CAMPUS INVITATION 【2013年1月26日放送分】


『名古屋外国語大学・名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION』。

週替わりで、名古屋外国語大学・名古屋学芸大学の在学生、
大学関係者、卒業生などに登場頂き、
それぞれの大学生活、あれこれに迫る5分間です。

今回は、名古屋外国語大学・広報企画室・今井誠さん。

毎年、たくさんの学生が留学していますが、
多くの大学は1ヶ月程度の「短期研修」も含め留学としてアピールしていますが、
2012年度の名古屋外国語大学では、
1年間で約200名の学生が長期留学で留学を実現しています。

このほか、中期留学という3カ月の海外インターンシップ留学や
1ヶ月程度の語学研修もあります。

現在、名古屋外国語大学で実施されている「留学費用全額支援制度」。
もともと海外留学への支援制度は整っていましたが、一般認知が低かったため、
「留学費用全額支援」として、2012年度からスタートし、
実際、この名称が皆さんの目を引くものとなって、留学への意識も高まっています。

入学者には「留学をしたいから名古屋外大を選んだ」という学生は少なく有りません。
名古屋外大の海外留学は、留学前と留学後のケアもしっかりしているのも特徴です。

現在、この“全額支援”留学を得るために、
大学入学時から頑張りたいという学生が増えており、
学内の語学学習へのモチベーションも上がりいい影響を与えています。

この“留学費用全額支援制度”は決してハードルが高いものではなく、
普通に頑張っていただければ遠いものでも有りません。

2012年度は、197名が長期海外留学を実現しましたが、
このうち3人に2人は全額支援制度で留学を実現しています。

フロリダのディズニーワールドで働きながら学ぶインターン留学「UCR特別留学」など、
普通では、体験することができない留学プログラムが名古屋外国語大学にはあります!

このプログラムに興味をもたれた方は、
ぜひ名古屋外国語大学ウェブサイト内「名古屋外大TV」をご覧ください。

また、新たに導入する留学制度も魅力的な内容となってます。
カリフォルニア大学リバーサイド校での語学プログラム+ヒルトン系リゾートプログラムで
ビジネス・インターンシップ・プログラムを提供します。

名古屋外大では、「海外留学をする」というのは、単に英語を学びに海外へ行くのではなく、
英語で何かを学ぶ、ということに主眼を置いており、
討論をしたり、自分の考えをきちんと述べることのできるレベルの語学力に加え、
幅広く専門を学んでほしいと思っています。
また、同時に母語である日本語運用能力も大変重要だと考えています。

留学制度も充実している名古屋外国語大学の今後ですが、
来年度2013年4月からは、現代国際学部に新学科、国際教養学科が新たに設置します。

留学制度についても、ヒルトンでのインターンプログラム、
現代英語学科の全学生を対象とした海外語学短期研修を導入するなど、
いろいろ前向きな動きがありますので、今後にも是非、期待してください。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 16:00|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪
全1ページ   1