月に一度の北條弁護士!



今日は、月イチのれぎゅらーで登場していただいている
熱血漢、北條弁護士にお電話!

今日は、巷で話題に成っている「ユッケ」問題から。

・牛肉を生で食べる「ユッケ」などが原因で、集団食中毒を起こした焼き肉チェーン店。
・これまでに、4人が亡くなっている。
・現在、店で出されている牛の生肉は、厚生労働省の衛生基準に適合しているものはなく、
生食用でないモノを店の判断で「生食」として提供していると、厚生労働省は説明

→ 国の基準が決められているにもかかわらず、違反しても、罰則がないのはなぜですか?

衛生基準自体は食肉の加工や処理の細かな方法を定めていますから、
そのような細かな個々の基準を守らないことに対して罰則を科すことは適切ではありません。
基準を守らずに処理した食肉を客に提供することによって健康被害が生じた場合、
過失があるということになり、業務上過失致死傷罪に問われることになる可能性が高く、
それで足りるということだと思います。

→ ほかにも、こういう法律はありますか?

法律ではありませんが、神奈川県の禁煙条例は、
店舗面積が100平米以下の小規模飲食店やパチンコ屋・麻雀屋など
禁煙・分煙を努力義務として、罰則は定められていません。
ただ、小規模飲食店といっても、それなりのお店は禁煙に努力しないと「格」が落ちますよね。


リスナーさんからの質問はこちら。
津市・まさみ さん
今回の津波で通帳や印鑑を全てなくしてしまった人はどうするんですか?

→ 震災被害者については、運転免許証などで本人であることが確認できれば、
届出印がなくても払戻に応じてもらえるようです。
通常の場合でも、盗まれたとか紛失したという場合は、
免許証などて本人であることを証明して
初めて、預金者として権利行使ができることになりますが、
震災の場合は、より緩やかな対応をしてもらえるようです。




by STAFF | DATE 7:50|コメント|カテゴリー:

■ COMMENT

■POST A COMMENT

ID
PASSWORD
COMMENTS

→コメント欄に記入した内容はネット上に公開されます。

※コメントの送信は、ZIP-FM WEB MEMBER登録が必要です。
会員登録ID、パスワードを忘れた方