CAMPUS INVITATION 【2015年8月23日放送分】  


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中「名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」、
毎週日曜日深夜24時31分からの5分間オンエア中の「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋学芸大学・名古屋外国語大学の在学生・大学関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂・白井奈津が、
学科の詳細・授業内容・大学生活などについて伺っています。


8月23日の放送では、名古屋外国語大学卒業生の
磯村奈美さんに来て頂きました!よろしくお願いします。


Q:今、現在はどのような仕事をされていますか?

A:映像・デザイン、webの制作を行っているネームレス株式会社で
アシスタントプロデューサーをしています。


Q:今の仕事に就いたのはなぜでしょう?

A:ゼミの先生が今の社長で、授業中にインターンシップの募集があって参加した所
映像の面白さ、クリエイティブの面白さに目覚めました。
社員がほぼ外国人なので、学校で学んだ英語スキルが必須でした。


Q:磯村さんの制作したショートフィルムの写真を見せて頂いたんですが・・・

A:会社で名古屋学芸大学をPRするショートフィルムを制作しまして、
大学の理念をストーリー仕立てて伝えています。
8月30日に行われる名古屋学芸大学のオープンキャンパスでプレミア上映します。
当日来られない方にもwebにUP予定なので、そちらで見ていただけるようになります。


Q:今後はどんな事をしていきたいですか?
  この学校を目指す学生、在学生にメッセージもお願いします。

A:ほかにはないオンリーワンの映像を作って多くの人に伝えていきたいです。
今回、映像の制作にあたり名古屋学芸大学の勉強をさせていただきましたが、
学生の皆さんが羨ましいくらい幅広く先進的な大学だと思いました。
恵まれた環境を活かして、夢に向け頑張っていただきたいと思います。



今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【2015年8月16日放送分】


「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」。

毎週日曜深夜24時31分すぎからの5分間は、
名古屋外国語大学の在学生、または大学関係者に登場して頂き、
学内の様子や、実際のキャンパスライフなどを紹介しています。
(毎週日曜日のこの時間は3ヶ月期間限定)

第11回目は、現代国際学部 現代英語学科 教授 の 濱嶋聡さんにお話を伺いました。

Q:大学では具体的にどんなことを教えているんですか?

A:アボリジニへのバイリンガル教育。

Q:先生の学生時代というのはどんな生徒だったんですか?

A:(学部時代)・・・休学(1年間)してオーストラリア、アメリカ遊学→シドニーのホテル勤務、
サンディエゴ〜ロサンジェルス間のトラック助手を経験。
国内では、添乗員アルバイト(アメリカ、ヨーロッパ、アジア)。

(大学院時代)クイーンズランド大学大学院言語学研究科留学。
寮内で、各国からの留学生、オーストラリア人学生と交流(今でも家族付き合い)
この頃、スカイダイビングで腰椎圧迫骨折。
(池の土手に落ちて意識不明→水中で意識回復→骨折のため池の底を岸まで這って脱出→
 王立ブリスベン病院入院)

Q:学生時代の出会いって、やっぱり今でも続いていますか?

A:シドニーホテル勤務中、親しくなった白人とアボリジニの間に生まれ、
 当時の政策によって母親から強制隔離されたアボリジニ、
 イギリスからの児童移民の犠牲者の白人の人たちから聞かされた話を、現在の授業でも紹介。
 一緒に旅行したオーストラリア人で、南オーストラリア警察署の刑事になった友人が、
 アデレードでのアボリジニ言語・文化調査手配。
 日本訪問中の留学中に知り合った友人を、クラスのゲスト・スピーカーに招待。

Q:それらの経験から今に繋がった授業をされている濱嶋先生だから言えることは?
 (受験生や在学生に向けてのエール)

A:スカイダイビング事故で命拾いした経験から、『Don't be panicked!』。
 就活他で、たとえうまくいかなかっても、『縁がなかった』ぐらいに考えて、
 面接を楽しむように。

今日は、名古屋外国語大学 現代国際学部 現代英語学科 教授 の 濱嶋聡さんにお話を伺いました。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 0:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【2015年8月16日放送分】    


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中「名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」、
毎週日曜日深夜24時31分からの5分間オンエア中の「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋学芸大学・名古屋外国語大学の在学生・大学関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂・白井奈津が、
学科の詳細・授業内容・大学生活などについて伺っています。


8月16日の放送では、名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子どもケア学科3年の
加藤千晶さんに来て頂きました!


Q:今は夏休みですか?
サークルとかは?

A:授業は休みなんですが、サークルで週に2日くらい学校に行っています。
よさこいサークル「鳳(おー)」に入っていて、今月末のどまつりに向けて練習中です。


Q:よさいこいソーランサークル「鳳(おー)」は、どんなサークルなんですか?
サークルでは、どんな事をしていますか?

A:今年の代表を務めています。
新入生もたくさん入ってきて、200人近くになったのでメンバーをまとめるのも大変ですが
他のメンバーに助けられながら、日々頑張っています。
全員が揃う事はあまりありませんが、基本100人以上で踊っています。


Q:そもそも、名古屋学芸大学に進学しようと思ったのはなぜ?

A:将来の夢が保育士なんですが、オープンキャンパスで子どもケアセンターの
 「遊びの交流会」というのに参加した時に、先輩がキラキラしていて
 「自分もこうなりたい」と思ったからです。


Q:将来への抱負や受験生にメッセージなどお願いします。

A:受験勉強は辛いことも多いと思いますが、
それを乗り越えれば、本当に楽しい大学生活が待っています。
自分の夢を実現するための1つの山と思えば、きっと乗り越えられると思います。
諦めずに頑張ってほしいと思います。





今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【2015年8月9日放送分】


「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」。

毎週日曜深夜24時31分すぎからの5分間は、
名古屋外国語大学の在学生、または大学関係者に登場して頂き、
学内の様子や、実際のキャンパスライフなどを紹介しています。
(毎週日曜日のこの時間は3ヶ月期間限定)

第10回目は、現代国際学部 国際教養学科3年・飯降裕輔さんにお話を伺いました。

Q:名古屋外国語大学を選んだのはなぜですか?

A:いろんな理由がありますが、優れた留学制度と、
 教育学科とは違ったアプローチの二つを重視していました。
 そして、将来、英語の教師になるためにはここしかないと思い、名古屋外国語大学を選びました。
 現在は、英語はもちろんのこと、メディアを中心に勉強しています。
 映像研究などを通して、メディアの持つ「情報伝達」としての側面だけではなく、
 「娯楽」「報道」「教育」など様々な側面を検証しています。
 特に、将来、英語の教師を目指す自分にとっては、
 メディアが持つ「教育」の側面にとても興味があり、研究の日々が続いています。


Q:そんな飯降さんは、イギリスへ留学していたんですね。なぜイギリスへ?

A:アメリカ英語がベースになっていた英語教育を受けてきたので、
 イギリス英語を知るために渡英しました。
 グローバル時代の英語教師にとって、色んな国の英語を知ることは大切だと考えたからです。
 また、いろんな歴史や伝統が根付くイギリスに行くことで、
 より多くの文化や価値観に出会えると思いました。

Q:行ってみて、いかがでしたか?

A:英語力と好奇心の向上。イギリスでの留学中、ヨーロッパを10か国旅しました。
 自分と違う価値観や文化に出会い、面白かったり衝撃だったり。
 イギリスやヨーロッパで起こっている問題を自分の目で見ショックだったり、
 自分がちっぽけに感じたり。そうやっていろんな感情を抱いていく中で、
 「知りたい」という思いが、とても強くなりました。
 今まで、どうでもよかったことも、もしかしたら何か繋がりがあるかもしれないと思うようになり、
 政治、歴史、文化、宗教など、日本や日本以外の国々の事を、もっと知りたくなりました。

 知ることで、もっと世界が面白くなると感じた留学でした。
 その好奇心は、今の学生生活でも大きく活きています。

Q:さきほどお話にありましたけど、将来は「英語の先生になりたい」んですよね?
(どんな風に教えていきたいですか?)

A:英語を学んだことで、僕の中の世界は一気に広がりました。
 英語のおかげで、より多くの本やテレビを見ることができるようになり、
 より多くの場所に行けるようになり、より多くの人と話せるようになりました。
 そうやって世界を繋げてくれる英語という言語を教えてメシを食っていくことが夢です。
 ですが、英語だけ教えるのではなく、世界の異なる文化や価値観など教えて、
 世界に興味がわくようなきっかけを、たくさん与えられる教師になりたいです。

 また、今年の夏は、カンボジアに一か月滞在して英語を教えるボランティアをします。
 途上国に行くのは初めてですが、経験することは全て自分の力になると信じて、
 思いっきり楽しみたいと思います。

今日は、名古屋外国語大学 現代国際学部 国際教養学科3年・飯降裕輔さんにお話を伺いました。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 0:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【2015年8月9日放送分】  


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中「名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」、
毎週日曜日深夜24時31分からの5分間オンエア中の「名古屋外国語大学C­AMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋学芸大学・名古屋外国語大学の在学生・大学­関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂・白井奈津が、
学科の詳細・授業内­容・大学生活などについて伺っています。


8月9日の放送では、名古屋学芸大学 メディア造形学部 映像メディア学科の
仙頭武則先生に来て頂きました!よろしくお願いします。


Q:仙頭先生は名古屋学芸大学で教える先生であり、現役の映画監督でもあるんですね。
今まで、「リング」や「らせん」など、多くの作品に関わっておられるのですが、
なぜ名古屋学芸大学で教える事になったんですか?

A:愛知県下で映画をキチンと教えている学校で、ちゃんと映画を教えるのが主眼でした。
映画「らせん」のカメラマンを務めた方が、学校におられて、その縁で来ることになりました。
映画界の未来を創るという事ですね。


Q:今の学生は先生から見てどう映りますか?

A:昔より映画を見ている数が減っているのは心配です。
しかし、やる気はあるんですよね。
なので、いかに短期間でしっかりと教え込むかは注意しています。
当校の特徴は「とにかく作る」ことです。
そこに向け、現実的な作り方と精神を、まず映画を見せる事からはじめます。
映画には正解がないので、高校生までに「正解を探す」教育を受けてきた学生達は
戸惑うんですが、守るべきを守りつつ自由に表現できるようにしていきます。


Q:受験生や在校生にメッセージなどお願いします。

A:間違いを知って、それを直す方法は大学に入ると解ります。
大学に入って楽しく学びましょう。



今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【2015年8月2日放送分】


「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」。

毎週日曜深夜24時31分すぎからの5分間は、
名古屋外国語大学の在学生、または大学関係者に登場して頂き、
学内の様子や、実際のキャンパスライフなどを紹介しています。
(毎週日曜日のこの時間は3ヶ月期間限定)

第9回目は、7月26日(日)に行われた
「名古屋外国語大学OPEN CAMPUS 2015 -名古屋外大のすべてVol.1-」で、
各イベントのMCを担当した、白井奈津にとっての大先輩・小林拓一郎、空木マイカのお2人に、
オープンキャンパスで行なった事、そのイベントの感想などを伺いました。

小林拓一郎は・・・
留学を経験した在学生が、その経験談を話すトークセッション「留学イベント」のMCを務めました。

イベントの感想・・・
ディズニーワールドやヒルトン系リゾートでのインターンシップでの話や写真を見せてもらい、
本当にみんな生き生きとして姿が印象的だったそうです。
(休日は、働いてる施設の一部設備も使えたりする・・・なんていう裏話も)。

学生時代に、一流のホテル・テーマパークでのおもてなし(ホスピタリティ)を学べるのは、
今後社会に出た時にとても役立つ・・・とても良い機会。
来場していた高校生も、大学でそんな事が学べるなんてすごい!と目からうろこ状態でした。


空木マイカは・・・
現役のキャビンアテンダントやグランドスタッフとして活躍する
外大の卒業生を迎えてのトークライブ「エアライントークライブ」でのMCを務めました。

イベントの感想・・・
先生方も元キャビンアテンダントやグランドスタッフの方がいらしていたので、
現場を知っている方に履歴書などをチェックしてもらえる。
実際にキャビンアテンダントとしてインターンをオーストラリアで受けられる。
外資系の航空会社に就職を目指す人にとっては、とても有利。
学生のうちにいろんな事を経験して就職活動に臨めるのが有利。
エアライン業界への中部地区採用実績No.1!

就職してから感じる事が、学生のうちにリアルに感じられる。
そういったものが、名古屋外国語大学にはたくさんあります。
オープンキャンパスでも知る事が出来ます!


この話を聞いて留学してみたい!国際力を生かした職に就きたい!
そんな将来を見据えているアナタ!今月もう一回!オープンキャンパスを行います!

8月23日日曜日(小林拓一郎36歳誕生日)、午前10時30分 から 夕方4時まで。
「名古屋外国語大学OPEN CAMPUS 2015 -名古屋外大のすべてVol.2-」
今回、都合がつかなくていけなかったという方も、ぜひ足を運んで下さい!

今夜は、7月26日(日)に行われた
「名古屋外国語大学OPEN CAMPUS 2015 -名古屋外大のすべてVol.1-」で、
各イベントのMCを担当した、小林拓一郎、空木マイカのお2人に、
オープンキャンパスで行なった事、そのイベントの感想などを伺いました。
先輩方、ありがとうございました。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 0:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【2015年8月2日放送分】  


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中「名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」、
毎週日曜日深夜24時31分からの5分間オンエア中の「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋学芸大学・名古屋外国語大学の在学生・大学関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂・白井奈津が、
学科の詳細・授業内容・大学生活などについて伺っています。


8月2日の放送では、名古屋学芸大学 デザイン学科4年の
森千尋さんに来て頂きました!よろしくお願いします。


Q:デザイン学科を志望したのはなぜですか?

A:高校生のとき美術部で、学祭のポスターを作って喜んでもらえたのがキッカケです。


Q:進学先に名古屋学芸大学を選んだのはなぜですか?

A:芸術系の学校には珍しく色々な学部があって刺激になると感じました。


Q:学校では、どんな授業を受けてきましたか?
  また、これまでの学生生活で自信になった/思い出に残った事はありますか?

A:1年生のときに基礎を一通りやるうちに平面デザインがやりたいと思い、
今はビジュアルコミュニケーションデザインを専攻しています。
株式会社デンソーとの産学協同プロジェクトに参加したのが貴重な体験になりました。


Q:その産学協同プロジェクトはどんなものですか?

A:自動車部品メーカーの雰囲気を学生らしい目線で伝える展覧会を企画・開催しました。


Q:今年で卒業ですが、充実した大学生活だと言えそうですか?
卒業後はやはりデザイナーになりたい?どんなデザイナーになりたいですか?

A:グラフィックデザイナーかディレクターになりたいんですが、
その人・場所にあうデザインを考えられる、人に寄り添ったデザインができる
デザイナーになりたいです。




今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【2015年7月26日放送分】


「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」。

毎週日曜深夜24時31分すぎからの5分間は、
名古屋外国語大学の在学生、または大学関係者に登場して頂き、
学内の様子や、実際のキャンパスライフなどを紹介しています。
(毎週日曜日のこの時間は3ヶ月期間限定)

第8回目は、外国語学部 英米語学科3年・貴田由佳子さんにお話を伺いました。

Q:名古屋外国語大学を選んだのはなぜですか?

A:英語が話せるようになりたかったことと、英語の発音が得意だったので。
 大学では、アメリカやイギリスの文化、英語以外の外国語なども学んでいます。
 ゼミでは、認知言語学で英語の微妙なニュアンスなどを学んでいます。

Q:課外活動では、どのようなことを行っていますか?(サークルや部活など)

A:英語で、劇やミュージカルをしています。年に2回大会があります。

Q:課外活動でどんなことを得ましたか?またはどんな思い出がありますか?

A:昨年は、監督と主演の両方務めました。
 英語で台本を作ったり、練習で部員をまとめたりと大変だったんですが、
 そこで、計画立てて実行することの大切さを学びました。
 劇は、既存のものを編集したりするのですが、基本的に、演出も自分たちでやるので、
 皆で話し合いながら、一つのものを作り上げていく形で、やりがいもあって楽しいです。

Q:卒業後はどんな仕事を志望していますか?または抱負や受験生にエールなど

A:自分の仕事としてお芝居をつづけていきたいです。
 それができなくても、仕事をしながら続けていきたいと思っています。
 今は英会話教室の先生にも興味があります。

A:大変な事など沢山ありますが、自分がどうなりたいか?
 これからのビジョンを抱いて行動していくことが大事。頑張っていきましょう!

今日は、名古屋外国語大学 外国語学部 英米語学科3年 貴田由佳子さんにお話を伺いました。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 0:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【2015年7月26日放送分】  


ZIP-FMから毎週日曜日午後5時15分からの5分間オンエア中「名古屋学芸大学 CAMPUS INVITATION」、
毎週日曜日深夜24時31分からの5分間オンエア中の「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」では、
それぞれ毎回、名古屋学芸大学・名古屋外国語大学の在学生・大学関係者・卒業生が登場し、
ミュージックナビゲーターの堀江美穂・白井奈津が、
学科の詳細・授業内容・大学生活などについて伺っています。


7月26日の放送では、名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子どもケア学科4年
新頭もものさんに来ていただきました。


Q:子どもケア学科という事で将来は保育士を目指してるんですか?

A:はい、実習で子どもと関わりながら、保育士を目指しています。


Q:保育士を目指そうと思ったキッカケは?
保育士になるために名古屋学芸大学を選んだのはなぜ?

A:自分が保育園の時の担任の先生が凄く優しくて、
気づいたときには憧れの存在となっていて、自然となりたいと思うようになっていました。

  今、岐阜県に住んでいて大学は他府県で探したいと思っていました。
その中で、名古屋学芸大学を知って、大学内にあるケアセンターが素晴らしいと思いました。
調べていくうちに先輩方の姿を見て、自分もここで学びたいと思ったからです。
自分自身も1年生の頃から定期的に参加しています。


Q:名古屋学芸大学を選んでよかったと思いますか?

A:はじめは通う距離も遠いので親に心配もされましたが、
4年間通ってみて、グループワークの多い名古屋学芸大学は
仲間と一緒に学び・作ってきた実感。
よさこいサークルでの活動が楽しかったし、仲間と出会えたことが本当によかったです。
この学校にこれてよかったです。

サークルでは、去年の代表を務めました。
100人以上をまとめるのは大変でしたが、色々な人に支えられて1年間充実してできました。


Q:よさこいサークルでは、今年のどまつりには出るんですか?

A:今年も出ます!
今、試験勉強もあるんですが、サークルが本当に大好きなので
どまつりに出るために今は頑張っています。




今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 17:25|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【2015年7月19日放送分】


「名古屋外国語大学CAMPUS INVITATION」。

毎週日曜深夜24時31分すぎからの5分間は、
名古屋外国語大学の在学生、または大学関係者に登場して頂き、
学内の様子や、実際のキャンパスライフなどを紹介しています。
(毎週日曜日のこの時間は3ヶ月期間限定)

第7回目は、現代国際学部 国際教養学科3年・佐藤志保さんにお話を伺いました。

Q:名古屋外国語大学を選んだのはなぜですか?

A:留学制度が整っていて、少人数の授業の中で、
 英語の力や教養が身につけられると思ったからです。
 入学してみると、留学という面以外にも魅力的なことが多くあって、
 留学はしないで日本でできることを精一杯しよう!と思い、日々切磋琢磨しております。

Q:課外活動では、どのようなことを行っていますか?(サークルや部活など)

A:旅行業界研究グループに所属してます。
 主に、年に2回の研修バスツアーの企画・実施やOB・OG交流会、
 また昨年からは、JALと旅行会社とのコラボ企画にも参加しています。
 自分たちの手で一からツアーを企画したり、旅行業界、
 又、ホテル業界の方たちのお話を聞いたりなど、
 この業界研究グループならではの活動を行っています。

Q:課外活動でどんなことを得ましたか?またはどんな思い出がありますか?

A:主に2つあります。1つ目は、昨年からスタートしたJALとのコラボ企画では、
 自分の案を一つのツアーにするという大変さを学びました。
 この企画を通し、旅行を人に提供することの難しさや、
 毎回新鮮さを求めることが大切だということが分かりました。
 また、4月からはグループの代表を務めさせていただいております。
 人の前に立ち、グループをまとめる難しさを感じており、メンバーと協力しながら、
 より良いグループにするため頑張っております。

Q:卒業後はどんな仕事を志望していますか?または抱負や受験生にエールを!

A:将来の夢は、バスツアーの添乗員になることです。
 旅行業界研究グループに所属し、ツアーの企画や研修ツアーに参加し、
 様々な選択肢が広がりました。
 大学1年時に、総合旅程管理者の資格を取得し、ツアーをいかに楽しく進め、
 お客様に喜んで帰ってもらえることの満足感を得ました。
 今は、旅行に関する知識を増やし、自分の足で観光場所がどのような所かを見に行っています。
 大学では、留学だけでなく、サークルや授業、先生や友人から多くのことを学ぶことができます。
 視野が広がるはずです。

★名古屋外国語大学では、7月26日(日)10:30〜16:00 オープンキャンパスを開催。
 白井奈津もMCで参加。この日は、ZIP-FMの公開生放送(RADIO ORBIT)も行われます!

今日は、名古屋外国語大学 現代国際学部 国際教養学科3年・佐藤志保さんにお話を伺いました。


今回の放送を聴き逃したというアナタ!もっと詳しく聴きたいというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 0:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪
全39ページ [前のページ]   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39