?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
「真夏の方程式」記者会見!
2013 07.07 Sun

大ヒット公開中、「真夏の方程式」の記者会見に行ってきました!
いや〜、生福山さんは、かっこよすぎです!


ちょっとうつむき加減の湯川先生。撮影の合間も、子供嫌いという湯川先生の役柄上、恭平君を避けるようにしていたのが、しんどかったそうです。何も知らない恭平君がかわいそう・・。


西谷監督は、この映画に専念。それだけに深みのある人間ドラマが生まれました。テレビとは全く違った大人の湯川先生の人柄に、ちょっと惚れ直します。

by 番組スタッフ | TIME 0:29|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「県庁おもてなし課」錦戸亮さんインタビュー!
2013 04.20 Sat

はい、「ちょんまげプリン」以来の錦戸さんにインタビューしてきました。

いい意味で、肩の力の抜けた素敵な人ですね〜。
高知県には子供の時に行ったことがあったとか。
高知県庁の中に、「おもてなし課」のセットを作って撮影したんだそうです。

そしてアルバイトの女性・明神多紀には堀北真希ちゃん。
掛水くんが彼女を「多紀ちゃん」とよべず、「明神さん」と呼んでいたように
錦戸さんも堀北真希さんを「真希ちゃん」と呼べず、ずっと「堀北さん」と呼んでいたそうです。

なんか、錦戸さんとは思えない発言でしたが、映画の撮影現場ってそんな感じなのかもしれませんね。

それにしても堀北真希ちゃんがかわいすぎる!今までで一番かわいく映ってるかも!
しかも自転車、必死こぎ!
これは見どころかもしれません。

しかも監督から、「立ちこぎはしないように」といわれ、
必死で座ったままこいでたんですって。
この辺も見どころかも!


映画のほうは、「フリーター、家を買う」「図書館戦争」などでおなじみ、
有川浩のベストセラー小説の映画化です。
高知県に実在する「おもてなし課」という部署を舞台に、
若き県庁職員が恋や仕事に全力投球。
さらに親子の愛、仕事への愛、そして美しいふるさとへの愛も描いた、
ハッピーになれる、恋する観光エンタテインメントです。



by 番組スタッフ | TIME 22:32|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「図書館戦争」佐藤信介監督インタビュー!
2013 04.13 Sat

はい「図書館戦争」の佐藤監督です。

岡田准一さん演じる堂上教官、榮倉奈々さん演じる笠原郁、
有川浩さんの原作がそのまま映像化されたようなキャスティングが実現したことだけでも
もう最高ですが、
やはり図書隊のバトルがすごすぎです!

自衛隊全面協力ということもあって、すさまじい。
さすがに撮影の場面は自衛隊員は登場してないそうですが、
トラックを動かしたり、ヘリコプターを飛ばしたりとかは
自衛隊員のみなさんの協力だっとか。

さらにグランドや部屋まで貸してくださって、
自衛隊の施設の中での撮影もあったそうです。

すごいな〜。

さらにいろいろな図書館がでてきますが、実際の図書館もあるし、
銃撃戦のあるところは、セットで作ったりと、
いろいろ組み合わせているとか。
こういうところも細かくみるとおもしろいです。

でもやっぱりツンデレな教官と憧れの王子様を探す郁との
かみあわないところが最高に面白い!

佐藤監督、続編にも意欲を見せていますので、ぜひ大ヒットさせて次も作ってもらいましょう!




by 番組スタッフ | TIME 22:42|コメント(0)|カテゴリー:-

「相棒X−DAY」田中圭さん、川原和久さんインタビュー!
2013 03.23 Sat

はい、お二人とも役柄のまま、スーツ姿、田中さんは普段はかけないメガネもかけてます!
岩月捜査官、若くてITめちゃ強そう!

一方の伊丹刑事こと川原さん、
苦み走った表情、眉間のしわもなくって、
なんか明るく素敵な人でした。
13年も伊丹刑事やってるって、すごいですよね〜

そんなベテランと新人、しかも刑事と捜査官という、全く畑違いの警察官が
事件を捜査するため、しょうがなくて、相棒となる。
この水と油感がたまらなくおもしろいです。

そしてインタビューでもお二人がおっしゃってたように
今の日本に起きそうな、金融危機というテーマ。
これは見ていてとてもリアルです。

なかなか内容については、お話できる感じではなかったのですが、
川原さんは目いっぱい走ったそうです。
一方の田中さんは、全然動かないのですが、
最後にちょっと大胆なアクションがあります!
そこれも本人はよかったみたい!

23日から公開中!みてね〜!てか、大ヒットするでしょう!



by 番組スタッフ&あずさ | TIME 22:34|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

映画「ドラえもん のび太と秘密道具博物館」インタビュー
2013 03.09 Sat

はい、ドラえもんとのび太くんに会ってきたよ!

声優の水田わさびさんと大原めぐみさん、
普段の声はふつうの大きさなのに、
ドラえもんとのび太になったとたん、スコーンと声が大きくなって通る!

いや、さすが声優さんって違うなあと思いました!

応援団長の松岡修造さんのほうが声がちっちゃいw

それはともかく、映画がめちゃめちゃおもしろかった!
ドラえもんが怪盗DXに取られた鈴を取り戻しに、
22世紀の秘密道具博物館に出かける話。

そこにあるのは、初期の「どこでもドア」とか、
道具職人さんが作ったテーブルにセットするだけで
B級グルメの食べ物が出てくる「B級グルメマット」とか、
とにかくおもしろいものばかり。

みんな「B級グルメマット」は欲しいよね!っていうことで一致してました!

大人が見て感動しますからね、ぜひこれおすすめですよ!






by 番組スタッフ | TIME 22:34|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「ひまわりと子犬の7日間」平松監督と堺雅人さんインタビュー
2013 03.02 Sat

ペットブームの一方で、保健所の管理事務所に保護されても、7日間のうちに飼ってくれる人にひきとられないと殺処分となってしまう犬たちがいる。

でもひとつでも多くの命を救いたい。そんな神崎の思いを演じた堺さん。
ほんとにすてきでした。

宮崎県での実話ということで、宮ア出身の堺さんも、はりきって演じたそうです。

そして、平松恵美子監督。これが初監督作品ですが、山田洋次監督の助監督として20年以上映画製作の現場にいたベテラン。
最初の作品が、こういう難しい題材でも、さすがのクオリティ。すばらしいですよ。

そのお二人が、名前を挙げただけでくすっと笑ったのが
オードリーの若林さん。映画初出演ながら、やる気のなさが最高にコミカルでおもしろいんです。
現場でも、監督が若林さんに「車の前でなにかおもしろいことやってください」って頼んだら、
オードリーの春日さんのマネを一生懸命やってたそうですが、
監督はそれが全然理解できなくて、
「もっとおもしろいことやってよ」って言っちゃったんだとか。
かわいそ〜(苦笑)


決して暗い映画ではないです。親子で、命の大切さについてしっかり考えられる作品です。
おすすめですよ!

3月23日よりミッドランドスクエアシネマほか全国ロードショー公開です。



by 番組スタッフ | TIME 22:26|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「つやのよる」主演・阿部寛さんインタビュー!
2013 02.02 Sat

はい、行定監督に続き、阿部寛さんが来てくださいました!

「テルマエロマエ」もおもしろかったですが、
「つやのよる」での阿部さんも、ある意味、純粋すぎて、滑稽。
一生懸命自転車をこいだり、電話をかけたり、
悲壮感が漂えば漂うほど、おかしみがある。

そんな演技ができる阿部さん。
いい役者さんですね。

実際も、とっても気さくな方で、
全然気取らず、フランクに話をしてくださる人。
それでいて、渋くてさわやかでカッコイイ。
本当に素敵な方ですよ!

そして映画もフランス映画のような、様々な大人の愛が描かれています。

女性はもちろん、これは男性にもかなりおすすめ!
なんてったって、それぞれ色気ある女性たちの大胆な行動が・・・!

さすが行定監督です。ぜひご覧ください!






by 番組スタッフ | TIME 22:36|コメント(0)|カテゴリー:-

「つやのよる」行定勲監督インタビュー!
2013 01.19 Sat

1月26日公開の恋愛アンサンブル「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」の行定勲監督との恋愛談義!


つやという女と駆け落ちしてきた阿部寛演じる松生。
しかしつやは奔放で、浮気ばかり。
そんなつやが病におかされ昏睡状態に。
彼女を失うことに耐えられない松生は、過去につやと関係と持った男たちに連絡をとり、
愛の深さを確かめようと思いつくのでした。
一方、一見平穏な生活を営む男たちの困惑。
そんなパートナーの様子と、その秘密を知った女たちは、つやの存在に とまどうのでした。

・・・というお話ですが・・・。

大人の女性なら、これはかなりわかるんじゃないかな〜。
結構ひりひりするかも。
また男性は男性で、こういう女性心理を知り、楽しめると思います。

とにかく終わったあと、いろいろ語りたくなる映画です。超おすすめ!


行定監督は、特に大竹しのぶさんとつやとの対面シーンが撮れただけでも
この映画はよかったと語りました。
うん、深い!

さすが恋愛映画マスターの行定監督だわ!




by 番組スタッフ | TIME 22:45|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「東京家族」橋爪功さんと吉行和子さんインタビュー!
2013 01.12 Sat

山田洋次監督50周年記念作品。

小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフにして
60年後の現代の家族を描いた物語。

周吉を演じられた橋爪功さんと、妻とみ子を演じられた吉行和子さん。
映画と違って、とっても若く元気で、安心しました(笑)

俳優さんってすごいなあ。

橋爪さんも吉行さんも山田監督にいろいろ細かく演技指導されて演じるのが
とても楽しいような感想をおっしゃっていました。

監督の思い描く通り、そしてそれ以上に演技ができるというのは、
まさに素晴らしい俳優の証だなあとしみじみ感じました。

それにしてもお二人とも、よくしゃべる!
話をされるのがお好きなんですね〜。
しかも魅力的!
とても楽しいひとときでした。


現代のある家族の記録のような映画。
東日本大震災のあと、そしてスカイツリーが完成したばかりの東京。
60年後に見た人は、どう思うんでしょうか?

そんなことを思いながら、親子について考えさせられます。
親の気持ち、もっと汲み取って、大事にしてあげてくださいね〜。



by 番組スタッフ | TIME 22:52|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「みなさん、さようなら」
2013 01.05 Sat

驚きと笑いの青春ストーリー「みなさん、さようなら」。
「ゴールデン・スランバー」や「アヒルと鴨のコインロッカー」でおなじみ中村義洋監督と、
濱田岳のタッグによる新作。
なんと団地から一歩も出ずに生きてゆく、悟という、男の子の物語。

12歳の小学生から30歳までを濱田さんが演じています。これが全く違和感なし! 
童顔とはいえ、すごい俳優ですよね!

時代と共に変化していく団地の中で、自分なりのものさしで懸命に生きていく悟を、
つい応援したくなります。

☆ その「みなさん、さようなら」のストーリー・・・

1981年。107人の団地の同級生と共に小学校を卒業した悟は、
ある事件をきっかけに中学に行くことを拒否し、
団地の中だけで生きていくことを決意します。
周りの説得も完全無視。毎日自分で勉強や筋トレ、読書を行い、
夜は団地に住むみんなが帰ってきているかパトロールまで行います。
そんな悟にお母さんは、「団地のなかだけでも、生きていけるわよ」と優しい笑顔で言うのでした。
いじめにあい、学校をさぼる薗田と一緒にパトロールしたり、
悪友から他校とのタイマンにも駆り出されたり、
団地内で活躍する悟。とうとう1日も学校に行かずに中学を卒業し、
団地内にあるケーキ屋さんに就職します。

厳しいケーキ職人の修行も慣れたころ、「パトロールが気持ち悪い」と住民に言われ、クビに。
辛くなった悟は、隣に住む幼なじみの少女・有里に相談するうち、性の目覚めも感じるのでした。
お母さんが交渉してくれて、ケーキ屋さんで再び働き出した悟。

やがて20歳になり、団地内の集会所での小学校の同窓会に出席。
そこで小学校時代に好きだった早紀に再会。早紀は団地内の保育園に就職を決めていて、
思わず猛アピール。
めでたく恋人になるのでした。
しかし、どうしても団地から出ようとしない悟に、不満がつのる早紀。
悟も、自ら団地の外に出ようとするのですが、境界線で発作を起こしてしまうのでした。
一方で小学校時代の友達はどんどん団地からいなくなり、
団地には外国人の姿が目立つようになるのでした。



 
・悟はなぜ団地から出なくなってしまったのか?
その真相は、意外と早く明かされるんですが、だからといって家にこもっているわけではなく、
ポジティブに成長していく。
悟にとって団地とは、地元ということ。こういう青春もあり、なんです。
  
そしてそれを認めるお母さんの愛にも、感動。

・でも人と同じように、団地も歳をとっていくんですね〜。
団地の1階に並んでいた商店街も、どんどん閉店していく。時の流れの怖さも感じます。
    

この映画「みなさん、さようなら」は、1月26日土曜日より、
センチュリーシネマほかにて公開となります。おすすめ!


by 番組スタッフ | TIME 22:22|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S39?y?[?W[?O???y?[?W] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る45分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jan 2018 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「嘘を愛する女」高橋一生さんインタビュー
「ミックス。」瑛太さん、石川淳一監督インタビュー!
「ナラタージュ」行定勲監督インタビュー
「ユリゴコロ」熊澤尚人監督インタビュー
「三度目の殺人」是枝裕和監督インタビュー
「関ヶ原」岡田准一さんと原田眞人監督!
「君の膵臓をたべたい」浜辺美波・北村匠海インタビュー!
「メアリと魔女の花」米林監督と!
「忍びの国」中村義洋監督と!
「TAP THE LASTSHOW」水谷豊監督とHIDEBOHさん
バックナンバー
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧