全33ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33  [次のページ]

「冬の肌トラブル」について


気温が低くなったこの時期は、お肌の乾燥が気になりますよね。
その上、寒さで、皮膚の温度が下がれば血行が悪くなります。
血行不良は、乾燥だけでなく、くすみや肌荒れ、ニキビなど、
様々なトラブルの原因になってしまいます。
そこで、今週と来週は、「冬の肌トラブル」のお話。
まずは、冬の肌トラブルの原因と対策をご紹介しましょう。

***********************

気温が低いと、皮膚の温度が下がり、血行が悪くなりがちです。
血行不良になると、肌の組織に酸素や栄養が十分に行き渡らないので、
新陳代謝が悪くなり、お肌が乾燥します。
乾燥すると、ターンオーバーが低下するので、
お肌のキメが乱れてしまいます。
キメが乱れると皮膚表面の凹凸による影が均一ではなくなります。
これが、「くすみ」として現れるんです。

「くすみ」とは、肌の赤みが低下して黄色っぽくなったり、
肌の「艶」や透明感が減少したり、
皮膚表面の凹凸による影によって明度が下がり、
肌が暗く見えてしまう現象のことを言います。

「くすみ」は、顔全体や目の周り、頬などに現れます。
「くすみ」の原因は、様々ですが、
血行不良や乾燥によるターンオーバーの低下が
大きくかかわっているんですよ。

さらに、ターンオーバーが低下すると古い角質が残って、角質層が厚くなり、
肌の透明感が低下します。これも「くすみ」の原因になります。
加齢や紫外線が原因で起きる「くすみ」もありますが、この時期は特に、
血行不良によるくすみ対策を行いましょう。

血行を促進するためには、
マッサージや保湿のためのトリートメントマスクなどもおススメです。
マッサージは、週に2〜3回程度、お肌をゴシゴシこすらないよう、
顔全体にオイルを伸ばし、優しく丁寧に行いましょう。
マッサージで、角質を柔らかくし、
古い角質を取り除き、新陳代謝を促すことが出来ますよ。

そして、角質層に潤いを与え、透明感のあるお肌にするために、
トリートメントマスクなどで潤いを補っておくのもおススメです。

また、乾燥や血行不良によって、
角質層のバリア機能が低下すると、外部の刺激による肌荒れや
ニキビなどのトラブルも起こりやすくなります。
大人のニキビは、不規則な生活やホルモンバランスの変化、
ストレスなども原因になります。

この時期は、忘年会やクリスマスパーティーなど、
食事や生活のリズムも乱れがちです。

バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけ、
ストレスを溜めこまないようにしましょう。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

眉毛の書き方Q&A


Q.稲沢市 イトウマリコさん(30代女性)
眉毛を簡単にナチュラルに描く方法を教えてください。
いつも描き方が上手くいかず困っています。

A.
眉毛は顔の額縁とも言われていて、
眉毛が上手く描けないと、1日気分がスッキリしませんよね。

眉毛のご相談なんですが、
まずメイクアップということをご紹介します。
皆さんメイクアップ、メイクアップと簡単に言いますが、
メイクアップとは、美しさを作ることなんです。

ですから、この眉毛を描くということも、
美しさを作っていくという意味でも大切なことだと思います。

その中で、メイクには2つ別れていて、
ベースメイク、ポイントメイクの2つに別れています。

この2つが、それぞれバランスのとれた内容であって、
初めて美しさを作り上げるということになるわけです。

まず、ベースメイクについては、土台作りです。
ただし、昔のように全てを厚く塗って作り上げるということではなく、
やっぱり、個性を活かすための
ベースメイクを作り上げなくてはいけません。

しかし、ベースメイクの目的というのはもう1つあって、
外界からの刺激からお肌を守るという意味もあります。
特に、夏の紫外線などはそういった意味では大切です。

そしてなおかつ、トレンドという意味でのベースメイクは、
常にトレンドが変わって来ます。
マットタイプであったり、艶やかであったり、素肌っぽくあったり
そういったトレンドの中でベースメイクを作り上げる
ということを意識して頂きたいです。

そこと合わせて、もう1つのポイントメイクです。
今回のご相談の眉毛というのは
このポイントメイクなんですが、
まず、自分のお顔の中のチャームポイントを探して頂きたいんです。
それを活かすというのが1つです。

そしてその美しさを邪魔するものがあれば、
カバーしなくてはいけません。

これも、バランスの取れた個性的な美しさを作るために
ポイントメイクもしていくわけなんです。

その中で、バランスの取れたと言っても、
ポイントメイクでどういったところを作り上げていくかと言いますと、

まず目元、アイメイクです。
これは個性を最も主張します。
目元を印象的に見せるというところから、
アイカラー、アイライナー、マスカラ、そしてブローなんです。

で、口元は美しい表情を与えるリップです。
そして最後にチーク。
全体のバランスを取りながら、メイクアップの効果を高め、
立体感を持たせるという意味でも
最後には必ずチークする、ということなんです。

そして、今回のご質問をお答えすると、
まず描き方です。
基本的な描き方は、眉頭、眉尻、眉山、
このポジションが大切です。

このポジションを自分なりに意識しながら描くんですが、
まず、眉頭は目頭の線上です。

眉尻は、昔は小鼻から目尻の線上と言いましたが、
今は、そうなると長くなりすぎてしまうので、
そうなると、口角と目尻の線上を眉尻のポジションにして欲しいです。

そして、眉山は、眉頭から3分の2のポジション。
そしてもう1つ気をつけて頂きたいのが、備給骨というものがあります。

それよりも上に描いて欲しいんです。
備給骨が出て来ますと、神経質に見えてしまいます。

それが基本となります。
そして、眉頭、眉尻は水平、同じ高さに描くといことが基本です。

その中でブローにもトレンドがあって、
アーチ、まっすぐ、太く、いろいろありますが、
そういったトレンドがあっても、
基本パターンというのは今ご紹介したい内容です。

まずその基本となるポジションを、
ブローの先でチョンチョンと目安をつけて描いていく、
これをやって頂くといいかと思います。

そしてもう1つ気をつけて頂きたいのが、眉頭です。
眉頭を自然な毛量で作り上げるには、コームでぼかしてください。

そういったところを気をつけてください。

また、眉毛はカットバサミで整えるということも大切です。
トレンドがあるので、抜いてしまうと、対応できなくなってしまいます。

以上のことを踏まえて、練習をして頂ければと思います。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

乾燥肌のお悩みQ&A


Q.岐阜市 ユウカさん(24歳 女性)
朝、化粧をする時、「粉ふき」が目立って化粧しづらいです。
夜や朝に、化粧水、乳液をして少し時間が経つと出てきてしまいます。
ぜひ、解決策をお願いします。

A.
まあね、大変な乾燥肌だと思いますね。
普通ですね粉ふきと言いますとね、
メイクアップをしてファンデーションやルーセントなどのねお粉が浮いた状態、
こういった時にねよく「お粉をふいた状態だわ」という人多いと思うんですが、
でもベースメイクの時に使うんではなくって
基礎化粧品を塗布してそしてお粉がふいた状態になるっていうのは
極めて乾燥肌の状態がひどい状態になっていますよね。

怖いのは敏感肌へと変わってしまう可能性もあります。
ですからちょっと角質層の状態が
どのような状態になっているかちょっとお話ししていきたいと思います。

まず、私たちのお肌っていうのは表皮というね、
0.2ミリほどの厚さの中で細胞の生まれ変わりをしているわけです。
それが表皮というところですね。

表皮の一番下には基底層という細胞が分裂を起こして
新しい細胞が生まれて来るところあるんですね。

そこで分裂を起こしてまた新しい細胞と分裂が起こって来ますとね、
先に生まれた細胞が上へ上へと押し上げられて
最後は「垢」となって剥がれ落ちます。
これは新陳代謝と言います。

この新陳代謝をこの表皮では司っておりまして、
お肌の最外層にはその死細胞が重なった角質層という層があります。
これがね、キーワードを握ってます。
何層かに角片が重なり合ってね角質層を形成しているわけですが、
ゆうかさんはこの角質層の状態がめくれ上がっちゃっているんです。
ですからめくれ上がると同時に角質層が
しっかりと積み重なってなくて浮いた状態になってる。

そこから水分だとかいろんなものが
流れちゃっているそういう状態になってると思うんですがね、
まずね、角質層っていうのはね外界からお肌をね保護する、
こういった働きがありましてねバリア機能が備わっているんですね。

このバリア機能っていうのは角質層の保水機能、水分を保つ機能ですね、
いわゆるアクアバランス、まずこれをですね改善しなくてはならないということですね。

ではね、もう一度アクアバランスについてねご紹介するんですが、
皮脂膜、そしてNMF物質、そして細胞間脂質、
この3つの働きによってね一定に保たれております。
まず、皮脂膜です。
これは汗腺から出る汗、水分、そして皮脂腺から出る皮脂、
油分これがね天然クリームを作ってくれているんですよね。

これは自分の恒常性の力です。
皮脂膜というのをね作っているわけですよね。
まずこの皮脂膜ですね。
そして、NMF物質。これはナチュラルモイスチャライジングファクターの略で、

角質層の中にあって水分をキャッチしているわけなんです。
そして逃さないようにしている物質、こういうのが備わっています。
魔、このような働きをして、天然保湿因子とも呼ばれている、このNMF物質。

そして最後は細胞間脂質。脂質ですから脂ですね。
角質層の細胞同士を繋げる役割とそして水分を逃さないようにする働き、
こういった働きをしています。

いわゆる角質層の中で、角質層をレンガとセメントのような、
そんな構造をしているわけですが、その角質細胞がレンガです。

そしてそのセメントの役割をしているのがが細胞間脂質という「脂」なんです。
で、細胞同士を接着しているんです。
ま、外からの刺激物質が侵入することを防いだりとかね、
当然、細胞の中の水分、今いったNMFですね、
そういったものが外に出ないようにというこういった働きをしてますが、
よくね、セラミドというね成分、
これがね細胞間脂質の代表選手。

50%はセラミドでできてますね。
これら三つの働き、これが保たれられなくなりますと、
カサカサしたり艶のないお肌になったり、
また荒れ肌ですね、硬くなったりと、
こういったところからいろんなトラブルが生まれますね。

小じわ、大ジワ、くすみ、たるみ、しみ、嫌ですね〜。
ですからまず、油分、水分、保湿成分、
これをたっぷり塗布しなくちゃいけないです。

でもまだね、彼女はすぐお手入れとかに走っちゃダメです。
乾燥肌から敏感になっていると、
お手入れしたことが摩擦となったり刺激となったりして
トラブルが発生する場合があります。

ですから今言った水分や油分、保湿成分、
こういったものを優しく塗布する、
こういったことをねまず心がけていただいて表面のそのカサカサ、
粉ふいてるっていうのがなくなってから
しっかりとマッサージをやっていただいたり、
ドレナージュ、パック、こういったもののお手入れをしていただくとともに、
食べるもの気をつけましょう。

良質なタンパク質です。
そしてビタミン、ミネラルの補酵素、これが大切です。
なかなかね、たんぱく質とか脂質、
炭水化物なんかみなさんすぐ取れるんですね。

だけどこの補酵素、ビタミン、ミネラルっていうのが大変ね重要でしてね、
特にビタミンのB群は意識してとっていただくといいかな、と思います。
ま、この乾燥肌で悩んでいる人はゆうかさんだけじゃないと思いますね。

ですから今いったことを参考にしてアクアバランスの状態を見ながら
お手入れを頑張っていただくと同時に食事、見直して見ていただきたいなと思います。 

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「乾燥肌」について


11月も半ば、ぐっと気温が下がり、空気も乾燥して来ました。
お肌の状態は、年齢や季節によって少しずつ変化しています。
『real BEAUTY』では、本格的な夏に入る前と冬に入る前のこの時期に、
お肌を見直す健康診断「スキンドック」をしておくことをおススメします。

先週は、夏を迎える前と違い、この時期は、透明感が無く、
くすみがちな「秋肌」を改善させてから、
肌別タイプ別のお手入れをしましょう。というお話をしました。
今週は、特に、この時期多い「乾燥肌」を中心に
お肌のチェックと対策をご紹介しましょう。

***********************

前回、ご紹介しましたが、まずは、
6つの肌別タイプをもう一度、ご紹介しておきましょう。
プラネット化粧品HPのトップページにも、『あなたのお肌はどのタイプ?』という
スキンタイプチェックシートがありますので、
自分の肌タイプがよくわからないという人は、チェックしてみて下さい。

肌質は、大きく「皮脂量」と「角質層の水分量」によって、
6つに分類することができます。

1.皮脂量が多く、水分量が普通なら「脂性肌」
2.皮脂量が多く、水分量が少ないなら「脂性乾燥肌」
3.皮脂量、水分量ともに普通なら「普通肌」
4.皮脂量が普通で、水分量が少ないなら「混合肌」
5.皮脂量が少なく、水分量が普通なら「弱乾燥肌」
6.皮脂量、水分量ともに少ない「乾燥肌」。以上の6つのタイプです。

この中でも、特に、この時期、少しでも早く適切なお手入れをして頂きたいのが
「乾燥肌」の人です。
かさつきや、洗顔後のつっぱりが気になっていませんか?
「乾燥肌(ドライスキン)」の人は、皮脂量も角質の水分量も少ないので、
潤いや柔軟性が不足している状態です。

洗顔料は、つっぱり感のないものを選んでほしいのですが、
洗浄力が弱過ぎると、その後、
お肌に潤いを与えようとしても化粧水が肌になじみません。
保湿効果の高い化粧水を、時間をかけてお肌になじませましょう。

化粧水が十分お肌に入ったら、保湿クリームを塗って、
潤いを逃がさないようにします。
血行不良も「乾燥肌」の原因の一つですから、定期的にマッサージを行って、
新陳代謝を上げるようにするのも効果的ですよ。
そして、デリケートな「弱乾燥肌(ドライノーマルスキン)」の方も要注意。
「普通肌」に比べて皮脂量が少なく、潤いはあっても乾燥しやすい…。
そんな、環境に左右されやすい、デリケートなお肌です。

一般に、「敏感肌」と言われる人は、このタイプが多いようです。
ですから、出来るだけ刺激を与えないよう、
潤い作りとお肌を守るお手入れを慎重に行いましょう。

乾燥の度合いに合わせ、乾燥肌と同じお手入れを行いますが、
気持ちをリラックスさせて、じっくり続けることがポイントです。

お肌のうるおいが奪われると老化が加速してしまいます。
表皮の一番外側にある「角質層」という部分には、
適度な水分量を保つ働きがあります。

この働きのことを「アクアバランス」と言います。
今の季節は、乾燥によって、「アクアバランス」が低下しています。
自分の肌タイプに合ったお手入れを行って、「アクアバランス」整え、
北風が吹きつける真冬になっても、
しっとり潤いのあるお肌をキープしておきましょう。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「冬を迎える前のお肌のチェック」について


今年の秋は、急に気温が下がり、一気に冬へと加速しています。
空気も乾燥し、お肌のお手入れも欠かせませんね。
とは言っても、やみくもに保湿クリームを塗ればいい…というわけではありませんよ。
お肌は、季節や年齢によって少しずつ変化しています。
そこで、今週と来週は、「冬を迎える前のお肌のチェック」についてのお話です。
まずは、自分の肌の今の状態を正しく知ることから始めましょう。

***********************

『real BEAUTY』では、毎回、夏を迎える前と冬を迎える前に、
今のお肌の状態を把握していただくために、「肌チェック」のご紹介をしています。
ただ、夏の前と冬の前とでは、状況も違います。
夏の前は、紫外線が強くなっていく時期ですから、
紫外線を浴びた肌の炎症を鎮めることがポイント。
お肌の機能が崩れ、代謝が悪くなる…という負のスパイラルを
防いでおくことが重要です。

そして、本格的な冬を迎える前のこの時期は、秋肌対策がポイントです。
夏の間に紫外線などによるダメージを受けると、
真っ先に心配になるのが、「シミ」ですよね。

シミにならないように、美白化粧品などを使って、
シミ対策を…と考える人が多いと思いますが、
その前に、今の自分のお肌が、酸化して黄色く、シワシワになったリンゴのような
「秋肌」になっていないかをチェックしてみましょう。

ちょっと、鏡を見てお肌を観察してみて下さい。
以前より、透明感が無く、くすんで見えていませんか?
お肌に透明感がなく、くすんで見えると感じた人は、代謝機能が衰えていたり、
「アクアバランス」が崩れている証拠です。
「アクアバランス」とは、お肌の水分を保つ働きのことです。
色素沈着を起こさないためには、
メラニンに対する代謝機能を取り戻す必要があります。
そのためには、「アクアバランス」が崩れていないことが大切なんです。
紫外線によって、ダメージを受けたお肌を回復させてくれる「恒常性維持作用」。
この力を衰えさせないように、生活習慣を整え、
適切なお手入れでアクアバランスを回復させましょう。

また、代謝機能が衰えることにより、
様々なトラブルを引き起こす原因となります。
マッサージやパックでお手入れをして、代謝機能を回復させて下さい。
「アクアバランス」が整い、代謝機能が回復し、透明感が出てくれば、
化粧品もよく浸透し、健全なお肌の機能を取り戻すことが出来ます。
メラニンに対する代謝機能を回復させることが、
シミ対策の第一歩でもあるんですよ。

とは、言ってもお肌の状態は人それぞれ、
年齢によっても年々変わってきていますし、
夏から秋に紫外線をたっぷり浴びてしまった人、
しっかりケアをしていた人とでは、
お肌の状態も違います。
今の自分のお肌のタイプもチェックしておきましょう。
プラネット化粧品HPのトップページには、『あなたのお肌はどのタイプ?』という
スキンタイプチェックシートがあります。
自分の肌タイプがよくわからないという人は、
チェックシートを参考にしてみて下さい。

ざっとご紹介しますと、
肌質は、大きく「皮脂量」と「角質層の水分量」によって、
6つに分類することができます。

1皮脂量が多く、水分量が普通なら「脂性肌」
2皮脂量が多く、水分量が少ないなら「脂性乾燥肌」
3皮脂量、水分量ともに普通なら「普通肌」
4皮脂量が普通で、水分量が少ないなら「混合肌」
5皮脂量が少なく、水分量が普通なら「弱乾燥肌」
6皮脂量、水分量ともに少ない「乾燥肌」。以上の6つのタイプです。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

いろいろなお悩みQ&A


Q.岐阜市 アサミさん(28歳 女性 )
私は、昔から老け顔ですが、最近年齢と共に、年より上に見られます。
それがすごく嫌で、若く見られる方法を日々考えてしまいます。
ありのままで…とは思いますが、年齢を上に見られるたびに鏡ばかり見つめ
何が原因なのか追究する日々…。ありのままの自分が好きになれる方法を
教えて下さい。

A.
あさみさんは28歳でしょ?
老けてみられてもまだ大丈夫な年齢だと思うんですね。
これが40歳以上になってきますとちょっと寂しいですね。
このように捉え方が違いますので、気をつけてもらいたいんですがね、
でも一般的に若く見える=童顔であると思われがちだと思うんですよね。

しかし、童顔であれ老け顔であれ、一瞬そう思うだけなんです。
その後若さを感じるというのは元気さ加減であったり
考え方がプラス思考であったり、行動的であったり、
あたいつもニコニコといった内面から表現される
その人自身だと思うんですね。

ご質問の内容を見てみますと
あさみさんが若くみられたいと思う思いと、
ありのままの自分を好きになれる方法、
という二つのポイントをね言われていると思うんですが。

先ほどお話しました通り、若さを表現するには元気でプラス思考、
行動的、さらにいつも笑顔、ま、こんな女性を心がけよう、
そういった内容があれば絶対若く見られると思うんですね。

ま、老け顔であれ、童顔であれみんな若さが出てきます。
そして、もう一つの方ですね、
あさみさんご自身がまず自信を持って対応することが
一番大切だと思うんですね。

ま、自信を持てることが一つ増え、二つ増え、
努力をされていけばこの結果から周りの人たちが多分、
彼女に対しての対応が変わってくると思うんですね。
それは自然な形で変化して、気がつかないうちにね、
ま、見て見ますとね、自分自身、自信が生まれ、
また確信が生まれましてね、
ご自身、自分自身を好きになってると思うんですね。

ま、このご自身が好きになるというよりも
自分で自分を認めることができてくるということだと思います。

そして次の律する何かを見つけ出してまた努力する、
この一つ一つのねこの努力が
人生観まで変えていくんではないかなーと思いますね。

あんな女性になってみたい、
こんな女性になってみたいという憧れる人、
いると思うんですよね。

そういった方々のポイントを一つ一つ意識していただいて
自分なりに思って努力していただきたいです。

そして最後にね若く見せるための
ヘアスタイルやメイクを変えるっていうのはね
そんなに難しいことじゃありません。

専門の人にちょっとポイントを
教えていただいたりとかすればすぐ変化できますね。

ですが先ほどから何回も言っていますようにご自身の内面なんです。
ま、こう言ったところを意識してね目標を持ってください。
そして努力をして見てください。楽しみにしています。
またお便りいただくと嬉しいですね。


Q.一宮市 アユミさん(33歳 女性 )
仕事場の人と話すのが苦手です。
1対1なら頑張って話しかけることは
出来ますが、話しが続きません。
複数だと、全く話したりできず、ただ聞く
だけです。話さなきゃと思うんですが出来ません。
どうしたら会話に入ったり、関係が良くなれるか教えて下さい。

A.
先月でしたかね、こんなお話をしました。
「話し上手は聞き上手。」ま、聞くことは彼女はできてるわけですね。
ですからお話に対してねご自身の思ってることをね、
まず言葉にしてみましょう。

そして一歩一歩、ガラッとね180度変わることないんですよ。
一歩一歩努力して少しづつね一言二言でもいいと思うんですね、
言葉にして少しずつ努力していければね、
随分ね変わってくるんですね。

日々その努力が1年後2年後、
もう随分変化したねご自身になると思いますよ。
いっぺんに変えようなんて思わずにね、少しづつ努力されることです。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「セミナーのポイント」について


先月29日に、ZIP-FM18階サロンで、
「ZIP-FM real BEAUTY SPECIAL SEMINAR
〜2017秋冬のファッションとメイクのトレンドセミナー〜」を開催しました。

今日は、当日のセミナーのポイントをご紹介します。
まず、今季のトレンドをご紹介するんですが、
スライドショーで、世界情勢から始まって、そしてカラーや素材であったり、
そして洋服の形であったり、
いろんな形でご紹介していきます。

さらに、その中から、第一のファッションである顔、
このトレンドをどのようにご紹介するかというところで、
トータルでご紹介しました。

そして、実は今日、スタジオに、
当日メイクのモデルをされた、マミコさん、ノリコさん、
エリカさん にお越し頂きました。

秋冬トレンドメイクに素敵に変身されていましたが、
メイクをされてみた感想はいかがですか?

(マミコさん)
→すごく楽しかったです。こんなにキレイにしてもらえて、
 自分じゃないみたいでした。
 私は特に、トレンドを紹介してくれるスライドショーが
 すごく分かりやすくて、良かったです。

 私は一歳半の子供がいるんですが、
 オシャレなどがすごく縁遠くなってしまっていて、
 でも、スライドを見て、あれしたい!お買い物に行きたい! と思いました。

 その中でも、特にチェックが流行っていると聞いたので、
 すごくチェックが欲しいなと思いました。
(ノリコさん)
→私は普段、メイクのトレンドをあまり意識したことがなくて、
 デパートに行っても、どんな色が自分に合うのかな〜と、
 わからなかったんですが、
 今回メイクをして頂いて、濃すぎず、普段でも似合うのかな〜と思いました。

 使ったメイクのアイテムも、珍しい形だったんですが、
 使いやすそうで、また、目元がどうしても乾燥して、
 パサついてしまうんですが、
 すごくしっとりしていたので、良かったな〜と思いました。

(エリカさん)
→私は、皆さんに見られるのが緊張して、
 最初は恥ずかしいなと思ったんですが、
 でも、だんだんメイクが仕上がってくると、
 皆さんが、可愛いなどを言ってくれて、
 普段、こんな経験をすることがないので、
 こうやって集まって、メイクをするのは、とても刺激がありました。

 また、いつも見ている友人が、メイクをして、すごく変身していたので、
 どんな人でも、すごく変わるんだな〜というのが、
 とても刺激的で楽しかったです。
 また、こんな機会があれば、参加したいと思いました。

(堀江)
→私もメイクアップのセミナーを見させて頂きましたが、
 自分でも簡単に取り入れられそうだなと思いました。

 女子会みたいにみんなで集まってメイクアップの話を聞くというのも、
 とても参考になりますね。

(杉浦会長)
→私の仕事に対する想いというのは、
 美しくなることによって、高揚する気持ち、
 そして、そこから生まれる向上心、
 多くの人から受ける刺激、
 ここに、健康と美の価値観が広まって、
 毎日の生活に、活力が生まれてくると思うんです。

 こういった女性のパワーというのは、すごく素敵ですし、
 磨けば磨くほど、輝いてきます。

 私は、プラネットを通じて、
 美と健康を通じて、
 共に活力のある毎日を作り上げたいと思っています。
 そして、こういったセミナーをまた開催していきたいと思います。

***********************

そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「秋肌対策」について


乾燥が気になる季節になりました。お肌の潤い…失われていませんか?
夏にダメージを受けたままのお肌は、疲れて『しおれたリンゴ』のように
なっているかもしれません!
酸化して、黄色く変色し、シワシワになったリンゴのように、
潤いがなく、くすみや、小じわが目立つお肌になっては大変ですよね。

先週は、「秋バテ」のお話をしましたが、
夏の疲れを引きずって、なんとなく体調が悪い…そんな「秋バテ」の状態は、
お肌にも悪影響を与えてしまいます。
今週は、夏のダメージを残さないための「秋肌対策」をご紹介します。

***********************

夏にダメージを受けたまま秋を迎えた「秋肌」は、
まさに「しおれたリンゴ」のようなもの。

冬を迎える前に、このダメージをケアして、潤いのある、
くすみのないお肌に回復させましょう。

夏の間に浴びた紫外線による「光老化(ひかりろうか)」や「乾燥」、
それに、紫外線は、
カラダのサビともいわれる「活性酸素」を作り出してしまいますから
秋のお肌は思いのほか疲れているんです。

紫外線や乾燥対策は、心がけているという人も、「活性酸素」については、
あまり意識していない人も多いのではないでしょうか?
近年、世界各地で活性酸素の研究が進み、老化や様々な病気との関連性が高いことが
わかってきています。
紫外線やストレス、電磁波、寝不足や有酸素運動、喫煙、環境汚染物質など、
私達の周りには、体をサビさせてしまう、
活性酸素を発生させる原因がたくさんあります。

そんな活性酸素の体への悪影響を防いでくれるのは「抗酸化物質」です。
ビタミンCやE、ベータカロテンなどは、「天然の抗酸化剤」と言われていますから、
こういった成分を多く含むものを意識して摂るようにしましょう。
特に、この夏、紫外線をたくさん浴びてしまった人は、
サプリメントで補うのもおススメです。
そして、お肌は「抗酸化効果」のある化粧品でケアしましょう。

お肌に透明感がなく、くすんで見える人は、代謝機能が衰えているかもしれません。
代謝機能が衰え、新陳代謝が遅れると、表皮を硬くしてしまいます。
マッサージやパックでお手入れをして
正常なサイクルのターンオーバーを促しましょう。

これから気温が低くなると、ますます血流が悪くなり、
細胞に栄養が行きにくくなって、新陳代謝が悪くなります。
その結果、乾燥や、小じわ、肌あれなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
お肌のマッサージを行うことで、
肌の表面や毛穴の奥の汚れをしっかり取り除き、
正常な角質代謝を促しましょう。
保湿のためのトリートメントマスクなどもおススメですよ。

先週ご紹介したように、この時期、なんとなく体調がすぐれない…という人は、
自律神経のバランスが崩れる「秋バテ」かもしれません。
それと、もう一つ、十分な睡眠がとれていないということが
原因なのかもしれませんよ。

睡眠不足だと、お肌の新陳代謝もスムーズにいかなくなるので、
いくらお肌の手入れをしてもトラブルを起こしやすくなります。
睡眠時間が少ない人は、
血中のビタミンB1濃度が非常に低いことが報告されています。
つまり、ビタミンB1が不足すると、体内でエネルギーの生産効率が悪くなり、
疲労感だけでなく、体内の様々な機能に支障をきたしてしまいます。

規則正しい生活を心がけることは、もちろんですが、ビタミンB1や、
エネルギー代謝に必要なビタミンB群を多く含む食品を
積極的に摂るようにして下さいね。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

「秋バテ対策」について


このところ、ぐっと冷え込む日があったり、暑さが戻って来たり、
朝晩は寒いのに、日中は暑くて汗ばむような時もあるなど、
気温の変化が激しくなっています。
夏の疲れが取れない…。風邪をひいたわけでもないのに、なんとなく体調が悪い。
そんな人は、もしかしたら「秋バテ」かもしれません。
「秋バテ」をしていたら、美しく健康的に輝くことは出来ませんよね。
そこで、今週は、「秋バテ対策」のお話です。

***********************

「自律神経」という言葉を聞いたことはありませんか?
「自律神経」とは、心臓を動かしたり、食べ物の消化吸収、血圧や体温の調整など、
生命を維持するために重要な機能をコントロールする神経のことで、
自分の意思とは関係なく働きます。
この「自律神経」には、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。
「交感神経」は、活発に活動している時に働く神経で、血圧や体温を上昇させたり、
心拍数や呼吸数を増加させ、血管を収縮させたり、
消化吸収を抑制する働きなどがあります。
「副交感神経」は、その逆の働きをします。
つまり、「副交感神経」は、リラックスしている時に働くのです。

この2つのバランスが大切なのですが、
今年の夏のように35度を超える猛暑日があったり、大型台風の発生で、
気圧が急激に低下したりすると、
交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなるんです。
このような自律神経が乱れた状態を放置した状態が「秋バテ」です。
「秋バテ」になると、免疫力が低下しますので、風邪をひきやすくなったり、
一度ひくと治りにくく、インフルエンザにかかるリスクも増えてしまいます。
それだけでなく、免疫力の低下は、
ガンなどの大病の原因になることも考えられます。

気候の変動だけでなく、ストレスも自律神経のバランスを乱す原因です。
自律神経失調症やうつなどのきっかけにもなってしまいますから、
決して軽く考えず、自律神経を整えておくことが大切です。

乱れた自律神経を整えるために必要なことは、ストレスをためずに、
リラックスできる時間を多く取ることが一番です。
十分な睡眠をとる。熱すぎない温度のお風呂にゆっくりと浸かる。などが有効です。
また、体を休めるだけでなく、適度な運動も効果的です。
ただし、過度な運動はかえってストレスになることもありますから、
自分の生活環境や体力にあった運動量を設定して下さい。

それから、食生活も見直してみて下さいね。
エネルギーの基となる三大栄養素の炭水化物、脂質、タンパク質や、
これらの栄養素をエネルギーに換える際に必要なビタミンB群、
特に糖質の代謝に必要なビタミンB1や、
脂肪の代謝に効果的なビタミンB2をしっかり摂るようにしましょう。
メニューに魚介類や肉類などの動物性食品も必ず摂るように心がけて下さい。
特に、魚介類には精神安定に効果があるビタミンEも多く含まれています。

その他、乳製品、大豆製品、ナッツ類やバナナなどに含まれている、
アミノ酸の一種、「トリプトファン」は、
セロトニンという沈静作用がある脳内伝達物質を
作るのに欠かせない栄養素です。
「トリプトファン」を摂ることで、精神安定、睡眠効果、
うつ症状の緩和などに効果があると考えられていますので、
「秋バテ」気味の方は、是非、積極的に取り入れてみて下さいね。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

いろいろなお悩みQ&A


Q.中村区 (31歳 女性 )
今年、出産を経て子育て中です。子供の成長はすごく嬉しいので、
子どものことは苦になりません。
しかし、どうしてもダンナの存在がうっとうしくてたまりません。
出産前からですが、今や存在が嫌です。
仕事をして稼いでくれるのはわかるのですが、もはやATMとしか考えられません。
子育ても家事も私一人でしているので、必要性も感じないし、
むしろダンナのご飯と洗濯の方が手間です。居ない方がよいとさえ感じます。
居られるだけでイライラしてしまうので、休日が苦痛です。
私だけがこんな感じなのでしょうか?


A.
今はね、本当に大変な状況になっていると思うんです。
子育て中のママって言うのはね、
大なり小なりストレスを抱えて毎日頑張っているわけなんですが、
しかし今の状況まで頭を抱えるほどのね、
気持ちがご主人から離れてしまっては大変なんですね。

これは一般の育児ノイローゼからのストレスではなくって、
全てがね、ストレスに感じてしまって、
ご主人に当たってしまっている、という風になっていると思うんですね。
ですから一般のママたちのレベルとは少し違うと思います。
ま、子供さんが大切だという思いは、ご主人もおんなじだと思うんですね。

ですからお子さんのパパはお一人だけなんです。
「いやだな、いやだな」と思って、心を開かずに進むのは大変危険だと思いますので、
ご主人に全てをお話ししてみましょう。
そして彼女もご主人を理解するように一度努力をしてみたらいかがでしょうか。

そこから冷静になって方向性を出してください。
私はですね、すぐに離婚はお勧めしません。
ご主人と共通のね宝物であるお子さんの将来を楽しみに
対話を心がけていただきたいなーって思いますね。


Q.埼玉県 鴻巣市(こうのすし)(23歳 女性 幼稚園勤務)
6年間彼氏が出来ません。
せっかく相手から告白してくれたのに、私が好き になれず、
断ってしまうこともあります。
原因は、私が結婚を意識し過ぎてしまっていることにあります。
まずは気軽に彼氏作りをしよう!と思っても
好きでないまま付き合っても相手に申し訳ないし…と思うと、
付き合うこと が出来ません。
職業柄出会いもあまりないので焦っています。
どうしたらいいでしょう?

A.
ちえさんね、毎日頑張っています。
そしてちえさんね、前向きなオシャレをしたいという思いは拍手なんですね、
素晴らしいことだと思います。
で、どうしたら時間を作って子育てしながらもオシャレを楽しむことができるか、
ということなんですがね、
まずちえさん、全部を憧れるママみたいにやろうというのは無理だと思うんです。

ですから一つプラスして、また一つプラスして、
そんな気持ちで楽しもうということでいいと思うんです。
ただ一つ言えることは、ちえさんみたいに、
今じゃいけないからもっとオシャレしたいっていう、
この気持ちを持ち続けることが、すごく大切です。

これは子育て中のお子さんに対しての教育にも関わってくると思うんですね。
ま、ポジティブに、プラス思考で楽しく!という、
こういったものをね、意識しながら一つ一つ楽しんでもらいたいなーって思いますね。

そしてね、一つ参考になると思うんですが、
トータルファッションっていうのがありますね。
ま、一つ一つプラスする中で、トータルファッションは、
第一のファッションというのが「お顔」なんです。

そして第二が「ヘア」なんです。で、第3に「お洋服」で、靴であったり小物。
第四が「香り」なんですね。この4つをもってトータルファッションとね、
お話をしている訳何ですが、こういった4つのトータルなファッションの中で、
ま、一つ一つです。
それでもね、気分が違いますよ。でね、そうしますと自信も出てくるんです。
だから憧れるママに加わって「ああ私ここのところを変えてるのよ」気にかけてね、
ちょっとオシャレ心を持ってやってんのよってことでね
随分変化が出てくると思います。

***********************


そして、毎月「美容」をはじめ「仕事」「ファッション」「恋愛」「子育て」など
内面外面を問わず、輝きたいあなたのために、
杉浦会長がアドバイスをしてくれます。
職場の先輩に嫌な人がいる…とか、結婚したいけど踏み切れないとか、
ビジネスや起業についてのお悩み解決もします。

心のモヤモヤをスッキリさせたい方、皆さんのお悩みを募集します。
採用された方には、1000円分のクオカードをプレゼントします。
エントリーはコチラから♪

全33ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33  [次のページ]