?S1?y?[?W 1
『ラプラスの魔女』と『ゴールデンスランバー』
2018 04.28 Sat

5月4日公開の映画『ラプラスの魔女』。
東野圭吾のベストセラー小説を、鬼才・三池崇史監督が映画化したサスペンス・ミステリー。

自然現象をあやつり、人を殺すという未来予知は果たしてできるのか? 魔女ってだれ?
まさに裏切りと逆転、衝撃のサスペンスにびっくりさせられますよ。
しかも登場人物が豪華すぎ! 
謎を解く青江教授には、桜井翔。謎の女・羽原円華には、広瀬すず。
失踪中の青年には福士蒼汰。

初老の男性が温泉地で硫化水素中毒により死亡。妻による計画殺人ではないかという警察からの依頼で
現地調査した地球科学専門家の青江教授。しかし「実行不可能」と、事件性を否定します。
ところがその数日後、別の街でも硫化水素中毒による死亡事故が発生。やはり事件性を感じられません。
そこに現れたのが、謎の女・羽原円華(うはらまどか)。
円華は事件の秘密を知る男性・甘粕謙人(あまかすけんと)を探しているというのでした。


謎をたたえた円華や甘粕、さらにいろいろ出てくる登場人物はみんな影がある。
みんな怪しく見えてくる。
そんななか青江教授だけは、研究室で紙飛行機飛ばしたりしつつ考えているのが、ほっとする存在になってます。
後半、徐々にわかり始める全貌。そして第3の事件。この展開はまさに想定外。これ以上は知らないで見たほうがいいですね。

ダークな世界観を楽しんでください!



そしてもう1本は2010年公開の日本映画「ゴールデンスランバー」。
首相が暗殺され、何も知らない主人公が犯人に仕立てられ、逃げまくる2日間を描いた
伊坂幸太郎のミステリーの映画化です。
この緊迫感と翻弄ぶり、そして人と人との関わりについて考えさせてくれる名作です。
主人公の青柳には、堺雅人。晴子には、竹内結子。キルオには濱田岳。 
音楽は伊坂幸太郎の憧れのミュージシャンで、彼のおかげで小説家になったという斉藤和義が担当しています。

そのストーリー。
野党初の首相が誕生、地元仙台で凱旋パレードの時間ごろ、30歳になる青柳は、大学卒業以来
会っていなかった同級生・森田によびだされます。
そして「とにかく逃げろ」と忠告されるのでした。
その直後、爆発音がして首相は暗殺されます。
さらに警察官がきたので、あわてた青柳は逃げ出します。
とりあえずラジコンヘリを教えてくれていた彼女の家に行きますが、
彼女はおらず、逆に怪しい人影。
やがてテレビのニュース速報で、「首相は爆弾をしかけたラジコンヘリにより暗殺され、
現場近くにいた青柳が犯人」と断定され、青柳の顔写真や映像が出ているのを目の当たりにするのでした。
警察やマスコミを操作出来る人間が、青柳を犯人に仕立て上げようとしていることを思い知らされた青柳。
彼の逃亡生活が始まるのでした。


ここからの展開が面白い。あんまり知らないで見たほうが衝撃度も高いし、観た後の満足感も違うと思います!






by 番組スタッフ | TIME 22:45|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「となりの怪物くん」と「きっと、星のせいじゃない。」
2018 04.21 Sat

4月27日より公開となる青春ラブストーリー『となりの怪物くん』、略して「となかい」。
大人気マンガの実写映画化です。
菅田将暉演じる春(はる)や、土屋太鳳演じる雫(しずく)はもちろん、
登場人物たちがみんな個性豊かというか、人と接することがちょっと不器用なんです。
それでも人とつながっていくことで、それぞれがいろんな経験をしていく。
その姿に勇気がもらえます。

大人になってから回想するというスタイルなので、
原作を知っている20代・30代の方だとより楽しめそう。
登場人物の誰かをみて、「自分って、この人の性格に似てる〜」と思ったりするのも楽しいです。
そしてやはり気になるのが、春と雫がどういう風に友情や恋を経験していくのか。
胸がキュンとします。
人見知りの方には、特におすすめ。勇気をもって一歩踏み出すことの大切さも教えてくれます。
春のお兄さんには古川雄輝、賢二には山田裕貴、あさ子には池田エライザ、
春の伯父さんで、バッティングセンターの店長には、速水もこみち。

そのストーリー。
行動予測不能な超問題児で、“怪物”と呼ばれる春と、がり勉の雫は、友達が全くいません。
同じクラスになった高校1年4月、不登校の春の家に、雫が嫌々プリントを届けに行き、二人は出会います。
それ以来、春は雫を勝手に「初めての友達」に認定。
さらに唐突に「雫が好き」と告白。
友達や恋人は勉強の邪魔と思っていた雫でしたが、春の本当の人柄に触れ、次第に心惹かれていくのでした。

4月27日より公開です。



過去の作品からは、2015年日本公開のアメリカ映画「きっと、星のせいじゃない。」。
主人公は17歳のガン患者の女の子と18歳の骨肉腫の男の子。
というと悲しい青春ストーリーかと思いますが、
まぶしいくらいの明るさと希望に満ち溢れ、意外性もたっぷり。
限りある時間を精一杯生きる二人の明るさ、そしてまさかの衝撃の展開。夢中で見て泣けて、感動します。
女の子ヘイゼルを演じるのは、シャイリーン・ウッドリー。
そして男の子ガスには、今や映画「ベイビー・ドライバー」でスターの仲間入りを果たした、
アンセル・エルゴートが演じています。

☆映画「きっと、星のせいじゃない。」のストーリー。

17歳のヘイゼルは、末期がん患者。肺はポンコツで、酸素ボンベがお供です。
しぶしぶ参加した「がん患者の集会」で、18歳の男の子・ガスと知り合います。
ガスは片足を切断して、骨肉腫を克服。そんなヘイゼルとガスは、惹かれあっていきます。
ある日ヘイゼルが、「大好きな本」といってガスに貸したのは、オランダ在住の作家の本。
ガンの少女が主人公の小説ですが、話が途中で突然終わっていて、続きが気になります。
憤慨したガスが、「続きが知りたい」と、作家の秘書にメールしたら、なんと本人から返事がきて、
「続きは教えられないけれど、アムステルダムに来訪の際は、お立ち寄りを」と書かれています。
オランダにどうしても行きたいヘイゼル。
するとガスが、ある方法を使い、なんと二人でアムステルダムに行けることになったのでした。

生きるっていいですよね。ぜひTSUTAYAプレミアムで見てほしい名作です。


by 番組スタッフ | TIME 23:59|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「いぬやしき」と「秒速5センチメートル」
2018 04.14 Sat

映画『いぬやしき』。
原作の奥浩哉と、佐藤信介監督という映画「GANTZ」の強力タッグが、再び実現!
しかも上空250mでの戦いや、新宿の高層ビルぎりぎりを飛びまわるなど、
迫力満点のスーパー・アクション。
まるで観ている私も一緒に飛んでいるようなバーチャル体験ができる上、
激しい格闘シーンでどぎもを抜かれたり、
これはまさに大きなスクリーンで観るべき作品です。
おすすめ!

しかも登場人物がユニークすぎ。
定年間近のさえないサラリーマン犬屋敷には、木梨憲武。
16年ぶりの映画出演ですが、老けメイクと、激しいアクションとのギャップがすごい。

ストーリーですが、
会社や家庭から疎外された毎日を送っている、
定年間近のさえないサラリーマン・犬屋敷。
ところがある晩、謎の墜落事故に巻き込まれ、気が付くと機械の体に生まれ変わり、
しかも超越した力がついていたのでした。
一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神は、手に入れた力を、己の思うががままに使い始めます。
気に入らない人を傷つける獅子神と、傷つけられた人を救う犬屋敷。
それぞれの想いはやがて衝突するのでした。

出演は、木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、ほかとなっています。
4月20日より公開です。






アニメ「秒速5センチメートル」

アニメ映画「君の名は。」で、すっかり有名になった新海誠監督の連作短編アニメーションです。
タイトルの意味は「桜の花びらが舞い落ちる速度」のこと。
主人公・遠野貴樹の小学校から中学1年、高校生、そして社会人と、
時代が3つのパートに分かれています。
会いたくて会いたくて、切ない想いでキューンとする、そんな作品。
さみしい時、号泣したい時におすすめです。

アニメ「秒速5センチメートル」のストーリー。
第1章
小学生の時、東京の小学校で出会った遠野貴樹(たかき)と篠原明里(あかり)。
二人はお互い特別な想いを感じるのでした。
しかし明里は栃木県の中学に進学。離れ離れになった二人は、夏ごろから文通を始めます。
ところが中学1年の3月。貴樹もまた鹿児島県に転校することに。
貴樹は明里に会いに栃木県まで出かけるのでした。

第2章
それから4年後、鹿児島県種子島で高校3年の貴樹。そんな彼に恋し、みつめる花苗。
貴樹が東京の大学を受験すると知った花苗は、想いを告げることを決心するのですが・・・。

第3章
社会人となった貴樹ですが、仕事に追われる日々。そして葛藤。
3年付き合った女性からは自分の心が彼女に向いていないことを見透かされてしまいます。
そんな彼が、小田急線の踏切で見たものとは・・。

ぜひTSUTAYAプレミアムでご覧くださいね!


by 番組スタッフ | TIME 23:52|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

いよいよはじまりました!
2018 04.07 Sat

堀江美穂バージョンの「プレミアシート」、始まりましたね〜。

これから一生懸命映画を見るそうなので、今後ともお付き合いよろしくお願いします。

といっても今夜ご紹介した「名探偵コナン ゼロの執行人」は、
公開前で見ることができませんでした(涙)

それで昔の作品を借りてみたりして、イメージトレーニング。
そういうのもありですよね。

今回は安室透が3つの顔を持つ謎の男として登場!
しかも緊迫した東京湾の施設での同時多発テロや、宇宙探査船の帰還と東京サミットが重なるなど
どきどきはらはら感がすごそう!
楽しみです。

4月13日金曜日公開です。

そしてお勧めのDVDは「ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」。
ガイ・リッチー監督の長編デビュー作。
ロンドンのチンピラ4人組が、借金を返すために犯罪に手を染めるんだけど、
その計画がすべて想定外のハプニングでくちゃくちゃになっていく痛快犯罪アクション群像劇。

映像や音楽もかっこいいし楽しめるので、夜のんびり見ちゃってください。




by 番組スタッフ | TIME 20:24|コメント(0)|カテゴリー:番組の話題

?S1?y?[?W 1
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Apr 2018 次月
M T W T F S S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
すべての記事>>
「走れ!T校 バスケット部」志尊淳さんと鈴木勝大さんと!
「スマホを落としただけなのに」
「あいあい傘」宅間孝行監督
「億男」
「覚悟はいいか そこの女子。」
「散り椿」木村大作監督インタビュー&「SMOKE」
「食べる女」と「最強のふたり」
「コーヒーが冷めないうちに」と「レザボア・ドッグス」
「響(HIBIKI)」と「ビリギャル」
「累(かさね)」と、「ノッティングヒルの恋人」
バックナンバー
Nov 2018
Oct 2018
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧