全32ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32  [次のページ]

「ヘアケア」について


今月は、この時期をさわやかに乗り切るための
「夏のボディケアとヘアケア」のお話をしています。

先週は、「夏のボディケア」ということで、
リンパマッサージの方法をご紹介しましたが、
今日は「ヘアケア」です。

顔や手足には日焼け止めクリームを塗って、しっかりUVカットを心がけている人も、
髪は無防備になっていませんか?

髪や頭皮は、カラダの一番高い所で、太陽の光にさらされているわけですから、
当然、紫外線の影響を受けています。

夏の間に無防備に紫外線を浴び続けると、秋の抜け毛の原因にもなってしまいます。
しっかり予防とケアを行いましょう。

***********************

髪に強い紫外線を受けると、タンパク質が分解されて「キューティクル」が
はがれやすくなります。
さらに、海水浴に行けば「塩分」が、プールに行けば「塩素」が髪を傷めます。
暑いこの時期は、頭皮の皮脂の分泌量も多くなりますから、
毛穴が皮脂で詰まりがちになります。
つまり、夏は、髪にとって、過酷な季節なんです。

どうすればケアできるかは、髪の構造を正しく知っておくことがポイントです。
夏にも負けない、美しい髪のために、ちょっとお勉強しておきましょう。

まず、髪の毛は3層構造になっていて、一番外側にあるのが「キューティクル」です。
硬いタンパク質が主成分で髪の艶や感触を左右します。
そして、キューティクルで守られているのが「コルテックス」。
この部分にあるタンパク質や脂質、水分量が髪の柔らかさや太さに影響します。
一番内側にあるのが「メデュラ」です。
この部分は、外からの刺激で空洞になりやすく、
空洞になると髪の毛がくすんで見える原因になります。

紫外線などの影響で髪が傷むと、キューティクルが傷ついて、はがれてしまいます。
キューティクルがはがれれば、髪がからまりやすくなるだけでなく、
内側のコルテックスが外からの刺激を受けることにより、
潤いやコシを左右するタンパク質が
溶け出し、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。
それに、水分も流れ出て乾燥します。
だから、キューティクルが傷つくと、髪がゴワゴワ、パサパサになってしまうんです。

さらに、「頭皮」の問題もあります。
頭皮は身体の中でも最も皮脂量が多く、
顔のTゾ−ンの2倍以上の皮脂腺があります。
つまり、頭皮は、とても汚れやすいんです。

頭皮のしくみはお肌と同じで、髪は、お肌でいう角質です。
角質は自己修復機能がないので、一度傷んだら自然には元に戻りません。

頭皮を清潔にしておかないと、毛穴に汚れが詰り、皮脂が毛先まで行き渡らず、
髪の潤いも失われます。

また、表皮細胞や毛根にも悪影響を与えるので、フ
ケや抜け毛の原因になるんです。

美しい健康的な髪を保つためには、頭皮を清潔にすることが第一です。
弱酸性の天然アミノ酸系のシャンプーで毛髪や頭皮を優しく洗い、
ヘッドマッサージで、血行をよくし、筋肉の弾力の低下を防ぐようにして下さい。

頭にはたくさんのツボがありますから、
指の腹で気持ちいい程度にツボを押し、頭皮のコリをほぐして血行をよくしましょう。

お肌は顔から頭皮まで繋がっています。
頭皮だって顔と同じように、きちんとお手入れをすれば、それに応えてくれます。

秋になって後悔しないように、頭皮を清潔にして、
髪を乾燥させないように気をつけましょう。
傷めてしまったら、早めに髪と頭皮のケアを行うことが大切ですよ。


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「ボディケア」について


今月は、この時期をさわやかに乗り切るための
「夏のボディケアとヘアケア」のお話です。
夏場は、水分の摂り過ぎや、冷房で身体が冷えることによって、
むくみやすくなります。
そこで、今週は、「ボディケア」。
リンパの流れを改善させる方法をご紹介しましょう。

***********************

冷た〜く冷やしたビールがおいしい季節。
つい飲み過ぎて、朝 起きたら、
顔がパンパンにむくんでいる…なんてことはありませんか?

アルコールを摂り過ぎると、水分が失われ、血液濃度が高くなります。
すると、私たちの体は、血管内に水分を摂り込み、
血液濃度を低くしようと働きかけます。
この時に摂りこんだ水分が、むくみの原因です。
また、エアコンの効いた室内で過ごす時間が長いと、体温を調節する発汗などの
自律神経の働きが鈍くなり、水分代謝が低下し、むくみやすくなります。
さらに、体の冷えもむくみやすい状態を作ってしまいます。
むくみを放っておくと、脂肪やセルライトが増えて、
肥満の原因になりやすいんですよ。

長時間むくんでいたり、体全体がむくんでいる場合は、
肝臓や腎臓、心臓などの病気が
原因の場合もありますので、一度病院で診て貰うことをお勧めしますが、
病気が原因ではなく、一過性のむくみの場合は、
リンパに溜まった老廃物が原因ですから、
全身の「リンパマッサージ」で老廃物を押し出すのがおススメです。

「リンパマッサージ」は、コツさえつかんでしまえば、
自分でも簡単にできます。

プラネット化粧品のwebサイトの「インフォメーション」から入れば、
「あなたもリンパマッサージにTRY!」というイラストを紹介しています。
是非、チェックしてイラストをご覧になりながら試してみて下さい。

では、簡単に「リンパマッサージ」の方法をご紹介しておきましょう。
まず、手の摩擦によってお肌を傷めてしまうことがありますから、
マッサージを行う時は、ボディマッサージ用のローションやマッサージオイルなどを
使うようにして下さい。

リンパマッサージは、
出来るだけ心臓より遠い所から始めますので、まずは、足の裏です。
足は「第2の心臓」とも言われますから、両手の親指で足の裏全体を押します。
痛い所や硬い所を重点的に押して下さい。
その後、「足の甲」へ指を移動させ、足の指先から足首に向かって
骨の間をほぐすように押します。

そして「ふくらはぎ」は、両手を使って、足首から膝の裏のリンパ節に向かって
交互にさすり上げます。
さらに「太もも」は、両手を使って膝から
脚の付け根にある「鼠径(そけい)リンパ節」に
向かって交互にさすり上げましょう。

太ももから脚の付け根にかけてのリンパ節を流すことで、
足からの血流がよくなりむくみが軽減します。

「背中から腰」は、肩甲骨の下ぐらいから腰に向かって両手の平でさすりおろし、
「お尻」は、手のひら全体を使って、
腰からヒップラインに沿って円を描くようにさすります。

「お腹」は、両手を使って、おへそ周りを時計回りにさすり、
その後みぞおちから「鼠径リンパ節」へさすり下ろします。
「バスト」は、両手で包み込むようにして、上の手は内側から外側に、
下の手は外側から内側へさすります。
「腕」は、手首から腕の付け根にある「腋窩(えきか)リンパ節」に向かって
さすり上げて下さい。

デコルテ部分もスッキリさせましょう。
「鎖骨」の上のくぼみに沿って、肩の方から首に向かって4本の指でさすります。
その後、鎖骨の下のくぼみに沿って、首の方から肩の方へ指を動かし、
脇の下のリンパ節に向かってさすります。
顔のむくみを解消するためには、首側から流すことがポイントですよ。
最後に、「首」です。
耳の下に両手を当てて、
鎖骨の中心と肩先に向かって手を開きながらさすっていきましょう。

今日は、ボディケアをテーマに「リンパマッサージ」の方法をご紹介しました。
むくみ解消や体調の改善のために、是非、時間をみつけて、
このようなリンパマッサージを行ってみて下さい。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

お悩みいろいろなQ&A


Q.大垣市(38歳 女性 )
仕事と子育ての両立が厳しくて、以前、仕事時間の短縮申請をしたのに、
早い出勤を強要されました。その時出来たヘルペスで、顔にへこみが残っています。
今回は、ぽっこりニキビが出来ました。
顔にこれ以上ダメージが
出来るくらいなら仕事を変えるか辞めた方がいいのでしょうか?
因みに金属15年です。ダンナの年収だけで十分生活できます。
子どもは保育に通っている年子です。

A.
仕事と子育て、いろいろ自分の思いのままにならない状況にストレスが溜まって、
そして、お肌のトラブル等が出て、さらにストレスが加わっている、
ま、そんな状況かな、と思いますが、
まず、彼女の仕事への係わりです。誰でもができるお仕事なのか、
いなくても仕事が回るのかどうなのか、
こういったところが一つのポイントになると思うんですよね。

15年の経験から会社にとっても必要な人材であって、
そして彼女自身が仕事に使命を持っている、と。
まあ、そういった内容のものであればまた進む方向性が異なってくると思うんですが、
また、必要とされているのであれば一度ね、
彼女のできること、例えば時間など上司ともう一度話し合った方がいいと思います。
ま、その理解をしていただきながら、
もっと仕事に使命を持ってやりがいの中で進めればそれが一番いいと思いますね。

しかしね、そうではないというのであれば 子育てをしながら、
多分ね、この彼女っていうのはすごくね、自分のその使命とかね、
仕事等の自分自身の世界っていうのをねすごく大切にされていると思うよね。
ま、子育てをしながら自分自身を高められるようなやりがいを感じられる仕事をね、
考えるのもいいんではないのかな?と思いますね
ですからお辞めになるのも一つだと思います。
大切なことはどこで折り合いをつけ、
納得の中で仕事を進められるかということだと思います。

でもね、一度15年もね頑張っていらしゃいますのでね、
上司の方と話し合いをされた方がいいのではないかと思います。
キャリアが勿体ないです。


Q.海津市のユカさん(23歳 女性)
私には、今、悩みがあります。
それは、欲しい物が時にないということです。
将来の不安が大きすぎて、
今お金を貯めなきゃヤバいという気持ちでいっぱいです。
使っていいお金はたくさんあるのに、何に使えばいいかわからず、
ショッピングに行っても結局何も買わずに帰ることもあります。

「物欲が無いと危険」ということを知りました。
どうすれば物欲が出るのでしょうか?
脱毛とかコンサート代とかでお金を使えば同じことでしょうか?
断捨離をして、ますます物を買うことに慎重になってしまいました。
アドバイスよろしくお願いします。

A.
時代とともにですね、考え方も異なり個性のあり方も変化しておりますね。
今ではね、昔のようなね、ブランドに憧れたり、
高級車に憧れたりというよりもね、
平凡に波風を立てないようにという
無理をしたくないという考え方大変多くいらっしゃいます。

ま、時代の流れからの教育のあり方で随分ね、変化しております。
何が一番ベストなのかは、それぞれの感が方、思考によって決まってきます。
ですから物質欲がないのは個性ですからいいんですよ。もうこれは全然構いません。
将来とか不安でお金を貯めなきゃと思っているのであれば、
何も悩むことはないですね。

どうぞしっかりとね、貯蓄していただきたいですね。
そしてね、物質欲ではなくてね貯蓄、
または財テクこういったものに興味を持ってね、
もっと学んでみたらいかがかな?と思いますね。
これを趣味にするのも面白いですよ。

ですからお好きなことをね見つけて、取り組んで楽しんでみる。
こう言ったこともね、お金を貯める、
またお金の使い道をそういったものに使っても、
随分ね自分自身がね、毎日をエンジョイできていいんではないでしょうか。
ま、時代がね違ってますからね、一般の人と同じようにしなくても全然大丈夫です。 

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

お肌のお悩みQ&A


Q.大阪府のアヤノさん(20代 女性会社員)
私は汗っかきで、夏になると顔にも汗をかいてしまい、
朝、化粧をしても夕方までもちません。
かと言ってお昼に化粧を直す時間もありません。
朝のメイクの仕方で改善できますか?

A.
人はそれぞれ特性を持っています。
20代のアヤノさんはまだまだお若いですから、代謝機能は大変活発です。
そして、汗をとてもかくということで、汗を出なくするということはできません。
ですので、考えていけるのは、ご使用されているファンデーションやベース、
こういった商品を一度見直すということもありかなと思います。

まず、商品を作る上で、どのように作り上げているかと言いますと、
お水をベースにして、油分を混ぜ合わせる、
水中油滴(WO処方)と言いますが、
いわゆる、お水をベースにして油分を混ぜているのか、
反対に、油分をベースにしてお水を混ぜているのか(油中水滴)、
二つの作り方があるんです。

夏場はさっぱりを求めますので、水中油滴が非常に多いわけです。
しかし、水分がベースですので、やはり崩れやすいんです。
そして汗に弱い。
こういった特徴があります。
ですから、汗を大変かきやすい方でしたら、
油中水滴のものを選ばれるのが良いかなと思います。

そうなりますと、汗をかいてティッシュ等でふいて頂いても、
そんなにファンデーションは崩れません。

さすがに、ゴシゴシしてしまうと取れてしまいますが、
少しふく程度なら問題ありませんので、
こういった油ベースのものを選ぶのもひとつかなと思います。


しかし、やっぱりお化粧直しは大切です。
時間がないと言っても、サッとして頂くのが良いかなと思います。

そして、毎日のお手入れの時には、炎症を鎮めるお手入れ。
これをまず第一に考えて頂きたいです。
抗炎症のものをお使い頂く、
さらに意識して、美容のファイブステップを丁寧に行ってみてください。

特に「パッティング」を丁寧に行ってみてください。


Q.
四日市市のアケミさん(30歳女性)
最近、恋をしていなくて女子力が下がっています。
干物女になりかけている気が・・・。
そんな私に、簡単に変われる女子力アップリップを教えてください。

A.
女子力アップのリップのみならず、
30歳ということもあり、
彼女にはメイクのテクニックについて求めて頂きたいんです。

トータルの魅力に意識を持って頂いて、
内面の魅力プラス外面美容、このトータルが大切だと思います。

女子力アップとは、自分自身をまず知ることです。
そして向上心を持つこと、
さらに、素敵な女性を想像すること。
身近にいらっしゃいませんか?

その気持ちが一歩一歩前進する力になります。
そこから作れる女子力は大変なパワーと輝きになります。

外面のおしゃれも大切ですし、
その内面もバランスよく取って頂くことが大切です。
それと、ファッションなど、いろんなことに対して、
その時その時のTPOがありますね。
メイクの色などを考えていかなくてはなりません。

カジュアル、フォーマル、いろんな色があると思いますが、
大切なのは必ずバランスです。

ですから、その時のTPOを考えた中でのバランスを見て、
メイクアップをする。
そしてその中でリップもチョイスする。
これが非常に魅力ある女性へと変わってくると思います。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「夏バテのメカニズムと夏バテしないカラダ作り」について


さあ、いよいよ、夏休み!
海に山に、アウトドアで楽しむ機会が増えますよね。
そんな時、女性はもちろん、お子さんや男性も、
しっかり紫外線対策をして下さいね。

この時期は、紫外線に加え、冷房で乾燥したり、
汗をかいて水分が奪われることでも乾燥します。

それに、汗をかいてアルカリ性に傾いたお肌は、
雑菌が繁殖しやすい環境になりますから、
肌トラブルも起きやすくなります。

そして、夏バテです!夏バテはカラダにも
お肌にも大きなダメージを与えます。

そこで、今週は、
「夏バテのメカニズムと夏バテしないカラダ作り」についてお話します。

***********************

そもそも「夏バテ」とは、なぜ起きるのでしょうか?
暑いと、私たちの体は、体温を一定に保とうとして、
必要以上のエネルギーを消費します。
特に、最近は35度を超える猛暑日も珍しくなくなりました。
その上、日本の夏は湿度が高いので、
汗が蒸発しにくく体温の調節がなかなか上手くいきません。

通常なら、自分自身の回復力「恒常性維持作用」によって、
消費したエネルギーを取り戻すことができるのですが、
こんな日が毎日続けば、それだけ負担も大きくなります。
体にたまった熱を外に出すことが出来なくなると、
だるさを感じたり、胃腸の働きが弱り、
食欲が落ちたり、頭痛や発熱などが起きることもあります。

このような状態を、一般に「夏バテ」と呼びます。
「夏バテ」は、蒸し暑さだけでなく、冷房も大きく影響しているんですよ。

人の体は、暑さを感じると、
汗をかいたり血管を拡げたりして体温を外へ逃がそうとします。
この体温調節を行っているのが「自律神経」です。
暑い屋外から冷房の効いた室内に入ると、
体はすぐに気温の変化に対応できませんから、
本来は熱を放出する必要のない涼しい場所でも熱を放出してしまいます。

また、温度が下がったと気が付いた段階で、
態勢を切り替えることになりますから、
自律神経は大忙し。
こんなことを何度も繰り返していると、
自律神経が乱れて、うまく体温調節が出来なくなります。
部屋の中と外との温度差は、5℃以内になるよう、冷房温度を調節しましょう。

「夏バテ」のもう一つの原因は水分不足です。
体の中から熱を放出するため、汗をかけば、水分が必要になります。
夏場に軽作業を行えば、1日2〜3リットルもの汗をかくとも言われます。
毎日それだけの水分を補わないと、夏バテしやすくなるんです。
つまり、自律神経の失調、水分不足、それに胃腸の働きの低下などが加わった状態が
あの、だる〜い「夏バテ」なんです。

また、汗をかけばビタミンやミネラルも失われますから、
疲労感や脱力感が増してしまいます。
胃腸の働きが弱まれば、食欲不振になりますから、
ますます「恒常性維持機能」が低下するという悪循環が起きてしまいます。

また、寝苦しさから寝不足になれば、体力も回復できません。
「夏バテ」しないためには、しっかり水分や栄養を摂って、
質のよい睡眠が取れる環境を整えることが大切です。

さらに、「夏バテ」はお肌にも悪影響を及ぼすんですよ。
大量の汗をかけば、栄養素が流出し、水分を保つ力が低下しますから、
お肌が乾燥し、トラブルが起きやすくなるのに、
「恒常性維持機能」が低下して回復が遅れます。

さらに、弱った状態のお肌に追い打ちをかけるのが強力な紫外線です。
シミ、しわ、たるみが起きやすくなるだけでなく、
紫外線により活性酸素が大量に発生しお肌を老化させてしまいます。

この時期は、たっぷりのローションで保湿ケアをし、
抗酸化作用のあるローションで活性酸素を除去し、
パックやマッサージなどの集中ケアも行って下さいね。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

夏のスキンケアと暑さに負けないカラダづくりについて


蒸し暑い日が続いて、早くもバテ気味…という人はいませんか?
この時期は、強烈な紫外線にさらされ、
汗でメイクが崩れたり、肌トラブルが起きたり、
暑さや湿度の高さ、
冷房による冷えなどで自律神経の働きも乱れやすくなっています。
本格的な夏を迎える前に、夏に負けない健康なカラダをつくり、

適切なケアを行って、いつまでも健康で美しいお肌を保ちましょう。
今週と来週は、
『夏のスキンケアと暑さに負けないカラダづくり』のお話です。
まずは、夏の汗や皮脂、エアコンによる乾燥など、
夏のお肌の状態とケアの仕方をご紹介します。

***********************

暑さで大量の汗をかくことで、角質層が水分を保つ働き「アクアバランス」が乱れ、
潤いが低下します。
汗でお肌がしっとりしているので、
なんとなく潤っているような気がしますが、汗が蒸発する時には、
お肌の水分を奪ってしまいますし、
汗を拭き取る時にこすったりすれば、角質に傷がつきます。
汗は角質の状態を悪化させ、乾燥を招いているんです。

汗をそのままにしておけば、さらにマイナスな影響が出てしまいます。
健康なお肌は、皮膚のペーハーが弱酸性に保たれているのですが、
汗をそのままにしておくと、アルカリ性に傾いてしまいます。
アルカリ性に傾いたお肌は、
雑菌への抵抗力が低下し、皮膚トラブルの原因になります。
若くて健康的なお肌は、ダメージを受けたお肌を回復させる力、
「恒常性維持作用」によって弱酸性に戻すことができるのですが、
加齢や夏バテなどで体力が低下してくると
「恒常性維持作用」がうまく働かず、
弱アルカリ性のままになってしまうかもしれません。
そんな時は、クレンジングや洗顔料を弱酸性の物に替えてみるのもいいですよ。

そして、夏は「皮脂分泌」が過剰になることから起きるトラブルも起こりがち。
お肌の皮脂の分泌量は、気温が高いと多くなります。
さらに汗が蒸発する時に乾燥から守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂が過剰に分泌されると、毛穴がつまり、
黒ずみやニキビなどの原因にもなります。
お肌は清潔であることが一番です。
メイクアップなどの油性の汚れはクレンジングできちんと落とし、
余分な皮脂や角質、汗などの汚れは洗顔で落とすようにしましょう。

さらに、冷房の効いた室内は、空気が乾燥していますから、
お肌の水分が蒸発しやすく、お肌の乾燥も激しくなります。
夏のお肌の水分量は、冷房の効いた室内だと、
室外の約半分にまで低下してしまうそうですよ。

また、外に出れば強烈な紫外線が降り注いでいます。
紫外線もお肌を乾燥させる原因の一つです。
シミ、シワ、たるみ、活性酸素による老化、
免疫力の低下を招くなど、様々なトラブルを引き起こします。
日焼け止めを塗り直したり、小まめな化粧直しで、
お肌を紫外線から守りましょう。

ケアをしていてもお肌は知らず知らずのうちに紫外線を浴びています。
紫外線を浴びた後は、抗炎症作用のある化粧水「ヒアシンスイ」などで、
炎症を抑えながら水分を補い、パックで集中ケアをしておきましょう。

もちろん、自分自身の回復力「恒常性維持作用」を高めて、夏バテを防ぎ、
カラダの中から美しくすることも大切です。
夏のお肌のトラブルには、夏バテが大きく影響を及ぼします。
来週は、夏バテのメカニズムと暑さに負けないカラダづくりについてお話します。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

大人ニキビについてのQ&A


Q.
(一宮市 クミさん 30代女性)
大人ニキビがよくできるようになってしまいました。
特に生理前後1週間です。
毎月のようにでき、消えたりできたりを繰り返しているので、
気分が憂鬱になります。
何かいい方法はありますか?

A.
まず大人ニキビのお話をします。
特に、20代、30代の女性に多く見られるニキビなんです。
吹き出物とも呼ばれますが、思春期とは違った原因で、できるんです。
ちなみに、思春期のニキビの原因というのは、皮脂分泌が盛んになる時期なので、
過剰な皮脂分泌が主な原因なんです。

そして、大人ニキビの原因と言いますと、
まず、不規則な生活、そして、ホルモンバランスの変化、ストレス、便秘など、
原因は様々なんです。
大人ニキビは、顎の周囲、また鼻の辺りに単発的に現れるのが特徴です。

先ほど、原因についてご紹介しましたが、
ご質問の方のように、生理前後にできやすくなるというのは、
生理周期のホルモンバランスの変化が原因と思われます。

また、ストレスによってもニキビができますので、
そういったところも考えていかなければなりません。

ストレスを受けた時に分泌される、コルチゾールというホルモンが、
男性ホルモンの分泌に影響を与え、結果、皮脂の分泌が促されるという、
ストレスからくるニキビ要チェックです。

ニキビを予防するためには、お肌を清潔に保つこと、これはもちろんですが、
ご自身の体調、そして肌の状態を把握した上で、
正しいスキンケアを行なって頂きたいんです。
すでにニキビができいるのに、マッサージであったり、
さらにお肌を触ってしまうのはNGです。

また痛みを伴っている時などは、そっとしておき、
炎症を鎮めることがポイントです。

そして、スキンケアや、バランス良い食事、
規則正しい生活を心がけるようにしましょう。
ストレスを溜め込まないことが大切です。

また、油分や糖分の多い食事には注意が必要です。
栄養のバランス、特に、五大栄養素の中の、補酵素と言われている、
ビタミンB群であったり、食物繊維であったりを意識されると良いと思います。

3つのタンパク質、脂質、油分、これらよりも、
前述した2つの酵素を意識されると良いと思います。

そして、ホルモンバランスもチェックしなければなりません。
食事の時間を一定にすることも大切です。
これがバラバラになってくると、生活リズムが崩れてしまいます。
そして適度な運動と、ダイエットによる栄養不足、偏った食事からも、
ストレスによって、ホルモンバランスが崩れてきます。

ですから、やはりホルモンバランスに注意して頂くことが大切になってきます。


***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

職場でのお悩みQ&A


Q.
緑区のアヤカさん(20代 女性 看護師)
新入社員が入って来て、先輩になるんですが、新入社員に仕事を教えるとか、
気を遣う余裕がありません。どうしたらいいでしょうか?

A.
あやかさん、あなたの看護師としての経験は何年になるのかな?と思いますね。
20代ということで、大ベテランとまではいかないとは思いますが、
私の想像の中で状況を想定してお話ししたいと思います。

上司から、または先輩から後輩の教育の指示を受けてのことなのかどうなのかな、
あやかさんご自身が先輩だからということであれば、
まずあなたの状況をお話しして、いいと思います。

ともに学んで行きましょう。
同じ目線で、同じ立場として学びましょうというこういう姿勢でいいと思うんですね。

そのように投げかけながら、助け合いながらやられたらどうかな、と思いますね。

またね、教えなさいとう指示を受けているのであれば、
それも上司に、今のあなたの状況をお話しした方がいいと思いますね。

ま、悩んでいても毎日の仕事は待ってくれませんので、
そしてね、あなたの本来の仕事に支障が出てしまってからでは大変ですね。
大切なことは、患者さんに対しての心遣い、
そして、ドクターに対してのヘルプ、それがあなたの使命だと思いますね。
どちらにしても対話をしっかりした方がいいとも思いますね

私自身、仕事の一番が教育なんですね。
いつも自分に言い聞かせているのは、
「言って聞かせてやって見せ、やらせて褒める。」
これを繰り返し、やりながら今を迎えているんですが、
ちょっとこの内容もどうかな、と思いますね。

言って聞かせて、やって見せて、からやらせて褒めるんだけど、
そこまでいかなかったら、一緒にやればいいと思うんですね。

自分が悩んでしまうよりも、お話しした方がいいと思います。


Q.
●伊賀市のタカヒトさん(24歳 男性)
私は24歳なんですが、同級生が上司になってしまいました。
悔しいし、負けたくない…でも、上司なので逆らえない。どうしたらいいでしょうか?


A.
同級生の方が上司で、負けたくない、でも逆らえない。
あなたの目線はどこにあるのかな?と思いますね。
直属の同級生の上司にターゲットを合わせているだけではね、
いつまででも今のレベルで成長しないと思うんですね。

その中でね、右往左往している。それよりもね、上司の言われること、
同級生でも上司の言われることを受け入れて、
そして、そこでご自身の考えを少し入れながらね、
いろんなことを提案してみてはどうかな?と思いますね。

よりレベルアップした仕事を作っていくという、
こういう思いでやっていただきたいんですね。

ま、必ずね、認められてね、そして仕事のやりがいが出てくると思います。
与えられた仕事だけが仕事ではないんですね。

だから自らが仕事を作り上げる、
さらに、効率よく、幅のある内容を作っていけば、
上司は一人だけではありませんので、皆さん、みてると思うますね。

企業にとって、人は宝なんですね。

ですので、同級生だからというのはきになるとは思いますがね,
もっともっと自分のレベルを上げようということで、
ご自身でもっと仕事を作り上げてください。

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

日焼け対策Q&A


Q
暑くなってきたので野外フェスに行ったりしていて、
日焼け対策はしているんですが やはり日焼けしてしまいます。
日焼けした後は肌がカサカサするんですが、日焼けした後のダダしいケアを教えてください。


A
日焼け対策はね、しっかりとされていると言う事なんですが 
もう一度この対策でお話しいたしますね
日焼け対策は紫外線からお肌を守るための、
紫外線吸収材または散乱剤入りの 紫外線カットクリームをつけていただいて、
そしてファンデーション、お粉をつけていただきしっかりガードいたしますね。

そしてねポイントやっぱしお直しも必須です。
それでもお肌っていうのは100%オッケーではありません。
毎日のスキンケアが当然大切になってきますね。
お肌の色が黒くなったり、そしてお肌が赤く炎症起こして
ヒリヒリしてみたり、またミキさんのように お肌がガサガサする「乾燥」ですね。
こういった症状は年齢とともに衰える恒常性の力以外の、
プラスされた外的要因によって発生するトラブルなんですね、

この時期は紫外線が1番のメインだと思いますが、
室内の冷房が要因とみられるトラブルもありますね。
温度差があまりにも激しすぎずて対応できなかったりしますと、
お肌が敏感になってみたり、
また乾燥・・代謝機能が衰えみたり、
ホルモンのバランスも崩れたりだとか、いろんなことが要因で室内の冷房も考えられます。
ですから私たちの毎日のスキンケアでは、
本来私たちが自らの力で健全なお肌を維持する恒常性維持作用。
これに意識を持っていただきまして、
成分チェック等も進めていっていただきたいな、と思います。

お肌の恒常性は4つの作用でした。
免疫作用・細胞活性作用・抗酸化作用そして内分泌作用。
この4つの作用、
ちょっとインプットしていただいて、そして保湿が大切なんですね、保護なんですね。

補足、治療を考えたお手入れを心がけていただきたいんです。ちなみにこのミキさんはですね、
ガサガサという状態を訴えてらっしゃいますね。
ですから、お肌の乾燥なんですが、これだけではなくって角質の状態、
このアクアバランスをね、一回チェックをしっかりとしていただきたいんですね。
「NMF」・・水分ですね。
水分をしっかりと蓄えられる力があるのかどうなのか、
細胞間脂質「セラミド」のような油分ですね、
そして表面の皮脂膜この3つのバランスはどうなってんのか。

塗布するだけのお手入れではなく、
当然、マッサージからドレナージュ、パック、こういったお手入れが大切となります。
日焼け対策と、そしてお直し、毎日のお手入れと、常に意識をしていただきたいと思いますね。

ミキさんね、お化粧直し、忙しいとは思いますが、もう一度見直していただきたいですね。
そしてアクアバランスです。
保湿成分、油分、水分の塗布、そして美容のファイブステップ。
この見直しをしていただくと言うことと同時に、毎日の抗炎症も大切ですね。
当然紫外線を受けてますから、炎症起こしますから、抗炎症成分の入った化粧水とで、
まず最初にケアをする、これも大切です。
ケアをしっかりとされますと、秋から冬に向けての老化現象も全然違ってきます。
そしておしゃれもね当然もっともっと楽しむことができると思いますね。
ですからちょっとねぇ気を抜かずにバランスをとって、「対策をしてる」って言うことだけじゃなくって
当然後のケアから、美容の5ステップ、
こういったことを見直しながら、がんばっていただきたいと思います。

そうなんですね。日焼けした後しっかりと保護して、
水分たっぷりと、 ケアしていく事が大切ってことなんですね。
野外に出かける前、出かけた後しっかり!予防とケアを行いたいと思います。

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

肌診断とお手入れについて:2


今月は、「肌診断」のお話をしています。
本格的な夏を迎えるまえに、今の自分のお肌の状態を正しく知っておきましょう。
梅雨時は、お肌がべたつきがちですが、冷房が効いた室内に長時間居れば、
冬場の冷たい空気の中にいるのと同じようにお肌は乾燥しているんですよ。
季節や年齢、今の自分の肌タイプに合わせたお手入れが大切です。
今週は、6つの肌タイプ別にお手入れの仕方をご紹介します。

***********************

肌質は、大きく「皮脂量」と「角質層の水分量」によって、
6つに分類することができます。

まずは、「脂性肌(オイリースキン)」です。
湿度の多いこの時期は、誰でもお肌がべたっとしがちですが、
特に、このタイプの人は、顔全体がてかてかと光ったり、
鼻から頬にかけて毛穴の開きが見られたりします。
「脂性肌」の人は、皮膚が厚くて凹凸(おうとつ)があり、
ニキビが出来やすい肌タイプですから、
この時期は、特に、洗顔でお肌を清潔に保つように心がけて下さい。
ただし、洗顔をし過ぎると余計に皮脂分泌を促すことになってしまいます。
こすらないように、優しく洗い、
洗顔後は化粧水をたっぷり含ませたコットンで
パッティングしておきましょう。

ベタつきやすいのに、カサカサするし、肌荒れも起こしやすいという
ちょっと厄介なお肌は、「脂性乾燥肌(オイリードライスキン)」です。
このタイプの人に足りないのは、油分ではなく水分なんです。
化粧水にはこだわってお肌に合うものを選び、何度も重ねづけして
しっかりなじませましょう。
乾燥しやすい目元や口元は、美容液やクリームで保湿することも忘れずに!

バランスの取れた理想的なお肌「普通肌(ノーマルスキン)」の人も、
基礎的なお手入れはしっかり行い、今の良い状態を保つようにして下さい。
夏は皮脂分泌を押さえるお手入れもしておきましょう。

皮脂量も水分量も少ない人は、「乾燥肌(ドライスキン)」です。
潤いや柔軟性が不足して、
お肌のかさつきや、つっぱりが感じられることはありませんか?
乾燥肌の人は、洗顔の際、つっぱり感のない洗顔料を選びがちですが、
洗浄力が弱過ぎると、その後、
お肌に潤いを与えようとしても化粧水が肌になじみません。
汚れはしっかり落とし、
その後、保湿効果の高い化粧水を時間をかけてお肌になじませましょう。
刺激をしないように、優しくマッサージするのも効果的です。

皮脂量が少なく潤いはあっても乾燥しやすい
「弱乾燥肌(ドライノーマルスキン)」も要注意です。
このタイプは、環境に左右されやすい、デリケートなお肌。
「敏感肌」の人が多いのもこのタイプです。
出来るだけ刺激を与えないよう、
潤い作りとお肌を守るお手入れを慎重に行いましょう。
気持ちをリラックスさせることも大きなポイントになります。

そして、「混合肌(ノーマルドライスキン)」は、
健康な状態と乾燥状態が同居している
お肌ですから、年齢や季節によって変化します。
洗顔料は乾燥する部分に合わせて選び、
化粧水など肌に与えるものはオイリーな部分に合わせて、選んで下さいね。

プラネット化粧品HPのトップページには、
『あなたのお肌はどのタイプ?』という
スキンタイプチェックシートがありますから、そちらも参考にしてみて下さい。

今週は、肌質に合わせたお手入れの仕方をご紹介しました。
いつも同じお手入れではなく、今の自分のお肌を正しく把握して、
夏のダメージに負けない健康なお肌をキープしておきましょうね。


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

全32ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32  [次のページ]