COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2014年 第6回番組審議会報告◆

2014年6月12日(木)17:00〜18:00
会場 ZIP-FM 大会議室

 

出席者
坂本 正 委員長
小川 明子 副委員長
渡邉 淳 委員
松井 勇介 委員
ジョン・キュージャン 委員
加藤 慎康 委員
鈴木 あすか 委員
以上7名

<会社側出席者>
稲葉社長を含め8名

 

概要

『 GOLDEN Z 』

 

今回の審議会では、ミュージックナビゲーター、ジェイムス・ヘイブンスが担当する金曜、午後4時30分からの番組「ゴールデンZ」について、各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

 

まず、松井委員からは、「ため口や下ネタなど、冒頭から大丈夫かなというのが第一印象だったが、時間とともに慣れてきて、心地良く聞こえるようになった。最後には、また聴きたいと思うようにはなったが、これは少し特殊な番組かと思う」との意見が。キュージャン委員からも「初めて聞いた時は、ビックリした。しかし、私の母国オーストラリアにもこういったキャラクターのDJはいるので、違和感はない」との意見が出されました。

 

加藤委員からは、「トークの中に時事ネタが多く、番組で聞いた高齢者と認知症の問題や政治の問題では、外国籍の彼だからこその視点が生きていたと思う」との評価する意見が。

 

その他、坂本委員長からは、「個人的にはどうかと思う言葉づかいもあったが、それが彼のキャラクターだと思う。全体的には元気があって、話題の幅も広く、好感がもてる」との意見が出され、小川委員からは、「あぶなっかしいところも多々あるが、天真爛漫で、パワフルでよい」との意見が出されるなど、注意すべき点についての指摘もありましたが、概ね高い評価をいただくことができました。

 

その一方、渡邉委員など複数の委員からは、「あの時間に下ネタはまずいのではないか」、「下ネタを電話でつないだリスナーに言わせたことは問題があるのでは」と一部のトーク内容・演出については、改善を求める意見もありました。

 

ZIP-FMでは各委員から出されたこれらのご意見を、今後の番組作りに反映させて行きます。

 

次回の番組審議会は、7月10日に開催の予定です。

 

以上

 

>>過去のレポート
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR