「29(にく)の日」の今日は、「肉食のススメ」のお話!



毎月29日は「にく(肉)の日」ということで、
今日は、「35歳を過ぎたら、上手に肉を食べなさい」という本の
監修をされている、日本脳卒中学会専門医で新井病院の
福島力先生に、「なぜ肉食がいいのか」というお話を伺います。



先日のニュースで、
「適度に肉を食べることが高齢者の骨折防止に役立つ」という話題もありましたが、
肉食は、具体的にどう私たちの体にいいのかというと、
肉を食べることで、健康的な血管が作られ、循環器系の病気の予防になるんだそうです。
脳卒中にもなりにくいんだとか。

ならば、いっぱい食べてもOKかというと、そうでもない。
肉の脂質は動脈硬化につながるので、食べすぎは要注意。

たんぱく質が多い赤身、白身のお肉がいいみたいです。
(豚ならロース、もも、鶏ならささみ、胸肉、牛なら赤身など)

もちろん適量が大切です。
お肉だけ食べればいいということではありませんからね。

皆さんも適度にお肉食べていきましょう!!



by STAFF | DATE 7:50|コメント|カテゴリー:

■ COMMENT

■POST A COMMENT

ID
PASSWORD
COMMENTS

→コメント欄に記入した内容はネット上に公開されます。

※コメントの送信は、ZIP-FM WEB MEMBER登録が必要です。
会員登録ID、パスワードを忘れた方