全1ページ 1
CAMPUS INVITATION 【2014年6月12日放送分】  
2014 06.12 Thu

毎週木曜日、名古屋外国語大学の在学生や大学関係者の方に登場して頂いて、
大学生活に迫っていきます。
【CAMPUS INVITATION】!

今夜 登場してくれたのは、
名古屋外国語大学 英米語学科4年生の 小島 祐未さん でした。

Q.小島さんは、あの留学プログラム、UCR特別留学 に参加されたんですよね!
A.〈2013年8月〜2014年5月〉までの間、アメリカ・カリフォルニアで研修をしました。
私が参加したのは、ディズニーのプログラムではなく、ヒルトンホテル系列のリゾートホテル、
ラキンタでビジネスインターンを体験しました。


Q. ディズニーではなくて、ホテルでの研修のプログラムに参加なんですね!
これまで、ディズニープログラムを体験された方、何人かにお話を伺う機会がありましたが、
ヒルトン系リゾートのプログラムのお話は初めてなんです!
A.・・・本当は、ディズニープログラムの選考に落ちてしまったというのもあります!
よくよく考えると、ヒルトンのプログラムができたとき、私はディズニーよりもヒルトンのほうが、
学びたいこととつながっているのかも・・・と思いました。
それはやはり、客層の違いだったり、夢を作るというディズニーよりも、お客様を安心させて、
楽しませてる・おもてなしする面では、ヒルトンの方がより近な接客を学べると思ったから。
ホテル運営の仕組みなどにも興味ありました。
歴史あるウォールドルフアストリアのホテルで実習ができるというのもポイントでした 。


Q.ヒルトン系リゾートのプログラムでは、どういったお仕事をするんですか?
A.私はスパでの仕事をしていました。
内容は、ロッカールームアテンダントとして、
スパにチェックインされた後のお客様をロッカーに案内して 館内ツアーをしたり、
質疑応答、ローブの準備、飲み物の準備、マッサージ師さん、エスティシャンの人と
お客様との進捗状況のチェックしました!

従業員60人、トリートメントルームが30もあるの巨大なスパなので、
マッサージ師がお客様を迎えに来ない! とか、
お客様がどこにいるか分からない!夫や家族と外で会う約束したのにいない!
などは、日常茶飯事でした。

混雑日は、それに時間通りにお客様を案内しなければ、
次の予約があるため遅れたお客様に遅れた分、
トリートメントしてあげるなどが難しいので、
この「時間通り」がとても必要で難しかったです。


Q.きっと、思い出話は尽きないと思いますが・・・
インターンシップで、辛かったことや嬉しかったことは何ですか?
A.大変だったこと・辛かったこと・・・
地域ごとのアクセントやネイティブの話す速さに慣れなかったり、
自分の英語の発音には苦労しました 。
スリッパの英語発音が言えなくて、
could I offer you spa slippers?の練習を同僚と何度もしました。
一歩間違えれば、ストリッパーになってしまうから…
日本人が同じに聞こえるような音でも、アメリカの方は聞き分けられるし、
少しでも音がズレていれば、認識してくれない。
英単語を知って言えるってだけじゃ 通用しない、
単語1つのアルファベットの発音の大切さを見にしみて感じました。

語学学校への留学とは違って、お客様がくる、真剣にサービスをする場所、
まして大物がきたりする場所なので、
本当に言葉遣いや発音、アクセントは要注意で、、苦労しました。

また、接客時のツアーで日本人が働いてる!という好奇の目で見られてしまうこと。
そういう時は、自己紹介であえて、日本から勉強にきています、
日本のことならなんでも聞いてください! などいうと、
案外お客様は 実は日本のこと大好きだったり、
納得して、私のこと覚えてくれたりして、施設にいる間私を呼んで、
質問や、 依頼をするなどしてくれて。
最初は、いやだなって感じた時もありましたが、日本から来たことを説明するよう
にしてからはお客様と近くなって楽しかったです。

嬉しかったこと ・・・
私のやりがいだったことは、チェックインされたときにお客様の顔と名前を瞬時に覚えます!
(多分仕事の中でこれが一番苦労しました!外国人の名前が瞬時にいえない!覚えられない!)
頑張って覚え接客をしましたが、お客様が後日戻って来てくれる時に
私のことを覚えていてくれた時は、本当に嬉しかったです!
もちろん、私も覚えています!ってお返事して。
そういうお客様には、まず第一にウェルカムバックって歓迎します。


Q.UCR特別留学の、小島さんも参加した「ヒルトン系リゾートコース」を
この放送を聞いている在学生や高校生で名古屋外大に入学を希望している方に お勧めしますか?
A.はい、もちろんです!
この、ヒルトン系リゾートコースは、働いているうちに、ホテルのことを知って行くと、
ウォールドルフアストリアの世界的有名度や評価が目にみえて分かるんです。

本当にいい経験したと思いますし、ウォールドルフアストリアブランドや、
リゾート文化が もっともっと日本に広まったらって今は思います!

宣伝用に考えたら…有名人に会える(笑)!ってとこも、ヒルトンならではな気もします。
俳優女優さんが大好き!っていう子はラッキーにも接客担当できるかもしれないですよ?


Q.話はさかのぼりますが小島さんが、名古屋外大を選んだ理由は何でしたか?
A.とにかく英語が好きだったから!
将来は国際人になりたいっていう、ただただそれだけの憧れと…
あとは、名古屋外大の留学制度に惹かれて受験しました!
だから、海外留学が、入学時からの夢でした!
(トイフルの点数取れなくて悩んだりも)


Q.小島さんが、今回の留学で最終的に得たものとはなんだったでしょうか。
また、今後はどういった道に進みたいなどの目標などあればお知えてください。
A.私が得たものは、第二のホームがアメリカにできたことです!
ホストファミリー、友達、同僚、あと新しい自分、
そういうかけがえのない出会いが沢山ありました!
いろんな考え方や生き方に出会い、刺激受け続けた1年間だったと思います。
もちろんまた会いたいと思うし繋がっていたいからこそ、
これからも、国際人でいたいし、
まだまだ成長しつづけたいと思っています。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!
by STAFF | TIME 22:15|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

全1ページ 1
名古屋外国語大学
名古屋外国語大学留学人のブログ
NUFS everyday
名古屋学芸大学
名古屋学芸TV
名古屋学芸Kirabo-3
INFORMATION
金曜日19:17〜19:22、日曜日17:15〜17:20に放送中「CAMPUS INVITATION」。
実際のOAの様子をBLOGにアップしています。



OAの様子は「ZIP-FM CHANNEL」にUP
カレンダー
前月 Jun 2014 次月
M T W T F S S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
すべての記事>>
CAMPUS INVITATION【2019年6月16日】放送分
CAMPUS INVITATION【2019年6月14日】放送分
CAMPUS INVITATION【2019年6月9日】放送分
CAMPUS INVITATION【2019年6月7日】放送分
CAMPUS INVITATION【2019年6月2日】放送分
CAMPUS INVITATION【2018年12月30日】放送分
CAMPUS INVITATION【2018年12月28日】放送分
CAMPUS INVITATION【2018年12月23日】放送分
CAMPUS INVITATION【2018年12月21日】放送分
CAMPUS INVITATION【2018年12月16日】放送分
バックナンバー
Jun 2019
Dec 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
Dec 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
Dec 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
Dec 2015
Oct 2015
Aug 2015
Jul 2015
Jun 2015
Dec 2014
Nov 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
Nov 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Jun 2013
Jan 2013
Dec 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
Dec 2011
Nov 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
Oct 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
Oct 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
カテゴリー
名古屋外国語大学♪
名古屋学芸大学
検 索
LINK
名古屋外国語大学
名古屋学芸大学
名古屋学芸TV
名古屋外大TV
名古屋外国語大学
 留学人(リュウガクビト)
 のブログ