photo Gallery

Now 1/16 page next
07/19 22:34
Dちなみに、ミートソースは自家製でも市販のモノでもOKですが・・・
どちらの場合も少し煮詰めてペースト状にした方が食べやすいと思います。是非作ってみてください!
07/19 22:33
Cチーズに程よい焼き色が付いたら完成。最後に彩りとして、イタリアンパセリを振りかけてからアツアツの内にどうぞ!
07/19 22:33
Bマグカップのようになったカボチャの中にミートソースを詰めて、その上にとけるチーズを乗せたらオーブントースターで焼きます。
07/19 22:31
A坊ちゃんカボチャを洗ってかラップで包み、レンジで3分ほど加熱します。
この時、2分を超えたあたりから時々止めてはやわらかくなってきたかどうかを確認してください。やわらかくなり過ぎちゃうと崩れ安くなっちゃいますからね。
加熱したら、上部を蓋のように切り取り、中のワタと種をくり抜きます。
07/19 22:30
@「坊ちゃんカボチャのミートソース詰め」
材料(1人前)坊ちゃんカボチャ1個、ミートソース大さじ4〜5(カボチャの大きさに合わせた量)、とけるチーズ少々、イタリアンパセリ少々
07/13 01:18
Bチコリをボート(船)に見立て、その上にリンゴとチーズを盛り付けます。
それらをお皿に並べ、全体的にハチミツを回しかけたら完成です。チコリの微かな苦み、リンゴの酸味、チーズのコクと塩味、そしてハチミツの甘味を、それぞれの食感と共にお楽しみください。
07/13 01:17
Aチコリを軽く洗って、水気を切ります。
リンゴは薄くスライス、または小さいサイコロ状に切ったら、サッと塩水につけてから水気を切ります。カマンベールチーズは16等分ぐらいにカット。
07/13 01:02
@「リンゴとカマンベールチーズのチコリボート」
材料(3〜4人前)チコリ1個、リンゴ1/2個、カマンベールチーズ1個、ハチミツ少々
07/04 22:47
Cジューシーな山科とうがらし本来の味が堪能できる素焼き。少し甘めの出汁醤油をかけても美味しいです。
07/04 22:46
B穴を開けたら焼き網に乗せ、なるべく均一に焼き色が付くようコマメに回しながら焼きます。
美味しそうな焼き色が付いたらお皿に盛り付け、かつお節を振りかけたらお醤油をかけていただきます。
07/04 22:46
A焼く時に山科とうがらしが破裂しないように、爪楊枝などで穴を開けます。
07/04 22:45
@「山科とうがらしの素焼き」
材料(2〜3人前)山科とうがらし10〜15本、かつお節適量、醤油少々
Now 1/16 page next