全1ページ 1
2月21日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION
2017 02.21 Tue


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。
今日も、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。

いよいよ確定申告がはじまりましたね。
自営業者の確定申告といえば、気になるのは節税ですけど、
自営業者は、収入がアップダウンしますよね。
掛金を払うのが辛くなったら、国民年金基金は、どうなるのでしょうか?
安心して下さい。加入の口数は、減らすことができます。
でも、どうしても掛金が支払えない場合は、お休みすることも出来ます。
例えば、1年くらいしか払えなかったとしても、払った1年分に応じた年金が受け取れます。

また、国民年金基金を現在受け取っている方からは、「正直、掛金を払うのが辛い時もあって、やめようかなと思ったこともあったけどやっぱり、やっといて本当によかった!」
という方が多いそうです。
是非、自分のお財布事情にあった、老後のお金の貯め方を、
国民年金基金に相談してみてくださいね。

【今日の質問】
愛知県 35歳 会社員の女性も方からの質問
「国民年金基金は日本に住む20歳から60歳の人が加入できると知りましたが、例えば海外にしばらく仕事で行くことになったらどうすればいいんでしょうか」

【山口先生のご回答】
まず、国民年金基金の加入資格は、
20歳から60歳未満の国民年金の第1号被保険者と、
60歳から65歳未満の国民年金に任意加入されている方です。
海外に住所を異動することになった場合は、
加入の資格がなくなります。続けたい場合は国民年金を任意継続すれば
国民年金基金も手続きをすることで、任意加入が出来ます。
海外に住所を異動しない場合は、国民年金の資格がそのままありますので、
国民年金基金も同じく加入の資格は失いません。
従来どおり、保険料を納めていただくこととなります。

☆国民年金基金への資料請求・お問い合わせは、

愛知県国民年金基金0120-43-63-73
岐阜県国民年金基金 0120-355-354
三重県国民年金基金 0120-291-284 までどうぞ。




by staff | TIME 14:40|コメント(0)|カテゴリー:-

2月14日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」
2017 02.14 Tue

誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。
今日も、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。

【今日の質問】
岐阜県39歳の専業主婦の方から。
「本当に払った分自分に戻って来るのでしょうか?」

【山口先生のご回答】
ストレートなご質問、ありがとうございます。
では、30歳3ヶ月のMISATOさんを例にして、ご説明しましょうか。
30歳3ヶ月で加入すると60歳まで、357ヶ月あります。これが加入期間となります。
掛金合計は、月額30,975円×357ヶ月=11,058,075円 
年間受給額は、619,100円
掛金÷支給額 11,058,075円÷619,100円=17.86年で戻ってきます。
およそ18年で戻ってくることがわかります。

ですが、ここからがポイント!!税金が軽減された分をお忘れなく。
年間の税金の軽減額は、113,071円(月額の掛金は、実質 21,553円)
軽減後の掛金:月額21,553円×357ヶ月=7,694,421円 
軽減前との差額は、3,363,654円
軽減後の金額で計算すると、7,694,421円÷619,100円=12.4年になるので、
65歳+12.4年=77.4歳。
つまり、実質、77.4歳で掛けた分が戻ってきます。

また、支給開始65歳+17.86年=82.86歳です。
65歳まで生きた女性の平均余命は、89歳ですから。
65歳から一生受け取れる、国民年金基金は老後の支えになりますね。
この年数は、MISATOさんのケースで、
課税所得を350万円だと仮定した場合のシミュレーションです。
ぜひみなさんも、自分のケースだとどうなるのかお電話で相談してみて下さい。

☆国民年金基金への資料請求・お問い合わせは、

愛知県国民年金基金0120-43-63-73
岐阜県国民年金基金 0120-355-354
三重県国民年金基金 0120-291-284 までどうぞ。



★国民年金基金に関する詳しい情報は、コチラ
by staff | TIME 14:40|コメント(0)|カテゴリー:-

2月7日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」
2017 02.07 Tue

誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。
今日も、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。

確定申告の季節がやってきますね。
自営業者のための国民年金基金を使えば、一生もらえる年金を準備しながら、
堂々と節税することができます!
国民年金基金は、公的な個人年金ですから掛金を全額、
社会保険料として所得から引くことが出来て、その分税金がおトクになるんです。
税金面で優遇されているのは、うれしいですよね。

山口先生によると、
国民年金基金は、「一生お金がもらえるお財布」が、ひとつできるようなものなんですって。
将来の強い味方ですよね!

【今日の質問】
三重県にお住まいの33歳 技術系会社員 の女性の方から。
「数年前まで国民年金基金に加入していました。
転職をして厚生年金に入ったので一度やめています。
このたび、自営を始めることになり国民年金基金に入りたいのですが、
再加入することは可能でしょうか。また、加入するときの注意点はありますか。」

【山口先生のご回答】
国民年金の第1号被保険者の方であれば、再加入できます。
ただ、以前加入していた時の掛け金額や給付の型をひきつぐことはできないんです。
再加入されるときの年齢で、改めて給付の型を決めて、お申込みくださいね。
将来受け取る年金額は、以前に加入されていた時の分の年金額と
再加入後の年金額を合算して受取ることとなります。


☆国民年金基金への資料請求・お問い合わせは、

愛知県国民年金基金0120-43-63-73
岐阜県国民年金基金 0120-355-354
三重県国民年金基金 0120-291-284 までどうぞ。


★国民年金基金に関する詳しい情報は、コチラ
by staff | TIME 14:40|コメント(0)|カテゴリー:-

全1ページ 1
INFORMATION
毎週火曜日14:32からは国民年金基金についてファイナンシャルプランナーの山口京子が分かりやすく紹介していきます。
愛知県国民年金基金 岐阜県国民年金基金

カレンダー
前月 Feb 2017 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新の記事
すべての記事>>
2月21日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION
2月14日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」
2月7日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」
1月31日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」
バックナンバー
Jan 2017
Feb 2017
カテゴリー
検 索
LINK
愛知県国民年金基金
岐阜県国民年金基金
FP 山口京子