【デリ小説】 スプーン(シーン1)
2010 06.03 Thu

今日のOAで、小説を書いたことがある人は、世の中には多いことが判明。
(うれしかったですね〜)

そこで!!スマイルデリでは、
マイカが昔、書きかけていた幻の小説「スプーン」を
みんなんで完結させよう!!ということに。

ストーリーはみんなで繋いでいきたいと思います!

マイカが一番最初に第一話のはじまりを書くので
それに続く話をコメント欄に書いていってください♪

一つを採用して次のストーリーに繋げていきます。
果たして完結するのか・・それはあなたにかかっています!

では、スタート!!



サエコはOL3年目。
後輩も出来て、ようやく仕事も板についてきた。
今の彼とも上手くいってるし、傍から見ると充実した毎日。
でも彼女には誰にも言っていないある秘密があった。

実は、彼女は錦に昔からあるバー「しぐれ」の4代目ママだったのだ。

そんな彼女の元へある夜、意外が客が訪ねてきた。

カランコロン。
「いらっしゃいませ〜。え・・」

*写真は、職場のサエコ。(あくまでイメージです)

by 空木マイカ | DATE 12:41|コメント|カテゴリー:

■COMMENT
カランコロン

「いらっしゃいませ。え・・・」

一瞬、すぐにはそれが誰であったか思い出せなかっあた。その、やつれたように見える頬骨の横顔、浅黒い顔色・・・。少しの間とともに、沈黙の空気が流れる。

「アレを取りに来た・・・」

その客は、そうサエコに告げた。

「!!」(あっ・・・思い出した。)

サエコは男を店に迎え入れた、その時の表情を何ひとつとして変えないまま、

「お久しぶりでした。お預かりの物はこちらに・・・。」

しかし、サエコの鼓動は高く早かった・・・そして怖くもあった。
まさか、、、まさかこの男が再び戻ってくるだなんて・・・。もう戻ることはなかろう・・・そう思いながらも捨てることができなかった紙袋。中身は一度も見たことがない。バーカウンターの下に、この1年半もの間置かれたままだったのだ。 


☆サスペンスが大好きなんです。でもタイトルの「スプーン」とは遠ざかってしまうかも☆
投稿者:35歳 女性 愛知県知多市 2010 06.03 22:31
ふと見ると、そこには南城刑事がいた。

「一体何ですか?」とサエコが問い質すと、「実は、先日この辺りで殺人事件が発生していまして…」と恐縮そうに話した。

南城刑事は更に、唯一の目撃者が貴女だった事が判り、同時に犯人からも狙われる危険性がありそうだと身辺警護に当たらせて頂くと裁判所からの許可を貰った令状をサエコに見せた。

「そうですか…、最近どうも不審人物が私をつけ回しているのよね」とサエコがぼそっと話していたら、「なるほど…」と南城刑事。

「それならば、警護に当たらせる方を呼んでますので…」と南城刑事は、入ってもいいよと3人の刑事を呼び、バーに入った。

「初めまして、刑事の小林と申します。コバタクと呼んでね」

「どうも初めまして。刑事の落合です。」

サエコは、安心感は無いものの不安がほんの少しだけだが取り払われているのがわかった。

「初めまして。刑事の磯谷と申します…。」

「んっ?磯谷…?そう言えば…」サエコは、何か聞き覚えがあった!「久しぶり〜!!元気にしてた?」

南城、コバタク、落合刑事達は、どうしましたか?とサエコに聞いたら、「私が高校時代に告白したカレシですぅ〜。」と言ったら、磯谷刑事は「あの時、サエコ先輩から告白されて…」と初恋話を恥ずかしながらカミングアウトした。

じゃあ、頼みますね。と南城刑事は、バーを後にした。
投稿者:31歳 男性 愛知県豊橋市 2010 06.03 21:15
ふと見ると、そこには南城刑事がいた。

「一体何ですか?」とサエコが問い質すと、「実は、先日この辺りで殺人事件が発生していまして…」と恐縮そうに話した。

南城刑事は更に、唯一の目撃者が貴女だった事が判り、同時に犯人からも狙われる危険性がありそうだと身辺警護に当たらせて頂くと裁判所からの許可を貰った令状をサエコに見せた。

「そうですか…、最近どうも不審人物が私をつけ回しているのよね」とサエコがぼそっと話していたら、「なるほど…」と南城刑事。

「それならば、警護に当たらせる方を呼んでますので…」と南城刑事は、入ってもいいよと3人の刑事を呼び、バーに入った。

「初めまして、刑事の小林と申します。コバタクと呼んでね」

「どうも初めまして。刑事の落合です。」

サエコは、安心感は無いものの不安がほんの少しだけだが取り払われているのがわかった。

「初めまして。刑事の磯谷と申します…。」

「んっ?磯谷…?そう言えば…」サエコは、何か聞き覚えがあった!「久しぶり〜!!元気にしてた?」

南城、コバタク、落合刑事達は、どうしましたか?とサエコに聞いたら、「私が高校時代に告白したカレシですぅ〜。」と言ったら、磯谷刑事は「あの時、サエコ先輩から告白されて…」と初恋話を恥ずかしながらカミングアウトした。

じゃあ、頼みますね。と南城刑事は、バーを後にした。
投稿者:31歳 男性 愛知県豊橋市 2010 06.03 21:15
「サエコさん、お久しぶり」

そこに現れたのは「しぐれ」の初代ママ、ゆみえだった。
ゆみえはあいさつをしたかと思ったら、突然周りを見渡し始めた。


「・・・変わってしまったわね。」


「え?何も変わっていませんよ。内装も、外観も何一つ変えずにここまでやってきたんですから」


「・・・えぇ、確かに変わってないわ。だけどね、変わってしまったのよ。」


「・・・・・。」

サエコはゆみえの言ってる意味が全く分からなかった。
そして、少し苛立ちを感じていた。


「ゆみえさんの時代からやってるこの店を変わることなく、営んでくことが私の仕事です!!!それを突然来て、変わったなんて言われは・・・あたしがやってきた事は何だったって事になるじゃないですか!!!!」


「・・・あなた、分かってないわね。全てを話さなきゃダメなようね。」


「・・・・・。」


「この店が変わった訳じゃないわ。・・・あなたが変わってしまったのよ。」


「えっ!?」



※ここから先はお任せします(・ω・)ノシ
投稿者:32歳 女性 愛知県豊橋市 2010 06.03 20:31
「サエコさん、久しぶり」
そこに現れたのは、「しぐれ」の最初のママゆみえだった。

ゆみえはあいさつを軽くすませると、周りをキョロキョロし始めた。

その状況を見てたサエコは何をしてるのかが全く分からなかった。


少しして、ゆみえは一言こう言った。
「ダメだわ・・・昔の面影がなくなってるわ・・・」

サエコは
「何も変わってないですよ。中身も外観も何一つ変える事なく今までやってきてるんですから」

「・・・そう、何一つ変わってないわ。だけど、お店を守ってるあなたが変わってしまったのよ」

「えっ・・・」
ゆみえの言葉に、サエコは言葉を失った。

何一つ変えることなくこの店を守ってきたのにゆみえの言葉でサエコは、全てを否定されてるような気がしてしまった。
投稿者:32歳 女性 愛知県豊橋市 2010 06.03 20:09
「久しぶりだな。サエコ」

「お父さん。」

思いがけない客は大学卒業後、一人暮らしを始めて以来疎遠になっていた父であった。

「元気にしてたか?」

「え、あ、うん。まあね。」

「まだ時間が早かったかな?入ってもいいかな?」

「うん。今日はお客さんもまだ来てないし、こっちのカウンターに座って。」

ゆっくりと店内を見回しながら、入口の右手にあるカウンターの真ん中の席に腰をおろした。
サエコの後ろに並ぶ様々なウイスキーやブランデーのボトルを見回し、ゆっくりと口を開いた。


投稿者:27歳 男性 愛知県知立市 2010 06.03 19:07

トシユキ・・・・!
現れたのはサエコの恋人のトシユキだった。

偶然だろうか?
「しぐれ」の事は彼にもまだ秘密にしているし、
偶然入って来たかも知れない彼にいきなり打ち明けるのはタイミングが悪すぎる。

カウンターの中で態度を決めかねているサエコに向かって彼が言った。




投稿者:49歳 男性 愛知県名古屋市天白区 2010 06.03 14:45
「サエコ、久しぶり。元気にしてた?」


店のドアから顔を覗かせたのは、
サエコの高校生の時の友人、ミナ。
高校卒業してからずっと会っていなかったけれど、
エクボができる笑顔に、あの頃の面影が残っている。


「なんで・・・」


サエコがしぐれのママだということは、誰も知らない。
なのになぜ、ミナはココが分かったんだろう。


「驚いた?」


ミナの言葉に、サエコは頷く。


誰も知らないはずなのに、どうしてミナはココがわかったのか、サエコには分からない。



「風の噂で、サエコがここにいるって聞いたんだ」


頬笑みながら答えたミナ。


「風のウワサ・・・?」


「そ、風のウワサ」


ミナはニッコリ笑うと、サエコに1歩近づく。


「サエコにお願いしたいことがあって来たの」










投稿者:31歳 女性 愛知県名古屋市緑区 2010 06.03 14:04
入ってきた方は初恋の人だったりして。それか今の会社の上司
投稿者:44歳 男性 愛知県名古屋市昭和区 2010 06.03 13:22
■POST A COMMENT
ID
PASSWORD
COMMENTS
  →コメント欄に記入した内容はネット上に公開されます。
 

※コメントの送信は、ZIP-FM WEB MEMBER登録が必要です。
会員登録ID、パスワードを忘れた方
INFORMATION
街角のDELIのように、“DELI”CIOUSな、情報を“DELI”VERY。SMILEいっぱいのひと時をお届けします。


カレンダー
前月 May 2019 次月
M T W T F S S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
すべての記事>>
マリアフェリアDream Wedding」3月29日 リスナーメッセージ!
4年間ありがとうございました!
本日(3/29)のゲストは【MEGARU】!
MY BEST WEDDING『 披露宴の会場装飾 』☆
本日(3/28)のゲストは【indigo la End】!
3月28日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「かぼちゃパイ」
本日(3/27)のゲストは【SHANTI】!
2012年に行われた「SMILE BOOK PROJECT」
【本日(3/26)のゲストはnothingman】!
近畿日本ツーリスト「JOY TRIP」 伊勢
バックナンバー
Mar 2014
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Mar 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
カテゴリー
from STUDIO
INFORMATION
空木マイカ
Delicious Topics -月曜- SPORTS
SMILE BOOK PROJECT
ゲスト
Delicious Eye
Delicious Eye
近畿日本ツーリスト「JOY TRIP」
名古屋TV塔 the Park Banquet MY BEST WEDDING
DELI小説
Delicious Topics -火曜- 映画
Delicious Topics -週末お出かけ情報-
Delicious Topics -shop-
隆祥房LET'S WARP'N'ROLL
下呂温泉観光協会 MOGUMOGU G-GOURMET
art
ゴルフ倶楽部大樹DELICIOUS GOLF
旅するキモチ!
マイカの宅配便
AXTOS B-RAMP
検 索
LINK
リクエストはこちら!
近畿日本ツーリストJOY TRIP[Tue 10:01-10:11]
イワクラゴールデンホーム CHANGE THE LIFE[Wed.9:30-9:40]
NAGOYA CITY I LOVE NAGOYA!
名古屋市に関する疑問大募集!
各種イベントのエントリーはこちら!
maika's diary
twitter SMILE DELI
twitter 空木マイカ