全1ページ 1
5月29日放送分
2017 05.29 Mon

◆食の文化誌「あじくりげ」展◆

「あじくりげ」は、戦後の復興が進む昭和31年に名古屋タイムズ社から創刊された、
「食」をテーマに、あらゆる視点で書かれた文芸冊子です。

創刊号には、江戸川乱歩や尾崎士郎などの名が並び、
以降、文学界はもとより、各界で活躍する人たちが、エッセイを寄せ、
東海地方の食文化を発信し続けてきましたが、
惜しくも2016年5月号(通算693号)を以て終刊しました。

この度、その貴重な文学資料となる、創刊当時から終刊までの大半の冊子が、
資料と共に、文化のみち二葉館へ寄贈されました。
今回の展示では、その寄贈資料をもとに「あじくりげ」について紹介します。

開催期間は、5月24日(水)から6月21日(水)
開館時間は、午前10時から午後5時まで。(月曜休館)
会場は、文化のみち二葉館 2階展示室
入場は無料、但し中学生以下を除き入館料一般200円が必要となります。

また、6月4日(日)には、トークイベント『「あじくりげ」を語る』を開催します。
名古屋ボストン美術館館長・俳人の馬場駿吉さん、
東海学園大学特任教授の安田文吉さんを迎えて、
中部ペンクラブ会長の三田村博史さんを司会に、
連載など執筆背景を中心に「あじくりげ」との関わりや思い出について語ります。

詳しくは、文化のみち二葉館
電話 052-936-3836 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.futabakan.jp/event/20170524-0621.html 】



◆第59回 水道週間行事 なごや水フェスタ◆

名古屋市上下水道局からのお知らせです。

6月4日(日)、千種区の鍋屋上野浄水場で
“ 第59回 水道週間行事 なごや水フェスタ ”が開催されます。

普段は入ることのできない浄水場の施設見学ツアーや、
大正3年に完成した、“ 旧第一ポンプ所 ”の内部公開など、
水にまつわる楽しいイベントが盛りだくさんです。

木曽三川マルシェでは、名古屋の水源、木曽三川流域の自治体や団体が多数出展。
水源地域から下流域まで、それぞれの風土によって異なる特産品やおいしい味覚の販売、
観光情報の発信、木工体験など、木曽三川流域の魅力を一度に楽しめます。

さらに、名古屋おもてなし武将隊もやってきますよ。

私たちの生活に欠かせない“ 水 ”について、
家族みんなで、楽しみながら学んでみませんか?

“ 第59回 水道週間行事 なごや水フェスタ ”は、
6月4日(日)午前10時から午後3時まで、鍋屋上野浄水場で開催。
入場は、無料です。

詳しくは、名古屋市上下水道局 広報サービス課
電話 052-972-3608 までお問い合わせください。

【 URL→ http://www.water.city.nagoya.jp/category/event/13861.html 】



NAGOYA CITY HAPPY LIFE NAGOYA!!
今日のHAPPYは、碧南市 にお住まいの みほ さんから頂きました。

「先日クラブクアトロで、ビッケブランカのライブに行きました!
隣の男の子がまさかのジッピーで!
しかも『ももタオル当たったんですよ〜』ってお喋りしていたら
ピーチーの皆さんがいらっしゃってて…!
ライブも楽しかったし、終わってからその方とカラオケ行っちゃったし!
本当にこんな事あるんですね、物凄く充実した日でした!」

このように、みなさんからも、名古屋市のハッピースポット情報を大募集しています。
応募は、番組のウェブサイト【 ENTRY 】から お待ちしています!



◆フードドライブ◆

中区にあります環境学習センター(エコパルなごや)で、
フードドライブを毎月開催しています。

このフードドライブとは、家庭で消費しない食品をお持ちいただき、
その食品はセカンドハーベスト名古屋を通じて、
地域の福祉団体や施設、生活に困っている人などに届けます。

いただいた詰め合わせを消費できない…
自分の口に合わないけれど、もったいなくて捨てられない…
そんな家庭にある消費しない食品をお持ちください。

毎月8日から14日まで、午前9時30分から午後5時まで。
来月は、6月8日(木)から11日(日)、13日(火)、14日(水)に開催予定です。

アクセスは、地下鉄伏見駅「6番出口」から徒歩5分。
詳しくは、名古屋市環境局資源化推進室
電話052-972-2390 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http:// www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000085351.html 】



by スタッフ | TIME 14:26|コメント(0)|カテゴリー:-

5月22日放送分
2017 05.22 Mon

◆衣類・布類回収キャンペーン◆

名古屋市では、平成29年5月26日(金)〜5月31日(水)まで
「衣類・布類回収キャンペーン」を実施します。

出せるものは、衣類は何でもOK。
布類は、タオル・カーテン・ハンカチ・タオルケット・毛布など。
資源用指定袋などの透明か半透明の袋に入れて、
ホームセンターなど市内28店舗のサービスカウンターへお持ちください。
お住まいの区にかかわらず、どの区の店舗もご利用いただけます。

また、布団・座布団・枕・クッション・など「わた」が詰めてあるものや
カーペット・マット類・電気毛布などは出せませんので、ご注意ください。

「衣類・布類回収キャンペーン」の回収場所など詳しくは、
名古屋市のウェブサイトから『古着』と検索していただくか、名古屋おしえてダイヤル
電話 052-953-7584 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067201.html 】



◆名古屋都市センター主催
「地域の“まちづくりびと”養成講座 入門編 〜まちヘイッポふみだそう〜」◆

将来の“まち”をつくっていくのは、ほかでもない私たち自身。
より快適で住みやすい“まち”をつくるために、
私たちの“まち”のことを、もっと知ってみませんか?

「地域の“まちづくりびと”養成講座 入門編」では、
講義やグループワークなどを通じて、“まちづくり”の楽しさや、その基礎的な手法を学びます。
講座には、“まちづくり”に関わったことがない方向けの、全4回のコースと、
“まちづくり”に関わったことがある方や、
これまでに本講座を受講したことがある方向けの、全2回のコースがあります。

対象は、市内に在住、在勤、在学の方、
もしくは、市内での“まちづくり”活動に興味をお持ちの方で、
かつ、選択したコースの全日程に出席できる方です。

日程や受講料、申し込み方法など詳しくは、名古屋都市センター 調査課
電話 052-678-2214 までお問い合わせください。

【 URL→ http://www.nup.or.jp/nui/ 】



NAGOYA CITY HAPPY LIFE NAGOYA!!
今日のHAPPYは、天白区 にお住まいの ケンスケ さんから頂きました。

「家族揃って初めてナゴヤドームに行って野球を見ました。
小学2年生の次男は、すっかりハマって、野球クラブに入ることになりました。」

このように、みなさんからも、名古屋市のハッピースポット情報を大募集しています。
応募は、番組のウェブサイト【 ENTRY 】から お待ちしています!



◆自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例◆

自転車は、手軽で便利な乗り物であり、
子どもから高齢者まで多くの方に利用されていますが、
一方で、交通ルールを守らない自転車利用者も多く、社会的に問題になっています。

そのため、名古屋市では、自転車の交通事故の減少を図るとともに、
自転車事故による被害者保護を図るため、
自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を制定しました。

条例の主なポイントとしては、交通安全教育の充実、
自転車損害賠償保険等の加入義務化、65歳以上の方のヘルメット着用、
以上3点になります。

近年、自転車事故で相手方を死傷させた場合に、
高額の損害賠償を命じる判決が相次いでいます。
被害者の保護を図るため、
損害賠償責任を負ったときの経済的負担の軽減を図るためにも、
自転車損害賠償保険等に加入しましょう。

詳しくは、名古屋市市民経済局地域安全推進課
電話052-972-3040 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/2-2-3-9-0-0-0-0-0-0.html 】



by スタッフ | TIME 12:57|コメント(0)|カテゴリー:-

5月15日放送分
2017 05.15 Mon

◆堀川フラワーフェスティバル2017◆

今年で11回目を迎える「堀川フラワーフェスティバル2017」は、
「堀川に 花と灯りで にぎわいを」をメインテーマに、
そして、「てらせ 水辺のまちと 未来を」をサブテーマに イベントを開催致します。

会場には、400人の市民により作られた ハンギングバスケットが飾られ、
納屋橋においで頂くだけでも、レトロな納屋橋の雰囲気と堀川の水辺で異国情緒を味わって頂けます。

イベント期間中の土日には、花で囲まれた納屋橋周辺でのゴンドラ乗船や、
堀川クルーズ&ガイドを実施するなど、
堀川で気軽に船に乗っていただける企画も用意しています。

また、市内500人の中学生による大合唱をはじめとする「市民onステージ」や、
素焼きの陶器に絵付けをし、瀬戸で焼いていただいた後、ご自宅にお届けする「楽焼」コーナーもあります。
さらに、納屋橋界隈でお得にご飲食やお買い物ができる「納屋橋クーポン」もあります。

詳しくは、名古屋市 緑政土木局 河川部 河川計画課 企画調査係 
電話 052-972-2892 までお問い合わせください。
また、「堀川フラワーフェスティバル2017」の公式ウェブサイトもご覧下さい。

【 URL→ http://www.flower-festival.com/horikawa/2017/ 】



◆青年選挙ボランティア 登録メンバー募集◆

主に10代や20代の方々に、選挙や政治について関心を持ったり、
知識を深めたりして頂くためのイベントや講座などを企画・運営するボランティアを募集します。
毎月2回、平日の夜間、午後6時30分から、2時間ほどの企画会議を行う予定です。
自分たちの未来を、同世代の仲間と一緒に作ってみませんか?

参加資格は、名古屋市内在住・在学・在勤の高校生から25歳程度までの方です。
応募方法など詳しくは、名古屋市 選挙管理委員会事務局
電話 052-972-3316 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.city.nagoya.jp/senkyokanri/page/0000010013.html 】



NAGOYA CITY HAPPY LIFE NAGOYA!!
今日のHAPPYは、彦根市 にお住まいの なつ さんから頂きました。

「名古屋で観光したくて、でもどこに行ったら分からないので、メーグルに乗りました。
市内のいろんなところを回るんで、すごく便利だと思いました。」

このように、みなさんからも、名古屋市のハッピースポット情報を大募集しています。
応募は、番組のウェブサイト【 ENTRY 】から お待ちしています!



◆「名古屋市 消費生活調査員募集◆

現在、名古屋市では、消費生活調査員を募集しています。
任期は、今年の7月から、来年の3月末までで、
消費生活に関するアンケートへご回答いただくのが、主な活動となります。
アンケート調査は、4回程度を予定していますが、臨時調査などにもご協力いただく場合があります。

お申込みいただけるのは、名古屋市内に在住、または在勤、在学の18歳以上の方で、
かつ、電子メール、または、FAXでアンケートへご回答いただける方です。
募集人数は100名で、申し込みが定員を超えた場合は、抽選を行います。

電子メールでのご回答を希望される方は、名古屋市電子申請サービスからお申し込みください。

FAXでのご回答を希望される方は、
区役所や、図書館、消費生活センターなどで配布されている申込書をFAXでお送りください。
申込書は、名古屋市の公式ウェブサイトからダウンロードすることもできます。
お申込みの期限は、5月25日(木)となります。

詳しくは、名古屋市 市民経済局 消費流通課 消費生活係
電話 052-972-2437 までお問い合わせください。

【 URL→http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000092667.html 】



by スタッフ | TIME 14:36|コメント(0)|カテゴリー:-

5月8日放送分
2017 05.08 Mon

◆路上禁煙地区◆

人が集まる場所での喫煙は、周りの人をやけどさせたり、
衣服などを焦がしてしまうことがあり、とても危険です。
そのため、名古屋市内では、路上でたばこを吸うことができない
「路上禁煙地区」が指定されています。

現在、「路上禁煙地区」は、市内に4か所あります。
栄の交差点を中心とした「栄地区」、
名古屋駅を中心とした「名古屋駅地区」、
金山総合駅を中心とした「金山地区」、
そして、藤が丘駅を中心とした「藤が丘地区」です。

禁煙地区の路上では、車道や歩道でも、また、立ち止まってでも、携帯灰皿を持ってでも、
たばこを吸ってはいけません。
これに反した場合、2,000円の過料をお支払いいただくことになります。
火のついたたばこを持つこともできませんので、ご注意ください。

なお、名古屋市では、「路上禁煙地区」以外の場所でも、公共の場所での歩きたばこをしないよう、
また、吸い殻入れを携帯するよう、努力義務が課せられています。
みなさんが安心して快適に過ごせるまちになるよう、喫煙マナーの遵守にご協力をお願いします。

詳しくは、環境局作業課
電話 052-972-2385 までお問い合わせください。

【 URL→ http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/2-4-2-0-0-0-0-0-0-0.html 】



◆住宅用創エネルギー機器の設置費用の補助およびソーラーパワー診断マップ◆

地球温暖化防止のため、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指す名古屋市では、
住宅用太陽光発電設備や太陽熱利用設備、さらに家庭用燃料電池システムエネファームを、
市内の住宅に設置する方を対象に、設置費を補助する事業を行っています。

例えば、太陽光発電設備の場合、最大12万5千円の補助を受けることができます。
ただし、既存の住宅に設置する場合のみが対象となります。
新築と同時に設置する場合は補助金の対象となりませんのでご注意下さい。

さらに、これから太陽光発電設備などの設置をお考えの方にぜひご覧いただきたいのが
「ソーラーパワー診断マップ」です。
この「ソーラーパワー診断マップ」は、
推定発電量や推定節約額がスマートフォンやパソコンで簡単に分かり、
ご自宅が太陽光発電に適しているかどうかを診断できるウェブサイトです。
『ナゴヤネ』で検索してみてください。

太陽光発電設備だけでなく、太陽熱利用設備やエネファームも補助対象となります。
詳しくは、名古屋市の公式ウェブサイト、または、名古屋市環境局環境企画課
電話052-972-2696 までお問い合わせ下さい。

【URL→http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/7-7-24-1-0-0-0-0-0-0.html  】



NAGOYA CITY HAPPY LIFE NAGOYA!!
今日のHAPPYは、名東区 にお住まいの けいこ さんから頂きました。

「先日、家族みんなで大須商店街をブラブラしました。
わたしは古着、主人はパソコン、おばあちゃんは和風の小物…と、
それぞれ見たいお店があって、みんなで楽しめました。
子供は途中で買った唐揚げに夢中。かなり美味しかったみたいです。」

このように、みなさんからも、名古屋市のハッピースポット情報を大募集しています。
応募は、番組のウェブサイト【 ENTRY 】から お待ちしています!



◆名古屋市 建築協定連絡協議会 公開講座◆

「名古屋市 建築協定連絡協議会」では、
建築協定制度や建築基準法などに関して知識を深めるために、
大学や行政などから専門家を招いて、
「まちづくり」という広い視野を取り入れた「公開講座」を開催しています。

今回は、名古屋大学 減災連携研究センター長・教授 福和伸夫氏を迎えて、
「大震災に備え、見たくないものも見て、転ばぬ先の杖を」と題し、
被害が甚大と予想される南海トラフ地震に対し、
事前に備えることで被害を未然に防ぐための講演会を行います。

南海トラフ地震は、過去の地震を考えれば、
歴史が変わるような国難とも言える事態が想像されます。
そろそろ、過去のしがらみで目を瞑ってきたことも正面から見据え、
本気で災害軽減をする必要があります。「転ばぬ先の杖」を実践しませんか?

開催日時は、5月21日(日)午後2時から午後3時50分まで。
場所は、アイリス愛知2階 コスモスの間。参加費は、無料です。
申し込みされた方の中から、抽選で40名様にご参加いただけます。

申込方法など詳しくは、住宅都市局 建築指導部 建築指導課 市街地建築係
電話 052-972-2918 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-5-3-4-0-0-0-0.html  】



by スタッフ | TIME 14:44|コメント(0)|カテゴリー:-

5月1日放送分
2017 05.01 Mon

◆tonarino◆

歴史と文化が息づく名古屋城のとなり、豊かな緑が息づく名城公園のとなりに、
ちょっと不思議な名前の、新しい交流と創造の場「tonarino」が誕生しました。
ウッドデッキを基調に、
名城公園の新しいランドマークとしても期待される大きな階段「soraeno」が設置され、
階段を上った2階部分は、「hinatano」と呼ばれる開放的なテラスとなっており、
名古屋城を見ることもできます。
飲食・物販施設がある他、ヨガやランニングのワークショップ、親子のクッキング教室、
地元野菜のマルシェや収穫祭など、毎週さまざまなイベントが開催される予定です。

アクセスは、地下鉄名城線「名城公園駅」2番出口。大津通りを挟んですぐです。
詳しくは、「tonarino」のウェブサイト、「トナリノ」と検索してください。

【 URL→ http://tonarino-park.jp/ 】



◆ふるさとふれあいウォーキング“歩かまい稲武”◆

豊田市稲武にある「道の駅」どんぐりの里・どんぐり工房を起点に、
稲武の町並み、川沿いをおよそ7キロ歩くコースとなっています。
イベント会場となるどんぐり工房では、中馬弁当、からすみ、五平餅などの特産品の販売、
スタンプラリー抽選会を開催します。

開催日は、5月21日(日) 受付時間は、午前9時30分から午前11時まで。
会場受付にて、参加申込書と参加料1人500円を添えてお申し込み下さい。
イベント当日は、地下鉄東山線「本郷駅」より有料で送迎バスを運行いたします。
ただし、送迎バスを希望される方は、事前申し込みが必要となります。

詳しくは、名古屋市教育委員会事務局 生涯学習部 スポーツ振興課 市民スポーツ係
電話 052-972-3262 までお問い合わせ下さい。

【 URL→ http://www.city.toyota.aichi.jp/event/kenkoufukushi/1005622.html 】



NAGOYA CITY HAPPY LIFE NAGOYA!!
今日のHAPPYは、 名東区 にお住まいの 男性会社員の方 から頂きました。

“家族でレゴランドに行ってきました。
みのりさんが教えてくれた「ミニランド」、驚きました。
見る人観る人皆一様に感動の出来栄え!
レゴブロックで、ここまでリアルに町を再現できるなんて凄すぎます。
とにかくレゴランドというだけあって、レゴの芸術遊園地です。
ミニフィギュアがほしくなっちゃいました。可愛くて子供の頃想い出しちゃいます。”

このように、みなさんからも、名古屋市のハッピースポット情報を大募集しています。
応募は、番組のウェブサイト【 ENTRY 】から お待ちしています!



◆特別展「異郷のモダニズム−満洲写真全史−」◆

1905年(明治38年)のポーツマス条約によって、
満洲の東清鉄道の南部支線と炭礦の採掘権を獲得した日本は、1906年、南満洲鉄道株式会社を設立。
本格的な植民地経営に乗り出し、
その存在と意義を国民に伝えるため、視覚的な資料である写真を重視しました。
記録的な表現だった満洲の写真は、
1932年の「満洲国」建国前後から、より絵画的な表現で配信されるようになり、
その後、より洗練された「記号」へと変貌していきます。
しかし日本の敗戦とともに「満洲国」は崩壊、その写真表現の展開も途絶え、消滅します。
この特別展では、およそ四半世紀の間に展開した「満洲」の写真表現を、
貴重なヴィンテージ・プリントや多数の資料でたどり、
日本のモダニズムが到達した、その豊かさを紹介します。

特別展「異郷のモダニズム−満洲写真全史−」は、名古屋市美術館で開催中です。
会期中は、前期と後期で、一部の展示が替わります。

詳しくは、名古屋市美術館
電話 052-212-0001 までお問い合わせください。

【URL→ http://www.art-museum.city.nagoya.jp/manchoukuo 】



by スタッフ | TIME 14:11|コメント(0)|カテゴリー:-

全1ページ 1
名古屋市
INFORMATION
名古屋の情報をたっぷりご紹介します。
また、皆さんのHAPPYも大募集!名古屋からのHAPPYをお届けします。

カレンダー
前月 May 2017 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
3月26日放送分
3月19日放送分
3月12日放送分
3月5日放送分
2月26日放送分
2月19日放送分
2月13日放送分
2月5日放送分
1月29日放送分
1月22日放送分
バックナンバー
Mar 2018
Feb 2018
Jan 2018
Dec 2017
Nov 2017
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Feb 2016
Jan 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
Jul 2015
Jun 2015
May 2015
Apr 2015
カテゴリー
検 索
LINK