2016年6月3日金曜日 放送






管理栄養士で料理研究家の“鈴木あすな”さんによる
ニチレイ 「鉄板炒めビーフピラフ」 を使ったアレンジ料理、『簡単!ビビンバ』

《材料》2人分
・ニチレイ 鉄板炒めビーフピラフ 1袋
・ほうれん草 1/2袋
・もやし 1/2袋
・温泉卵 2個
・キムチ お好み
・すりごま 大さじ2
・醤油 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・にんにく(おろし) 少々

《作り方》
まずお鍋にお湯を沸かして、ほうれん草ともやしをさっとゆでます。
このとき、もやしを茹でたお鍋でそのままほうれん草を茹でると時短できます。
茹でたらザルにあげて冷水で冷まし、しっかりと水気を絞ります。
ほうれん草は3p幅にきっておきましょう。
ボウルにすりごま、醤油、ごま油、にんにくを入れて混ぜて、
先ほど茹でたもやしとほうれん草を加えて和えます。

ここからニチレイ 鉄板炒めビーフピラフを炒めていきます。
フライパンに油を引かずに冷凍のピラフを入れて3.4分炒めていきましょう。
火が通ったら表面を少しならして、そのまま少し焼いておこげを作ります。
その上に、もやしとほうれん草のナムルをのせて、真ん中にくぼみを作って温泉卵を割りいれます。
お好みでキムチを添えたら完成です!

《ポイント》
おこげを作るとさらに香ばしさがアップ!
焦げ付きやすいフライパンの場合はごま油を少し引きましょう。


by STAFF | TIME 15:09|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年5月27日 金曜日 放送






管理栄養士で料理研究家の“鈴木あすな”さんによる
ニチレイの「えびピラフ」を使ったアレンジ料理『簡単パエリア風』

●えびピラフ
『簡単パエリア風』
《材料》 3〜4人分
ニチレイ えびピラフ
あさり 100g
いか 100g
ミニトマト 8個
アスパラ 2本
白ワイン 大さじ2
にんにく 1片
オリーブオイル 小さじ1
塩、胡椒 各少々
レモンのくし切り 2つ

《作り方》
あさりは砂抜きをしておきましょう。
いかは5mm幅に輪切りにしておきます。
ミニトマトはヘタをとり、アスパラはななめ切りにします。
フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけます。
香りがたったら、冷凍ピラフ、イカを入れて炒めます。ピラフが温まり、イカにも火が通ったら、白ワイン、あさり、ミニトマト、アスパラ、塩胡椒を加え、蓋をして弱めの火で2〜3分加熱します。あさりがパカッと開いたら、蓋を取り、レモンのくし切りを添えたら完成です。

《ポイント》
底に少しおこげができるくらいが美味しいです。
フライパンはそのまま食卓に出せるものだと見た目もボリュームが出ておすすめです。


by STAFF | TIME 15:17|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年5月20日(金)放送






●選べるおかず ひじき煮
『ひじきと豆腐のふんわり鶏つくね』
《材料》2〜3人分
ニチレイ 選べるおかず ひじき煮 1/2パック
鶏ひき肉(もも) 200g
木綿豆腐 1/2丁(200g)
溶き卵 1/2個
出し汁 200ml
醤油、みりん、酢 各大さじ3
砂糖 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
水 大さじ1
油 小さじ1
塩 、胡椒 少々
青ネギ 適量

《作り方》
豆腐はキッチンペーパーに包み、耐熱皿にのせて、500wのレンジで5分加熱し、しっかり水切りをします。
ひじき煮は表記通りレンジで温めておきましょう。
ボウルに、鶏ひき肉と水気を切った豆腐、ひじき煮、溶き卵、塩、胡椒を加えて練り混ぜます。
少し柔らかい生地ですがこちらでタネは完成です。
次に甘酢タレの調味料を合わせていきます。
ボウルに出し汁、醤油、みりん、酢、砂糖を加え、混ぜておきましょう。
フライパンに油を熱し、小判型に形を整えながらつくねを焼いていきます。
両面に焼き色がついたら、合わせておいた調味料を一気に加えます。
中火にして、中に火がとおるまで煮ていきます。火が通ったら、片栗粉を水で溶いた水溶き片栗粉を加えて、タレにとろみがついたら完成です。お好みで小口切りにした青ネギを散らしてください。

《ポイント》
つくねを成型するときは、手を水で軽くぬらしてからやるとやりやすいです。
しっかり表面に焼き色をつけてから煮ることで外は香ばしく、なかはふっくらしっとりに仕上がります。



by STAFF | TIME 15:13|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年5月13日(金)放送






●新・レンジ生活クリームコロッケ
『クリームコロッケのロールパン』
《材料》4個分
ニチレイ新・レンジ生活クリームコロッケ2個
ロールパン 4個
キャベツ 100g
塩 少々
レモン果汁 大さじ1/2
<ドレッシング>
マヨネーズ 大さじ2
ケチャップ 大さじ1
玉ねぎ(みじん切り) 大さじ2
粉チーズ 大さじ1
酢 小さじ1

《作り方》
クリームコロッケはレンジで表記通り温めてからトースターで焼いてカリッとさせます。そして半分に切っておきましょう。キャベツは千切りにしてボウルに入れ、塩を加えてもみ込むように混ぜます。10分ほど置くとしんなりしてくるので、水気があれば絞り、レモン果汁で和えます。
ボウルにマヨネーズ、ケチャップ、玉ねぎ、粉チーズ、酢を混ぜあわせてドレッシングを作ります。
ロールパンに切り込みを入れて、キャベツとコロッケを挟み、ドレッシングをお好みの量かけたら完成です。

《ポイント》
このドレッシングはサラダにもピッタリなので、たくさん作っておくと冷蔵庫で1週間ほどもちます。



by スタッフ | TIME 15:14|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年5月6日 金曜日 放送


今週ご紹介したレシピ  


●本格焼おにぎり
『豚肉と根菜のライスバーガー』
《材料》2人分
ニチレイ 本格焼おにぎり 2つ
豚肉こま切れ 50g
ごぼう 80g
人参 1/3本(50g)
ごま油 小さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1
みりん 大さじ1
酒 大さじ2
いりごま 大さじ1
のり お好み

《作り方》
焼おにぎりは表記通り温めます。
厚みを半分に切ります。
(包丁を少しぬらすといい)
ごぼうと人参は千切りにしましょう。
調味料は合わせておきます。
フライパンにごま油を引いて豚肉を炒めていきます。半分くらい火が通ったら、ごぼうと人参も加えて炒め合わせ、そこに合わせた調味料を入れます。
少し汁気が残るくらいで火を消して、いりごまを加えて、混ぜます。
半分に切っておいた焼おにぎりに、炒めた具材をのせて、お好みでのり一緒に挟んだら、完成です。

《ポイント》
きんぴらがあまったらぜひライスバーガーにリメイクを!
のりを挟むとさらに美味しくなります。



by 森野 | TIME 15:16|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年4月29日 金曜日 放送






●いかリングフライ
『イカリングのトマトチーズ焼き』
《材料》2人分
ニチレイ いかリングフライ 1袋
<トマトソース>
トマト 1個
玉ねぎ 1/4個
にんにく 小さめ1片
塩 少々
ケチャップ 大さじ 1
ピザ用チーズ 適量

《作り方》
いかリングフライは表記通りレンジで温めておきましょう。
玉ねぎ、にんにくはみじん切り、トマトは湯むきして1pの角切りにします。
ここからトマトソースを作っていきます。小さい鍋にオリーブオイル、にんにくを加え弱火にかけます。
香りが出たら玉ねぎを加えます。玉ねぎが透明になったら、トマトを加えて5〜7分煮詰めて、塩で味を整えます。
耐熱皿にトマトソースを入れて、その上にイカリングを並べましょう。チーズをかけて、トースターで焼き色がつくまで焼いたら完成です!

《ポイント》
トマトの皮は包丁ではむきにくいので、熱を利用してむくのが簡単です。
「湯むき」はトマトを熱湯につけてむく方法で中央に浅く十文字で切り目を入れて熱湯につけると、その切り目の皮がむけてきます。湯から引き上げて冷水にとり、皮を手でむきます。。
または、トマトのへたのところにフォークを刺して直接ガスの火にかざしてもいいです。このレシピはトマトを1つしか使わないので、湯を沸かす時間が短縮できます。缶のトマトでもいいですが、生のトマトを使うとフレッシュさがあり、さっぱりといただけます。


by スタッフ | TIME 15:31|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年4月22日 金曜日 放送






『豆腐バーグのもやしあんかけ』
《材料》2人分
・ニチレイ お弁当にGood!&#174;鶏そぼろと豆腐のハンバーグ
・もやし 1/2袋
・ニラ 3本
・人参 1/3本
・醤油 大さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・みりん 小さじ1
・和風だし 1カップ
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2、水大さじ1)

《作り方》
まず、鶏そぼろと豆腐のハンバーグはレンジで表記通り温めます。
もやしは洗って水気を切り、ニラは3cm幅に切り、人参は千切りにしましょう。
フライパンに醤油、砂糖、みりん、和風だしを入れて火にかけます。人参を加え、煮立ったら、もやしとニラを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
器に、温めておいた豆腐のハンバーグをのせ、先ほど作った野菜たっぷりのあんかけをかければ完成です!

《ポイント》
ニラはほうれん草にしても食べやすいです。
水溶き片栗粉を入れるときは、少しずつ、フライパンをかき混ぜながら加えることで、かたまりになってしまうのを防げます。あんかけの調味料を合わせるのが大変な時は、めんつゆで代用してもいいです。


by スタッフ | TIME 15:27|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年4月15日金曜日 放送






管理栄養士で料理研究家の“鈴木あすな”さんによる
ニチレイの「若鶏たれづけ唐揚げ」を使ったアレンジ料理『チキントルティーヤ』


●若鶏たれづけ唐揚げ
『チキントルティーヤ』
《材料》2人分
・ニチレイ 若鶏たれづけ唐揚げ 3個
・サニーレタス 2枚(50g)
・トマト 1/2個
・きゅうり 5p
・マヨネーズ 大さじ1
・トルティーヤ(18p) 2枚

《作り方》
若鶏たれづけ唐揚げは表記通りレンジで温めて2p大に切りましょう。
レタスは小さ目になるように手でちぎり、水気を拭く。トマトは1p角、きゅうりは千切りにします。
トルティーヤをレンジで10秒ほど温めて、マヨネーズを塗ります。その上に、レタス、トマト、キュウリ、からあげをのせて、少しきつめに手前から具材を包むように巻きます。巻けたらラップで包み、1.2分休ませます。ラップごと半分に切れば、完成です!

《ポイント》
トルティーヤは温めてマヨネーズをすることで柔らかくなり、巻きやすく破れにくくなります。
ラップごと切ると断面がきれいに仕上がります。


by STAFF | TIME 15:10|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年4月8日金曜日 放送







管理栄養士で料理研究家の“鈴木あすな”さんによる
ニチレイの「ジャーマンポテトフライ」を使ったアレンジ料理『アスパラとベーコンのジャーマンポテト』


●ジャーマンポテトフライ
『アスパラとベーコンのジャーマンポテト』

《材料》2人分

・ニチレイ ジャーマンポテトフライ
・ベーコン(厚切り) 50g
・アスパラ 2本
・玉ねぎ 1/4個
・オリーブオイル 大さじ1/2
・塩 少々
・ブラックペッパー 少々
・粉チーズ 大さじ1〜



《作り方》

・ジャーマンポテトフライは表記通りレンジで温めて、トースターでカリッとするまで温めます。
・ベーコンは1cm幅に、玉ねぎを1cm幅のくし切りに、アスパラは斜めにスライスします。
・フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒めます。
ベーコンの表面がカリッとして焼き色がついてきたら、アスパラと玉ねぎも加えて炒め合わせます。
・玉ねぎがしんなりとしてきたら、温めておいたジャーマンポテトも加え、
塩とブラックペッパーで味をつけて、粉チーズをかければ完成です!



《ポイント》

ベーコンをじっくり焼くことで、うまみを油にうつしましょう。
アスパラや玉ねぎなど、旬の食材を使いましょう。旬の食材には栄養もたっぷり含まれています。




by STAFF | TIME 15:21|コメント(0)|カテゴリー:-

2016年4月1日 金曜 放送


管理栄養士で料理研究家の“鈴木あすな”さんによる
ニチレイの「お弁当にGood!お好み焼きフライ」を使ったアレンジ料理『ねぎ明太もちのお好み焼き』

《材料》2人分
・ニチレイお弁当にGood! お好み焼きフライ 4個
・明太子 1/2腹(15g)
・マヨネーズ 大さじ1
・薄切りの切り餅 4枚
・万能ねぎ 3本
・油 小さじ1

《作り方》
お好み焼きフライは表記通りレンジで温めます。
明太子は皮をとり、マヨネーズと混ぜ合わせておきましょう。
万能ねぎは小口切りにしておきます。
小さめのフライパンに油をひいて火にかけます。温かくなってきたら薄切り餅を並べます。
お餅がだんだんとやわらかくなり、溶けて全体がくっついてきたらヘラで少し押さえて、ひっくり返します。
そこに最初に作った明太子のソースを塗って、お好み焼きフライをのせます。火からおろして万能ねぎをたっぷりとかければ完成です。

《ポイント》
切り餅は包丁で切ってもいいので、フライパンに敷き詰めるようにいれましょう。
温かいまま食べたいのでフライパンごと食卓に出すのもオススメです。おつまみにもぴったりなレシピです。



管理栄養士で料理研究家の鈴木あすなさんによる“オリジナル”レシピ
『ねぎ明太もちのお好み焼き』

by 森野 | TIME 15:00|コメント(0)|カテゴリー:-
全23ページ [前のページ]   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23