全5ページ[前のページ] 1 2 3 4 5
1月8日【SAFE YOUR FUTURE】冬の防災対策
2013 01.08 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


さて、1月に入って1週間、まだまだ寒い日が続いていますよね。
暖房器具などが欠かせないこの季節。
「もし 今 大きな地震が起こって、停電になったら?」
そう考えたことはありますか?

今夜は、「マンションに住む」を考えるサイト「マンションラボ」を参考に
“暖房器具が使えない”というケースを想定して、
マンション室内での防寒対策を紹介していきます。

まず、その1「使い捨てカイロで動脈の部位を温める」
首・脇・太もも・腰といった動脈のある部位を
使い捨てカイロなどで温めると効果的です。

しかし、使い捨てカイロは直接肌につけないようにしてください。
低温やけどに注意が必要です。


その2「ふだんから発熱・保温機能のある衣類を利用する」
発熱と保温機能を兼ね備えたヒートテックなどの衣類を、
ふだんから着用しているといいでしょう。

アウトドアグッズショップにも機能的な防寒用衣類があるので、
「防災」の視点で探しみるのもオススメです。


その3 「キッチン用ビニールラップを直接肌に巻く」
カイロや防寒用衣類などがない場合には、
着衣の下の素肌に 直接キッチン用のビニールラップを巻き付けることで、
保温効果が期待できます。

新聞紙を体に巻くという方法も、よく聞きますね。


その4 「家にある あらゆる防寒具を活用する」
毛布などの寝具はもちろん、スキーウェアや 登山用ウェア、ダウンコート、寝袋など、
家にある防寒具を活用しましょう。
シーズンに数回しか使用しない防寒具でも、冬場の防災グッズとして活躍します。

また近年では、節電対策として さまざまな防寒用アイデア商品が販売されています。
これらも防災グッズとして利用しましょう。


その5 「しょうがや唐辛子入りの備蓄食品で、内から体をあたためる」
備蓄食品を選ぶ時には、体の内側からあたためてくれる
しょうが や 唐辛子入りの食品を選んでおくといいでしょう。
唐辛子 や しょうが入りのレトルト食品、キャンディ、お茶がオススメです。


いかがでしょうか? 身近なものこそ、災害時に重宝するものも多いですよね。
季節ごとに対策する注意点を確認して、
季節によって何が活用できるか、ぜひ家族で話し合ってみてください。



by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


1月1日【SAFE YOUR FUTURE】防災・減災 備Lガイド
2013 01.01 Tue

2011年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


さて、2013年がスタートして、
気持ち新たに 今年の目標をたてている方も多いでしょう。
新年のこのタイミングで、改めて「防災」についても考えてみませんか?

今日は、防災について学ぶことができる
「防災・減災 備Lガイド」をご紹介します。

「防災・減災 備Lガイド」とは、
災害に対する事前の備えと心構えについて解説した防災チェックガイドで、

● 家庭で備える3つのポイント
● 大きな地震が起こったら、どのような被害が考えられるのか
● 室内の家具の転倒を防止するには?
・・・など、各項目ごとに 細かく掲載されています。

この「防災・減災 備Lガイド」は、
愛知県防災局のホームページからダウンロードすることができます。



また、「防災・減災 備Lガイド」の配布は、
愛知県内各地のイベント会場、大型ショッピングモールなどに
派遣されるPRキャラバン隊「防災・減災備L隊」が、
その活用法について啓発をしながらおこなっています。

こちらのイベント情報も合わせて
愛知県防災局のホームページでチェックしてみてください。


防災パンフレットは、
「防災・減災 備Lガイド」以外にも、
様々な団体から配布されています。

ご家庭に1冊は 目につくところに置いておき、
定期的に読み返すようにしましょう。

普段からの心がけが、いざというときに役立つはずです。


「防災・減災 備Lガイド」について詳しくは愛知県防災局HPから!

by スタッフ | TIME 21:05|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


12月25日【SAFE YOUR FUTURE】家族の防災会議
2012 12.25 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

ぜひ、この冬休みを利用して 今一度 時間をつくり、
「家族の防災会議」、開いてみてはいかがでしょうか?

名古屋市のホームページには、
「家族の防災会議」のポイントについて 掲載されています。
こちらをチェックしていきましょう。

まず、1つ目は 【家の危険箇所のチェック】
過去の地震では、倒れてきた家具に押しつぶされたり、
割れたガラスでケガをしたというケースも少なくありません。
建物が無事でも 家具が転倒するとケガをしたり、
室内が散乱状態のため 火災からの避難が遅れてしまうなど、
被害が大きくなることも想定されます。

● 家の耐震状況の確認
● 家具などの配置や転倒・落下防止
● ガラスの飛散防止
● ブロック塀の転倒防止
・・・など、被害を未然に防げるよう、チェックしておきましょう。




2つ目は 【避難場所などの確認】
家族が離ればなれになった場合に落ち合う場所の確認、
避難場所や避難ルート、避難方法の確認 などと同時に、
避難場所周辺の地図を、家の分かりやすい所に置いておくといいでしょう。

3つ目は 【備蓄と非常時に持ち出す物の準備】
家族構成を考えて、必要な品を準備し、
食べ物は、保存状態や賞味期限などの確認もしておいてください。

非常用の持出品は、様々なサイトで紹介されています。
家族で相談して 必要な物を調達しておきましょう。


そして4つ目は 【家族間の連絡方法の確認】
災害時に、携帯電話が使えなかった場合、
家族の連絡先や居場所がわからなくなってしまう、そんな状況も考えられます。
家族が離ればなれになった場合の連絡方法や、
災害用伝言ダイヤルなどの利用方法などを、改めて確認しておきましょう。

災害時に有効な連絡手段としては、「災害用伝言ダイヤル171」
「災害用伝言板サービス」「災害用伝言板web171」
・・・などがあります。
「災害用伝言ダイヤル171」は、
毎月1日と15日、そして お正月の3が日に
体験利用することができますので、使い方に慣れておくといいでしょう。

さらに、今年話題になっているのが「家族手帳」。
これは、家族の予定を分けて記入・管理ができる手帳です。

手帳以外にも、家族で予定を共有しやすい「家族カレンダー」も
合わせて人気のようです。


お互いの予定を確認して、
「今、どこで、何をしているのか」
普段からできるかぎり知っておくことも、大切なことですよね。


ぜひ、色々な場面を想定して、
家族内の対策を立ててみてください。




by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


12月18日【SAFE YOUR FUTURE】新しい情報収集システム
2012 12.18 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。



先週このコーナーでは、「災害時の情報収集」について お話しましたが、
地震発生時や、台風などの災害時、
みなさんは どのように情報を得ていますか?
また、その情報は、新しく正確なものをチェックできているでしょうか?


ZIPエリアでもある岐阜県可児市では 今月、
被災情報を早く正確に分析するため、
スマートフォンを使った 情報収集システムが導入されました。

この情報収集システム、簡単に説明しますと・・・
写真や文字情報を 現場からネット通信で送り、
災害対策本部のパソコン画面に一覧表示します。
すると、衛星利用測位システム(GPS)で位置も表示され、
どこで何が起きているか把握しやすくなる、というものです。

可児市の災害対策本部は、2年前の豪雨で通報が殺到。
今回は2年前の反省から、情報管理が見直されました。

実際に災害が起きた時、現場とは、無線か携帯電話でやりとりをしますが、
通話はつながりにくくなる恐れがあるため、
災害時でも通信しやすいインターネットに注目して
可児市内の会社に開発を依頼。


あらかじめ パスワードと登録番号を付けたスマートフォンのみ送信可能で、
現場の職員が 行方不明や増水などの被害区分を選び、
被害レベルを五段階で評価。
要望も書き込めるようになっています。

今はまだ、屋内で撮影した写真の位置情報に
誤差が出るという課題が残っていますが、
製作した会社によると・・・
“震災でも携帯電話の基地局が機能していれば情報を送れるので、
事前に人員を出しておけば監視カメラの役目も果たせる“そう。


さらに今後 可児市は、地図と連動させた改良を依頼。
可児市の防災安全課は・・・
「情報分析の時間や手間を短縮し、
限りある人員を効果的に現場投入するのに役立つ」と話しています。



by スタッフ | TIME 21:05|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


12月11日【SAFE YOUR FUTURE】災害時の情報収集
2012 12.11 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。


今日は「災害時の情報収集」について!

地震発生時や、台風などの災害時、
みなさんは どのように情報を得ていますか?
地震が起きてから、ラジオやテレビをつける方、
携帯電話やスマートフォン、パソコンで検索する方も多いと思います。

今日は参考までに、愛知県においての災害時の情報発信についてご紹介しました。

まず1つ目は・・・
「愛知県 みずから守る防災情報 メールサービス」。

こちらは、大雨、洪水、土砂災害などの防災情報を
携帯電話・スマートフォンにメールでお知らせしてくれる
「登録型 防災情報メール」です。


メールの配信内容は、8つの中から選択することができます。

愛知県東部、西部で震度4以上が観測されたときに配信される
【地震情報】をはじめ・・・

■ 気象情報   ■洪水予報河川情報
■ 津波情報   ■水位周知河川情報
■ 雨量情報   ■土砂災害警戒情報
■ 水位情報            
・・・があります。

指定のメールアドレスに空メールを送信し、
お住まいの地域などを選択するだけで、無料で登録ができます。



そして、2つ目は・・・「愛知県防災局 防災情報ツイッター」。

「東海地震に関連する情報」が発表されたときを始め、
相当規模の災害が発生するおそれがあるときや
相当規模の災害が発生したときなどに、防災情報を発信するため、
愛知県では「愛知県防災局 防災情報ツイッター」を開設しています。

ユーザー名は「aichi_bousai」です。
災害時には、災害関連情報を提供するとともに、
普段から、愛知県の取組や 防災イベント情報を提供しています。

アカウントをお持ちの方で、
今、お手元に携帯電話やパソコンをお持ちの方は、
ぜひフォローしてみてください。



by スタッフ | TIME 20:43|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


12月4日【SAFE YOUR FUTURE】名古屋から考える被災地とメディア
2012 12.04 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今夜は、昨日 名古屋市中村区にある「フルーヴ カフェ」で開催された
愛知淑徳大学の学生が主催するイベント「名古屋から考える被災地とメディア」、
こちらのイベントに参加した学生達のインタビューをお届けしました。

被災地が抱える問題はいまだに山積みで、
「忘れないでほしい」「現状を伝えてほしい」という声があがっています。
しかし、遠く離れた地では、被災地の話題を見聞きする機会は徐々に
減っているのが現状です。

被災地から遠く離れた名古屋で、今後、
どのような支援活動の輪を広げていくことができるのか・・・
「名古屋から考える被災地とメディア」には、
ニュースサイト「ナタリー」の運営などで知られる
ジャーナリストの津田大介さんが ゲストとして参加。

イベント中は、ワークショップ形式で
参加者が 様々な「被災地支援」の案を出し合い、
遠く離れた土地でできる被災地支援について考えられました。

********************************************************************

主催者:愛知淑徳大学3年 森ゆうきさん
Q.今回のイベントのコンセプトは?
A.被災地に数回足を運んだが、名古屋ではなかなかイベントがないため。
ボクにも何かできないか・・・と思い、開催した。
Q.参加者の意見を聴いて、いかがでしたか?
A.被災地支援をしたいけど、一歩を踏み出せない、という方が多い。
開場で繋がった方が、全国へと繋がって行けばいいと思う。

参加者:愛知淑徳大学3年 乾なるみさん、加藤あいさん
Q.参加してみて、いかがでしたか?
A.被災地の実状を全然知らなかったけれど、必要とされているニーズが違うと思った。
残して行くべきものが多くあることを実感。
 自分から行動するのは難しくても、活動をしている人の支援をしていきたい。
 行動にうつして行きたい。

津田大介さん
Q.ワークショップで印象的だった意見は?
A.個人的に良いキャッチフレーズだと思ったのは「気にするプロジェクト」
被災地の方々を忘れない、常に着にして行くことは大事。
継続的に「あの人って、どうなったかな?」という想い・意識は大切だと思う。
そこから広がる発想はたくさんあると思う。

震災後、大学生が被災地に行く機会が増えた。
色々な行く手段もあるし、人生が変わったという人も多くいる。
いつ行っても新たな発見があるので、まずは自分の足で行ってみてほしい。
110代・20代の子こそ、
今 日本が向き合わなければいけない現実を知っておくのはとても大切です。




by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


11月27日【SAFE YOUR FUTURE】東海エリアの防災関連イベント
2012 11.27 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

今日は、東海エリアで開催される“防災”に関する催し物を
2つ 紹介しました。

まずは、静岡県。

静岡県では、12月の第1日曜日が「地域防災の日」に制定されています。

今年は12月2日(日)に、
およそ56万人が参加する「地域防災訓練」が 35市町で行われます。

今年で30回目を迎える 静岡県の「地域防災訓練」。
今回は、「駿河・南海トラフを震源域とする大地震で
県内が震度6弱以上の揺れと大津波に見舞われた」との想定で、
午前9時から 正午を中心に実施され、
午前9時には、携帯電話大手3社の緊急速報メールを送る「訓練配信」も
静岡県で初めて実施されます。


その他、静岡県内の各地では・・・
●避難所に間仕切りを設置するなど、女性の視点を取り入れる。
● 車椅子で要援護者の避難を支援。
● 発電機を使って、冬の夜中の避難を想定。
● 開始時刻を告知しないで、住民の対応力を磨く訓練を行う。
・ ・・など、35市町それぞれの訓練が行われます。

12月2日(日)の「地域防災訓練」、
静岡県にお住まいの方は、ぜひ参加してください。



続いて、名古屋で開催されるイベントです。

名古屋市中村区にある「Fleuve Cafe」では、
12月3日(月)夜6時半から、
愛知淑徳大学の学生が主催するイベント
「名古屋から考える被災地とメディア」が開催されます。

被災地が抱える問題はいまだに山積みで、
「忘れないでほしい」「現状を伝えてほしい」という声があがっています。
しかし、遠く離れた地では、被災地の話題を見聞きする機会は徐々に
減っているのが現状です。

被災地から遠く離れた名古屋で、今後、
どのような支援活動の輪を広げていくことができるのか・・・
当日は、ニュースサイト「ナタリー」の運営などで知られる
津田大介さんをゲストに迎え、
学生が現地で取材したインタビュー映像を切り口に、
遠く離れた土地でできる被災地支援について考えます。


12月3日(月)夜6時半から 開催されるイベント
「名古屋から考える被災地とメディア」。

開催場所は、名古屋市中村区にある「Fleuve Cafe」。
参加費は、一般の方が1500円。学生が1000円となります。



facebookページがあります!
コチラをチェック!
by スタッフ | TIME 21:18|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


11月20日【SAFE YOUR FUTURE】にゃんだーガード
2012 11.20 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

さて、今夜は、被災した“動物”のレスキューを行っている
東日本大震災 被災動物救護シェルター「にゃんだーガード」の方にお話を伺いました。

お話を伺ったのは、「にゃんだーガード」の本多 明さんです。


Q.東日本大震災 被災動物救護シェルター「にゃんだーガード」・・・
 実際にどのような活動をされているんですか?
A.東日本大震災で多くの方が避難されましたが、
 家族同然の猫や犬たちを、仕方なく残していくしかありませんでした。
 その動物達を助ける作業をしています。


Q.被災地にいる動物達の現状は、本多さんから見ていかがでしょうか?
A.第1原発から半径20キロ圏内の警戒区域に、
 猫は3000頭、犬は50頭が残されています。
 非常に環境の悪い中、野生動物に攻められながら、なんとか頑張って生きています。
 猫が多い理由は、猫の方が捕まえにくく、元から多かった為です。


Q.そして明日21日(水)から、ここ名古屋で 被災地の動物達の写真を展示する写真展・・・
 「ぼくたちはいきてるよ」を開催されるということですが、
 こちらはどういった想いから 開催することに?
A.僕たちにゃんだーガードの働いている現場の現状がどうなのか、
 全国の、そして、名古屋のみなさんに知ってもらいたい。
 みなさんがテレビのニュースで見ている画面のフレームの外では
 もっとひどいことが起きています。
 そこを、みなさんに知ってもらいたい。


Q.それでは最後に、本多さんから今ラジオを聞いているリスナーへメッセージをお願いします。
A.ぜひ、写真展にご来場いただき、
 今なお苦しんでいる動物たちがたくさんいるということを知ってください。
 被災者のみなさんは、家族同然であるペットに会えず、苦しんでいます。
 ぜひ、支援をお願いします。



東日本大震災・被災動物救護シェルター「にゃんだーガード」・
中川こうじ写真展「ぼくたちはいきてるよ」。
開催期間は 明日11月21日(水)から27日(火)まで。

名古屋市中区大須の第1アメ横ビル4階 第2会議室、第3会議室で
午前10時から午後5時まで開催されます。

こちらの写真展は入場無料となっています。


詳しくはコチラをチェック!
by スタッフ | TIME 21:15|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


11月13日【SAFE YOUR FUTURE】あいち防災フェスタ
2012 11.13 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

さて、先日11月11日(日)に、
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて、
「あいち防災フェスタ」が開催されました。

「あいち防災フェスタ」とは、
子供連れなど多くの方が、
楽しみながら防災について学べる体験型イベントで、
6回目の開催となる今年は、あいにくの雨の中でしたが、
20以上の団体がブースを展開し“防災”に関する様々な展示を行いました。

そして今日は、そんな「あいち防災フェスタ」に出展していた団体に、
それぞれ どのような防災啓発活動をおこなっているのか、
スタッフが お話を伺ってきました!


まずは、日本赤十字社愛知県支部 事業推進課 山田さん(災害救護を担当)!



こちらは【指揮車】
救急車のような形。
災害時に被災地に出掛けて行って 情報収集をし、医療活動の調整を行っています。


こちらは【dERU(ドメスティック・エマージェンシー・レスポンス・ユニット)】
国内型緊急対応ユニット、通称デル。
大規模な災害が発生した後に、
一刻も早く被災地における診療を開始することを目的としています。
仮設診療所の設備を含むコンテナとトラックがセットになっていて、
医薬品・エアテントの他、医療機材として 診察台や簡易ベッドも積載。


また、日赤が、災害時に被災者の方々に配る救援物資も展示されていました!
この中には緊急セットが入っています。

中身はコチラ↓



さらには、毛布も!
↓ ↓ ↓


日本赤十字社愛知県支部のみなさん、ありがとうございました!


続いては・・・
名古屋大学減災連携研究センター 工学部 建築学科4年 かわいさん!

名古屋大学減災連携研究センターのブースでは、
お子さんに分かりやすく建物の造りを理解してもらうために、
「ストローハウス」をメインに展開。


ストローとクリップを使って家を作って行くと・・・
地震に強い家とは、どのようなものなのか、実際に体感できます。


そして最後は、消防団PR団員 玉置亜弥さん!
消防団PR団員は、
愛知県が実施する消防団活動・発信事業の中で、消防団の魅力を発信しています。


愛知県の調査によると、消防団を知らない人は50%を超えているんだとか・・・
玉置さんは、消防団の魅力や重要性をアピールしています。
「もっと知ろうよ あいちの消防団」でブログで発信中!

玉置さんは、消防団応援ソングをつくり、2月にはお披露目できるようですよ♪



東日本大震災以降、本当に多くの団体が、
“防災”について、研究し、活動をされています。

みなさんも、そのような活動を見かけたときは、
ぜひ耳を傾けてみてください。
いざという時に役立つ情報が、必ず得られるはずです。


by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


11月6日【SAFE YOUR FUTURE】愛知県立 半田商業高校「ごんぱんだ」
2012 11.06 Tue

昨年3月11日に起こった「東日本大震災」を忘れない為に、
そして、今後 起こるであろう地震に備える為に、
“今 自分達にできること”を 皆さんと一緒に考えていくコーナー「SAFE YOUR FUTURE」。

さて、今週末、11月11日(日)には、
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で
「あいち防災フェスタ」が開催となります!

「あいち防災フェスタ」は、今年で6回目の開催。
子供連れなど多くの方が、
楽しみながら防災について学べる体験型イベントとなっています。

そして、今日は「あいち防災フェスタ」に出展する団体のひとつ、
「愛知県立 半田商業高校」の生徒が開発した非常食「ごんぱんだ」を試食!

コメントをいただいた、愛知県立 半田商業高校の坂口恭香さん、
赤岡潤くん、ありがとうございました。



【ごんぱんだ】とは・・・
● 防災用の缶入りパン
● お味は、ドライフルーツと、さつまいもの2種類。
● 半田出身の「新美南吉」の名作
「ごんぎつね」+「パン」+「半田」で、「ごんぱんだ」
  この名前も生徒さんのアイディアだそう!
● ふわふわの生地が特徴。


半田商業高校の生徒が開発した非常食「ごんぱんだ」。
こちらは、「あいち防災フェスタ」で、販売されます。

「あいち防災フェスタ」は、11月11日(日)、
午前10時30分から午後4時まで、
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて、開催となります。


『あいち防災フェスタ』について詳しくはコチラ

by スタッフ | TIME 21:10|コメント(0)|カテゴリー:SAFE YOUR FUTURE


全5ページ[前のページ] 1 2 3 4 5
INFORMATION
NEW

カレンダー
前月 Apr 2021 次月
M T W T F S S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
★☆裏キッチンファンタジスタ☆★【たこ焼き?いいえ、オムライスです。】
★☆キッチンファンタジスタ☆★【たこ焼き風 アメリカンドッグ】
ヨガッて範田紗々 - 睡眠のポーズ -
ふらっとナビ - ブーランジェリー Cou Cou - 
【TODAY’S KICK】東急ハンズ 名古屋店のオススメ商品はコチラ!!
*RADIOKICKERS 田口絵未花 独占インタビュー*
3月25日放送『DJ-Nanta Non-Stop mix』Playlist
★☆キッチンファンタジスタ☆★【和風サルサのホットドッグ】
【THE SPECIALIST】  作家 大沼紀子さん 3月21日OA分
【TODAY'S BOOK】ジュンク堂書店
バックナンバー
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Jan 2010
カテゴリー
★☆キッチンファンタジスタ☆★
紗々ちゃん
★☆ RADIO RECYCLE ☆★
プロモーションコーナー
THE SPECIALIST
SUZUKA CIRCUIT MOTOR SPORTS INDEX
DJ-Nanta Non-Stop Mix(毎週月曜日オープニング)
THE 独占
RADIO CLINIC
SAFE YOUR FUTURE
SWING FOR GREEN 2012
岡田智美バスツアー
Let's Talk About AIDS
【TODAY's KICK】杏優先生の占い(月曜日)
【TODAY'S KICK】商品紹介(火曜日)
【TODAY's KICK】ふらっとナビ(水曜日)
【TODAY's KICK】TODAY'S BOOK (木曜日)
トヨタ名古屋自動車大学校テクニカルマスター
なんじょーだいすけ(。・ω・)ノ゛
番組からのお知らせ
イベント
THE 番宣
RKスタッフ
妄想旅行
ヒライのつぶやKICK☆★☆
検 索
LINK