人ひとりが地球に対して出来ることは、ささいなこと。でも、それが、積み重なれば、大きなパワーに。例えば、CO2を100g減らすエコ・アクションを一人がとったらたった100gでも、100人が同じアクションを毎日、1年続ければ、3.6tも減らせる計算になります。
環境問題に必要なのは、「思い」と「行動」を、一連の動きとして成立させ、持続的に成長させること。
一人ひとりの「思いと行動」の関係を「近づける」と同時に「つなげる」ことで、 社会を動かす大きなエネルギーへ変換していこう、という社会システムです。