CAMPUS INVITATION 【2015年10月18日放送分】  


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中
「名古屋外国語大学・名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋外国語大学・名古屋学芸大学の在学生・大学関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂が、
学科の詳細・授業内容・大学生活などについて伺っています。



10月18日の放送では、名古屋学芸大学 管理栄養学部 管理栄養学科4年の
岩本早苗(いわもとさなえ)さんにお越し頂きました!


Q:管理栄養学科という事でどんな勉強をされているんですか?

A:管理栄養学科は、様々な観点から食事や健康、栄養について学んでいます。
例えば、食事をしたらどのように体の中で代謝されて排出されるのか、
ヒトの人体の構造を学んだり、疾病について学んだり、
自分たちで作った献立を調理したりと、色々な角度から食に関連した分野を学びます。
ある実験では、果物のみかんの状態からみかんの缶詰を作ったり、
小麦粉、中力粉、強力粉それぞれの粉で実際にパンを作ったら、出来上がり、食感、
弾力などにどう違いが出るか調べてみたり面白い実験もたくさんしています。
4年間を通して、食や栄養のエキスパートになって就職したときに
各分野で活躍できる管理栄養士を目指しています。

Q:管理栄養士を目指そうと思ったキッカケは?
名古屋学芸大学を選んだのはなぜ?

A:中学2年生の時に病院に職場体験実習に行ったときに出会った管理栄養士の先生が
キッカケです。赤ちゃんとお母さんに向けた栄養指導教室が開催されていて、
管理栄養士の先生が丁寧にお母さん方に寄り添って悩みを解決したり、
アドバイスなさっているところを見た時、私も自分の言葉やスキルを使って
誰かの役に立ちたいと思うようになりました。

名古屋学芸大学を選んだ理由は、まず国家試験合格率です。
毎年多くの管理栄養士を排出していて、
今年度の実績は卒業生163名全員が国家試験に合格するという
素晴らしい結果になりました。私たち4年生も先輩方に追いつけるように
全員が国家試験合格に向けて努力しています。
そしてなんと言っても学校全体の雰囲気に惹かれて入学を決めました。
高校3年生の時に参加したオープンキャンパスで先輩方、先生方の雰囲気の良さを
感じました。優しく案内してもらえて嬉しかったのを今でも覚えています。


Q:名古屋学芸大学を選んでよかったと思いますか?

A:良かったと思います。学校生活は課題やレポートも多く、忙しい毎日ですが、
だからと言って自分の時間が無いわけではありません。
限られた時間を上手く使ってアルバイトやサークル、趣味の時間など
たくさんのことに挑戦しました。
今4年間を振り返ると毎日が充実していて、本当に楽しかったと胸を張って言えます。
中でも3年生の夏休みに行ったアメリカ留学ではたくさんの成長をして
帰って来られました。一言で表すのはもったいないほど、本当にいい経験でした!!!


Q:いま4年生ということで、将来はどんな道に進まれるのですか?

A:最後に将来への抱負や受験生にメッセージをお願いします。
ある食品メーカーより管理栄養士枠で採用をいただきました。
仕事内容ですが、病院や福祉施設へ介護食、流動食の商品を紹介する
営業としてのお仕事です。4年間勉強してきた栄養や健康のスキルを活かせる
職業に就きたいと考えていましたので、スタートラインに立てた気分で
4月からとても楽しみです。
そのためには3月の国家試験をクリアしなくてはならないので
今は国家試験の勉強をがんばっています。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学
全1ページ   1