全113ページ[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113
SUGARCULTが名古屋に来ます!
2006 08.26 Sat

8月30日にシュガーカルトが名古屋にやってきます!
ZIP−FMにも来ます!リアルロックスにも近日登場しますよ。

さらに、タワーレコードでインストア・ライヴまでやります!

日時:8月30日(水)18:00〜
場所:タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店

当日はニューアルバム『LIGHTS OUT』の発売日!
「今作はバンドにとっての転換期となる作品(ティム)」大人になった4人の音を是非聴いてくだされ。。。



by sweetSAWADA | TIME 2:03|コメント(0)|カテゴリー:イベント


コ〜プランド
2006 08.25 Fri

好きなCDほど友達などに「ねぇねぇ!これ聞いてみてよ!!」と言ってCDを貸してしまう。
で、貸した後にそのCDを自分が聞けない事に気付き、イライラ&むずむずする・・・汗
そんな時に限って、返却が遅い・・・汗

そんな経験をした方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

昨年3月にリリースされた「COPELAND(from USA)」というバンドの2ndアルバム『In Motion』。
まさしくこのアルバムがそうでした。
今週、半年ぶりにボクの手に返ってきたのであります。プンプン(>3<)怒

致し方ない・・

しかし、今はこのアルバムをおもっくそ聴ける喜びでいっぱいであります。
粒揃いのこの作品ですが、中でも3曲目の『Pin Your Wings』と4曲目の『Sleep』がたまらんです!

特に、『Sleep』は天に舞い上がる気持ちにさせてくれます。

透き通る美しいヴォーカル・・・
天へ続く“美”のコーラスワーク・・・
涙腺刺激しまくりの極上のメロディ・・・
これらに絡み合うやさしく、そして時に激しく奏でられるピアノ・・・
こんな曲から想像できないようなイカついメンバーが一人・・・

反則違反だと思います。

昨年は「ピアノロックブーム」がここ日本で起きましたが・・・
正直、Waking AshlandやMaeなどとリリースが近かったので影に隠れてしまったように見えましたが、全く負けてましぇん!!
春夏秋冬問わず聴けます。
が、季節によって聴こえ方が違うのがこれまたCOPLAND MAGICです!!

実は、SUMMER SONIC 06’に地味に出演してました!(見れず・・)
昨年7月に名古屋のアポロシアターというとても小さくてナイスなライブハウスでライブしました!(見れず・・)
その時、メンバーがREAL ROCKSのフライヤーをライブハウスの外で配るのを手伝ってくれたらしい・・(なんていい人だ!)


まぁ、↓で聴いて下され!!

http://www.myspace.com/copeland

ぜひ、熱いみなさまの素直な感想をお聞かせ願います。


先輩「おい!10/31にコープランドのニューアルバムがリリースされるらしいぜ!」
後輩「えっ?ソープランド?そんなバンドいたんですね!」
先輩「タイトルは『Eat, Sleep, Repeat』!」
後輩「食べて、寝て、もう1回?たまんないっすね!」




by ふくざわらんど | TIME 22:04|コメント(0)|カテゴリー:オススメCD


〜〜ジャンキーグルメ男・澤田修のグルメ日記〜〜 〜天ぷら編〜
2006 08.24 Thu

日本人を「んまい!」と江戸時代から唸らせ続ける「天ぷら」。
澤田修の大好物でもあります。

今回は、名古屋市内の庶民的な天ぷら屋さん「天寅」にレッツゴーであります。
場所は、名古屋市西区円頓寺商店街のすぐ近く。
ザ・昭和!な香りがする、とても雰囲気のよいところです。

商店街から少しだけ外れたところにある「天寅」。
お店の出入り口にある鉢植えの植物たちが温かく出迎えてくれます。
気取った感じのない暖簾を潜り抜け店内に入ると、
「いらっしゃいませ」の声と、テレビのノイズ(中日戦を放映中!)…。
そして、ビールの入ったグラスと新聞を手にしたおじさまと目が合いました。

「う〜〜ん、かなり好きな雰囲気だがね!」

カウンター、座敷、テーブル席が用意されていました。もちろん難易度の高いカウンター、そして座敷に座る勇気はなく、テーブルに着席!速攻でメニューに目を通します。

天ぷら定食<上>1550円をオーダー!
ジャンキー・パートナーは看板メニューのミックス天丼1050円をチョイス!

Cheekの夏の思い出特集なんか読みながら、、、待つことおよそ10分弱。出てきました。
写真参照!!
天つゆがとてもマイウ〜。サクサク食が進んでしまいます(海苔、大葉までもがクリスピー)。

そして、ミックス天丼!カリカリに揚がったエビ・魚・野菜と、濃い目のつゆがゴハンにからんでサブサブいってしまいます!

天寅、いいっす。
下町でホッと一息つきつつ、がっつりイキたいあなたにオススメします。

幸せなひとときをありがとう。ゴハンをおいしく食べられるって幸せです。

【店: 天寅 住所: 愛知県名古屋市西区那古野1-6-22 電話: 052-551-3821 営業時間: 11:00〜14:00、17:00〜21:00】



by おさむ天ぷーら | TIME 7:13|コメント(0)|カテゴリー:ロックフード


25日のリアルロックス本番を聴くべし ペシペシ
2006 08.23 Wed

25日のリアルロックスは
Rock Steady Goでは、、、サマソニ特集!インタビューあり、プレゼントあり!
Power Englishでは、、、THE HIVESが登場!英語について語ります。

さらにリクエストウィークということで、
金欠のリアルロッカーの懐に優しい「●●●●●●」をプレゼント!


聴くべし、ペシペシ!


最近、HATEBREEDばっかり聴いてる、澤田修(暑いときはハードコアを聴こうキャンペーン事務局長)

https://zip-fm.co.jp/program/real_rocks/
by リアルロックス | TIME 10:07|コメント(0)|カテゴリー:番組からのお知らせ


METALLICA
2006 08.22 Tue

Summer Sonicが終わってから(というか出演が発表になってから)、METALLICAに再び夢中です。

Summer SonicでMETALLICAを初めて観た若きメタルファンは、圧巻の150分のステージをどうおもったんでしょうか?

気になる!

今から約15年前、、、高校生のときに”RIDE THE LIGHTING”に打ちのめされ、4人のトリコになりました。「X-JAPAN最強」とか言ってる女子を尻目に「METALLICA最凶!」と心の中で叫んでいたものです。
大学ではブートレッグを収集、彼らの曲をカヴァー、さらにアメリカまでライヴに足を運んだりと青春時代をMETALLICAと共に過ごしたと言っても過言ではないのです。

いまから20年前に誕生した『Master of Puppets』。一曲目”Battery” の緊張感溢れまくるイントロ!あれでダメならMETALLICAの良さはわからないかもしれません。
このアルバム以降、あの”Battery”のイントロのスタイルを数え切れないくらいのバンドが踏襲しました。
METALLICAがいなければ、Sum41の”Chuck”は生まれていません!
METALLICAがいなければ、Bullet for my ValentineもTriviumもこの世に存在していなかったでしょう!

ヘヴィメタルの可能性を拡げた人たち。そして現在のメタルシーンにとてつもない影響を与えたバンド。。。誰に対しても胸を張って「METALLICA最凶」といえるかっこいい4人!
それがMETALLICAなのです!!!!!!!!!!!!!!111


一人熱くなってしまいましたが、今週土曜日からメタルの教科書のような前代未聞の映画が名古屋で公開されます。

メタルファンであり、人類学者でもあるサム・ダンが長髪を振り乱しながらメガホンを取り、出演までしている快作!
「俺はメタルが大好きだ!」と心底叫びたくなる作品に仕上がっています。メタルについてなんにも知らない人にも親切な解説が付いているから安心!

●メタル 〜ヘッドバンガーズ・ジャーニー〜●
http://www.metal-movie.com/
名古屋/シルバー劇場 TEL:052-451-0815 →8月26日(土)〜


http://www.metal-movie.com/

by さわだメテャ〜〜〜ルおさむ | TIME 23:24|コメント(0)|カテゴリー:サワダオサム


デトロイト・メタル・シティ
2006 08.21 Mon

夏の甲子園!全国高校野球の決勝戦にはしびれました。
感動しました。
早稲田実業、そして駒大苫小牧の選手のみんなにラーメンをご馳走して労をねぎらいたいくらいです!

夏ももう終わりです。


最近、
「デトロイト・メタル・シティ」というギャグマンガにハマりきっています。
ストーリーは…、
メタルが大嫌いで、本当はスウェディッシュポップバンドがやりたい主人公の根岸くんが、
悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”(DMC)のギター・ボーカル「クラウザーII世」として大活躍するというとんでもないもの。

お下劣極まりないギャグマンガですが、かなり笑えます。
この面白さが分からない人とは、何も分かり合えないとおもいます。

「ファッキンガム宮殿」というオゾマシイ曲を持つブラックメタルの帝王ジャック・イル・ダークの世界崩壊ツアー来日公演での戦いなど、鳥肌もんです(読んだ人でないとさっぱりわからない)。

興味のある人、是非読んでください。あくまでギャグマンガですが、ベックを超える面白さです。

http://www.younganimal.com/detroit/
by SAWADA GoesToDMC | TIME 6:09|コメント(0)|カテゴリー:サワダオサム


SummerSonic
2006 08.20 Sun

Avenged Sevenfold、、、 まじかっこえぇ〜〜。

今年も夏フェスシーズン到来かと思いきや、もう過ぎ去りし夢のひととき。。。
早いなぁ。

SummerSonic06!
行った人、楽しめましたか〜〜〜?
澤田的ベストアクトはTHE FEELINGです(METALLICAは除く)。
音質、演奏技術は文句なし。一曲一曲プレイする前に曲についてしっかり説明す
るメンバーの真摯な姿勢にとても感心しました。
自分たちの曲をオーディエンスに向けて届けたいという姿勢が一番強かったバン
ドでした。

やはりメインステージ(オープンエア)の音量がムキー!といいたくなるくらい
小さく、ライヴに入り込めませんでした。
これはほんとに残念。

バンドの見本市的な役割も持つSummerSonic、ベストアクトを決めること自体がナ
ンセンスなのかもしれません。
ただ『こいつらいいじゃん!』という新しい発見がたくさんできるのはSummerSonic
の醍醐味でもあります。
ツボに入ったバンドは、これから来日した際に足を運んでみてください!
そこまでがSummerSonicなのです!





by sawarsonic | TIME 1:14|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


KASABIAN!!!!
2006 08.19 Sat

今夜のリアルロックス。
またまたコラボしちゃいました!!

『KASABIAN × REAL ROCKS』!!
8月23日に『Empire』をリリースする「KASABIAN」とリアルロックスがコラボして、
携帯待ち受け画面を作っちゃいました!!

ゲットするには、
もちろんオンエアをチェックだ!!!


by ADヒラタ | TIME 0:59|コメント(0)|カテゴリー:オンエアをチェック!


メタル雑誌
2006 08.18 Fri

イギリスのメタルシーンを牽引してきたメタル雑誌“KERRANG!”

澤田修の愛読書でもあります(毎号は買ってません)。
先日、創刊25周年を迎えたことを記念して特別号が発売されました。
それが面白い!
個人的には1993年のrage against the machineの4人が、全裸+口にガムテープという姿でステージに上がりPMRC(*1)に抗議したことを伝える記事や、1992年に行われた世界最強ダブルヘッドライナーツアー“METALLICA vs Guns N’ Roses”の内容を伝える記事に燃えました。

1981年の創刊から2005年までの『ALBUMS of the YEAR』も掲載されているのです。
一番大きく扱われているアルバムを紹介しましょう。

1981 Motorhead / No Sleep ‘Til
1982 Iron Maiden / The Number of the Beast
1983 Def Leppard / Pyromania
1984 Van Halen / 1984
1985 Bryan Adams / Reckless
1986 Metallica / Master of Puppets
1987 Guns N’ Roses / Appetite for Destruction
1988 King’s X / Out of the Silent
1989 Faith No More / The Real Thing
1990 Slayer / Seasons in the Abyss
1991 Metallica / Matallica
1992 Alice in Chains / Dirt
1993 Pearl Jam / Vs
1994 Therapy? / Troublegum
1995 Foo Fighters / Foo Fighters
1996 Screaming Trees / Dust
1997 Foo Fighters / The Colour
1998 Monster Magnet / Powertrip
1999 Foo Fighters / There is Nothing to Lose
2000 Queens of the Stone Age / Rated R
2001 Tool / Lateralus
2002 Queens of the Stone Age / Songs for the Deaf
2003 The Darkness / Permission to Land
2004 Mastodon / Laviathan
2005 Trivium / Ascendancy

錚々たるアルバムの数々!
これらのアルバムを全て集めてHR/HM通になろう!!


by WARNINGsawada | TIME 3:19|コメント(0)|カテゴリー:サワダオサム


FALL OUT BOY & The All-American Rejects PART.02
2006 08.17 Thu

FALL OUT BOY & The All-American Rejects その2

The All-American Rejects(以下、AAR)に続いて登場したのはFALL OUT BOY(以下、FOB)。
アメリカじゃ、とんでもないくらいの人気バンドだけあって、日本でもすごいっす。大歓声に迎えられて4人が登場。
『From Under the Cork Tree』のオープニングナンバーでライヴスタート。一曲目から観客の大合唱!この瞬間を待ち望んでいたという人たちのおもいがフロア中にはじけていてちょっと危ないくらいに盛り上がってました。
2曲目は、アルバム通りの”of All the Gin Joints in All the World”。この曲が一番好きなんです。もう思い残すことはありません。
聴くより観るに集中!
世界で最も熱いポップパンクロックバンドであるFOB、やはり勢いが違いました。AARに比べると、演奏がかなり粗いですが彼らはそんなところにこだわっていないのがわかります。
客のテンションをどんどん上げつつ、しっかりペットボトルの水を渡し続けているところはライヴ慣れしているバンドだからこなせる配慮だなとおもいました(ファン想い!)。

このバンドの味は、キャッチーなメロディーセンスとパトリックの甘く切ない声、そしてそれを切り裂くギターの轟音だとおもいます。ライヴでも健在のパトリックの声を生かしつつ、全体的にかなりヘヴィでワイルドになってました。ピートが雄たけびまくり、スクリーモバンドみたいになっていたのには驚きました。

ライヴの後、ペットボトルの水を飲み干しながら満足げな表情をしているロックキッズがたくさんいました。2組とも持ち味が出た良いライヴでした!

家に帰ってから『From Under The Cork Tree』を聴き返しましたが、隙がない!
しばらくポップなパンクというジャンルを引っ張っていくのはFOBでしょう!





by おさむボーイ | TIME 4:18|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


全113ページ[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113
INFORMATION
ZIP-FM唯一のご長寿ROCK専門番組!!
ロック男「澤田修」&REAL ROCKSチームによるロック好きのロッカーのためのブログ。

カレンダー
前月 Apr 2020 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
5 Seconds of Summer (5SOS) オリジナル・スパ・バッグをプレゼント!
X Ambassadorsの直筆サインプレゼント
【中止】THE WHOのTOMMY大音量上映会に3組6名様を御招待!
Ozzy Osbourneの直筆サインをプレゼント!
INHALERの直筆サインをプレゼント!
CHONの直筆サイン入り来日公演チラシをプレゼント!
ホールジーの卓上加湿器を2名様にプレゼント!
第4弾・祝16年目突入!RealRocks大感謝祭!<ストーンズ・グッズ贈呈企画>
第3弾・祝16年目突入!RealRocks大感謝祭!<直筆サイン放出企画>
第2弾・祝16年目突入! RealRocks大感謝祭!! マーク・ボールズ名古屋公演御招待企画
バックナンバー
Mar 2020
Feb 2020
Jan 2020
Apr 2019
Mar 2019
Oct 2018
Spt 2018
Jul 2018
Jun 2018
Apr 2018
Dec 2017
Nov 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Mar 2017
Jan 2017
Dec 2016
Oct 2016
Spt 2016
Jul 2016
Jun 2016
Apr 2016
Jan 2016
Dec 2015
Nov 2015
Spt 2015
Aug 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Nov 2014
Oct 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Feb 2014
Jan 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Jun 2013
May 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Mar 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Feb 2008
Jan 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jul 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Mar 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Oct 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
カテゴリー
ライブレポート
オススメCD
サワダオサム
イチオシ・バンド
スタッフダイアリー
ROCK STEADY GO!!!
ロックフード
オンエアをチェック!
番組からのお知らせ
どうでもいいお話
FUJI ROCK
ROCK NEWS
イベント
HITORIGOTO!
イチ押しライヴ
REAL ROCKS SELECTION
キングスロード
プレゼントだぃ
検 索
LINK
BLOG 一覧
REAL ROCKS WEB SITE
澤田修のオフィシャルHP
プログレとプロレスの融合番組"プログレス"HP (REAL ROCKSの兄弟番組)
豚しゃぶが激ウマのお店