全1ページ 1
【デリ小説】 スプーン(シーン4)
2010 06.21 Mon

すっかりデリ小説をほうち…、いや、寝かせていたのですが、
気がつけば皆さま、またまた力作を投稿していただきましたね〜!

前回は空木さんが満を持して、スプーンを登場させちゃいましたがw
今回は、よりミステリアスな展開になっているのではないでしょうか!?

さあさあ、どんな結末になるのか!
第4話に選ばれた猛者は、コチラの方!!

************************************************************

(名古屋市天白区 49歳 男性の方)

…少し寂しそうな顔で和久井は続けた。
「20年前のあの夏・・あの忌まわしい事件さえなければ。」

その年の初夏、和久井の妻は病で急逝していた。
「しぐれ」の初代ママでもあった和久井の妻が急逝した事で、
和久井の息子の嫁(サエコの実母)が2代目ママを継ぐ事となり、
妻を失った悲しみから立ち直りかけていた夏の事だった。

閉店後、いつものように車で迎えに来た夫と共に店を出て、
駐車場に向かっている時にそれは起こった・・・。

パトカーに追われ、暴走した車がハンドル操作を誤り、二人めがけて突っ込んだのだ。

「あれを事故と呼べるほど私は出来た人間じゃない。」
和久井は少し遠くを見るような視線をサエコに向けながら話を続けた。

警察の事情聴取や二人の葬儀、諸々の手続きに忙殺されながらも、
家に帰ればまだ幼いおまえが悲しい目で私を見る。
まだ4歳になったばかりのおまえには事態を理解する力もなく、毎日泣いてばかりだった。

そんなおまえがそのスプーンを使い、大好きなコーンスープを飲んでいる時だけは、
嬉しそうにしていたものだ。

そんなある日の事、「しぐれ」の小(ちい)ママの木村マリエから、
おまえを自分達の子供として育てさせてくれないかとの申し出があった。

************************************************************

ハイ!ここまでが続きを書いてくれた、ZIPPIEの投稿なのですが、
ちょっと、ちょっとプロじゃないですよね?
めちゃくちゃ続きが気になるんですけどー!w

ということで、通常ならここから後編は、
スタッフかマイカが続きを書いて、
皆さんにバトンタッチなのですが、

実はこの方・・・この続きを書いてくれているんですね〜!
なので、今回は後編もおまかせしちゃいます!(エヘヘ)

その続き(第5話前編)を、皆さまにバトンタッチということで、お願いします!

では、後編スタート!!

************************************************************





おまえの幸せと、これからの事を考えればその申し出を断る理由は無かった。

私は申し出を受けると同時に、木村マリエを「しぐれ」の3代目ママとして迎える事にしたのだ。

それからしばらくの間私は全ての悲しみを忘れるほどにがむしゃらに働いた。
海外へ行く度にスプーンを1本買い、それを篠山経由でおまえに届けさせた。

そのスプーンで嬉しそうにスープを飲むおまえの顔を思い浮かべる事で、
悲しみも少しは和らいだからだ。

そして月日は流れ、おまえの育ての母マリエもおまえの行く末を見る事なくこの世を去った。

亡くなる前にマリエはそのスプーン達を篠山に預け、おまえに渡すよう頼んだのだ。

そこまで一気に話終えると和久井は深くため息をついた。

「私は・・・」
あまりにも突然の出来事と、俄かには信じがたい事実を告げられたサエコには、
発する言葉が見つからなかった。

しばしの沈黙の後、和久井が口を開く。

「さて、ここからが本題だ。勿論、今の話しやそのスプーン達にも無関係な事ではないし、
ここに集まった皆さんもお待ちかねだと言ったように、
昔話をするだけの為にここに呼んだ訳ではないのだからね。」

************************************************************

ここまでが、第4話!
いっきにサエコの過去が明らかになりましたね〜!
しかもマリエ登場ww

この後どうなるのか!!?
では、皆さまからの第5話もお待ちしてまーす!!

by すたっふ | TIME 17:28|コメント(2)|カテゴリー:DELI小説


【デリ小説】 スプーン(シーン3)
2010 06.10 Thu

スプーン、シーン3。
今回はマイカが担当します!

まずは、前回のストーリー・・
こちらの方を採用させていただきました!!

********

「おはよう〜。」

いつもの通り明るく挨拶をしながらタイムカードを押して、
自分のデスクに向かおうとした時、
何となくいつもと違う雰囲気がフロアを包んでいることに気がついた。
手近にいた後輩に聞いてみる。

「どしたの?なんか変な空気になってない?」

「あ!先輩。お早うございます。
そうなんですよ〜、なんか本社のほうから
急にお偉いさんが来たみたいで、今部長が連れてかれたとこなんです。」

「連れてかれた?」

「なんか相当深刻な話しになってるみたいで、
会議室に幹部全員集めてるみたいですよ。」

「なんなんだろ・・・。」

〜昨夜の事があって、
まだ気持ち的にスッキリしていないのに、
悪い事じゃなきゃいいけど。〜

サエコは心の中でそうつぶやき、
自分の予感が悪いものではないと思っていた。

本社から来たと言う人物の顔をみるまでは。

〜続く・・・。

*********

さぁ、そしてここに続くお話を続けます!!



ガチャッ。
「失礼しまーす。え・・」
一瞬、背中に電流が走るのをサエコは感じた。

「久しぶりだね、木村くん」
「ご・・ご無沙汰しております。」

「みんな君のことを待ってたんだよ。
 昨日、篠山のやつが紙袋を取りに入ったはずだが」

「えぇ。でもお持ちにはなりませんでした。
 今はまだ店に置いてあります。」

会社の人たちの前で店の話を出すことは憚られたが、
本社から来た(ということになっている)
和久井の前でそれを隠すことはできなかった。

「中は見たのか?」
「いえ・・」
「じゃあ、開けてみたまえ」
と、和久井はカバンから例の紙袋を取り出す。

なぜ、この紙袋がここに・・。
恐る恐る中を見ると、そこには大量のスプーンが入っていた。

「これは・・?」

緑の石が入ったイタリアのスプーン、
イギリスの王家の紋章が入ったスプーン
キラキラ輝くスプーンたちの中に
古いシンプルな家庭用のスプーンが目に入った。

「その普通のスプーンに見覚えは?」
「・・すみません。存じ上げません」
「そうか。お前はもう忘れてしまったのか。
もう20年も前のことだしな。」

少し寂しそうな顔で和久井は続けた、
「20年前のあの夏・・」

**********

さぁ!!20年前の夏、和久井に何があったのか!?
そしてこのスプーンは一体どんなストーリーを持っているのか。

続きをみなさまお願いします!!


by 空木マイカ | TIME 15:03|コメント(6)|カテゴリー:DELI小説


【デリ小説】 スプーン(シーン2)
2010 06.04 Fri

マイカさんの「昔、小説を書いていた」発言から突然始まりました、
スマイルデリのリレー小説企画!

Blogのコメント欄に書き込んでいただく方式で、
次回の内容を皆さんと一緒に考えていく!というものですが、
いや〜皆さん凄いですね!(かなり本気で書いてくれていますw)

ではでは、
気になる第2話に選ばれた方は、コチラ!!

****************************

<投稿者:35歳 女性 愛知県知多市>

カランコロン

「いらっしゃいませ。え・・・」

一瞬、すぐには、それが誰であったか思い出せなかった。
その、やつれたように見える頬骨の横顔、浅黒い顔色・・・。
少しの間とともに、沈黙の空気が流れる。

「アレを取りに来た・・・」

その客は、そうサエコに告げた。

「!!」(あっ・・・思い出した。)

サエコは男を店に迎え入れた、その時の表情を何ひとつとして変えないまま、

「お久しぶりでした。お預かりの物はこちらに・・・。」

しかし、サエコの鼓動は高く早かった・・・そして怖くもあった。
まさか、、、まさかこの男が再び戻ってくるだなんて・・・。

もう戻ることはなかろう・・・そう思いながらも捨てることができなかった紙袋。
中身は一度も見たことがない。
バーカウンターの下に、この1年半もの間置かれたままだったのだ・・・。 

************************************

さあ、ということで、かなり意味深な感じで、
サスペンス調に書いていただきました〜!
ありがとうございます〜!!

では、ここからは、
スタッフが続きを書かせてもらいますので、
続きとなる第3話を、コメント欄にお寄せください!

第2話、後編スタート!


サエコは恐れながらも、紙袋の中身が気になって仕様がなかった。
「あの…、失礼ですが、その紙袋の中には何が…?」
一層、張り詰める空気…。未知への期待と自責の念がクロスする…。

「見てないのか…?」
男はそう言うと、一瞬フッと、笑みを浮かべたように見えた。

しかし、次の瞬間には、視線を外し、
面倒くさそうに「これは、とても…大切な贈り物だった…」
そう答えると、足早に出口へと歩き出す。

「え、(だった?)贈り物って…(誰に)!」
サエコの言葉を遮るように、店の電話が鳴る。

これが、サエコと謎の男の2度目の接触だった。
サエコの知る限りでは…

そして、次の日の朝、会社に出社したサエコは、
衝撃の事件に遭遇する・・・。


by すたっふミカン | TIME 12:08|コメント(3)|カテゴリー:DELI小説


【デリ小説】 スプーン(シーン1)
2010 06.03 Thu

今日のOAで、小説を書いたことがある人は、世の中には多いことが判明。
(うれしかったですね〜)

そこで!!スマイルデリでは、
マイカが昔、書きかけていた幻の小説「スプーン」を
みんなんで完結させよう!!ということに。

ストーリーはみんなで繋いでいきたいと思います!

マイカが一番最初に第一話のはじまりを書くので
それに続く話をコメント欄に書いていってください♪

一つを採用して次のストーリーに繋げていきます。
果たして完結するのか・・それはあなたにかかっています!

では、スタート!!



サエコはOL3年目。
後輩も出来て、ようやく仕事も板についてきた。
今の彼とも上手くいってるし、傍から見ると充実した毎日。
でも彼女には誰にも言っていないある秘密があった。

実は、彼女は錦に昔からあるバー「しぐれ」の4代目ママだったのだ。

そんな彼女の元へある夜、意外が客が訪ねてきた。

カランコロン。
「いらっしゃいませ〜。え・・」

*写真は、職場のサエコ。(あくまでイメージです)

by 空木マイカ | TIME 12:41|コメント(9)|カテゴリー:DELI小説


全1ページ 1
INFORMATION
街角のDELIのように、“DELI”CIOUSな、情報を“DELI”VERY。SMILEいっぱいのひと時をお届けします。


カレンダー
前月 Spt 2017 次月
M T W T F S S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
すべての記事>>
マリアフェリアDream Wedding」3月29日 リスナーメッセージ!
4年間ありがとうございました!
本日(3/29)のゲストは【MEGARU】!
MY BEST WEDDING『 披露宴の会場装飾 』☆
本日(3/28)のゲストは【indigo la End】!
3月28日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「かぼちゃパイ」
本日(3/27)のゲストは【SHANTI】!
2012年に行われた「SMILE BOOK PROJECT」
【本日(3/26)のゲストはnothingman】!
近畿日本ツーリスト「JOY TRIP」 伊勢
バックナンバー
Mar 2014
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Dec 2012
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Mar 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
カテゴリー
from STUDIO
INFORMATION
空木マイカ
Delicious Topics -月曜- SPORTS
SMILE BOOK PROJECT
ゲスト
Delicious Eye
Delicious Eye
近畿日本ツーリスト「JOY TRIP」
名古屋TV塔 the Park Banquet MY BEST WEDDING
DELI小説
Delicious Topics -火曜- 映画
Delicious Topics -週末お出かけ情報-
Delicious Topics -shop-
隆祥房LET'S WARP'N'ROLL
下呂温泉観光協会 MOGUMOGU G-GOURMET
art
ゴルフ倶楽部大樹DELICIOUS GOLF
旅するキモチ!
マイカの宅配便
AXTOS B-RAMP
検 索
LINK
リクエストはこちら!
近畿日本ツーリストJOY TRIP[Tue 10:01-10:11]
イワクラゴールデンホーム CHANGE THE LIFE[Wed.9:30-9:40]
NAGOYA CITY I LOVE NAGOYA!
名古屋市に関する疑問大募集!
各種イベントのエントリーはこちら!
maika's diary
twitter SMILE DELI
twitter 空木マイカ