COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2012年 第3回番組審議会報告◆

2012年3月13日(火)17:00〜18:10
会場 ZIP-FM 大会議室

出席者
西村 秀人 委員長
北出 真紀恵 副委員長
アンドレス, パトリシアン フィラマー イラダ 委員
大竹 麻衣子 委員
河田 雅仁  委員
谷口 正明  委員
以上6名

<会社側出席者>
稲葉社長を含め7名

概要

『 RADIO KICK 』について

今回は毎週水・木曜日午後8時からヒライユミカがナビゲートする3時間のプログラム「 RADIO KICK 」について、各審議委員の自由な意見を述べていただきました。出された意見は、次のようなものでした。

まず、番組の印象について大竹委員からは「全体的に楽しく、アップテンポに聴くことができた」と、また河田委員からは「若い層に向けた番組だということだが、もう少し幅広く感じ、40代にも充分受け入れられる内容で、楽しく聴くことができた」と、それぞれ高い評価をいただきました。

ナビゲーターのヒライユミカについても北出副委員長から、そのインタビュー能力について「大変、力のある人だと思った」とのコメントしていただくとともに、「SPECIALIST INTERVIEW」のコーナー自体についても「とても教育的に良い内容だ」と、概ね高い評価をいただきました。

その一方で、番組の終盤を飾る「妄想旅行」のコーナーについては、各委員から、「もう少し音楽を交えたりする工夫がほしい」、「もっと大胆にしていい」といった発言が相次ぎ、また西村委員長からは、ゲストコーナーの際にナビゲーターではない別の女性の声を使ったことに対して、「番組をわかりにくくしている」との指摘をいただくなど、演出上の課題もいくつか出されました。

そしてアンドレス委員からは、若者向けの番組にもかかわらず「二日酔い」をテーマにした楽曲を放送するのは適切ではないのでは…、との指摘もありました。

ZIP-FMでは各委員から出されたこれらのご意見を、今後の番組作りに反映させて行きます。
次回の番組審議会は、4月10日に開催の予定です。

以上

>>過去のレポート
<2012年>  第1回  第2回

PR

PR