COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2014年 第2回番組審議会報告◆

2014年2月13日(木)17:00〜18:00
会場 ZIP-FM 大会議室

 

出席者
坂本 正 委員長
小川 明子 副委員長
渡邉 淳 委員
松井 勇介 委員
ジョン・キュージャン 委員
加藤 慎康 委員
鈴木 あすか 委員
以上7名

<会社側出席者>
杉山取締役を含め7名

 

概要

『 STARTS! 』

 

今回の審議会では、 平日、午前5時から、ミュージックナビゲーターの羽田沙織、 そして花上裕香が担当している番組「STARTS!」について、 各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

 

特に、今回は、 羽田沙織が担当している月曜日、火曜日、水曜日の放送に 焦点を絞ってお話しを伺いました。

 

まず、羽田沙織のトークに対して、 鈴木委員からは、「朝早く聴くのに、非常に適したトーンで話していて、 時間の経過とともにトーンを変えるなど、聴きやすかった。 さすがプロだと思った」との意見が。

 

また、小川委員からは、「おだやかな語り口で上品だ。 表現と内容の両面において、若い感覚と素朴な感覚を持ちあわせており、 好感がもてる」との意見が出される、概ね高い評価をいただきました。

 

坂本委員長からは、「七草粥の話の中で、自身の口内炎の話をするなど 特に必要ない情報もあったが、入ってきたニュースに対して自分の意見を言うのは、 面白かった」との意見が出されました。

 

一方、番組の構成や演出、選曲については、 キュージャン委員より、「いろいろなジャンルの音楽が流され、 リフレッシュできる選曲でよかった」とのコメントが。

 

松井委員からは、「天気予報や交通情報など、 知りたい情報がバランスよく入っていて良かった。 こてこての関西人だというスタッフの登場も、 好き嫌いはあるだろうが、私は良いかと思う」との評価をいただきました。

 

渡邉委員からは、 「ナビゲーターのトークに絡んでくる“合の手”の演出コメントの中に 『いらっとする』など、少々好ましくないものもあり、気になった」との指摘が。 加えて、「名古屋弁の合の手もあってよいのでは」との提案が出されました。

 

最後に、加藤委員より、「選曲がよく考えられているし、 放送内容もターゲットとしているリスナー層に合っているが、 番組が終わって、振り返ってみると、 意外にトークが印象に残っていないという感じを受けた」との指摘もありました。

 

ZIP-FMでは各委員から出されたこれらのご意見を、今後の番組作りに反映させて行きます。

 

次回の番組審議会は、3月13日に開催の予定です。

 

以上

 

>>過去のレポート
<2014年>  第1回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR