全114ページ[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114
名古屋のロックフード界頂点は?
2007 05.21 Mon

非常に私的事です。
週末、両親と姉が名古屋に遊びに来ました。(from 静岡県浜松市浜北区)

ボクが名古屋に来てからというもの、両親は一度も名古屋に来た事がありません。
一人暮らし8年目にしてやっとこさ名古屋に来たわけです。

さて、そんな両親をもてなす意味も込め
晴天の中車を走らせて「あつた蓬莱軒」の本店に行って参りました。
説明不要130年の歴史を持つ「ひつまぶし」の名店であります。

日曜日のお昼という事もあり軽く1時間待ち。
田舎人の両親にとってはそこまでして並ぶ理由がまったく分からなかったそうです。

両親と姉にとっては初まぶし!
ボクもまだ2回目という事もあり4人とも食べ方は超三流です。
姉は写真取りまくりでした。

意外と量が多いひつまぶしですが、4人とも10分もたたないうちに腹におさめました。
田舎パワー炸裂です。茶碗に口をつけて一生懸命カキコミ隊でした。

それにしても、お茶漬けでの食べ方は最高に美味いですな。
両親もかなりのカルチャーショックを受けつつかなりご満悦!
「これは並ぶ価値あるね」という素晴らしいコメントも出ました。


名古屋には美味しい食べものがたくさんあります。
名古屋に来たばっかりの時は味が濃いものばかりでげんなりしてましたが、今はどっぷりハマっております!

名古屋のロックフード界頂点はやはり「ひつまぶし」なのでしょうか!?
必要以上に押し寄せるあの存在感と高級感、値段なりの満足を与える確かな味。
う〜ん、まさにキングでは!?


ひとつ疑問。
もともと名古屋に住んでる方は、どれくらいのペースでひつまぶしを食べるのでしょうか?
家で作っちゃう人もいるのでしょうか??



次ボクがひつまぶしを食べれるのは何年後かな。


by ずっと「ひまつぶし」と連呼する両親から生まれたREAL ROCKSディレクター | TIME 19:21|コメント(0)|カテゴリー:ロックフード


鋼鉄日記5月18日放送後記。
2007 05.20 Sun

最近、澤田修の変わっている所を見つけるのが面白いです。
ラジオではなかなかわからない部分なのです。

先々週の放送で見つけました。(先々週書き込みサボってしまってごめんなさい)
チャートで「Fratellis」を発表する時、曲にノリすぎてかなり速いスピードで小刻みにピョンピョン椅子の上で座りながら跳ねていました。かなり速かったです。びっくりしました。
とてもプロ意識の高い人だと思いました。

そして先週の放送で激写!!
今回の写真は本当にキラキラしております。
「杉ちゃんに捧げる、爆音でおはようございます」でのひとコマです。
ゴミ箱を抱えてエア?ギターをしております。
なんてCOOLでROCKな人だろうと思いました。

是非今週の放送もお楽しみに。
どんな様子でしゃべってるかなぁ・・・


by ADヒラ | TIME 5:30|コメント(0)|カテゴリー:スタッフダイアリー


来週のRealRocksは
2007 05.19 Sat



来週のリアル・ロックスは、
「●AR●O●●」のNEWアルバムや、
「C●I●S」のNEWアルバムや、
「●●ZY」のNEWアルバムを、はりきって紹介!

答えはWEBで! 間違えた!ラジオで!


by すずき | TIME 8:53|コメント(0)|カテゴリー:HITORIGOTO!


聞かないと (間違いなく) 損します
2007 05.15 Tue

やっと買いました・・・ボクシングのお話・・・「RIN」第2巻!


そんなワケで今週のリアルロックスは、「リン第2弾」!
リンはリンでも「LIN」の方・・・



「LINKIN PARK 特集」第2弾!



先月の「リンキン特集第1弾」に引き続き、
vo「チェスター」の声が木梨憲武もびっくりするくらい電波にノリノリだ〜












by めっぽう大塚愛がすき すずき | TIME 19:24|コメント(0)|カテゴリー:ROCK STEADY GO!!!


KOЯNの新曲
2007 05.14 Mon

新作に収録される新曲『I Will Protect You』(※シングル曲ではないらしい)

なんじゃこの曲!!良し悪しはさておき、ドラムが凄まじい・・・超ドラマティック!


KOЯNのドラマー「ヴィッド・シルヴェリア」は現在バンドを離脱中。
代わりにたたいてるのは、「テリー・ボジオ」という超ベテランドラマー(今年で57歳)
「ドラマー脱退というニュースをフィーチャーするのではなくテリー・ボジオがKOЯNに参加というニュースをフィーチャーするべきだろ!
そう言われるほどの名ドラマーです。(すんません。ボクも知りませんでしたが)

まさに、「必殺仕事人」!



問題児集団がこの夏デッカい花火を打ち上げてくれそうです。


ちなみに、テリー・ボジオは今後予定されているツアーには参加せず・・・




誰が?・・・





SLIPKNOTのドラマー「ジョーイ」!!
彼がFamily Valuesツアーとヨーロッパツアー(5ヶ月間)でドラムをたたくらしい!



新曲『I Will Protect You』はこちらで聞けます↓
http://www.myspace.com/korn


by D福 | TIME 20:44|コメント(0)|カテゴリー:スタッフダイアリー


Yellowcardの新曲
2007 05.13 Sun

その名も『Fighting』

1st AL『Ocean Avenue』のタイトル曲『Ocean Avenue』ぐらいのポップなメロディが炸裂してます!
ショーンのバイオリンも炸裂してます!
前作がちょっと地味に感じた方には、ガッツポーズかも!?
新作への期待感が膨らんだぞ・・・


ニューアルバム『Paper Walls』は7/11リリース予定!


新曲『Fighting』は↓で聞けます
http://www.myspace.com/yellowcard


by D福 | TIME 20:02|コメント(0)|カテゴリー:スタッフダイアリー


番組史上初の特集内容
2007 05.11 Fri

毎週金曜日、必死に、そして平和に穏便に爆音で放送中の「RealRocks」・・・
2004年4月から、先月4月で4年目に突入しておりますが、
今夜の特集コーナー「ロック・ステディ・ゴォー」は、史上初の特集内容です。

「ウキウキ・パワーポップ特集」!

・ビートルズ級のメロディ・センス
・ビーチボーイズ級のコーラス/ハーモニー
・70年代ハードロック以降の適度にラウドなギター
・PUNK以降のスピード/疾走感
・ココロもカラダも弾むハンズ・クラップ(手拍子)
・服装とかであんまり主張しないバンドスタイル(笑)

などなど、ある程度の共通点はありつつも、
いまいち定義のはっきりしないジャンル(?)・・・「パワーポップ」。

どちらかというと、インディーでアンダーグラウンド的に活動するバンドが多いため、
ラジオなどではかかりにくいという側面もあるワケですが、、、
今夜は限られた時間の中でやっちゃいます!

ラジオで1回OAされるだけでも耳に残るくらいキャッチーな曲を選んでジャンジャンOA!

※めんどくさい人!
「THE RUBINOOS」の「I Wanna Be Your Boyfriend」だけは何が何でも絶対に聴いてください!


OA予定曲・・・

■Surrender / CHEAP TRICK
■SomeoneToLove / FOUNTAINS OF WAYNE
■I Wanna Be Your Boyfriend / the Rubinoos

■Surf Wax America / WEEZER (ちょっとだけ)

■Ode To The Day / SNUG
■Forty-nine Percent / SECOND SATURDAY
■Living For The Weekend / FARRAH
■I’mSorry / TRAVOLTAS

■Hit / THE WANNADIES

■Scared / SILVER SUN

■Denise / FOUNTAINS OF WAYNE



FOUNTAINS OF WAYNE からの激レアなプレゼントもあり!


by すずき | TIME 20:12|コメント(0)|カテゴリー:ROCK STEADY GO!!!


Juliette and the Licks 〜ナチュラル・ボーン・エロス〜
2007 05.10 Thu

あ、担当のコージーです。いいライヴの後のチーズラーメンって最高っす!

一週間に、ハリウッドスターがヴォーカルを務めているけど、かなり本格派のバンドを2組も見るなんて、、、多分もうないんじゃないだろうか。。。そんなことを考えながら、雨の恵比寿リキッドルームに行ってきました!

Juliette & the Licks @恵比寿リキッドルーム!

会場は、露出度の高い女性を中心にジュリエット・ルイス狙いのお客さんでパンパンでした。
が、個人的にはトッドさんにも目を奪われました。

Juliette & The Licksから感じるのは、、、エロスです。
『セックス・ドラッグ・ロックンロール!』なんていいますが、
昨今のロックシーンに、セックスを感じるバンドがなかなかいないと思うわけです(あくまでステージ上で醸し出されるか否かってことです)。

ジュリエット・ルイス!妖艶というか、野性的なオーラをバンバン撒き散らしながらステージ上で歌い、叫び、囁いていました。
いやぁー、掌をペロリと舐めるジュリエットさまには、もぉ〜〜ドキっとしました。
それに反応して、腰をクネクネさせシナヤカな舞いを披露する女性が数多くいらっしゃいました。目の前の姉ちゃん、ビキニだよ、ビキニ!!

ジュリエットだけに注目が集まりがちなJuliette & The Licksですが、彼女を支えるバンドの音も素晴らしい。
マーシャル+レスポールの極太ギターにタイトなリズム隊。。。
これぞ、ロックロックロック!!
ドキドキしながら見なくちゃいけないような、演奏が不安定なバンドのライヴはやっぱ変なところで疲れます。

ライヴ後、挨拶をさせてもらいましたが、ステージの上のまんまでした。
オーラが出てる出てる。こっちのエネルギーを吸い取られるかとおもうくらいのジュリエットさんでした。
他のみなさんも気さくな方たちでした。

ハイドパークで8万5千人を圧倒したパワーは本物でした。



by LICKS!!SAWADA | TIME 23:56|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


Locksley / (ロックスリー)
2007 05.09 Wed

サイン会の模様をパシャリ

【21世紀のビートルズはニューヨークにいた!】というキャッチフレーズでおなじみ(?)
6月6日に60年代のUKロックのフレーバー満載のアルバム“Don’t Make Me Wait”の日本盤がリリースされる「ロックスリー」が、来日!

原宿アストロホールで5月9日にライヴがあったので行ってきました。
実は当日「Saosin」もすぐ近くの渋谷クラブクアトロでライヴだったんですが、昨年Taste of Chaosで見たので、断念!
7時前に到着したアストロホール、バンドの音楽性が反映されているのかフロアには地味な方が多かったです。
男性はシャツをオサレに着た方が多かったですねー。
開演前から、「どんなライヴを見せてくれるんだろう」という、熱気というか期待感がフロアにはありました。

7時過ぎにジャケット・シャツ着た4人が登場!
ベースがポールに少し顔が似とる!
いちいちメロディーが良い!そしてコーラスが、もぉビートルズです。

それにしてもお客さんの盛り上がりがすごい、それにあたたかいのです。
メンバーの親しみやすさも相まって、アストロホールがすごく小さく感じました。
すごい歓声。。。本人達が期待していた3倍くらいの好リアクションだったとおもいます。バンドも満面の笑みと熱い演奏で答えてました。
いいライヴはオーディエンスが作るってのは本当ですね。

フロアとステージが一体となって盛り上がったのも束の間、、、40分くらいで通常セットが終了!!!!!
「早ぇ〜〜〜」「もぉ〜〜〜終わり?」という声も聞こえましたが、余裕で10曲は演奏してました!ロックスリーの曲はとにかく短いのです!
走り抜けていったという表現がしっくりきます。みんな笑顔で楽しんだライヴでした。
アンコールでビートルズのI Saw Her Standing Thereやっちゃったり、いい夜でしたーーー。

会場を出るとメンバーが急遽、路上サイン・撮影会をしていてパニックになっていました。
ロックスリー、人柄最高です。

メンバー曰く、夏に戻ってくるらしい。。。

輸入盤では絶賛発売中です(既に8000枚売れてるらしい)。



by オッペケペーさわだ | TIME 23:39|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


30 Seconds to Mars / サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ
2007 05.08 Tue

俳優としても有名なジャレッド・レト様(写真:左)がフロントマンを務めているバンド30 Seconds to Mars(以下、30STM)。
俳優をしながらバンドをしている人は意外にいます(キアヌ・リーヴス、スティーヴン・セガール、ラッセル・クロウなどなど)。
BUT!
30STMに関してはお遊びでやっているわけではなく、かなり本格的に活動している実力派のバンドといえます(実質、最新アルバムのセールスはアメリカでミリオン突破!)。
「Juliette and the Licks」と近いものがあります(奇しくも同じ週に東京でライヴ!)。

7日の午後、一夜限りのライヴが行われたDuo Music Exchangeにてインタビューしてきました!
スッピンのジャレッドとトモは正直に言うと別人の雰囲気でした(シャノンはそのまんま)。
とても冗談好きな3人、20分というわずかな取材時間のほとんどをアメリカンジョークで突っ走りやがって!!!
しかし、ジャレッドさんは中性的な魅力というか、不思議な雰囲気を持っていました。さすがは俳優&ミュージシャン!
詳しくは、OAで!!

ライヴは、7時20分頃に客電が落ち黄色い大声援と共にスタート。
"A Beautiful Lie"のイントロに乗って、、、トモ、シャノン、ティムの3人は、メイクをバシっとキメてステージへ!
最後にジャレッドが手に薔薇の花束を抱えて登場!!
客席に薔薇を投げる白塗りのイケメン男。
ジャレッドがやるとなぜか許せてしまうのは、彼がそれを演じているわけでなく、ごく自然に当たり前のようにやっているからなのかもしれません。

ナルシストというのは、あくまで他人からの印象であり、
当事者にとってはその人の世界に住んでいるだけであり、
ジャレッドにしたら普通に誰かと握手をすることと同じくらいのごくごく普通の行動なのかもしれません。

1時間くらいでライヴは終わってしまいました。
しかし、ジャレッドのヴォーカルは強烈でした。久々にパワフルなヴォーカルを堪能できました。
大名曲”From Yesterday”でほとんどオーディエンスにマイクを預けたり、中途半端に終わったアコースティックセットなど個人的には不完全燃焼でした(Was It a Dream?も聴きたかった)。
次回の日本ツアーに期待します!

6月8日の【名前に数字が付いているバンド特集】では、
30STMのインタビューの模様、プレゼントを放出予定です!



by サワダデゴザイ・マース | TIME 14:31|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


全114ページ[前のページ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114
INFORMATION
ZIP-FM唯一のご長寿ROCK専門番組!!
ロック男「澤田修」&REAL ROCKSチームによるロック好きのロッカーのためのブログ。

カレンダー
前月 Oct 2020 次月
M T W T F S S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
7月19日の番組プレゼント! 〜ZIP-FM限定デザインのステッカー〜  
7月05日の番組プレゼント! 〜TOM MISCHのエコバッグ〜
6月28日の番組プレゼント! 〜LADY GAGAのTシャツ〜
6月21日の番組プレゼント! 〜5SOS / Tom Misch〜
FOR YOUR CREATIVE LIFE CAMPAIGN プレゼント
(2) REAL ROCKS SELECTION 2010.04 - 2020.04
(1) REAL ROCKS SELECTION 2005.04 - 2010.03
FINCHのピンバッヂと直筆サイン入り写真をプレゼント!
5 Seconds of Summer (5SOS) オリジナル・スパ・バッグをプレゼント!
X Ambassadorsの直筆サインプレゼント
バックナンバー
Jul 2020
Jun 2020
May 2020
Apr 2020
Mar 2020
Feb 2020
Jan 2020
Apr 2019
Mar 2019
Oct 2018
Spt 2018
Jul 2018
Jun 2018
Apr 2018
Dec 2017
Nov 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Mar 2017
Jan 2017
Dec 2016
Oct 2016
Spt 2016
Jul 2016
Jun 2016
Apr 2016
Jan 2016
Dec 2015
Nov 2015
Spt 2015
Aug 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Nov 2014
Oct 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Feb 2014
Jan 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Jun 2013
May 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Mar 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Feb 2008
Jan 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jul 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Mar 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Oct 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
カテゴリー
ライブレポート
オススメCD
サワダオサム
イチオシ・バンド
スタッフダイアリー
ROCK STEADY GO!!!
ロックフード
オンエアをチェック!
番組からのお知らせ
どうでもいいお話
FUJI ROCK
ROCK NEWS
イベント
HITORIGOTO!
イチ押しライヴ
REAL ROCKS SELECTION
キングスロード
プレゼントだぃ
検 索
LINK
BLOG 一覧
REAL ROCKS WEB SITE
澤田修のオフィシャルHP
プログレとプロレスの融合番組"プログレス"HP (REAL ROCKSの兄弟番組)
豚しゃぶが激ウマのお店