1月24日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。


突然ですが、皆さん 一晩で車一台が買えるくらい ドーンとお金が増える方法があって、
ただ、同時に その分損をしてしまうリスクがあったら、皆さんはやってみたいですか?

・・・リスクが低くて、確実にお金が増える。
例えば、定期預金の利息の2万倍くらい1年で得をするものがあります。

ただ、それを使えるのは、自営業者やフリーランスで 国民年金に加入している人だけです。

もし、毎月1万6500円、定期預金に預けたとすると、
1年後にもらえる利息は、たった3円しかないんです。

でも、自営業者の強い味方、国民年金の上乗せの「国民年金基金」に入って、
毎月同じように、1万6500円を積み立てていったとします。

そうすると、国民年金基金は、払った掛け金が全額 経費のように所得から引かれますから、
ということは、税金が少なくなるんです。

仮に、課税所得が400万円だとしたら、税金が6万231円安くなるんです。

つまり、払わなきゃいけなかった税金を、およそ6万円手もとに残せるので、
定期預金の3円の2万倍おトク!というわけなんです。

ぜひ、自営業者のみなさんは、確定申告の前にどれくらい節税になるか
「全国国民年金基金」のホームページでシミュレーションしてみてください。



Q. 愛知県にお住いの自営業の男性から。
  「国民年金基金は加入すると、どうして節税になるんですか?
仕組みではなく、理由を教えてください。」


A. 昨年も「老後2000万円問題」が話題になりましたが、
実は、もっと早い時期から、自営業者の国民年金は 受給額が少ないので、
会社員よりも老後は厳しくなる。と言われていたんです。

サラリーマンは、国民年金の上に厚生年金というものが二段階でのっています。

そこで、こういった二段階でのせるものを 国民年金でも作ろうと
平成3年にできたのが、国民年金基金なんです。


では、どうして上乗せすると 節税になるのか。

簡単に言うとご褒美です。
もう少し詳しく説明すると、「自分で老後のお金を積み立ててくれてありがとう!
税金をまけておきますよ〜」という制度なんです。

国は、老後のお金を自分で貯める人を積極的に応援しているんです。
なぜだかわかりますか?

もし、貯金を全然していない老人たちが世の中にあふれかえったら、
国としても支え切れませんよね?

だから、老後の年金がそもそも少ない 自営業者の税金をわざわざ安くしてまで、
積極的に応援しているということなんです。

ただ、そのかわりと言っては何ですが、
国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく、公的な年金制度ですから、
年金を受け取る歳になるまでは、払ったお金は受け取れません。

貯金だと好きな時に下ろせますが、
国民年金基金は、節税になるかわりに、老後までお金が使えないということなんです。

でも、これも考えてみたらわかりますよね。
老後の生活を支えるための制度ですから、
例えば、来月 旅行に行くために、お金を貯めて使っても、
国は応援してくれないというわけなんです。

ということで、節税になるのは、
自分で老後のお金を貯める そのご褒美なんです!



国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。

全国国民年金基金のホームページも御覧ください。






by STAFF | DATE 13:30|コメント|カテゴリー:

■ COMMENT

■POST A COMMENT

ID
PASSWORD
COMMENTS

→コメント欄に記入した内容はネット上に公開されます。

※コメントの送信は、ZIP-FM WEB MEMBER登録が必要です。
会員登録ID、パスワードを忘れた方