムジャさんは、親切じゃなかったです(笑)。

「JSA」のコンビ、イ・ヨンエ主演&パク・チャヌク監督作品

パク監督にとっては、「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続く、復讐三部作の最終章!
曰く、「復讐が最も美しく、そして哀しい」と。
そう、まさに美しく、哀しい映画でした。

13年間、無実の罪で服役したクムジャさん。出所したところからストーリーはスタート。
物語は、自分を無実の罪に陥れた憎い男に復讐を果たす、という基軸の元、サイドにはクムジャさんの娘との13年ぶりの再会、はたまた年下の男との軽いラブなど、展開も速くスムースな一作でした。
だんだんとクムジャさんの過去が明らかになるにつれ、親近感を抱いては、その都度「ええ??」と驚かされてまた何を考えているのか分からなくなったり、またその裏側が判明して親近感を覚えたり、の繰り返し。気付かぬうちにクムジャさんに魅せられてしまいます☆

これまで「空気のようにみずみずしい」といわれてきたイ・ヨンエが、ドロドロに挑んでいます。(Sの女性が好きな方は絶対見てください〜!)
その陰惨さが(何度も言いますが、)美しく、そして哀しかった。

ここで一口メモ。
クムジャさんは、プロ以上にケーキ作りが上手です。
クムジャさんは、赤と黒色で統一されたシマシマの部屋に住んでいます。
クムジャさんは、アイシャドウも赤でキメます。
クムジャさんは、真冬の雪が降る日でも真夏用のワンピースを着て平然としています。
クムジャさんは、泣きません。

クムジャさんの、代わりに泣いてあげてください。




by ナビゲーター都竹悦子 | TIME 20:56|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

窪塚洋介さんにインタビュー!!
2005 10.17 Mon

映画「同じ月を見ている」の監督「深作健太」監督、
「窪塚洋介」さん、「黒木メイサ」さんにインタビューしてきました。

3人ともアットホームで気さくな感じの人達。
「窪塚洋介」さんも元気そうで、冗談をいっぱい飛ばしてくれました。
「黒木メイサ」さんは、とってもキュートで、
う〜ん、映画の中で見るよりずっと美人。
監督もフレンドリー。
楽しい時間&楽しいインタビューが録れました!
この模様は、11月中旬ぐらいにOA予定!
楽しみにしていて下さいね。



by 番組スタッフ | TIME 12:50|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る45分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jan 2018 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「嘘を愛する女」高橋一生さんインタビュー
「ミックス。」瑛太さん、石川淳一監督インタビュー!
「ナラタージュ」行定勲監督インタビュー
「ユリゴコロ」熊澤尚人監督インタビュー
「三度目の殺人」是枝裕和監督インタビュー
「関ヶ原」岡田准一さんと原田眞人監督!
「君の膵臓をたべたい」浜辺美波・北村匠海インタビュー!
「メアリと魔女の花」米林監督と!
「忍びの国」中村義洋監督と!
「TAP THE LASTSHOW」水谷豊監督とHIDEBOHさん
バックナンバー
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧