モンゴルレストラン郷


さて、今週ご紹介したのは名古屋市港区にあるモンゴルレストラン郷。

モンゴルと言ったら思い浮かぶのは、相撲・大草原・マトンでしょうか?
名古屋で数少ないモンゴル料理店です。
ランチ、ディナー共に営業しています

早速店内に足を運ぶと、まず目につくのは店内奥にある、モンゴルを象徴する『ゲル』!
なんと、このゲルの中でお料理を頂くことも出来ます!
他にもテーブル席など、席数はおよそ100席。
2階席もありました。

店内の壁には大きな大草原の壁画。
テレビからはモンゴルの曲が流れていて気持ちはさながらモンゴル旅行♪

オーナーのカイトさんにお伺いしたところ、
このお店に来ていただいた方が故郷を感じられるように、
ゲルも現地で材料を買い付け、カイトさん自ら店内に建てるというこだわりよう。
他にもゲル内のテーブルもカイトさんによるDIYと、兎に角オーナーの思いが行き渡ったお店です。

では、そんなカイトさんとキンキンに冷えたASAHI SUPER DRYを乾杯してインタビュースタートです。

今回ビールに合う至極の一品としてご紹介いただいたのが、
羊の前足焼き!
出ました!モンゴルといえばの羊肉を使った一品。
豪快に前足一足を丸々使った一品。
木のお盆には野菜が敷かれその上にドドンっと乗ってきます。
カイトさんによる8人前あるそうです。
なので、この一品を元に主食をオーダー。皆さんでシェアしていただきたいとのことでした。
因みに、”肩に近いお肉から目上の人が頂く”という風習がモンゴルにはあるとのこと。
会社の方と行かれた際は、そんな雑学も会話のネタになるかもしれないですね。

さらに、8人前は少し多い、という方向けに、前足焼きより小さなラムスペアリブもあります。
少人数の場合はコチラをオーダーするのもありかもしれません。

そして、ブログ用にもう一品ご紹介いただいた至極の一品が、
”ホルホグ”というモンゴル料理。
羊の骨肉と野菜をごろっと。石の器で蒸し焼きにしたお料理。
こちらには、石のテーブルにお肉、お野菜に加え、
3つの石がついてきます。
モンゴルではこの石を持った時に熱かったか、冷めていたかで、体調や運勢を見ていたそうです。
これも郷土料理ならではのカルチャー。

因みに、無料でモンゴルの伝統的な衣装も着ることが出来ます。
しかも着ながら食べられるというのですから、
モンゴルの方にとってはまさに故郷に帰ったかのような気分に。
日本の方もまるでモンゴルに行ったかのような体験ができるということですね。

名古屋でもなかなか珍しいモンゴル料理の専門店。
内装からメニュー、スタッフに至るまで全てが本国さながらのクオリティになっています。
名古屋でモンゴル料理を食べてみたくなったら、間違いなくここ!!
是非足を運んでみてください。

■モンゴルレストラン郷
住所
愛知県名古屋市港区七番町2-11-1 モール9番街34区画室

電話
050-5597-3987

アクセス
地下鉄各港線 東海通線から徒歩5分
東海通駅から369m

営業時間
ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:30)
日曜営業

定休日
無休


店内には大きなゲルが!
本日はコチラでインタビューです。

早速オーナーのカイトさんと乾杯!

こちらが羊の前足焼き!4時間前の予約が必要です。
それだけじっくり丁寧に仕上げられています。

そしてこちらがホルホグ

いただきま〜す!







他にも様々なモンゴル料理がいただけます。





ここで、堀江のサービスショットをどうぞ

みんなも食べに来てね♡

by ADKOB | TIME 15:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市)

韓国天然石焼肉 さらだ


さて、今週は一宮市にある韓国天然石焼肉 さらだ!
こだわりがたっぷり詰まったお店をご紹介いたしました。

外観は一見通常の焼肉屋さんなんですが、
看板にGYM併設と書かれていたり、お店の裏には自家製のジム。
自家製とは言っても侮るなかれ。
かなり本格的なジムが併設されています。

そんなパッション溢れたお店ですが、
店内も本当にきれいでした。
お店はオープンから時間が経っているので、
決しておしゃれな綺麗さ、というよりは清潔さが保たれているといった雰囲気。
こういった細かい部分にも本当にこだわりを感じます。

席数はおよそ62席。
家族で、仲間で楽しめるようなそんな店内でした。

本日インタビューにお答えいただいたのは大将の原田さん。
ボディービルもやってらっしゃるらしく、まるで業務用冷蔵庫の様な分厚い体、
たくましさとパッションがあふれるような大将!
そんな大将とキンキンに冷えたASAHI SUPER DRY EXTRA COLDで乾杯!
夏はやっぱりエクストラコールド!火照った体をスーッと冷やしてくれます。

そして、韓国”天然石”さらだ。
その店名の通り網には天然石を使用。
分厚い石にいくつかの穴がくり抜かれた少し変わった網を使用。
この石の網を使うことで、よりお肉を美味しくいただけるそうです。
しかも!この石の網、作る工程で石版に穴を空けていくわけですが、
その工程で石が割れてしまうこともあるとか。
だけでもこの石の網を使い続ける、原田さんのこだわりを感じます。

さて、お待たせいたしました。
今回ビールに合う至極の一品としてご紹介していただいたのが”和牛生ホルモン”。
和牛ならではの甘みがジュワ〜っと口いっぱいに広がります。

そして、もう一品ブログ用にご紹介いただいたのがユッケジャンうどん。
韓国のちょっと透明がかった麺を使ったおうどん。
これもこだわり抜いた麺を使われているそうです。
ピリッとからいスープがなんですがこってりはしすぎず、
焼肉のシメにはぴったりな一杯でした。

ただの町の焼肉屋と侮るなかれ!
こだわり抜かれた食材とパッションあふれる大将がむかえてくれるお店。
オススメです!

■韓国天然石焼肉 さらだ
住所
愛知県一宮市萩原町富田方西の川2-2

電話
0586-68-6600

アクセス
二子駅から568m

営業時間
11:30〜14:00(L.O13:15)
17:00〜23:00(L.O22:15)

定休日
火曜日(祝日の場合は営業)


この看板が目印です!



店内はこんな雰囲気です。

大将の原田さんと乾杯!

こちらがこだわり抜かれた石の網。

そしてこちらが和牛生ホルモン。

焼くとこんな感じでぷりっぷりになります。

そしてこちらがユッケジャンうどん。

堀江美穂のふ〜ふ〜たいむをどうぞ。

ちゅるちゅる〜♪



他にもこんなメニューがあります。

ごちそうさまでした!

あっ、因みにこちらが併設されているGYM!
パッションあふれる方は、是非コチラも大将に一度聞いてみてから使用してみてください!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(2)|カテゴリー:愛知(名古屋市以外)

焼肉えんわや 鶴見店


さて、今週訪れたのは岐阜県大垣市にある焼肉えんわや鶴見店。
えんわやさんは垂井町にもあるんですが、こちらは大垣市に新しく出来た新店舗です。

店内は木材の茶と黒が基調になった落ち着いた内装になっています。
ボックス席と個室、席数は合わせて45席ほど。
ご家族で行くのもよし、仲間内と大人数で行くのにもぴったりな雰囲気でした。

本日インタビューをさせていただいたのは、代表の藤原さん。
柔らかい雰囲気のとても優しそうな代表とまずはキンキンに冷えたASAHI SUPER DRYで乾杯!!

お店の名前は、
店に着てくれたお客様の"縁"が"輪"になるようにとの願いを込めてこの「えんわや」という店名になったそうです。
なんだかいい出会いもありそうです。

そして!このえんわや鶴見店さんでビールに合う至極の一品としてご紹介していただいたのが、
"特製ネギサガリ"!!
特製の塩ダレにたっぷりつけられたスパイシーなネギがサガリという部位にたっぷりの塗られています。
因みにこのサガリという部位は最近流行のハラミは横隔膜の辺りです。
横隔膜の背中側をカクマク、肋骨側の厚い部分をサガリと呼びます。
赤身に見えますが内臓肉なので、ローカロリーでロースなどに比べてサシが少なくヘルシーなんだそうです。

これもまたにんにくの香りもさることながら、
サガリの味わいがビールと良くあいます!

続いて、ブログ用にご紹介いただいた至極の一品は生馬刺し。
赤々としたしんせんな馬刺し。
冷凍されたものを仕入れず、生のものだけを仕入れているからこそ、
この美味しさが出るんだろうな〜と感動しました。
だからこその"生"馬刺し!

大垣に行かれた際は、是非この焼肉店えんわや立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


こちらがお座席!

代表の藤原さんと乾杯!

まずこちらが特製ネギサガリ!

続いて”生”馬刺し



旨すぎる!

ごちそうさまでした!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:岐阜

カフェ コレバカリダ


さて、今週ご紹介したのは、岐阜県岐阜市にあるビアバー「カフェ コレバカリダ」。
コチラはJR岐阜駅、名鉄岐阜駅から共に徒歩三分ほどの立地にある隠れ家的バー。
一本大通りから裏に入ったところにあるんですが、
旗があるのでそれを目印に探していただければと思います。
お店の外に大きな樽のテーブルが二個あるのが目印です。

店内はなが〜いカウンター席他通常のテーブル席など合わせて25席程。
広々とした空間になっているので、週末は多くのお客さんで賑わいそうです。

そして、今日はオーナーの但馬さんと乾杯してインタビュースタート!
ビールに合う至極の一品としてご紹介いただいたのが骨付きスペアリブ!
大きくも柔らかく仕上げられたスペアリブ。
特性のタレがたっぷりかかっていて、骨までしゃぶりつきたくなる一品でした。
これはもうビールとの相性もバッチリ。
付け合せにトマトやレタス、ポテトも添えられているので、
飲みのつまみとしては最高の一品。

続いてもう一品ブログ用にご紹介いただいたのが、
自家製スモーク4種盛り。
コチラは卵、ハム、サバ、チーズと4種類のスモークが、
おしゃれな石板に乗って運ばれてきます。
これもまた香りが最高!!

どちらもビアバーならではのビールに合う一品でした。
他にもビールにあうお料理も多くありました。
岐阜に寄られた際は、この隠れ家的ビアバーよってみてはいかがでしょうか?

■カフェ コレバカリダ
住所
岐阜県岐阜市住田町1-14-3 斎木ビル 1F

電話
058-213-7640

アクセス
JR岐阜駅北口より歩道橋を渡り、徒歩3分
名鉄岐阜駅より徒歩3分
名鉄岐阜駅から213m

営業時間
17:00〜23:30(L.O.23:00)

日曜営業

定休日
不定休


店内はこんな感じ♪





メニューの殆どは壁にかけられています!

乾杯!

コチラがスペアリブ!

そしてコチラが自家製スモーク4種盛り!

美味しくいただきました!

ごちそうさまでした!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:岐阜

博多花串


さて、今週ご紹介した錦三丁目にある博多名物とやさい巻串のお店、博多花串。
先週の木曜日にオープンしたばかりの新しいお店です。

場所は、錦三丁目本重町通り沿いにある磯丸水産の上にあります。
この辺りはお店が多いので、
是非、下の方に書かれている住所をナビアプリにいれて行ってみてください。

内装はやはり出来たばかりということもあり非常に綺麗でした。
お席は70席ほど。カウンターやテーブル席、個室とどなたでも利用しやすい感じでした。

こちらのお店は、店名にもあるとおり博多名物がメインになったお店です。
名物「野菜肉巻き串」をはじめ、本場博多の味をとことん堪能できます。

まずは、インタビュさせていただいた店長の山内さんと乾杯!
ビールに合う至極の一品としてご紹介いただいたのは、まさにお店の看板メニュー。
花のように綺麗に巻いた博多名物の「野菜肉巻き串」。
その中から特に火加減と塩加減が難しいレタス巻きをご紹介していただきました。
豚肉で巻かれたレタスが二つ串に刺されています。
やっぱりなんと言ってもこの絶妙な食感!
レタスに火は通っているんですが、”しなっ”ともしてなければ生でもない。
実に絶妙な火加減の賜物です。
しかもこれを甘い油の豚肉で巻いてあるんですから、これが美味しくないわけがないんです!
勿論ビールとの相性もバッチリ♪
思わず一玉を半分ずつ、ちびちびかじりながらいただきたくなっちゃいます。

続いてもう一品。
ブログ用にご紹介いただいたのが、ゴボ天うどん!!
細く薄くスライスされたごぼう天が、うどん丼の上に橋を渡すように乗せられていて、
それが、キャンプファイアーの木の如く幾重にも積まれています。
うどんについてくる天ぷらって、ひたひた派と、サクサク派がいますよね。
この一品ならそのどちらの方でも楽しめます。
そのまま行ってよし!浸してよし!二通りの味が楽しめます♪
おうどんは少し柔らかめ。優しい触感のうどんでした。

最新の博多料理が名古屋で楽しめる博多花串。
今週末の飲み会、是非こちらのお店で楽しまれてみてはいかがでしょうか?

■博多花串
住所
名古屋市中区錦3−12−25サミットビル2F

電話
052-957-5539

アクセス
磯丸水産 錦店の上2階。地下鉄東山線 栄駅 1番出口 徒歩5分地下鉄名城・名港線 栄駅 1番出口 徒歩5分

営業時間
17:00-翌朝5時

定休日
無し(年末年始は除く)




店内の様子はこんな感じ。

早速店長の山内さんと乾杯♪













メニューも豊富でどれにしようか目移りしてしまいます。

中でもオススメの野菜肉巻き串からレタス巻きがこちら!

がっつきます。

続いてこちらがコボ天うどん!

すすります。

ごちそうさまでした。

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市)

世界の山ちゃん 駅西4号店


さて、今週ご紹介したお店は、名古屋駅の駅西にある世界の山ちゃん 駅西4号店。
名古屋の駅周辺や飲み屋街には必ずと行っていいほどある世界の山ちゃん!
その中でも、名古屋駅の近くにある”駅西4号店”です!

「駅西店」というだけあって、アクセスも抜群です。
「名古屋」駅太閤通口(新幹線側)より徒歩6分
太閤通口を出て右に曲がり高架に沿って300m進み、
西口店の交差点を左折し50m進んだ所にあります。

店内は、ロの字型の内装になっていて、広くゆったりできる4名様がけのお席や、
最大20名様までのお座敷の個室席、40名様前後の大広間など、様々なお席がありました。
2階席もあって、席数はおよそ145席にもなります。
駅西にある山ちゃんでは一番広いお店が、この4号店だそうです。

お店に入ってまずは、店長の松浦さんと乾杯!
サラサラヘアが素敵な爽やか店長さんです。

今回ご紹介いただいたビールに合う至極に逸品、一品目は…
勿論!幻の手羽先!!!
世界の山ちゃんにきたらこの幻の手羽先は外せませんよね〜♪
運ばれてくると同時に香ってくる、スパイシーな香り。
この食欲をそそる香りは、世界の山ちゃんの、幻の手羽先ならではですよね。

そんな手羽先とビールの無限ループをしていると、
もう一品ブログ用の逸品をご紹介いただきました。

それが、世界の山ちゃん 駅西4号店オリジナルのみそ牛すじ。
味噌がたっぷりしみて、味噌と同色になっている大根。赤茶色に染まったうずら。
そして主役のとろとろ牛すじ。

これがビールに合わないわけがない!!

このオリジナルみそ牛すじがいただけるのは、他のどの世界の山ちゃんでもなく駅西4号店だけ!

写真を見て気になった方は、是非足を運んでみてください。

■世界の山ちゃん 駅西4号店
住所
愛知県名古屋市中村区則武1-1-21

電話
052-452-2820

アクセス
名古屋駅太閤通口(新幹線側)徒歩5分
名古屋駅から425m

営業時間

平日: 17:00〜24:15 (L.O.23:30)
日祝: 17:00〜23:15 (L.O.22:30)
日曜営業
定休日
無し(年末年始は除く)


店内は広々としています。



















さすがのメニューの多さです。

どうぞ、胡椒のよく効いた手羽先、お収めください。

ちゃんと綺麗に食べれました。

そしてこちらがオリジナルみそ牛すじ!

ごちそうさまでした!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市)

中華 はせ川 金山店


今週ご紹介したのは、金山駅の直ぐ側にある、中華 はせ川 金山店。
金山駅をアスナル側から出て徒歩数分で到着するので、お仕事帰りや、金山周辺に遊びに行った際、
帰り道に寄るのにぴったりな立地です。

お店構えは、街の中華店!
この雰囲気が落ち着くんですよね。
店内へ足を運ぶと、ボックス席が続き、奥に進むと、長ーい木のテーブルを囲う形で席が並び、
右側には座敷が並びます。
席数は合計で40席ほど。

この日は、店長の宇野さんにインタビューさせていただきました。
本格的なマーボー豆腐、家庭的なチャーハンに加え、台湾まぜそば、台湾チャーハンなど、
名古屋といえば!の台湾メニューも充実しています。
中華はせ川、その歴史は30年!
地域に愛されている、そんな雰囲気が漂っていました。

少々お話を伺った後、宇野さんと乾杯!
キンッキンに冷えたビールを頂きながら、
ビールに合う至極の一品をご紹介いただきました。

まず一品目にご紹介いただいたのが、四川マーボー豆腐。
常連さんの方もよく頼まれる、間違いのない一品なんだそうです。
豆板醤に加え、四川には欠かせない山椒の辛味がピリッと後から効いてきます。

も〜これからの季節、このマーボー豆腐で汗を流して、
ASAHI SUPER DRYで体を冷やしたい。

そして、ブログ用にもう一品ご紹介いただいたのが、
はせ川台湾ラーメン。
も〜うスープが絶品でした!!
ひき肉もたっぷりはいってるんですが、シメのラーメンにピッタリ。

仕事帰りに一人で行きたくなってしまう。
そんな行きつけにしたい中華料理店でした。

■中華はせ川
住所
愛知県名古屋市中区金山4-6-2 ニューズ金山 1F

電話
052-332-3218

アクセス
金山総合駅より徒歩1分
金山駅から179m

営業時間

[月〜土]
11:00〜翌2:00
[日・祝]
11:00〜24:00
定休日
無休


来店されているお客様が多くて、店内の写真があまり撮れなかったんですが、
この座敷の隣に長ーい木のテーブルを囲む多くのお客様がいました!







ラーメンから一品料理、おつまみまで、メニューはよりどりみどり!

台湾シリーズもお忘れなく!

店長の宇野さんと乾杯!

まずこちらが四川マーボー豆腐。
可愛らしい丼に入ってやってきますが、辛さは強烈!

続いてこちらがスープが絶品のはせ川台湾ラーメン。

癖になる辛さ!ごちそうさまでした。

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市)

焼肉ぜっと KITAMACHI


さて、今週ご紹介したのは、
愛知県・豊田市にある焼肉店「焼肉ぜっと KITAMACHI」。

名鉄豊田市駅から徒歩1分ほど!駅チカな焼肉店です。
kitaraという商業施設の直ぐ側にあるので、kitaraによったついでに行かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

店内は、まるでカフェの様におしゃれなインテリア!
1階席、2階席、合わせて158席ほど。
個室もあるので、グループでの宴会にも使えます。

マネージャーの小川さんと、キンキンに冷えたASAHI SUPER DRYで乾杯!
インタビュースタートです。

まずビールに合う至極の一品!
最初にご紹介していただいたのが、厚切り上塩タン。
分厚いく食べごたえのあるタン!
ビールとの相性も間違いありません。

続いて、ブログ用の品を二品ご紹介していただきました。
それが、ドリーム肉軍艦盛りと、ぜっと盛り。
ドリーム肉軍艦巻きはまさにドリーム!
うに、いくら、そしてキャビア!!
それを、生食できるお肉巻いた軍艦!!
もう贅沢ここに極まり!と一品。

続いて、もう一品ご紹介いただいたのが、
ぜっとイチオシの三種が盛り合わさった一品。
こちらも間違いのない一品でした。

名鉄・豊田市駅の駅チカ。
豊田に行かれた際は是非、おしゃれな焼肉屋さんで贅沢なひとときをお過ごしください。

■焼肉ぜっと KITAMACHI
住所
愛知県豊田市喜多町1-111-1

電話
050-5595-7145

アクセス
豊田市駅から4分(KITARA駐車場入口正面)
豊田市駅から196m

営業時間

[月〜金]
17:00〜23:00(L.O.22:30)
[日曜日]
17:00〜22:00(L.O.21:30)
日曜営業

定休日
第2月曜日






店内の様子はこんな感じです。





メニューも豊富です。

マネージャーの小川さんと乾杯!

こちらが上塩タン!

そしてこちらが、ぜっと盛り!!

おまたせしました!
こちらがドリーム肉軍艦盛り!!
贅沢すぎる…

ごちそうさまでした!

おしゃれなポストが目印です!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市以外)

ガルゴッタ


さて、今週おとずれたのは岡崎にあるイタリアン居酒屋ガルゴッタ。

古民家風の外観なんですが、一歩中に入ると、
和の雰囲気とカントリーな雰囲気の入り交じる、オシャレ空間!
お店の玄関には大きく"肉"の文字がありインパクトがあります。

早速店長さんとアサヒスーパードライで乾杯!
インタビュー開始です!

まずビールに合う至極の一品として紹介していただいたのが、
牛ハラミの直火焼き。
こちrはおしゃれな木のカッティングボードに乗って運ばれてきます。
そこに添えられているのは、ペインティングナイフで伸ばしたかのような、
綺麗に彩られたマスタード。
そしてお肉の上に添えられているのが、
食欲をそそるハーブ、ローズマリー。

一口食べれば、その豪快かつ繊細な味付けが楽しめます。
これがまたビールにも合うんです!!

続いてもう一品、ブログ用にご紹介いただいたのが、
マスカルポーネと生ハムのピザ。

また、このピザの生地がもっちもちなんですよ〜。
腹持ちも良さそうです♪

この他にも生ハムも数種類用意してあって、
お肉に対するこだわりを感じます。

岡崎で、いわゆる”肉バル”に行きたい!と思ったら、
このお店で間違いなしです!


■ガルゴッタ
住所
愛知県岡崎市柱曙2-8-11

電話
050-5868-6899

アクセス
JR東海道本線岡崎駅 東口 徒歩10分
岡崎駅から842m

営業時間

「月〜日、祝前日」
17:00〜24:00(LO23:00)

日曜営業

定休日
不定休






















ごちそうさまでした!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市以外)

うなぎ家 しば福や


さて、今週おとずれたのは、名古屋市は西区・四間道にある鰻屋さん「うなぎ家(か) しば福や」。
今話題の円頓寺商店街からも近い、昨年オープンしたばかりの鰻屋さんで、
名古屋のうなぎの名店『うな富士』さんで修行された方が開かれたお店です。

お店の外観は、町の雰囲気ともぴったりなレトロな2階建てのお店。
店内へ足を運ぶと、レトロな和風の雰囲気がありながら、
清潔的で、特別な時に来たくなるような、特別な空気が流れていました。

インタビューを始めるにあたって、まずは、お店の大将である柴田さんと乾杯!
まず最初にご紹介頂いたビールに合う至極の一品は、大福うなぎの長焼!

取材ディレクターが実際に厨房へ潜入して、
実際に焼いてくる様子も見てきたんですが、
まず驚いたのは、大福うなぎの大きさ!!

通常のうなぎの1.25倍はある大きなうなぎ。
長さもさることながら、厚みもすごい!
これは焼き上がりに期待せざるを得ません。

そして実際に運ばれてきた大福うなぎは、
食べやすいように一口サイズにカットされ、
大きなスクエア型のお皿に乗せられて運ばれてきました。
やっぱり大きい。
これなら、ラーメンどんぶりでもご飯が足りないかもしれない…

味わいもまさに至極の一品。
皮はパリッ!肉はふわふわ。肉汁あふれる身に、特製のタレが絡みます。

あー!!ビール!!!
なんでこんなにビールが合うのか。
うなぎ、ビール、ご飯、うなぎ、ビール、ご飯…
永遠とループできそうでした。

続いて、ブログ用にご紹介いただいた至極の一品が、
スタミナひつまぶし。

こちらは先程の長焼に対して、白焼き!
細かく刻まれたうなぎの白焼きの上に白髪ねぎが上品に添えられています。
更に、お盆には、きざみのり、ねぎ、わさびなどの薬味、
出汁、お吸い物がセットになっています。
やはり、ひつまぶしの魅力といえば、3パターンで楽しめる所。

こちらもしっかり美味しくいただきました。

四間道の町の雰囲気も相まって、
とても贅沢な気分を味わうことができました。
名古屋でうなぎを食べるなら、ココで決まりです!!

■うなぎ家 しば福や
住所
愛知県名古屋市西区那古野1-23-10

電話
050-5596-2699

アクセス
国際センター駅 2番出口より徒歩6分
丸の内駅 7番出口より徒歩8分
国際センター駅から412m

営業時間

■ランチ
11:30〜14:30(L.O.14:00)

■ディナー
17:30〜20:30(L.O.20:00)
日曜営業

定休日
毎週火曜日、第2・第4水曜日




店内の雰囲気はこんな感じ♪

写真の下が大福うなぎ!この大きさ!!

職人の技で丁寧に焼いてくれます。

そして出来上がった長焼きがこちら!

お料理が運ばれてきたところで乾杯!!

続いて、スタミナひつまぶし

思わずこの笑顔です。

ご馳走さまでした!

by ADKOB | TIME 16:15|コメント(0)|カテゴリー:愛知(名古屋市)
全31ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  [次のページ]