?S37?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37
「ニセコイ」
2018 12.23 Sun

21日より公開中の恋愛バトルコメディ 「ニセコイ」。
雑誌「週刊少年ジャンプ」で、ラブコメ史上最長連載を果たした歴史的人気コミックが、
愛知県出身、映画「チア☆ダン」や、テレビドラマ「黒崎くんの言いなりになんてならない」などでおなじみ河合勇人監督により、ついに実写映画化!

バカバカしいんだけど、ついはまってしまう面白さ。
この年末年始、友達やカップルで大笑いしながらみてもらいたい作品です。

しかもキャストが実にはまってます。一条楽には、中島健人。
金髪ハーフの桐崎千棘には中条あやみ。
二人のこれまで見たことのないコメディセンスが、もう衝撃的に笑えて面白いです。


☆それでは「ニセコイ」のストーリー、ご紹介しましょう。

勉強一筋の真面目な高校生にして、実は極道「集英組」の一人息子・一条楽は、ある日突然、金髪ハーフの
キョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出会いをとげます。実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。
性格真逆で相性最悪の二人は、抗争寸前な親の組織の仲をとりもつため、強制的に恋人のフリをさせられます。
幼い頃に結婚の約束をしたはずの運命の相手を探している楽にとって、
好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!でもバレても抗争勃発で、即・地獄なのでした。

 
気づいた人も多いでしょうが、「ロミオとジュリエット」の逆バージョン。
これはこれでタイヘンなんだな〜と、大笑いです。

やはり千棘が強烈すぎます!青い目、金髪で先がピンクのロングヘアーで、いきなり手が出る暴力的なキョーレツ・ガール。
中条あやみのふりきった演技に爆笑です。
対するケンティーは、細マッチョの身体作りから役作りに取り組んだそうです。

ギャングの幹部・クロードにはDAIGO。二人を監視する そのはまりっぷりがいかにもで、笑えますよ。




by 番組スタッフ | TIME 10:44|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「来る」
2018 12.08 Sat

血まみれホラーだけど、あんまり怖くなくて、でも新感覚の見応え。
人の裏側に隠された心が、結局一番怖いというのがよくわかる作品です。

中島哲也監督らしい演出と、ポップな映像と音楽にも注目です。

あと、俳優たちがみんな別人のようになりきってるのが面白いです。
オカルトライターの野崎には岡田准一、キャバ嬢の真琴には小松菜奈、
霊媒師の琴子には松たか子が扮していますが、
全然だれだかわからないくらい雰囲気が違います。
しかも大熱演。すごいですね、俳優って。

一方、田原秀樹には、妻夫木聡、その妻・香奈には黒木華、
民俗学者の津田には青木崇高が扮してますが、
こちらはわりとすぐわかる顔。
でもそれだけに、余計びっくりの演技を見せてくれます。

☆「来る」のストーリー、ご紹介しましょう。

オカルトライターの野崎のもとに、田原秀樹が相談にきます。
最近秀樹の周りで超常現象としかいいようのない、
怪異な出来事が相次いでおきていると言い、
妻・香奈と幼い一人娘の知紗に危害が及ぶことを恐れていました。
野崎は霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴と共に調査を始めますが、
田原家についている「何か」は想像をはるかに超えて強力なものでした。
民俗学者の津田によると、その「何か」は、
田原の故郷の民間伝承に由来する「化け物」ではないかと言います。
田原は記録をたどるうち、幼い頃に呼ばれた少女と、片足だけ残された赤い靴を思い出します。
しかし、霊的攻撃はエスカレートし、次々と死傷者がでます。
ついに真琴の姉で、日本最強の霊媒師・琴子が対策にやってくるのでした。


はい、これ以上言うとネタバレです。
お正月にホラーなんて?!と思いがちですが、この作品なら冬でも楽しめると思います。
そして子育て中の皆さん、子供をもっと大事にしたいなと思わせてくれますよ。




by 番組スタッフ | TIME 23:57|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「人魚の眠る家」
2018 11.19 Mon

16日より公開中、禁断のヒューマンミステリー「人魚の眠る家」。
東野圭吾の小説を、「TRICK」シリーズや「天空の蜂」などでおなじみ、
堤幸彦監督が映画化したものですが、
もう涙が止まりません。
愛する我が子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦。
奇跡を信じて選んだ選択が、次第に思わぬ方向に行き、
そして想像を絶するクライマックスでまた泣けます。
大人の方に観てほしいです。
その母、薫子には篠原涼子。
父・和昌には西島秀俊。研究員・星野に、坂口健太郎。
篠原さんの鬼気迫る演技が素晴らしいです。

☆それでは「人魚の眠る家」のストーリー、ご紹介しましょう。

二人の子供を持つ薫子と和昌は、離婚間近の夫婦。
そんなある日、幼稚園児の娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明に。 
医師から「脳死の可能性が高い」と宣告され、
二人は娘の死を受け入れ臓器提供をするか、心臓が止まるまで待つかの、
究極の選択を迫られるのでした。
しかし一瞬、娘の手が動いたのを見た薫子は「娘は生きています」と、臓器提供を拒否。
薫子は奇跡を信じ、眠り続ける娘の世話を始めるのでした。

そんな時、和昌は、勤務している会社の最先端科学技術が、娘の身体に活かせるのではと思いつき、
研究員の星野が開発している技術を使って、娘の筋肉を人工的に動かすことを始めます。
星野の操作で、娘は眠りながらも手を動かしたり、次第に肌つやもよくなっていきます。
そんな娘をみて薫子は喜び、娘を車椅子に乗せ、外にも連れだすのでしたが・・・。




パソコン操作でロボットのように娘を動かす星野。それを見て喜ぶ薫子。
これは愛なのか、それとも親の自己満足なのか。
お父さんの和昌の苦悩が始まるんです。 

そして薫子に対する周りの反応。お母さんならこうやるよね。
おばあちゃんには今「まんぷく」でもおなじみ、松坂慶子が登場してます。

まさに問題作。ぜひご覧ください。



by 番組スタッフ | TIME 14:35|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「アウト&アウト」遠藤憲一さんと
2018 11.11 Sun

素顔の遠藤さんは、とっても明るくてお茶目。
奥様がマネージャーということで、仲いいですね〜。
スタッフとも写真を撮ってくれました。


元極道と、血のつながりのない小学2年生の少女が家族のように暮らし、
バディを組む探偵ストーリー。
脚本・監督が、あの漫画家のきうちかずひろさんということですが
さすが漫画家さんは映画もうまいです。

でも遠藤さんはきうちさんにかなりダメだしされたそうで、
白鳥玉季演ずる少女への言葉使いとか、
女の子をかわいがるような演技はすべて禁止。
挙句の果てに、セットの外に呼び出され、監督のいうように動けと諭されたそうです。

遠藤さんはあえて自分を封印して演技したそうですが、
これがかえって新鮮だったそうで、マネージャーの奥さんにも褒められたそうです。

そのせいか、ダークな雰囲気、探偵の依頼がいつのまにか犯罪に巻き込まれる展開。
意外な人物の登場、そして四面楚歌からあっとおどろくドンデン返しと、
観ていて飽きさせません。

クライム・エンターテインメントがお好きな方におすすめです。



by 番組スタッフ | TIME 14:20|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「走れ!T校 バスケット部」志尊淳さんと鈴木勝大さんと!
2018 11.03 Sat

いや〜、イケメン二人の登場でテンションあがりまくり!

しかも二人の仲がとてもいいのにも感動しました。

ふたりともとても頭がよくて、カッコイイ。
受け答えがうまいんです。
インタビューしていて話が弾むっていうのは、
俳優さんではなかなかいないんですけどね。
このお二人は元気で素晴らしいです。
オフでも楽しそうなのが素敵です。

しかも運動神経抜群。
なんとバスケットは体育の時間しかやったことないのに、
3か月でここまでうまくなるなんて!
すごいです。
また5人そろっての練習は、撮影が始まってからというのにもびっくり。
いや、すごいチームですね。

でもチームワークの良さがめちゃでていて、観ていて爽快でした。

大人っぽい役から高校生役まで見事にこなす
お二人の役者魂にも感動です。

ぜひ映画館で楽しんでみてください!



by 番組スタッフ | TIME 23:09|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「スマホを落としただけなのに」
2018 10.27 Sat

今夜紹介したこの映画。

映画「リング」シリーズや舘ひろし主演の「終わった人」の中田秀夫監督が手掛けたとあって、
ミステリーだけど、ちょっと怖かったり笑えたりします。

彼氏がスマホを落としたことで、とんでもないトラブルに巻き込まれていくOL・麻美。

怖いです。でもそれは人に見せたくない個人情報や写真が世間にばらまかれる怖さです。
貞子とは違いますが、長〜い黒髪の女性がポイント、という
中田監督らしい演出でクスっと笑えたり、
さらに後半、意外な秘密が明かされていくあたりは、ドキドキの展開。
そして「もう絶対にスマホは落とせない」と、ひや〜っとすること間違いなしです。

その麻美には北川景子。長い黒髪、印象的です。恋人の冨田には田中圭、加賀谷刑事には千葉雄大、
インターネットセキュリティの専門家・浦野には成田凌が扮しています。

<ストーリー>

彼氏の冨田に電話をかけた麻美は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない声にびっくりします。
それはたまたま落ちていたスマホを拾ったという男で、カフェに預けてもらって無事手元に戻り、麻美はほっとします。
しかしその日を境に、冨田には身に覚えのないクレジットカートの請求。
また麻美にはSNSでしか知らない男からのストーキングが勃発。
二人は知り合いの知り合いというネットセキュリティ専門家の浦野に、スマホの安全対策をしてもらいます。
ところがその夜、麻美のスマホは何者かにアカウントを乗っ取られ、
誰にも見せたくなかった写真がSNSにアップされるのでした。
時を同じくして、山の中で次々と若い女性の遺体がみつかり、担当する加賀谷刑事は、
犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていることに気が付くのでした。

北川景子のおびえる顔もすごいですが、
今や彼氏役でひっぱりだこの田中圭、ぱっと見刑事には見えないのが面白い千葉雄大。
パソコンをあやつる成田凌。
さらに原田泰造、要潤、バカリズム、高橋メアリージュンと、脇役も光っていて、
それぞれが面白い。
ストーリー以外のところでも、かなり楽しめます。
脇役が個性的だと、映画って格段に面白くなりますね。

そして最後にくるあっという展開。そうだったのか〜。
ぜひ映画館で観てね。11月2日公開です。



by 番組スタッフ | TIME 23:09|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「あいあい傘」宅間孝行監督
2018 10.20 Sat

笑顔が素敵ですね!

2007年の東京セレソンデラックスの名作舞台が、
宅間監督自身が監督となって映画化です。
しかもオールロケ!

11年かけての企画。でも夢が実現されてよかったです。

クライマックスでは思わず号泣ですが、
緑の深い夜の神社のシーンなど、裏は大変だったそうです。

時間との戦い、役者の気持ちの持っていき方、
そして夏の虫との闘い。
夜はライトに虫、集まりますし、役者にまとわりついても困りますもんね!

そして考え付いたのが「かや」。いまどき蚊帳が役にたつとは!

とにかく25年会わなかった父と娘の再会に思わず号泣です!

あと、テキヤの清太郎役の市原隼人さんがすばらしかったです!

10月26日公開です!

そして12月には舞台もあるそうなので、両方ご覧になってもいいかもです。
舞台では清太郎役が宅間さんです。



by 番組スタッフ | TIME 21:24|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「億男」
2018 10.13 Sat

ドラマ「半分、青い」や「義母と娘のブルース」で
今年上半期テレビで大人気となった
佐藤健ファンの皆様、次は映画ですよ!

「るろうに剣心」でタッグを組んだ大友啓史監督との最新作は、
3億円の宝くじに当たったけど、その大金をなくしちゃった男の物語。

いろんな億万長者の生活をみながらその大金を探しにいくんですが、
まあお金もつと、こんな生活になっちゃうのかと驚きの連続です。

そのなかで、行方不明になる親友九十九との大学時代の思い出などが挟み込まれて、
徐々に真相があかされていく。
この感覚、そして何が大切なのかを知らされていくのが実にいいです。

その九十九には高橋一生。こういう役もできるんだなあと、びっくりです。

特にモロッコ旅のシーンは、雄大で気持ちいいです。

10月19日公開、お楽しみに!



by 番組スタッフ | TIME 23:28|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「覚悟はいいか そこの女子。」
2018 10.06 Sat

中川大志くん、いいですよね〜。
映画「坂道のアポロン」もよかったけど、
この映画では、イケメンだけどヘタレで一途な役どころを大熱演。
まさに学園ラブコメディの王道です。

「彼女が欲しい」というただそれだけで、ターゲットを絞り、
彼女にツンとされていくほど夢中になる。
やがてそれが本当の恋になっていくところがいい。

まあ多少大げさな展開はありますが、映画だからいいんです。
二人の恋の展開を楽しみましょう!

小池徹平演じる美術の先生。
なんかやさしいのかつれないのか、そのギリギリな感じもツボです。

ぜひ小学生・中学生のみなさん、お友達と見に行ってくださいね!




by 番組スタッフ | TIME 23:17|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

「散り椿」木村大作監督インタビュー&「SMOKE」
2018 09.29 Sat

名キャメラマンである木村大作監督、今年で79歳!
黒澤明監督の撮影助手としてスタート。
監督3作目は時代劇となりました。

こんなに美しい映像の時代劇、見たことない!
素晴らしいです。

岡田准一さんで行こうと決めたけどスケジュールが合わなくて、
ずっと待ってた、しかも映画「追憶」のキャメラマンとして
岡田さんを追いかけたというのもすごい!

実際の映画では、木村監督はほとんど演出しないのだそうで、それもびっくりです。
殺陣に関しては、殺陣師よりも岡田さんのアイデアを重視。

もちろん監督の好きな富山の山も出てきます。

エンドロールも素晴らしい。
最後までしっかりご覧になると、意外なところに意外な名前がありますのでご注目


もう一本は1995年のアメリカ映画「SMOKE」。タバコの煙ですね。
クリスマス・ストーリーとして書かれた小説の映画化。
ニューヨーク・ブルックリンのタバコ屋さんに集う男たちを巡る、ユーモアと人情味あふれるドラマです。
人って、たとえその出会いが唐突だったとしても、それを望めば心に深く残る交流が生まれるんですよね。
それぞれの男たちの想い、そして経験やうんちくを語る一つ一つが、心にしみます。
意外な展開も面白いです。
オーギーには、ハーヴェイ・カイテル、小説家のポールには、ウィリアム・ハートが演じています。

それでは「SMOKE」のストーリー。
ブルックリンの街角で煙草屋を営むオーギー。14年間、毎日欠かさず店の前の風景を写真に撮っています。
その店の常連で、小説家のポール。数年前に強盗の流れ弾で妻を失って以来、仕事が手につきません。
ぼんやりして車にはねられそうになったポールは、10代の黒人の少年に助けられます。
ポールは、家がないという少年を数日間、家に泊めてあげるのでした。
ところが出て行った後、彼の叔母さんが訪ねてきます。
彼の本名はトーマスといい、しかも行方不明なので、探しているというのでした。
しばらくたったころ、少年がポールの家に再びやってきます。名前を偽っていたことに怒る、ポール。
さらに少年がポールの家の本棚に隠していた6千ドルを、ポールが発見。トラブルが始まるのでした。

ぜひご覧になってください!


by 番組スタッフ | TIME 21:00|コメント(0)|カテゴリー:映画の話題

?S37?y?[?W[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37
INFORMATION
映画情報とシネマミューミュージックで彩る20分プログラム。毎回、ロードショー直前の話題作を中心に映画史を彩った名作まで、プレミア感たっぷりの映画情報をお届 けします。


カレンダー
前月 Jul 2019 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
「君は月夜に光輝く」
「家族のレシピ」
「翔んで埼玉」
「フォルトゥナの瞳」
「Back Street Girls -ゴクドルズ-」 
「七つの会議」
「愛唄 -約束のナクヒト-」 
「映画 刀剣乱舞」
「チワワちゃん」
「マスカレード・ホテル」
バックナンバー
Mar 2019
Feb 2019
Jan 2019
Dec 2018
Nov 2018
Oct 2018
Spt 2018
Aug 2018
Jul 2018
Jun 2018
May 2018
Apr 2018
Mar 2018
Jan 2018
Oct 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Apr 2017
Mar 2017
Feb 2017
Jan 2017
Dec 2016
Nov 2016
Oct 2016
Spt 2016
Aug 2016
Jul 2016
Jun 2016
May 2016
Apr 2016
Mar 2016
Dec 2015
Nov 2015
Oct 2015
Spt 2015
Aug 2015
May 2015
Apr 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jul 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Mar 2014
Feb 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
May 2010
Apr 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
Feb 2006
Jan 2006
Dec 2005
Nov 2005
Oct 2005
カテゴリー
映画の話題
番組の話題
ポッドキャスティング
検 索
LINK
BLOG 一覧