7月12日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。

まずは、皆さんに1つ質問です。
皆さんは 何歳まで、お仕事を続ける予定でしょうか?

いつまでも続けられればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

だから老後のお金の準備が必要なんです。
現在、女性の平均寿命は 87歳。
女性の約2人に1人が 90歳まで生きられる時代です。

ということは、老後は30年間もあるということになります。

もし国民年金しか年金がなかった場合、
現在の平均受給額5万円と言われています。
皆さんは5万円で暮らせますか?

「別に暮らせるんじゃないかな?」と思った皆さん。  

老後は、たくさんの時間があります。
毎日、家でじっとしていますか? コンサートや映画を見に行きませんか?
スマートフォンは解約しますか? 飲み物はお茶ではなく、水にしますか?

実は、65歳の生活費は、60歳時点と比べて大幅に減るか?というと、あまり変わらないんです。
むしろ、時間がある分増えるという方も、いらっしゃるかもしれません。

では、国民年金の加入者はどうするかというと、
自分で、年金では足りない分のお金を用意するしかありませんよね?

お金を用意するには、貯金や運用、いろいろな方法がありますが、
そこで、国民年金基金のような 公的な年金制度で準備することが大切なんです。
国民年金基金は、将来もらえる年金が 加入した時に決まります。
その年金は、これから景気が悪くなっても、少子高齢化が進んでも ちゃんと一生もらえます。

ぜひ、どれくらいの年金がもらえて、どれくらい節税になるのか、
「国民年金基金」で検索して調べてみてください。


Q. 岐阜県にお住まいの男性から、
  「国民年金基金に入ろうと思っています。
若い時、収入が少なくて 国民年金の保険料を免除してもらった時期がありました。
こんな僕ですが入れますか?」


A. いま、この男性が国民年金で、その保険料を納めていたとすれば、入ることができます。
ただし、厚生年金であった場合は、加入できません。

老後のお金の貯め方には、様々な方法がありますが、
国民年金基金で 老後のお金を用意すると、
掛け金は、全額所得から経費のように引けるため、所得税・住民税が安くなります。

また、貯めたお金は 老後に使えばなくなりますが、
国民年金基金は、生きている限り 100歳になっても一生もらえるんです!
つまり、減らないお財布を作るようなイメージです。

ただ、「将来の年金は減るかもしれない。」
そんなお話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

それは、国民年金のことなんです。

国民年金基金は、加入した時に年金が決まるため、
ゼロ金利や 少子高齢化が続いても、年金は減らないんです!

ぜひ、今の年齢で 掛け金がいくらになるのか、
将来、年金がいくらもらえるのか、お電話でお問い合わせください。

国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。
国民年金基金のホームページも御覧ください。




by STAFF | DATE 13:40|コメント|カテゴリー:

■ COMMENT

■POST A COMMENT

ID
PASSWORD
COMMENTS

→コメント欄に記入した内容はネット上に公開されます。

※コメントの送信は、ZIP-FM WEB MEMBER登録が必要です。
会員登録ID、パスワードを忘れた方