CAMPUS INVITATION 【2014年6月22日放送分】


毎週日曜日は、名古屋学芸大学の在学生や大学関係者に登場して頂き、
大学生活に迫っていく5分間『 名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION 』。

今日は、名古屋学芸大学 映像メディア学科 4年生 
渡邊 健太(わたなべ けんた)くんに来ていただきました。



Q:渡邊さんは、映像メディア学科とのことですが、
なぜ、この学科を選んだのですか?


A:高校の時から芸術系の大学に進みたいと思っていましたが、
  普通科高校だったのでスキルもなく不安がありました。
  でも、映像メディアならデッザンなどの領域を超えてスキルを身につけられると思ったからです



Q:今は、渡邊さんは、専門で何を学んでいるんですか。

A:今は映画ゼミに所属しています。
1年の時に映画・ビデオ・フォト・サウンドという4領域を広く学び
2年生でそこから2領域を選びます。
  そして、3年になるとゼミ選択があり、映画ゼミに入りました。



Q:役割としては、どんな事をするんですか?

A:去年のゼミ制作では、監督として単位を取得しました。
普段は照明を主に担当しています。
1年生の時に先輩の制作を手伝った時に照明をやったのがキッカケでした。



Q:では、最後に。
名古屋学芸大学の映像メディア学科を目指している高校生の方へ
  メッセージをお願いします。

A:映像メディア学科は実践教育に力を入れていて、
プロとしても活躍する先生たちが間近でサポートしてくれます。
機材やソフトも豊富にそろっているので、自分のやりたいことを実現する環境があります。
  自分の作りたいものがあって形にしたいと思うなら、名古屋学芸大学で実現してほしいと思います。




今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:22|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学
全1ページ   1