全34ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34  [次のページ]

「冬のヘアケア」について


乾燥するこの時期は、お肌だけでなく、髪も乾燥しています。
髪を洗った後、寒いからと言って、高温のドライヤーを長くあてたりしていませんか?
髪は、ますます乾燥してパサパサになっていまいますよ。
そこで、今週と来週は、冬のヘアケアについてお話していきましょう。

***********************

冬場も潤いのある美しい髪を保つためには、乾燥を防ぐことが一番です。
髪を乾燥から守るために、まずは、髪の構造を正しく知っておきましょう。
髪の毛は、「キューティクル」「コルテックス」
「メデュラ」という3層構造になっています。
一番内側にある層は、「メデュラ」と言います。

「メデュラ」は、外側の刺激で空洞になりやすく、
ここが空洞になると髪の毛がくすんで見える原因になります。

中間の層は、ケラチンというたんぱく質の集合体「コルテックス」と言います。
「コルテックス」は、毛髪のおよそ8割〜9割を占める層ですから、
この部分の状態によって、毛髪の太さや硬さなどの性質が決まります。

通常は12〜13%の水分を含みますが、
この水分量が髪のしなやかさに大きな影響を与えます。

そして、この「コルテックス」を守っているのが、
一番外側の層、「キューティクル」です。

「キューティクル」は、ヘアケア製品のCMなどでよく耳にしますよね。
「キューティクル」は、かたいタンパク質が主な成分で、
毛髪の表面を覆うことで、
「コルテックス」の水分やたんぱく質が失われないように働いたり、
外部の刺激から守っています。

ヘアブラシの通りが悪かったり、パサついたり、ツヤが無いと感じたら、
「キューティクル」の状態が悪くなっていると考えられます。

冬場は、乾燥しているので、「キューティクル」が剥がれやすく
その隙間から潤いが逃げてしまうと、髪がパサパサになってしまいます。

さらに、キューティクルが傷つき、
はがれてしまった状態は、髪が絡まりやすくなり、
キューティクルの内側にあるコルテックスも、
外からの刺激を受けやすくなるので、
潤いを保っているたんぱく質が失なわれていきます。

冬に髪がパサパサしたり、枝毛や切れ毛は出来やすいのは、そのためです。

髪もお肌と同じように保湿を心がけましょう。
まずは、天然アミノ酸系洗浄剤弱酸性処方のシャンプーで優しく洗い、
頭皮を清潔にしましょう。また、表面のキューティクルだけでなく、
内側にあるコルテックスやメデュラにまで
働きかけてくれるトリートメント剤を使い、
傷んだ髪の毛を内側までしっかり浸透させて下さい。

髪を乾かす時のドライヤーは、高温で長時間あててはいけませんよ。
しっかりタオルドライをした後、
温風で素早く乾かし、仕上げに冷風をあてましょう。
温風で開いていたキューティクルが冷風できゅっと締まり、
髪全体に艶も出てきます。

この時期は、髪の乾燥を防ぎ、
潤いを与えることを忘れないようにして下さいね。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

2018年もよろしくお願いします!


2018年最初の放送。
今回は杉浦会長に今年の抱負をお話して頂きました。

毎年、抱負・スローガンというのをお年賀にしたためて
ご挨拶をさせていただいております。

今年のスローガンは「原点回帰」です。
辞書で調べますと基本に立ち返る、初心にたちもどるだとか、
そしてそもそもの事のおこりに再び忠実になること、
なんていう風に書かれておりますが、
私共プラネットは19年目を迎えております。

そして一つの区切りでもある20周年に向けまして
もう一度襟を正してスタート時点での理想を、
プラネットの独自の販売形態、
こういった理想をもう一度初心に戻って見直していかなくてはならないな、
と思っているんですね。

ま、18年の経験を生かしまして原点に立ち戻り、
そしてさらに今からもう一つ一つを新しく構築しよう、と、
こんな気持ちでね「原点回帰」とね今年の抱負・スローガンといたしました。

プラネットではどなたもみなさんが「愛用者」という考えなんですね。
私も「愛用者」なんですね。ですから愛用者の立場に立ちまして、
全ての考え方をねそこに集約しようと考えております。

しかしメーカーですので当然のことながら良い商品、優秀であることですね。
安全性とさらに結果が出る商品ですね。

この商品づくり、これは必須です、当然のことながら。
しかし、プラネットの一番の特色、
特徴と言いますと、愛用者の集まりでしょ、
そしてまた私も主婦からの起業でした。

ですから一般の女性の求められるものは何かと言いますと、
毎日使用するお化粧品ですので、
素晴らしい一品にもなりますし、
また、なんとなくの一品にもなってしまうんですね。

どちらにしても毎日使用するもので
あればもっと生かして結果を出せるもの、
こういったことにね意識をしっかりと皆様たちにも持っていただくという、
そしてさらに「継続」、
この継続をどうすればできるのかというのをもう一度見直さなくてはなりません。

さらにプラネットの環境を生かして人としての成長、
こういった3点の想いっていうのがプラネットの原点だと思っています。

この原点をもう一度見直しながら、
そして一つ一つを丁寧に理解すると同時に理解をしていただくような
伝達の仕方なんです。

ここが難しいんですね。
文面で書きますとどれも共通で読み取ることができますが、
その時の感情であったり、
その思いの深さ、広さ、
こういったものはね、読み取ることができないんですね。
ですから言葉で、
対話で、そういったものを皆さんと一緒になってね、
共有しながらもう一度原点に立ち戻るということが、
私の今年のスローガンですね。

なかなか「原点、原点。」という言葉は使うんですが、
それがわかっているものの大変なんですね。

最初の何も知らないときはがむしゃらにやりました。
でも、今言う今年の原点っていうのは
この18年経験してきた中でのよかったこと、
そして失敗したこと様々なことを考えた中での原点なんですね。

私いつも言うんですが、
私たちがやらなくてはならないのはやはり一人一人の本当の美と健康なんです。

そして、その本当の美と健康を通してその人がどう豊かであっていただくか、
これを共に共有しながら作り上げていこうという、
ここのところが簡単なようんで難しいんです。

常にみなさんの思っていることだとか、
そして顔色だとかこういったものを見ながらでないと
なかなか理解してくださったのか、綺麗になる価値だとかやりがいだとか
そういった細かいところまであるんですね。

こういったものを私たち毎日楽しく、生きていこうよ、と。

人間ですのでできたらそこにやりがいだとか
その結果に対しての次のステップに行けれる一つの何かだとか、
いろんなものが関わってきますね。

そういった色んなものの想いっていうのをもう一度きちっと整理しながら、
もう一度みんなで一つ一つを丁寧に見直して、そして伝えていこうね、と。

これを一年間、また、20周年に向けて作り上げて行きたいな、と思っております。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

いろいろなお悩みQ&A


Q. 千種区 サキさん(大学生の女性)
母のことなんですが、
最近、上司に理不尽な説教を受けて落ち込んで帰ってくる姿をよく見かけます。
話を聞いてあげることは出来ても、
どういった言葉をかけてあげるべきか毎回悩んでしまいます。

A.
とても優しい娘さんです。
ただ、残念ですが、あなたがお母さんの悩みを解決するということはできません。
ですから、お母さんの愚痴を聞いてあげる、聞き役に回ってあげてください。
これが一番だと思います。
そうすると少しは気持ちが楽になると思います。
そしておやすみなどは家事のお手伝いや、一緒にショッピングに出かけたりだとか、
気分転換を図ってみてはどうかなと思います。

後はご自身でできるドレナージュなどを
プラネットのホームページに紹介しています。
こういった体のケアもお互いにやりあったりするのも
気分転換になるかと思います。


Q.刈谷市 メグミさん(31歳)
子育ての相談です。2歳の息子がイヤイヤ期真っ盛り。
その上、元気があり余り過ぎているので、私は疲れ果ててしまいます。
体力を消費させるために、毎日公園へ遊びに行き、
それは私も楽しいのですが、イライラしてしまうことが多くて、
気分転換に何かしたいなぁと思います。
でも、息子が夜寝てからの少しの時間しか一人タイムが無いので、
何かいい気分転換方法を教えてください。

A.
子育てが大変な時期だと思います。
私も長女の子供(孫)がそうでした。
できればご主人にお話をしてみて、お願いをしてみるのが一番いいと思います。
もしくは、ご両親はお近くにいらっしゃらないでしょうか?
ご両親に相談するのもいいのではないかなと思います。

で、イライラが募ると、お子さんにあたったりしてしまうと思うんです。
これは良くありません。
ですから周りの方に助けて頂く、これが一番だと思います。


Q.大阪府 トモミさん(29歳)
仕事、家事、子育てと、毎日バタバタしていて、
特に朝は時間との闘いです。
朝ごはんはいつも、パンだけになってしまい、栄養の偏りが気になります。
簡単で、なおかつ栄養が摂れる朝ごはんメニューはありませんか?

A.
お忙しい中で大変だと思うんですが、
朝ごはんはとても大切なんですね。

ですから、前の夜に支度をしておくというのがオススメです。
私は朝はスムージーを必ず飲んでいます。
それとタンパク質は必ず摂らなくてはいけません。

今スーパーなどでは鳥の胸肉サラダ用などで出ていますよね?
こういったものでもいいと思います。

また、サプリメントでビタミン、ミネラルなどを補給するのもいいかと思います。
納豆などもいいと思いますよ。

とにかく前夜に支度をしておくというのがオススメですよ。
忙しいかとは思いますが、頑張ってみてください。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

お肌のトラブルQ&A


A.知立市 マリコさん(32歳 女性)

いろいろな所で肌診断などで肌の状態をみてもらうと、
「異様に水分が足りません」という結果になります。
見た目はガサガサしているわけではないので不思議です。
普通に化粧水や乳液は使っています。
どうしたら肌がしっとりするんでしょうか?

A.
見た目はガサガサしてないということなんですね。
この診断というのはコンピューターでされているのか?
というのがクエッションなんですが、
できれば専門家の方に見ていただいて、そして触れていただく。
これがとても大切です。

若い時、20歳の時などにニキビなどができるお肌だったのか、
また角質が非常に薄いお肌なのか、
どちらかな?と思うのですが、
多分、ニキビができて角質が少し厚い状態のお肌の人かな、と思うんです。

そうしますと、皮脂分泌が盛んなんです。
皮脂分泌が盛んだと「乾燥」という意識が非常に薄れるんですね。
だからそれよりも脂を取る、と、いうことばかりを
意識してしまいなかなか気がつかないというのが常だと思うんです。

まずご自身のお肌、
これがどう言ったお肌なのかと言いますと「脂性乾燥」だと思うんですよ。
そうしますと脂はよく出るだけども角層の中の水分量が少ないという状況です。

これは年齢とともにそのアンバランスさが激しくなってまいります。
ですから自分のお肌をチェックするときに
例えばその専門家の方に触ってもらったりして、
しっかりとしたカウンセリングの中で
自分のお肌を診断することが一番大切なんです。

その中でやっていただきたいのは
まずお肌の角質層の水分量です。

これが足りない、乾燥肌、普通肌
どなたでもこの角層のアクアバランスていうのは保たれていますと、
健全なお肌の状態を常に保つことが出来るわけです。

よって、皮脂分泌が多い・・いまは少なくなってきているかもしれませんが、
どちらにしてもアクアバランスを
整えるということの意識を持っていただきたいんです。

それには角層の中にあります水分量です。
NMF物質、これを良く言ってまいりましたが、
そしてあとは細胞間脂質、脂ですね。

セラミドが中心となりますが、
このセラミド、細胞間脂質、そしてまた角層の中の水分が、
この皮脂膜というね表面にあります、
汗と皮脂で天然のクリームを作っているんです。

この状態が、この三つが保たれておりますと、
アクアバランスが整って来るんですね。

そうしますと外界からの刺激、
いわゆる角層の状態が潤いが保たれていないと
角質自体がこう浮いた状態になってますね。

その浮いた状態から、外界から雑菌であったり、
花粉であったり、今で言いますとPM2.5とかね、
こんなものがねお肌の中に侵入するんですね。

そのまんまにしときますとこれはある意味、
敏感肌という、今まで「え、そんなこと」と思った人たちがある時
「あれ?何だろう、ちょっと痒いわ」とかね、
そういう症状が生まれてくるのも、
この乾燥肌をそのままにしておきますと
こういう状態も生まれてくる、と。

そうなりますとどんどんどんどんお肌っていうのは
バリア機能が崩されてきましていろんなトラブルが生まれてきます。

今言ったように敏感肌になるだけではありません。
当然、新陳代謝の機能も遅れます。

そしてシワ、お肌は硬くなりますのでくすみ、
さらにザラつき、そう言った状況が今後どんどん生まれてまいりますので、
是非ともここでもう一度ね、
私は付けているんだけど、
ではなくってもう一回このアクアバランスの状態を自分の中でチェックする、
ないし、チェックをしていただく。

これをやっていただいて潤い成分、
水分を塗布して潤い成分、そして膜を張る。クリーム類ですね。

こういったものをしっかりとお付けになると同時にお手入れをしましょう。
マッサージ、パックですね、ドレナージュ。

こういったもののお手入れに心掛けていただいて
そしてまた、この時期はよく乾燥する方が多いんです。

どういった方でも乾燥する方が多いもんですから
食事も気をつけてください。

良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、
こういったものをしっかりとお取りになって、
そしてお手入れに励む、
といったことを気をつけになっていただいて、
一度、自分のお肌がどのくらい回復するのか、
こんなにも柔らかくってこんなにもファンデーションのノリがいいわ、
っていうのを実感していただきたいな、と思います。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「冬のお肌のお手入れの基本」について


冬のお肌は、乾燥しがち。
それに、冷たい空気にさらされれば、
血行不良から、くすみや肌荒れ、ニキビなどの
トラブルも起きやすくなります。
先週は、そんなトラブル肌の対策をご紹介しましたが、
今週は、トラブルを起こさないためのお手入れの基本をご紹介します。

***********************

乾燥しやすいのに鼻や額が脂っぽくべたついているとしたら混合肌です。
それぞれの部位に対して、油分、水分、うるおい成分を塗布してみましょう。
そしてクリームです。皮脂分泌の多い部位にはクレームを少量にして下さい。

間違ったお手入れが、トラブルの原因になったり、
シワやたるみを作ってしまうこともあります。
何のためにお手入れをするのかを考えながら、目的に合った使い方をして下さいね。

では、健康で美しいお肌とは、どんなお肌でしょう?
「う・な・ば・た・けトラブル」と覚えてチェックしてみて下さい。
「う」は「うるおいがある」こと。
「な」は「なめらかである」こと。
「ば」は「は」と捉えて「ハリ」があること。
「た」は「弾力や柔軟性がある」こと。
「け」は「血色がよい」こと。
そして「トラブル」は、「トラブルがない」お肌であることです。

潤いがあり、滑らかで、ハリと弾力、
柔軟性があり、血色がよい、そしてトラブルが無いお肌。
こんなお肌を目指して、毎日、お手入れをしていきましょう。

そこで、美しいお肌のための「美容の5ステップ」をご紹介します。

Step1:何よりもまず「清潔であること」が大切です。
メイクアップなどの油性の汚れはクレンジングできちんと落とし、
余分な皮脂や角質、汗などの汚れは洗顔で落として下さい。

Step2:「若々しく血色が良い」お肌を保ちましょう。
オイルを塗って「マッサージ」をするのもおススメ。
血行をよくして新陳代謝を促進させることで血色もよくなります。

Step3:「キメ細かく垢抜けしていること」これには、パックが有効です。
    お肌の深い部分の汚れを取り、キメを細かく垢抜けたお肌に整えます。

Step4:「みずみずしく潤いがあること」。
ローションでお肌にみずみずしさを与えましょう。
十分な水分を補えば、同時に、健やかなお肌に整えることができます。

Step5:「ハリとつやがあり透明感があること」。
美容液やクリームで、外気の刺激からお肌を保護しましょう。
お肌にハリとつや、そして透明感を与えることが出来ますよ。

***********************



そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「冬の肌トラブル」について


気温が低くなったこの時期は、お肌の乾燥が気になりますよね。
その上、寒さで、皮膚の温度が下がれば血行が悪くなります。
血行不良は、乾燥だけでなく、くすみや肌荒れ、ニキビなど、
様々なトラブルの原因になってしまいます。
そこで、今週と来週は、「冬の肌トラブル」のお話。
まずは、冬の肌トラブルの原因と対策をご紹介しましょう。

***********************

気温が低いと、皮膚の温度が下がり、血行が悪くなりがちです。
血行不良になると、肌の組織に酸素や栄養が十分に行き渡らないので、
新陳代謝が悪くなり、お肌が乾燥します。
乾燥すると、ターンオーバーが低下するので、
お肌のキメが乱れてしまいます。
キメが乱れると皮膚表面の凹凸による影が均一ではなくなります。
これが、「くすみ」として現れるんです。

「くすみ」とは、肌の赤みが低下して黄色っぽくなったり、
肌の「艶」や透明感が減少したり、
皮膚表面の凹凸による影によって明度が下がり、
肌が暗く見えてしまう現象のことを言います。

「くすみ」は、顔全体や目の周り、頬などに現れます。
「くすみ」の原因は、様々ですが、
血行不良や乾燥によるターンオーバーの低下が
大きくかかわっているんですよ。

さらに、ターンオーバーが低下すると古い角質が残って、角質層が厚くなり、
肌の透明感が低下します。これも「くすみ」の原因になります。
加齢や紫外線が原因で起きる「くすみ」もありますが、この時期は特に、
血行不良によるくすみ対策を行いましょう。

血行を促進するためには、
マッサージや保湿のためのトリートメントマスクなどもおススメです。
マッサージは、週に2〜3回程度、お肌をゴシゴシこすらないよう、
顔全体にオイルを伸ばし、優しく丁寧に行いましょう。
マッサージで、角質を柔らかくし、
古い角質を取り除き、新陳代謝を促すことが出来ますよ。

そして、角質層に潤いを与え、透明感のあるお肌にするために、
トリートメントマスクなどで潤いを補っておくのもおススメです。

また、乾燥や血行不良によって、
角質層のバリア機能が低下すると、外部の刺激による肌荒れや
ニキビなどのトラブルも起こりやすくなります。
大人のニキビは、不規則な生活やホルモンバランスの変化、
ストレスなども原因になります。

この時期は、忘年会やクリスマスパーティーなど、
食事や生活のリズムも乱れがちです。

バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけ、
ストレスを溜めこまないようにしましょう。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

眉毛の書き方Q&A


Q.稲沢市 イトウマリコさん(30代女性)
眉毛を簡単にナチュラルに描く方法を教えてください。
いつも描き方が上手くいかず困っています。

A.
眉毛は顔の額縁とも言われていて、
眉毛が上手く描けないと、1日気分がスッキリしませんよね。

眉毛のご相談なんですが、
まずメイクアップということをご紹介します。
皆さんメイクアップ、メイクアップと簡単に言いますが、
メイクアップとは、美しさを作ることなんです。

ですから、この眉毛を描くということも、
美しさを作っていくという意味でも大切なことだと思います。

その中で、メイクには2つ別れていて、
ベースメイク、ポイントメイクの2つに別れています。

この2つが、それぞれバランスのとれた内容であって、
初めて美しさを作り上げるということになるわけです。

まず、ベースメイクについては、土台作りです。
ただし、昔のように全てを厚く塗って作り上げるということではなく、
やっぱり、個性を活かすための
ベースメイクを作り上げなくてはいけません。

しかし、ベースメイクの目的というのはもう1つあって、
外界からの刺激からお肌を守るという意味もあります。
特に、夏の紫外線などはそういった意味では大切です。

そしてなおかつ、トレンドという意味でのベースメイクは、
常にトレンドが変わって来ます。
マットタイプであったり、艶やかであったり、素肌っぽくあったり
そういったトレンドの中でベースメイクを作り上げる
ということを意識して頂きたいです。

そこと合わせて、もう1つのポイントメイクです。
今回のご相談の眉毛というのは
このポイントメイクなんですが、
まず、自分のお顔の中のチャームポイントを探して頂きたいんです。
それを活かすというのが1つです。

そしてその美しさを邪魔するものがあれば、
カバーしなくてはいけません。

これも、バランスの取れた個性的な美しさを作るために
ポイントメイクもしていくわけなんです。

その中で、バランスの取れたと言っても、
ポイントメイクでどういったところを作り上げていくかと言いますと、

まず目元、アイメイクです。
これは個性を最も主張します。
目元を印象的に見せるというところから、
アイカラー、アイライナー、マスカラ、そしてブローなんです。

で、口元は美しい表情を与えるリップです。
そして最後にチーク。
全体のバランスを取りながら、メイクアップの効果を高め、
立体感を持たせるという意味でも
最後には必ずチークする、ということなんです。

そして、今回のご質問をお答えすると、
まず描き方です。
基本的な描き方は、眉頭、眉尻、眉山、
このポジションが大切です。

このポジションを自分なりに意識しながら描くんですが、
まず、眉頭は目頭の線上です。

眉尻は、昔は小鼻から目尻の線上と言いましたが、
今は、そうなると長くなりすぎてしまうので、
そうなると、口角と目尻の線上を眉尻のポジションにして欲しいです。

そして、眉山は、眉頭から3分の2のポジション。
そしてもう1つ気をつけて頂きたいのが、備給骨というものがあります。

それよりも上に描いて欲しいんです。
備給骨が出て来ますと、神経質に見えてしまいます。

それが基本となります。
そして、眉頭、眉尻は水平、同じ高さに描くといことが基本です。

その中でブローにもトレンドがあって、
アーチ、まっすぐ、太く、いろいろありますが、
そういったトレンドがあっても、
基本パターンというのは今ご紹介したい内容です。

まずその基本となるポジションを、
ブローの先でチョンチョンと目安をつけて描いていく、
これをやって頂くといいかと思います。

そしてもう1つ気をつけて頂きたいのが、眉頭です。
眉頭を自然な毛量で作り上げるには、コームでぼかしてください。

そういったところを気をつけてください。

また、眉毛はカットバサミで整えるということも大切です。
トレンドがあるので、抜いてしまうと、対応できなくなってしまいます。

以上のことを踏まえて、練習をして頂ければと思います。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

乾燥肌のお悩みQ&A


Q.岐阜市 ユウカさん(24歳 女性)
朝、化粧をする時、「粉ふき」が目立って化粧しづらいです。
夜や朝に、化粧水、乳液をして少し時間が経つと出てきてしまいます。
ぜひ、解決策をお願いします。

A.
まあね、大変な乾燥肌だと思いますね。
普通ですね粉ふきと言いますとね、
メイクアップをしてファンデーションやルーセントなどのねお粉が浮いた状態、
こういった時にねよく「お粉をふいた状態だわ」という人多いと思うんですが、
でもベースメイクの時に使うんではなくって
基礎化粧品を塗布してそしてお粉がふいた状態になるっていうのは
極めて乾燥肌の状態がひどい状態になっていますよね。

怖いのは敏感肌へと変わってしまう可能性もあります。
ですからちょっと角質層の状態が
どのような状態になっているかちょっとお話ししていきたいと思います。

まず、私たちのお肌っていうのは表皮というね、
0.2ミリほどの厚さの中で細胞の生まれ変わりをしているわけです。
それが表皮というところですね。

表皮の一番下には基底層という細胞が分裂を起こして
新しい細胞が生まれて来るところあるんですね。

そこで分裂を起こしてまた新しい細胞と分裂が起こって来ますとね、
先に生まれた細胞が上へ上へと押し上げられて
最後は「垢」となって剥がれ落ちます。
これは新陳代謝と言います。

この新陳代謝をこの表皮では司っておりまして、
お肌の最外層にはその死細胞が重なった角質層という層があります。
これがね、キーワードを握ってます。
何層かに角片が重なり合ってね角質層を形成しているわけですが、
ゆうかさんはこの角質層の状態がめくれ上がっちゃっているんです。
ですからめくれ上がると同時に角質層が
しっかりと積み重なってなくて浮いた状態になってる。

そこから水分だとかいろんなものが
流れちゃっているそういう状態になってると思うんですがね、
まずね、角質層っていうのはね外界からお肌をね保護する、
こういった働きがありましてねバリア機能が備わっているんですね。

このバリア機能っていうのは角質層の保水機能、水分を保つ機能ですね、
いわゆるアクアバランス、まずこれをですね改善しなくてはならないということですね。

ではね、もう一度アクアバランスについてねご紹介するんですが、
皮脂膜、そしてNMF物質、そして細胞間脂質、
この3つの働きによってね一定に保たれております。
まず、皮脂膜です。
これは汗腺から出る汗、水分、そして皮脂腺から出る皮脂、
油分これがね天然クリームを作ってくれているんですよね。

これは自分の恒常性の力です。
皮脂膜というのをね作っているわけですよね。
まずこの皮脂膜ですね。
そして、NMF物質。これはナチュラルモイスチャライジングファクターの略で、

角質層の中にあって水分をキャッチしているわけなんです。
そして逃さないようにしている物質、こういうのが備わっています。
魔、このような働きをして、天然保湿因子とも呼ばれている、このNMF物質。

そして最後は細胞間脂質。脂質ですから脂ですね。
角質層の細胞同士を繋げる役割とそして水分を逃さないようにする働き、
こういった働きをしています。

いわゆる角質層の中で、角質層をレンガとセメントのような、
そんな構造をしているわけですが、その角質細胞がレンガです。

そしてそのセメントの役割をしているのがが細胞間脂質という「脂」なんです。
で、細胞同士を接着しているんです。
ま、外からの刺激物質が侵入することを防いだりとかね、
当然、細胞の中の水分、今いったNMFですね、
そういったものが外に出ないようにというこういった働きをしてますが、
よくね、セラミドというね成分、
これがね細胞間脂質の代表選手。

50%はセラミドでできてますね。
これら三つの働き、これが保たれられなくなりますと、
カサカサしたり艶のないお肌になったり、
また荒れ肌ですね、硬くなったりと、
こういったところからいろんなトラブルが生まれますね。

小じわ、大ジワ、くすみ、たるみ、しみ、嫌ですね〜。
ですからまず、油分、水分、保湿成分、
これをたっぷり塗布しなくちゃいけないです。

でもまだね、彼女はすぐお手入れとかに走っちゃダメです。
乾燥肌から敏感になっていると、
お手入れしたことが摩擦となったり刺激となったりして
トラブルが発生する場合があります。

ですから今言った水分や油分、保湿成分、
こういったものを優しく塗布する、
こういったことをねまず心がけていただいて表面のそのカサカサ、
粉ふいてるっていうのがなくなってから
しっかりとマッサージをやっていただいたり、
ドレナージュ、パック、こういったもののお手入れをしていただくとともに、
食べるもの気をつけましょう。

良質なタンパク質です。
そしてビタミン、ミネラルの補酵素、これが大切です。
なかなかね、たんぱく質とか脂質、
炭水化物なんかみなさんすぐ取れるんですね。

だけどこの補酵素、ビタミン、ミネラルっていうのが大変ね重要でしてね、
特にビタミンのB群は意識してとっていただくといいかな、と思います。
ま、この乾燥肌で悩んでいる人はゆうかさんだけじゃないと思いますね。

ですから今いったことを参考にしてアクアバランスの状態を見ながら
お手入れを頑張っていただくと同時に食事、見直して見ていただきたいなと思います。 

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「乾燥肌」について


11月も半ば、ぐっと気温が下がり、空気も乾燥して来ました。
お肌の状態は、年齢や季節によって少しずつ変化しています。
『real BEAUTY』では、本格的な夏に入る前と冬に入る前のこの時期に、
お肌を見直す健康診断「スキンドック」をしておくことをおススメします。

先週は、夏を迎える前と違い、この時期は、透明感が無く、
くすみがちな「秋肌」を改善させてから、
肌別タイプ別のお手入れをしましょう。というお話をしました。
今週は、特に、この時期多い「乾燥肌」を中心に
お肌のチェックと対策をご紹介しましょう。

***********************

前回、ご紹介しましたが、まずは、
6つの肌別タイプをもう一度、ご紹介しておきましょう。
プラネット化粧品HPのトップページにも、『あなたのお肌はどのタイプ?』という
スキンタイプチェックシートがありますので、
自分の肌タイプがよくわからないという人は、チェックしてみて下さい。

肌質は、大きく「皮脂量」と「角質層の水分量」によって、
6つに分類することができます。

1.皮脂量が多く、水分量が普通なら「脂性肌」
2.皮脂量が多く、水分量が少ないなら「脂性乾燥肌」
3.皮脂量、水分量ともに普通なら「普通肌」
4.皮脂量が普通で、水分量が少ないなら「混合肌」
5.皮脂量が少なく、水分量が普通なら「弱乾燥肌」
6.皮脂量、水分量ともに少ない「乾燥肌」。以上の6つのタイプです。

この中でも、特に、この時期、少しでも早く適切なお手入れをして頂きたいのが
「乾燥肌」の人です。
かさつきや、洗顔後のつっぱりが気になっていませんか?
「乾燥肌(ドライスキン)」の人は、皮脂量も角質の水分量も少ないので、
潤いや柔軟性が不足している状態です。

洗顔料は、つっぱり感のないものを選んでほしいのですが、
洗浄力が弱過ぎると、その後、
お肌に潤いを与えようとしても化粧水が肌になじみません。
保湿効果の高い化粧水を、時間をかけてお肌になじませましょう。

化粧水が十分お肌に入ったら、保湿クリームを塗って、
潤いを逃がさないようにします。
血行不良も「乾燥肌」の原因の一つですから、定期的にマッサージを行って、
新陳代謝を上げるようにするのも効果的ですよ。
そして、デリケートな「弱乾燥肌(ドライノーマルスキン)」の方も要注意。
「普通肌」に比べて皮脂量が少なく、潤いはあっても乾燥しやすい…。
そんな、環境に左右されやすい、デリケートなお肌です。

一般に、「敏感肌」と言われる人は、このタイプが多いようです。
ですから、出来るだけ刺激を与えないよう、
潤い作りとお肌を守るお手入れを慎重に行いましょう。

乾燥の度合いに合わせ、乾燥肌と同じお手入れを行いますが、
気持ちをリラックスさせて、じっくり続けることがポイントです。

お肌のうるおいが奪われると老化が加速してしまいます。
表皮の一番外側にある「角質層」という部分には、
適度な水分量を保つ働きがあります。

この働きのことを「アクアバランス」と言います。
今の季節は、乾燥によって、「アクアバランス」が低下しています。
自分の肌タイプに合ったお手入れを行って、「アクアバランス」整え、
北風が吹きつける真冬になっても、
しっとり潤いのあるお肌をキープしておきましょう。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「冬を迎える前のお肌のチェック」について


今年の秋は、急に気温が下がり、一気に冬へと加速しています。
空気も乾燥し、お肌のお手入れも欠かせませんね。
とは言っても、やみくもに保湿クリームを塗ればいい…というわけではありませんよ。
お肌は、季節や年齢によって少しずつ変化しています。
そこで、今週と来週は、「冬を迎える前のお肌のチェック」についてのお話です。
まずは、自分の肌の今の状態を正しく知ることから始めましょう。

***********************

『real BEAUTY』では、毎回、夏を迎える前と冬を迎える前に、
今のお肌の状態を把握していただくために、「肌チェック」のご紹介をしています。
ただ、夏の前と冬の前とでは、状況も違います。
夏の前は、紫外線が強くなっていく時期ですから、
紫外線を浴びた肌の炎症を鎮めることがポイント。
お肌の機能が崩れ、代謝が悪くなる…という負のスパイラルを
防いでおくことが重要です。

そして、本格的な冬を迎える前のこの時期は、秋肌対策がポイントです。
夏の間に紫外線などによるダメージを受けると、
真っ先に心配になるのが、「シミ」ですよね。

シミにならないように、美白化粧品などを使って、
シミ対策を…と考える人が多いと思いますが、
その前に、今の自分のお肌が、酸化して黄色く、シワシワになったリンゴのような
「秋肌」になっていないかをチェックしてみましょう。

ちょっと、鏡を見てお肌を観察してみて下さい。
以前より、透明感が無く、くすんで見えていませんか?
お肌に透明感がなく、くすんで見えると感じた人は、代謝機能が衰えていたり、
「アクアバランス」が崩れている証拠です。
「アクアバランス」とは、お肌の水分を保つ働きのことです。
色素沈着を起こさないためには、
メラニンに対する代謝機能を取り戻す必要があります。
そのためには、「アクアバランス」が崩れていないことが大切なんです。
紫外線によって、ダメージを受けたお肌を回復させてくれる「恒常性維持作用」。
この力を衰えさせないように、生活習慣を整え、
適切なお手入れでアクアバランスを回復させましょう。

また、代謝機能が衰えることにより、
様々なトラブルを引き起こす原因となります。
マッサージやパックでお手入れをして、代謝機能を回復させて下さい。
「アクアバランス」が整い、代謝機能が回復し、透明感が出てくれば、
化粧品もよく浸透し、健全なお肌の機能を取り戻すことが出来ます。
メラニンに対する代謝機能を回復させることが、
シミ対策の第一歩でもあるんですよ。

とは、言ってもお肌の状態は人それぞれ、
年齢によっても年々変わってきていますし、
夏から秋に紫外線をたっぷり浴びてしまった人、
しっかりケアをしていた人とでは、
お肌の状態も違います。
今の自分のお肌のタイプもチェックしておきましょう。
プラネット化粧品HPのトップページには、『あなたのお肌はどのタイプ?』という
スキンタイプチェックシートがあります。
自分の肌タイプがよくわからないという人は、
チェックシートを参考にしてみて下さい。

ざっとご紹介しますと、
肌質は、大きく「皮脂量」と「角質層の水分量」によって、
6つに分類することができます。

1皮脂量が多く、水分量が普通なら「脂性肌」
2皮脂量が多く、水分量が少ないなら「脂性乾燥肌」
3皮脂量、水分量ともに普通なら「普通肌」
4皮脂量が普通で、水分量が少ないなら「混合肌」
5皮脂量が少なく、水分量が普通なら「弱乾燥肌」
6皮脂量、水分量ともに少ない「乾燥肌」。以上の6つのタイプです。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

全34ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34  [次のページ]