COMPANY INDEX

番組審議会レポート

◆2016年 第6回番組審議会報告◆

2016年6月9日(木)18:00-19:00
会場 ZIP-FM 大会議室

 

出席者
阿部 委員長
金山 智子 副委員長
小林 俊介 委員
岩田 知倫 委員
加藤 幹泰 委員
楊 秀景 委員

 

<会社側出席者>
稲葉社長を含め7名

 

概要

『BEATNIK JUNCTION』

今回の審議会では、毎週月曜日から木曜日までの午後5時から放送している公開生放送、永田レイナがナビゲートする『BEATNIK JUNCTION』について各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

冒頭、今回の審議会を欠席された吉橋委員からのレポートが読み上げられました。

レポートでは、「公開生放送という企画にとって、もっとも重要なライブ感が欠けている。ナビゲーターの声も細く、話している内容があまり耳に入ってこない。スタジオ前の観客の声を拾うなど、工夫ひとつで補えるので、改善したほうがいいのでは」との意見が出されました。

続いて、審議会に出席した各委員による意見交換が行われ、まず、岩田委員からは、「ナビゲーターの成長に期待したい。番組構成から見ると音楽が多いと感じるが、ナビゲーターの成長を促す意味でも、もう少しトークや音楽に対する思いを聞くことができればいいのにと思う」との意見が。
また、金山委員からも「コメントが平凡だと感じた。自身のトークもキャラクターも確立しておらず、独自のトークをもう少し意識したほうがいい」との意見が出されるなど、改善すべき課題と、今後の成長に期待するコメントが相次ぎました。

一方、小林委員からは、「インタビューは自然に聞けた。
ゲストの“人となり”をうまく引き出せていた。
話術を広げていくことが出来れば、良いナビゲーターになると思う」との意見が。
また、阿部委員長からは、
「声の印象は、ハキハキというより、パキパキとしていて、特徴がある。
 特にインタビューの時の声は表情も豊かで、初々しい感じが好ましい」との意見が。
更に、ヤン委員からは、
「全体的に無難だが楽しい番組だ。選曲も良く、機会があれば公開生放送の会場へ見に行ってみたいと思えた」との意見が出されました。

最後に、番組全体のイメージについて加藤委員より、
「ヒッピーが登場する以前のムーブメントで前衛的な姿勢を意味する“BEATNIK”というエッジの効いた番組名を持っているのなら、もっと切り込んでいく勢いのようなものがあった方が面白くなるのではないかと思う」との指摘が出されました。

ZIPーFMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、 番組づくりに反映させていきたいと考えています。

次回の番組審議会は、7月14日に開催の予定です。

以上

 

>>過去のレポート
<2016年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回
<2015年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR