7月26日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。


さて、あっという間に最終週となりました。
まずは改めて、年金について 少しおさらいをしておきましょう。

国民年金は、60歳まで保険料を支払うと、65歳から年金を受け取ることができます。
ただし、国民年金は 厚生年金に比べると もらえる額が少なく、
今もらっている方の平均は、約5万円くらいです。

だから、老後も趣味などにお金が使えるように、個人で別の年金を作ることが大切です。

では、「いまある貯金額を、全て国民年金基金に入れればいいのではないか?」
と、思った方もいらっしゃると思います。

ただ、残念ながらそうすることはできません。
というのも、国民年金基金は、貯金のように まとまったお金を預ける仕組みがなく、
ひと月6万8000円を上限に、毎月コツコツ掛け金を納めていくか、
1年分の掛け金を まとめて払うかのどちらかなんです。

また、国民年金基金の年金を受け取るのは、「老後」です。
つまり、もし途中でお金が必要になっても 下ろすことができないんです。


では、一体いくらくらい 入れればいいのか?
まずは、65歳から受け取る基本の年金を1口。
もし余裕があれば、2口目以降を考えるといいと思います。
口数は、途中で 増やしたり、減らしたりできますので まずは始めてみてください。

さらに、生きている限り一生受け取ることができますので、
使ったら無くなる貯金と違って、長生きリスクに備えることができます。

そして、働いている間は 節税にもなります。
仮に、ミュージックナビゲーターの堀江を例にしてみます。

およその額で、毎月6万円の掛金を払うと、
65歳から、一生毎月5万7000円の年金がもらえます。
そして、課税所得が500万円なら 毎年22万円も節税になります。

節税できた22万円を、60歳まで貯めると、400万円近くにもなるということです。

ぜひ、皆さんも 自分のお財布事情にあった、
老後のお金の貯め方をシミュレーションしてみてください。

詳しくは、「国民年金基金」で検索するか、直接お電話でお問い合わせ下さい。



Q. 愛知県にお住まいの男性から、
「国民年金基金と、iDeCo(イデコ)は、同時に加入できるんでしょうか?」


A. まずは、「iDeCo(イデコ)」について、ご説明します。
「iDeCo(individual Defined Contribution Plan)」とは、個人型の確定拠出型年金のことです。
  
国民年金の加入者なら、国民年金基金と合わせて、毎月6万8000円まで、
掛け金を自分で積み立てたり、運用することができます。

ということで、「iDeCo」と 国民年金基金は両方加入することができます。

では、この2つは どんな違いがあるのか、
どちらも国民年金の上乗せとなる年金で、掛け金は全額所得控除の対象です。

違いは、国民年金基金の基本となる年金は、終身年金。
つまりどんなに長生きしても 一生受け取れます。
そして、加入した時に将来受け取る年金が決まります。

iDeCoは、終身年金もありますが、ごくわずかです。
ほとんどが一括か、10年確定などの決まった期間に 年金で受け取るタイプです。
また、将来受け取る年金が、運用成績によって変わるので、
もらう時まで、いくらになるか分かりません。

ただ、iDeCoは、株や債券などの 投資信託にドルコスト平均法で分散投資できるので、
お金が増える可能性があり、インフレにも強いと言われています。

一方、国民年金基金は 終身年金なので、
どんなに長生きしても、年金が受け取れるという安心感があります。


共通して言えることは、どちらのお金も 急には大きくならないということです。
まずは、始めることが大切です。

老後のお金を コツコツ貯めていきましょう!



国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。

国民年金基金のホームページも御覧ください。

by STAFF | TIME 13:40|コメント(0)|カテゴリー:-

7月19日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。


これまで2週に渡って、国民年金基金とはどういったものなのか、ご説明してきました。
今回は実際に、国民年金基金のホームページを使って、
掛け金と、将来もらえる年金について試算してみましょう。

ぜひ、パソコンやスマホで 「国民年金基金」と検索して、一緒にやってみてください。

では、ホームページの真ん中、
「ご加入をお考えの方へ」の 「年金額シミュレーション」をクリックします。
この「年金額シミュレーション」のページで、掛け金と 将来もらえる年金が試算できます。

まず、性別と生年月日を入れてください。

続いて、1口目の 「A型 B型どちらか選択してください」という項目について、
これは、受け取る年金の種類のことです。

どちらも、一生年金が受け取れる 終身年金ですが、
80歳までに亡くなった時に、遺族一時金が受け取れるのが 「A型」。
遺族の保証がないのが 「B型」で、掛け金が少しだけ安くなっています。

続いて、2口目以降は、自由選択となっています。
国民年金基金は、掛け金をひと月 6万8000円になるまで増やせるんです。

ご自分のケースに置き換えて、2口目以降も入力してください。
ちなみに、ここ愛知県周辺の皆様は、2口目以降も加入される方が7割いらっしゃいます。

2口目以降の入力が済んだら、最後に 「課税所得額」の欄を入力します。
この 「課税所得額」とは、収入から経費などを引いた額のことです。

全ての入力が終わったら、「試算する」をクリックすると、、、

「掛け金」や、「将来もらえる年金額」、
さらに、「税の軽減見込み額」などを知ることができます。

ぜひ、自営業者のみなさんも、自分のケースだといくら節税になるのか、
シミュレーションしてみてください。



Q. 愛知県にお住まいの女性から、
  「ひと月に、掛け金は、いくらから、いくらまでかけられますか?」


A. ひと月の掛け金は、6万8000円までかけることができます。
  最低限の掛け金は、年齢によって変わります。

  仮に、20歳の女性が 保証のある基本の終身年金に加入した場合、
  掛け金は8280円です。 同じプランでも50歳の女性だと、2万1100円です。

  つまり、早く加入した方が、もらえる年金も多くなります。



国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。

国民年金基金のホームページも御覧ください。




by STAFF | TIME 13:40|コメント(0)|カテゴリー:-

7月12日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。

まずは、皆さんに1つ質問です。
皆さんは 何歳まで、お仕事を続ける予定でしょうか?

いつまでも続けられればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

だから老後のお金の準備が必要なんです。
現在、女性の平均寿命は 87歳。
女性の約2人に1人が 90歳まで生きられる時代です。

ということは、老後は30年間もあるということになります。

もし国民年金しか年金がなかった場合、
現在の平均受給額5万円と言われています。
皆さんは5万円で暮らせますか?

「別に暮らせるんじゃないかな?」と思った皆さん。  

老後は、たくさんの時間があります。
毎日、家でじっとしていますか? コンサートや映画を見に行きませんか?
スマートフォンは解約しますか? 飲み物はお茶ではなく、水にしますか?

実は、65歳の生活費は、60歳時点と比べて大幅に減るか?というと、あまり変わらないんです。
むしろ、時間がある分増えるという方も、いらっしゃるかもしれません。

では、国民年金の加入者はどうするかというと、
自分で、年金では足りない分のお金を用意するしかありませんよね?

お金を用意するには、貯金や運用、いろいろな方法がありますが、
そこで、国民年金基金のような 公的な年金制度で準備することが大切なんです。
国民年金基金は、将来もらえる年金が 加入した時に決まります。
その年金は、これから景気が悪くなっても、少子高齢化が進んでも ちゃんと一生もらえます。

ぜひ、どれくらいの年金がもらえて、どれくらい節税になるのか、
「国民年金基金」で検索して調べてみてください。


Q. 岐阜県にお住まいの男性から、
  「国民年金基金に入ろうと思っています。
若い時、収入が少なくて 国民年金の保険料を免除してもらった時期がありました。
こんな僕ですが入れますか?」


A. いま、この男性が国民年金で、その保険料を納めていたとすれば、入ることができます。
ただし、厚生年金であった場合は、加入できません。

老後のお金の貯め方には、様々な方法がありますが、
国民年金基金で 老後のお金を用意すると、
掛け金は、全額所得から経費のように引けるため、所得税・住民税が安くなります。

また、貯めたお金は 老後に使えばなくなりますが、
国民年金基金は、生きている限り 100歳になっても一生もらえるんです!
つまり、減らないお財布を作るようなイメージです。

ただ、「将来の年金は減るかもしれない。」
そんなお話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

それは、国民年金のことなんです。

国民年金基金は、加入した時に年金が決まるため、
ゼロ金利や 少子高齢化が続いても、年金は減らないんです!

ぜひ、今の年齢で 掛け金がいくらになるのか、
将来、年金がいくらもらえるのか、お電話でお問い合わせください。

国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (0120ろーごよいくに) まで。
国民年金基金のホームページも御覧ください。




by STAFF | TIME 13:40|コメント(0)|カテゴリー:-

7月5日放送「国民年金基金SMILE INFORMATION」


誰もが気になる老後のお金!
期間限定のプログラム「国民年金基金SMILE INFORMATION」。

ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、
国民年金基金についてお話を伺いました。


突然ですが、今このブログを読んでいるあなたは、
国民年金ですか? 厚生年金ですか?

まずは、年金について、基本中の基本のお話からです。
日本に住む、20歳以上の人は、誰でも国民年金の被保険者になります。
簡単にいうと、国民年金に入ります。

そして、会社員は 国民年金の上に、厚生年金にも加入します。

厚生年金は、会社員や公務員、
国民年金は、それ以外の個人でお店をやっている人や、農家さん、
フリーランスで働く人達が加入します。


では、厚生年金と国民年金は、具体的に何が違うのか。

実は、掛け金も違えば、老後にもらえる年金も違います。
国民年金の平均受給額は、ひと月およそ5万円。
厚生年金の平均受給額は、およそ15万円。
ひと月10万円もの差があるんです。

また、人によってそれぞれもらえる年金は違いますが、
国民年金の人は、どれだけもらえても、ひと月およそ6万5000円です。

そのため、自分で国民年金基金のような、公的な年金制度を利用して、
老後資金を準備しておかないと、老後大変なことになってしまいます。



では、国民年金基金とは、どんなものなのか?

これは、会社員のように 手厚い年金がない国民年金加入者のために
1991年にできた、年金の上乗せ制度のことです。

加入できるのは、自分でお金を払っている自営業者などの第1号被保険者。
国民年金基金に加入すると、65歳から国民年金に上乗せして、
国民年金基金も受け取とることができます。

そしてこの制度は、会社員のように、会社が勝手に手続きしてくれるわけではなく、
自営業者は自分で加入しなければなりません。

ただ、公的な年金制度なので、加入すれば 「自分で手続きしてえらかったね!」と、
掛け金を 全額所得から引いてくれる、
つまり、税金が安くなるというご褒美があるんです!

気になった自営業者のみなさんは、
ぜひ一度国民年金基金のホームページを見てみてくださいね!



Q. 愛知県にお住いの自営業の女性から、
  「国民年金基金の、掛け金の払い込みは何歳までですか? 何歳から受け取れますか?」


A. 先ほど、国民年金基金は、国民年金加入者のための
国民年金に上乗せする、公的な年金制度というお話がありました。

  公的な年金制度ですから、払った掛け金は、
全額、確定申告の時に経費のように 所得から引くことができるんです。
つまり、節税になるんです。

ただし、掛け金は 年齢やプランによっても変わりますが、基本は60歳まで。
60歳以降も 国民年金に任意加入している人は、65歳まで加入でき、
自分で支払うことになります。



そして、国民年金は65歳から。
上乗せの国民年金基金は、基本の年金が65歳から受け取ることができ、
もっと早く受け取りたい人は 60歳から受け取れるプランを追加することもできます。
このように 国民年基金には、いろいろな種類がありますが、
始めた時に 将来いくら年金がもらえるか決まる、わかりやすい年金なんです。

お電話で、プランの相談もできますので、
一度、自分はどのくらいの掛け金で、どれくらい年金がもらえるのか、
1年でどれくらい節税できるのか問い合わせてみてください。


国民年金基金への資料請求・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-65-4192 (ろーごよいくに) まで。
  
国民年金基金のホームページも御覧ください。






by STAFF | TIME 13:40|コメント(0)|カテゴリー:-
全1ページ   1