COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2015年 第1回番組審議会報告◆

2015年1月8日(木)18:00〜19:00
会場 ZIP-FM 大会議室

 

出席者
小川 明子 委員長
阿部 新 副委員長
中尾 博臣 委員
鈴木 将太 委員
マ・シェンチャオ 委員
青木 奈美 委員
石井 千陽 委員
以上7名

 

<会社側出席者>
稲葉社長を含め7名

 

概要

『 2015年の第22期番組審議会の第1回会合 』

 

今回の審議会では冒頭、第1回開催ということで、委員の互選により新委員長、新副委員長を選任したうえで、各委員の自己紹介とともに、審議委員としての意気込みや日頃のラジオとの接し方などについて、意見を述べていただきました。

 

出された意見は、次のようなものでした。

 

まず、大学で教鞭をとってらっしゃる阿部新副委員長からは、「ラジオは大学生の頃によく聞いたが、最近は聞くチャンスがなかった。久しぶりにラジオを聞くことになり、楽しみだ」とのコメントが出されました。

 

また、鉄道会社にお勤めの鈴木委員からは、「仕事でメディアに接する機会がほとんどないので、ラジオを聞いて自分自身がどういった感想を抱くのか、楽しみにしている」とのコメントが。

 

デザイン会社にお勤めで、ウェブ新聞の運営にも携わっていらっしゃる青木委員からは、「職場でいつもラジオを聴いている。どこの放送局を聞くのかは、その日によって違うが、ZIP-FMを聞くこともあり、この機会を楽しみにしていた」とのコメントが出されました。

 

また、自動車メーカーでカーオーディオシステムの開発に携わっておられる中尾委員からは、「ラジオを聞く機会は多いが、仕事柄、製品としてのラジオの音質やノイズばかりを気にする習慣がついている。コンテンツとしてのラジオを聴く機会はプライベートでも少ないので、審議委員の役割を果たせるか不安ですが、頑張りたい」との意気込みが語られました。

 

続いて、名古屋国際センターで外国人をサポートする仕事をなさっているシェンチャオ委員からは、「日本で初めて聴いたラジオがZIP-FMだった。今は忙しいので、聞くことも少なくなったが、これを機にもっと聞きたいと思っている」とのコメントが出され、ダンススクールの運営や新人タレントの発掘・育成の仕事をなさっている石井委員からは、「中学生の頃、受験勉強をしながら深夜放送を聞いていた。大人になり、しばらくはラジオを聴かなかったが、この街に転勤してきたことがキッカケとなり、再び聴くようになった。ラジオというメディアについて、勉強していきたい」との意気込みが語られました。

 

最後に、大学でメディア研究を専門にされている小川新委員長から今後の審議会の進め方について説明があり、第一回番組審議会はお開きとなりました。

 

ZIP−FMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、番組づくりに反映させていきたいと考えています。

 

次回の番組審議会は、2月12日に開催の予定です。

 

以上

 

>>過去のレポート
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR