CAMPUS INVITATION 【8月30日放送分】


名古屋外国語大学 現代英語学科4年 久保諒介(クボ リョウスケ)くん

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!


今夜登場してくれたのは・・
名古屋外国語大学 現代英語学科4年 久保諒介(クボ リョウスケ)くん!!



久保くんは・・
学校のイベント関係を計画・運営したりする組織「学生会」で会長をしています!
(中学・高校でいう「生徒会」)


学生会のメンバーとして、 久保くんが一番思い出に残っているのは・・・
「ペットボトルのキャップを集めて、ワクチンに変えよう!」という活動。
去年の合同祭あたりにやって、12000個のキャップが集まったそうです。
ちなみに・・キャップ800個で、1人分のワクチンになるとか。(現在も引き続き活動中)


学生会に入って、また、会長をつとめて・・・
「やっぱり、責任感が強くなった!」と、力強く語ってくれました。


そんな久保くん・・・
大学卒業後は、「英語を使って、海外などで仕事をしたい!」

聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【8月24日放送分】


名古屋学芸大学 映像メディア学科 教員 吉野まり子 先生 

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

第13回目となる、今夜は、映像メディア学科 教員 吉野まり子 先生 です!

●教員である吉野先生が思う・・・名古屋学芸大学の映像メディア学科の特徴を教えてください。

『表現をする!ということについて、失敗はない!逆に言えば、成功もない!だから、映像メディア学科では・・・(あくまで映像表現についてですが)授業の中で、たくさん失敗をさせる!失敗を歓迎しています。・・・というのも、クリエイターとして、一番辛いことは、自分の作品を、観る人から『これは何ですか?』『これはどういった理由で?』などの質問を受けた時・・・ちゃんと答えられなかった・・・とか、きちんと解説ができなかった時。クリエイターとして、自分の作品を、きちんと理論立てて、説明をしたりできなかった時が、一番辛い瞬間だと思います。それを経験すると、自ずと、自分で勉強していくので・・・名古屋学芸大学の映像メディア学科では、どんどん!そういった場面を作って、あえて、失敗を歓迎する!というのを実践している・・・というのが、名古屋学芸大学の映像メディア学科の特徴のひとつだと、思います。』

●吉野先生はどういった授業を担当されているんですか?

名古屋学芸大学の映像メディア学科では、入学した1年生に、まず
映像の基礎である・・・写真 / 映画・ビデオ / CG / サウンド の4分野を、1年生の必須科目として、全て教えちゃいます。私(吉野先生)は、特に・映画/ビデオ
を担当しています。1年生全員と接するので、日々、成長していく過程を、感じつつ、
1年生の・・・フレッシュで新しい感性に、こちらも刺激を受けながら、過ごしています。

● なんと吉野先生は、イギリスのBBCでドキュメンタリー番組制作などをされた経歴があるそうですが・・・

『BBCが制作したドキュメンタリー番組(イギリス・リバプールが奴隷貿易の港の拠点だったという内容)を観て、誰にもある隠したい部分にスポットを当て、観る人にも分かりやすく、かつ重厚長大な・・・こんなドキュメンタリー番組を作りたい!と思って、すぐに、イギリスに渡ったんです』

● それから、どういった経緯で名古屋学芸大学へ?

『実際に、イギリスで、思い描くドキュメンタリー番組を放送し、目標を達成したので、日本に帰国し、日本の若い人たちに、イギリスでの経験を伝えたり、海外留学とか、海外でドキュメンタリー番組を作る若い世代が、もっと増えたらいいなぁ〜・・・と考えていたときに、自分が作ったドキュメンタリー番組を名古屋学芸大学の先生がご覧になられて、『テレビのゼミの担当者を探しているんですが・・・』と話を頂いたのが、きっかけです』

●今・・・進路に迷っている人(高校生)に、ぜひ、ひと言、アドバイスを!

ぜひ、映像に興味があるなら・・・
失敗を歓迎する!というのを実践している・・・名古屋学芸大学の映像メディア学科を
一度、見て欲しいんですが・・・ぜひ!自分でチャンスを作って!自分でチャンスをつかんで欲しいです。チャンスの大きさは、人それぞれ、大なり小なり違うし、
掴んでみても、すぐには、わからないかもしれない。だた、後々、つかんだチャンスを実感するときがくるから・・・ぜひ!『自分でチャンスを作る!』ということを、実践してほしいと思います。


番組スタッフも・・・吉野先生 の 授業 を 受けてみたくなりました(笑)
とても 熱い 映像メディア学科 教員  吉野まり子 先生でした。



聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!


by スタッフ | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【8月23日放送分】


名古屋外国語大学 英米語学科4年  速水隆幸(ハヤミズタカユキ)くん

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!


今夜登場してくれたのは・・
名古屋外国語大学 英米語学科4年の速水隆幸(ハヤミズタカユキ)くん!!


これまで受けてきた いろんな授業の中で、一番好きな授業は・・・「英会話」!
友達やネイティブの先生と、英語で楽しく会話するのが楽しいとの事。

「これは名古屋外大でしかない!」という授業は、「パワーアップチュートリアル」!

1、2年生の時に少人数で行う英会話の授業で、
1年⇒学生3人につき、ネイティブの先生1人
2年⇒学生6人につき、ネイティブの先生1人

最新のニュースなどについて、みんなで話をする授業なんだそうです。


そんな速水くん、アメリカへの留学経験があるそうですが・・
「留学して変わった事は?」という質問に対して、
「人との付き合い方の中で、相手の事を分かってあげようとする気持ちが強くなった!」と。

(勝手な思い込みかもしれませんが・・)
日本人は、すぐ人を嫌うしすぐ人の悪口を言う。
でも、アメリカの人は、自分とは、考え方とかが違う人がいても・・
その人はその人で、それは、その人のイイところだから・・いいんじゃない?って。


速水くんは、吹奏楽団に所属!
部員は、50人ぐらいで、週に2回練習。
ちなみに、速水くんの担当は「サックス」!


速水くんは、オープンキャンパスのスタッフもやっています!
今度のオープンキャンパスは、8月29日(日)10:30〜17:00
地下鉄 鶴舞線「赤池駅」&地下鉄 東山線「上社駅」から大学直通バスが無料で出ています!


模擬授業、クラブ発表、入試対策講座、英語の学習法講座などなど・・・
いろいろイベントがあるようですが、速水くんのオススメは「学科相談コーナー」

受験を控えている高校生や、その保護者様などに来て頂いて、
学科の特徴や、授業の内容、学科のビジョンなどを、探り出してもらえるようなコーナーなんだそうです。

※速水くんは、「留学説明会」で留学中の体験談を話すとか!


そんな速水くんの夢は・・・「世界中の人々と触れ合う!」

聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【8月17日放送分】


名古屋学芸大学 デザイン学科 1年生 伊藤明菜(イトウ アンナ) さん です!
****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

第 12 回目となる、今夜は・・・
デザイン学科 1年生 伊藤明菜(イトウ アンナ) さん  です!

●今、1年生では、どんなことを勉強しているんですか?

大きく・・・平面(絵を描いたり)と立体(立体的なモノを作ったり)を勉強しています。
絵の具をムラなく塗ったり、色彩学(カラーコーディネートなど)を学んだり・・・
真っ直ぐ線を引いたり、基礎的な技術を、どんどん練習しています!
それらを、家に帰っての、課題にもなるので、本当に忙しいんです!

●実際に、授業で使っているノートや教材を持ってきてもらいました!

東山動物園でスケッチしてきた動物を、発砲スチロールで、立体におこしていく・・・
そんな授業の内容を教えてくれました。

●大学に入って、『自分の中で 変化した点』 って、ありますか?

普段から・・・ポスターなど、集中して注意深く、見るようになった。

●今後、チェレンジしたいことを・・・教えて下さい!

作品のコンセプトなど、きちんと説明できるように、プレゼンテーションがうまくできるようになりたいです!

元々、高校は普通科で、バレー部に所属していた伊藤さん。
本当に、楽しそうにお話ししてくれました!
伊藤明菜さん!ありがとうございました!





聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by スタッフ | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【8月16日放送分】


名古屋外国語大学  学生課職員  榎隆浩(えのき・たかひろ)さん

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

今夜は、名古屋外国語大学 の 学生課職員をされている 榎隆浩(えのき・たかひろ)さん

● 学生課は、どんな役割を担っているんでしょう?

学生が大学での生活を送る上で必要なこと・・・学生証の発行とか、困ったこととか、
課外活動をするときに手助けをする・・・そういった部署です!

● そんな中で、榎さんの役割は?具体的に、どんな事をされているんですか?

クラブ活動や学園祭の手助けをはじめ、就職に直結する・・業界研究グループというのが、
クラブ以外にあって、そちらも担当しています。

●学生と接する上で(向き合う中で)、何か大切にされている事はありますか?

どんな学生が来ても、平等に(笑)。常に同じ態度で接することができるように、心掛けています。
我々、学生課で解決できないことは、『学生相談室』と協力して、サポートしています。

●個人的に、「さらに名古屋外国語大学をこうしていきたい!」
 という部分はありますか?

すごくクラブ活動などが盛んなので、もっともっと、大きな舞台で活躍して欲しい!


●大学進学を考えている全てのみなさんに、ぜひメッセージを!

ぜひ!色々な大学のオープンキャンパスに足を運んで、実際に、大学を見て欲しいと思います。
他の大学を見てもらえれば、名古屋外国語大学の良さを理解していただけると思うので・・・。


もの静かな、頼れる 学生課職員  榎隆浩(えのき・たかひろ)さん でした!

聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!



by スタッフ | TIME 22:30|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【8月10日放送分】


名古屋学芸大学 ファッション造形学科 助教 水嶋丸美(ミズシマ マルミ) さん  です!
****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

第 11 回目となる、今夜は・・・
名古屋学芸大学 ファッション造形学科 助教 水嶋丸美(ミズシマ マルミ) さん です!

水嶋先生が受け持っている授業は、1年生の造形演習!
色んな作品(洋服)を作るという授業を行っています。

具体的には、どんなことをしているのか・・・というと・・・
1年生なので、基礎を学ぶ授業で、ベーシックなアイテムの・・・
型を取って、自分でデザインして、布を自分で選んで、製造する・・・そんな授業です。

とはいっても・・・一人ひとり、得意・不得意があったり、
洋服づくりを家庭科くらいでしかやったことが無い・・・など、
入学する前から・・・ある程度、“服を作る”というスキルは、必要なのでは?
という問いに対して、水嶋先生は・・・

『何も必要ありません!むしろ、ゼロのまま、真っ白な状態でも大丈夫です!
名古屋学芸大学では、“高校で縫い物などをしていない生徒”を想定して受け入れています。何もできなくても、針の持ち方や、ミシンの使い方、場合によっては、ハサミの持ち方、布の裁断の仕方など・・・丁寧に教えます。何も心配せず、入学してください!』
とキッパリ、力強い御言葉!

デザインなど、芸術の世界は、行き詰ることもたくさんあると思うんですが・・・
今、まさに1年生の学生さんは、どんな様子ですか?

『まさに今、入学してから、ひとつの作品を完成させてばかりなので・・・
“このまま、続けていけるのか・・・”など、今、まさに壁に当たっていると思います』

では、最後に・・・
今、大学の進路で悩んでいる生徒がたくさんいると思います!
とくにファッションというと、好きだけどやってゆけるかな?と不安に感じて踏み
込みたいけど躊躇してしまう子も少なくない、と思います。
ぜひ、ファッションに興味があって進路に悩んでいる高校生にアドバイスを!

『今、好きなモノを大事に!今、感じること、見えるモノを大事して、もっとのめり込んでおいてください。それがきっと、将来、自分の感性として、花開くときがくるはずです』

お話をお聞きしていて、学生との距離が近い、お姉さん的な存在の・・・水嶋先生。

緊張していたのか・・・本当は・・・もっと、明るい先生なんだそうです(笑)

ぜひ、洋服作りに興味がある!という方・・・名古屋学芸大学で、水嶋先生と一緒に、
基礎からスタートさせてみませんか?





聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by スタッフ | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【8月9日放送分】


名古屋外国語大学 現代国際学部教員  宮川 公平(ミヤガワ コウヘイ)先生

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!


今夜登場してくれたのは・・
名古屋外国語大学 現代国際学部で教員をされている宮川 公平(ミヤガワ コウヘイ)先生!


英語プラスαで、社会人になった時に必要な知識を勉強するという現代国際学部。
宮川先生のご担当は、ボランティア関係の事を教えているという事です。


授業をする上で・・
学生とコミュニケーションを取る上で大切にされている事は・・・「関係性」


宮川先生から見た、外大生のイメージは・・・「凄く活発」!
特に、部活動が盛ん!!
部活動を通し、自分をどう表現するか?みんな、夜遅くまで残ってがんばっている!!


名古屋外国語大学への入学を少しでも考えている人たちにメッセージを!!
「言語プラスαの事を身に付けて、国際社会に羽ばたいて欲しい!!」


宮川先生の展望は?
「一歩を踏み出せる学生を創っていきたい!」


聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【8月3日放送分】


名古屋学芸大学 子どもケア学科 3年生 吉田弥生(ヨシダ ヤヨイ)さん 

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

第10回目となる、今夜は、
名古屋学芸大学 子どもケア学科 3年生 吉田弥生(ヨシダ ヤヨイ)さん です

養護教諭(保健室の先生)を目指している吉田さん。

去年までは、健康診断の進め方とか、看護の実技などを学んでいたんですが、
現在は、先生の立場として、生徒指導のやり方とか、心に悩みを抱えている生徒に
健康相談活動という心についての勉強もしています。

そんな吉田さん!最近・・・教育実習を経験してきた!ということなんですが・・・

実際の救急処置をしなければいけないケガが発生したけど、落ち着いて対応できなかったり、
子供を叱る(しかる)ことが出来なかったり(養護教諭としての“叱り方”があるということも感じた)
実際に教育実習を経て・・・努力しないといけない、自分の足りない点を感じたそうです。

そんな吉田さんに聞きたかったのは・・・素朴な質問!

保険室の先生って一日・・・どんな仕事をしてるの?

健康観察板(それぞれの学級の健康状態をチェックするためのシート)・・・で、
『このクラスは胃腸風邪が流行っているな・・・』とか
『昨日、体調が悪いと言っていた・・・あの子が・・・今日は休んでいるな・・・』など
全ての生徒の健康状態を把握するために、そういったデータを整理していたり、
健康診断などのデータをまとめたり・・・色々、忙しいのです!

そういった教育実習を経験し・・・大学での授業の受け方も変わった、という吉田さん。
『この授業は、具体的に、どの仕事に役に立つのか・・・』などを考えるようになったそうです。

こんな一生懸命な保健室の先生・・・学校にいたら・・・素敵ですよね!

吉田さん!頑張ってください!

聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by スタッフ | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学

CAMPUS INVITATION 【8月2日放送分】


名古屋外国語大学 日本語学科 3年生 野中 杏奈(ノナカ アンナ)さん

****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!


今夜登場してくれたのは・・
名古屋外国語大学 日本語学科 3年生 野中 杏奈(ノナカ アンナ)さん!


野中さんは、名古屋外国語大学内にある・・
「マスコミ業界研究グループ」というものに所属!

「マスコミ業界研究グループ」⇒出版部門と放送部門の2つがある

出版部門・・学内新聞の制作など
放送部門・・イベントの司会、ラジオの制作など


※野中さんが入っているのは「放送部門」


普段の活動としては、
ニュースの原稿を読んだり、アナウンサーになるための勉強をしている!との事。


「マスコミ業界研究グループ」が主催する「ベストアナウンサーコンテスト」が、
10/31の合同祭で開催!(去年からスタート)


↑共通課題のニュース原稿と、自分が作成したニュース原稿を制限時間内に読み、
アナウンサーとしての技術を先生に評価してもらうというものだそうです。



将来は、アナウンサーになりたい!という野中さん・・・
いつか・・・ZIP-FMでも!!??


聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by STAFF | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋外国語大学♪

CAMPUS INVITATION 【7月27日放送分】


名古屋学芸大学 管理栄養学科長  田村 明 (タムラ アキラ) 教授
名古屋学芸大学 管理栄養学科 4年生 東 由莉(ヒガシ・ユリ)さん
名古屋学芸大学 管理栄養学科 2年生 鳥居 怜菜(トリイ・レナ)さん
****************************************************

大学生活に迫るコーナー『CAMPUS INVITATION』!

◆毎週月曜日は・・・
 「名古屋外国語大学」の在学生や大学関係者の方

◆毎週火曜日は・・・
 「名古屋学芸大学」の在学生や大学関係者の方

それぞれご登場いただいて、大学生活に迫っていきます!

第9回目となる、今夜は、
名古屋学芸大学 管理栄養学科長  田村 明 (タムラ アキラ) 教授
管理栄養学科 4年生 東 由莉(ヒガシ・ユリ)さん
管理栄養学科 2年生 鳥居 怜菜(トリイ・レナ)さん!

今夜は、管理栄養学科で取り組んでいる、『エイジミキシング』について、お聞きしました!

『エイジミキシング』とは・・・
授業で教えたことが、どの程度、知識として定着するか・・・を数値で表したモノを、
『知識の定着率』と呼ぶそうですが、あれこれ、工夫しながら、授業をしても、学生の頭に知識として残る割合・・・つまり『知識の定着率』は、なんと、5%だそうです。

・・・ですが・・・そんな『知識の定着率』が90%の方法がある!

それは・・・人に教える!ということ。

人に教えるには、自分が100%理解していないと出来ないし、教えた内容の定着率が高いのは、なんとなく、頷けますよね!

それを、うまく利用したのが、エイジミキシングなんです。

つまり、上級生が下級生に、色々アドバイスをすることによって、上級生の『知識の定着率』がアップする!ということ。

具体的に、名古屋学芸大学 管理栄養学科では、
3年生と1年生、4年生と2年生をペアになり、上級生2名に、下級生3〜4名で、
チームを作ります。

そこで、下級生が、知りたい事や不安な事・・・
入学まもない時期で、いかにして学生生活を送るか!とか、
あるいは、高校とは違う授業運営にどのように対処したらいいのか・・・など
授業で理解できないところを質問し、それを上級生が責任を持って調べ、下級生に答える・・・

これが、エイジミキシング の 仕組みです。

そんな実際に、エイジミキシング を 体感しているお二人!
管理栄養学科4年生 東 由莉(ヒガシ・ユリ)さん
管理栄養学科2年生 鳥居 怜菜(トリイ・レナ)さんにも、お話を伺いました!

実際には、ランチを食べながら、色んなお話をしているそうで、最近の話題は・・・
2年生の鳥居さんが、まもなく、オーストラリアに研修に出かけるので、
4年生の東さんが、オーストラリアに留学経験があるので、そういった海外での研修についての話を聞いたりしているそうです。

名古屋学芸大学 管理栄養学科では、
オーストラリアとアメリカに、それぞれ3週間の研修に出かけます。

カリフォルニア大学デービス校での管理栄養士研修と名づけられていますが、
UC-Davisの教員やアメリカ登録栄養士(Registerd Dietitian,RD)による講義がびっしり。
アメリカでは、『管理栄養士』と『医師』が、対等の立場で、話せるほど、レベルが高く、
だからこそ、少しでも、世界トップレベルの管理栄養士の世界を垣間見ることができるのは、とても貴重ですよね。

名古屋学芸大学 管理栄養学科長 田村 明 教授・・・曰く・・・
昨年、22名の学生が研修に出掛け、世界トップレベルの管理栄養士の世界を、少しでも肌で感じた学生の顔つきは・・・明らかに、変化してしていたそうで、今年も7月31日に研修に出かける生徒の“変化” が楽しみなんだそうです。

今夜は、管理栄養学科が取り組んでいる『エイジミキシング』についてのお話でした!


聴き逃したというアナタ!
↓↓コチラのYou Tube「ZIP-FM CHANNEL」で聴けちゃいます!!!

こちらから!

by スタッフ | TIME 22:40|コメント(0)|カテゴリー:名古屋学芸大学
全40ページ [前のページ]   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40