COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2015年 第10回番組審議会報告◆

2015年11月12日(木)18:00-19:00
会場 ZIP-FM 大会議室

 

出席者
小川 明子 委員長
阿部 新 副委員長
鈴木 将太 委員
マ・シェンチャオ 委員
中尾 博臣 委員

 

レポート参加
石井 千陽 委員
青木 奈美 委員

 

<会社側出席者>
稲葉社長を含め6名

 

概要

『 SWAG #41(スワッグ・フォーティ―ワン)』

 

今回の審議会では、毎週金曜日午後8時から放送している 南城大輔ナビゲートによる番組「SWAG #41(スワッグ・フォーティ―ワン)」について、 各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

 

冒頭、審議会を欠席された委員からのレポートが読み上げられました。

 

レポートでは、 まず、青木委員から担当ミュージックナビゲーターの南城大輔について、 「声のトーンの耳馴染みが良く、情報が聞き取りやすい印象がある」と 評価するコメントがある一方で、 「その落ち着いた雰囲気がゲストを緊張させているのではないか」と 指摘するコメントもありました。 また、「楽しいテンションで話す場面をもう少し聞いてみたかった」との要望も 出されました。

 

また、同じく欠席された石井委員からは、 「3時間の中に充実したプログラムがあり、金曜日の夜に相応しい番組構成だ。 中でもダンスミュージックのランキングを発表するプログラム、 『ZIPダンスヒッツ・トゥエンティ』は、楽しく聞くことができた」と 3部構成になっている番組への評価を頂くことができました。

 

続いて、審議会に出席した各委員による意見交換が行われ、 まず、阿部委員からは、「金曜日の夜にリラックスして聞ける。 全体が3部に分かれている構成も聞きやすい。 ただ、ノリの良かった10時台と、9時台、11時台のトーンが違い過ぎる」との意見が 出されました。

 

河村委員からは、「担当ナビゲーターは、 強い口調でストレートな意見を話すことも多いので、好き嫌いが分かれるが、 ゲストなど、他の出演者の本音を引き出すようなトークができるので面白かった」と 評価するコメントが出され、 また、小川委員長からも 「全体的にクールなイメージだが個人的には賑やかなトークより、 こういった一歩引いたトークのほうが好みにあう」との意見が。 マ・シェンチャオ委員からも「リスナーとコミュニケーションを取る場面が多く、 とても良い週末の番組で楽しく聞けた」との意見が。 中尾委員からも「ナビゲーターはトークや番組の進行に慣れていて聞きやすい」などと 評価する意見が相次ぎました。

 

その一方で、 「スタッフと話しをする演出では聞き取りづらい場面があった」との意見や 「言い方に独特な毒があり、リスナーに誤解されるのではない」などといった意見も多く、 改善を検討すべき点が幾つか指摘されました。

 

ZIP−FMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、 番組づくりに反映させていきたいと考えています。

 

次回の番組審議会は、12月10日に開催の予定です。

 

以上

 

>>過去のレポート
<2015年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR