2月7日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。


さて、いよいよ確定申告が始まりますね。

今回は、国民年金基金に加入すると どれくらい節税できるか・・・、
ざっくり言うと どれだけお得なのか、シミュレーションしてみましょう。

まず、国民年金の上乗せの制度「国民年金基金」は、掛け金を経費みたいに所得から引けるので、
お金を貯めながら節税できる仕組みなんです。

まずは、スマホやパソコンで「全国国民年金基金」と検索してください。
この国民年金基金のシミュレーションの画面、
最近、とてもシンプルで、見やすくなっていますよ!

続いて、トップページの下の方に進んで「ご加入をご検討中方へ」の真ん中、
「年金額シミュレーション」をクリックします。

まずは、性別と生年月日を入れてください。

次に出てくる「一口目 A型 B型」というのは、受け取る年金の種類です。
どちらも一生年金が受け取れる終身年金ですが、
80歳までに亡くなった時に、遺族一時金が受け取れるのがA型。
遺族の保証がないのがB型で、掛け金が少しだけ安くなっています。

ここでは仮に、A型を選択するとします。
次に、2口目以降「任意での入力となります」とありますが、
これは、国民年金基金は、掛け金を月額6万8000円になるまで増やせるんです。

愛知県の方は、2口目以降も加入される方がなんと7割いらっしゃいます。
ということで、仮にあと7口A型を追加してみます。

すると7口目の下に「課税所得額」という表記がありますが、
これは、収入から経費などを引いた額のことです。

ここでは仮に400万円とします。
これは、収入ではなく課税所得なので、経費を引いた残りのお金ですよ。

そして、「試算する」をクリックすると・・・掛け金が月額5万5000円となります。
下にスクロールをすると、将来もらえる年金額が出てきます。

今回の場合は60万円。 ひと月に5万円もらえる計算になります。
老後に毎月5万円も年金がプラスになるのは、ありがたいですよね。

さらに、今回の一番のポイント! 現役時代も助かるんです! 
その下へスクロールして、「税の軽減見込額」というところをご覧ください。

「課税所得400万円の方の例、所得税、住民税が年間で20万772円軽減されます」とあります。
これは、税金が20万円安くなるということです。
毎月およそ5万円ずつ掛け金を払うと、年間20万円も節税になるんです。

自営業者のみなさんも、
今すぐ全国国民年金基金のホームページでシミュレーションしてみてください。

課税所得がわかるこの時期にシミュレーションすれば、どれくらい節税になるかも分かりますよ。



Q. 岐阜県にお住まいの自営業者の男性から。
  「数年前から国民年金基金に加入しています。
もし基金の支払い開始前に加入者が亡くなったら、掛金は掛け捨てになるのでしょうか?」


A. 先ほど、シミュレーションのご説明をした時にA型・B型というお話がありましたね。
遺族にお金を残せるのがA型です。

A型を選んだ人が、年金を受け取る前に亡くなった場合は、
加入時の年齢と死亡した時の年齢、
どれだけの期間 掛け金を納めたかに応じて、遺族一時金が支給されます。
およそ、払った掛け金の5割から6割になりますが、お金は掛け捨てではなく戻ります。
もし、年金を受け取ってから亡くなった場合は
80歳までの「年金の原資」となるお金が、遺族一時金として支給されます。

「年金の原資」というのは、例えば 70歳でお亡くなりになったら あと10年間、
年金を受け取る期間があります。

その10年分の年金を、
国民年金基金は金庫に入れて保存しているわけではなく、運用している訳です。
分かりやすく言うと、運用をする元本のようなイメージですね。


続いて、B型を選んだ方の場合。
この場合、年金を受け取る前に亡くなった時の遺族一時金は、1万円です。

年金を受け取ってから亡くなった時は、保証期間はありません。
ですから、9割の方は、遺族一時金をもらえるA型を選びます。

ということで、ご家族がいらっしゃれば、
年金を受け取る前でも 払ったお金の約6割は戻りますので、
A型の方を選ばれてみてはいかがでしょうか?

また、2口目以降の上乗せにも、保証期間があるものがありますので、
一度 国民年金基金にお電話して、今ご自身のタイプがどちらなのか、
詳しいお話を聞いてみてください。



国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。

全国国民年金基金のホームページも御覧ください。






by STAFF | TIME 13:40|コメント(0)|カテゴリー:-
全1ページ   1