4月15日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「新玉ねぎ餃子」


先週に引き続き、今が旬の新タマネギを使って、
トロッとした甘みが楽しめる餃子を作ってみませんか?


<<材料>>(25個分)

餃子皮 1袋(25枚)
豚ひき肉 120g
新タマネギ 200g(1個)
片栗粉 大さじ2
ニラ 30g(1/3束)
ショウガ 大さじ2

◆塩 小さじ1/2
◆胡椒 少々
◆酒 小さじ1
◆醤油 小さじ1
◆砂糖 小さじ1/2
◆ゴマ油 大さじ1


<<作り方>>

1)野菜類をみじん切りにしておきます。
  新タマネギには片栗粉をまぶしておいて下さい。

2)豚ひき肉にショウガ、◆を加えてよく練ってから、
  新タマネギ、ニラを加えてサッと混ぜます。

3)具皮に具をのせ、フチに水をつけ、ヒダを寄せて包みます。

4)熱したフライパンに油をひいて、餃子を並べたら、
  餃子の上からお湯を100ccほど注いで、
  フタをして強火で蒸し焼きにします。

5)中心部まで充分に加熱するよう、お湯がなくなったら中火にします。
  ゴマ油をたらし、焦げ目がつくまで焼いたらできあがり!



詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

4月8日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「新玉ねぎの洋風春捲」


今が旬、トロッと甘い新タマネギと、
パリパリの皮との食感も楽しい春捲を作ってみませんか?


<<材料>>(10本分)

春捲皮 1袋(10枚)
新タマネギ 360g(2個)
キャベツ 120g(1/10個)
ベーコン 60g(3枚)
◆醤油 大さじ1
◆バター 10g
◆塩 少々
◆胡椒 少々

<水溶き小麦粉>
小麦粉 大さじ1
水 大さじ1


<<作り方>>

1)新タマネギ、キャベツ、ベーコンを、
  それぞれ約5mm幅の細切りにしておきます。

2)フライパンに油をひき、(1)を炒め◆を入れて混ぜます。

3)具材が温かいままだと皮が敗れやすいので、
  できあがった後はよく冷ましておきます。

4)皮に具をのせて包み、巻き終わりを水溶き小麦粉でとめます。

5)フライパンに多めの油を入れ、
  弱火できつね色になるまで揚げ焼きにしたら、できあがり!



詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

4月1日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「ふわふわ卵の羽根つき餃子」


ひっくり返したときのインパクト大。
見た目も鮮やかな卵のはねつき餃子を作ってみませんか?

<<材料>>(25個分)

餃子皮 1袋(25枚)
鶏ひき肉 150g
ホウレンソウ 100g(1/2束)
タマネギ 100g(1/2コ)
片栗粉 大さじ1
ベーコン 40g(2枚)
◆ケチャップ 大さじ2
◆酒 小さじ2
◆コンソメスープの素(顆粒) 小さじ1/2
◆塩 小さじ1/2
◆胡椒 少々

<焼き1回分の羽根用卵液>
★卵 1個
★水 大さじ1
★片栗粉 小さじ1/2
★塩 少々
★胡椒 少々

<<作り方>>

1)ホウレンソウはサッと茹で、しっかりと水気を切ってからみじん切りに。
  タマネギはみじん切りにして片栗粉をまぶしておきます。
  ベーコンは細切りにして下さい。

2)鶏ひき肉に◆を加えてよく練ってから、
  (1)を加えてサッと混ぜます。

3)皮に具材をのせ、フチに水をつけて、ヒダを寄せながら包んでいきます。

4)熱したフライパンに油をひいて餃子を円形に並べ、
  餃子の上からお湯を100ccほど注いで、フタをして強火で蒸し焼きにします。 

5)中心部まで充分に加熱するよう、お湯がなくなったら中火にして、
  ★を餃子のまわりに流し入れます。
  
6)卵に火が通ったら餃子の上にお皿をかぶせ、
  フライパンごとひっくり返して盛りつけたら、できあがり!



詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

3月25日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「基本の春捲き」


春は春捲の季節。
基本の春捲きに、旬を迎えるタケノコを入れてみませんか?

<<材料>>(10本分)

春捲皮 1袋(10枚)
豚肉 100g
キャベツ 120g
タケノコ 100g
シイタケ 2枚
ピーマン 1個
長ネギ 1本

<下味用の調味料>
酒 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
片栗粉 大さじ1
<味付用の調味料>
塩 小さじ1/2
こしょう 少々、
砂糖 小さじ1
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1

その他の具材として
スープ
揚げ油

<<作り方>>

1)肉は細切りにし、豚肉下味用調味料を加え、よく混ぜておきます。
  野菜、シイタケも細切りにしておいてください。

2)下味をつけた豚肉をフライパンでさっと炒め、とりだしておきます。
  さらに、熱したフライパンに油をたし、
  野菜類=タケノコ、シイタケ、ピーマン、長ネギを炒めます。
  これに、キャベツを加えさっと炒めてから
  味付け用調味料と先ほど炒めた豚肉をいれ、手早く混ぜます。

3)水溶き片栗粉を加えとろみをつけ、ごま油を入れます。
  これで、中の具が完成。よく冷ましておきましょう。

4)作った具を皮の手前隅に乗せて、巻いていきます。
  隆祥房のWEBサイトに詳しい巻き方が掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

5)160度前後まで温めた油で、きつね色になるまで揚げれば できあがり!



詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

3月18日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「タケノコ餃子」


3月中旬から5月にかけて旬を迎えるタケノコを使って
春らしい餃子を作ってみませんか?

<<材料>>(25個分)

餃子皮 1袋(25枚)
豚ひき肉(または鶏ひき肉)180g
タケノコ(茹で)100g
キャベツ 100g(1/12個)

◆塩 少々
◆こしょう 少々
◆酒 小さじ1
◆醤油 大さじ1と1/2
◆ゴマ油 小さじ1

<<作り方>>

1)タケノコ、キャベツはみじん切りにしておきます。
2)豚ひき肉に◆を加えてよく練ってから、
  (1)を加えてサッと混ぜます。
3)皮に具をのせ、フチに水をつけて、ヒダを寄せて包んで下さい。
4)熱したフライパンに油をひき、餃子を並べて、
  お湯を餃子の上から100cc程度入れ、
  フタをして強火で蒸し焼きにします。
5)お湯がなくなったら中火にし、ゴマ油をたらして、
  焦げ目がつくまで焼いたら できあがり!




詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

3月11日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「基本の餃子」


現在「隆祥房」では、
『「#旧正月は餃子の日」おうち餃子を投稿して当てようキャンペーン』を実施中。
中国では、旧正月に餃子を食べて新年をお祝いする習慣があるそうで、
とても縁起の良い食べ物として知られています。
ということで、あらためて「基本の餃子」をご紹介。
旬のキャベツをたっぷり使ってみましょう。

<<材料>>

餃子皮 1袋(25枚入り)
豚ひき肉(または鶏ひき肉) 180g
キャベツ(または白菜) 150g(1/8個)
ニラ(または長ネギ) 30g(1/3束)
ニンニク 1/2かけ
ショウガ 1/2かけ

<調味料>
◆塩 小さじ1/2
◆胡椒 少々
◆酒 小さじ1
◆醤油 小さじ1
◆ゴマ油 大さじ1

<<作り方>>

1)まずは具材(中身)から・・・
  春キャベツ、ニラもしくは長ネギ、ニンニク、ショウガをみじん切りにします。

2)ボウルへ豚ひき肉、塩、胡椒、酒、醤油、ゴマ油を入れてよく練り合わせ、
  全体が白っぽくなるまでしっかりと混ぜます。
  そこへ(1)のみじん切りにした野菜類を加え、優しくさっと混ぜます。
  →先にお肉に調味料をよく混ぜて、野菜を入れたら水分が出ないように
   さっと混ぜるのがポイント

3)餃子皮の真ん中に具材を乗せて、皮のフチに水をつけて包みます。
  隆祥房のWEBサイトに詳しい包み方が掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

4)熱したフライパンに、うすく油をひいて、餃子の間隔を少しずつあけて並べたら、
  餃子の上から100cc程度、お湯を注ぎます。
  最後に、ふたをして、強火で蒸し焼きにしてください。

5)お湯がなくなったら、中火にしてゴマ油を垂らし、焦げ目がつけばできあがり!


詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

3月4日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「菜の花春巻」


春を告げる野菜の一つ、
今が旬の菜の花を使って、春らしい春捲きを作ってみませんか?


<<材料>>(10本分)

春捲皮 1袋(10本分)
豚肉 100g
菜の花 200g
タケノコ(茹で) 100g
シイタケ 2枚

<下味調味料>
酒 小さじ1
醤油 小さじ1
片栗粉 大さじ1

◆塩 小さじ1/2
◆胡椒 少々
◆砂糖 小さじ1
◆酒 大さじ1
◆醤油 大さじ1/2
◆和風だしの素(顆粒)小さじ1/2
◆水 大さじ1

水溶き片栗粉(とろみ用)として
片栗粉 大さじ1
水 大さじ1

水溶き小麦粉(巻き終わり用)として
小麦粉 大さじ1
水 大さじ1

<<作り方>>

1)まずは中の具材から・・・豚肉は細切りにし、下味用調味料を加えて混ぜまず。
2)菜の花は3センチほどの長さに切り、タケノコ、シイタケは細切りにします。
3)フライパンに油をひき、(1)を炒めて取りだしておきます。
4)野菜類を炒めて、(3)と◆を入れて混ぜます。
5)水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、
  具材の水分が多かったり、温かいままだと皮が破れやすくなるので、
  できあがった具はよく冷ましておきます。
6)春捲皮に具を乗せて包み、巻き終わりを水溶き小麦粉でとめます。
7)160度前後の油できつね色になるまで揚げたらできあがり!



詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

2月25日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「麻辣餃子鍋」


市販の鶏つくねを使って、
しびれる辛さが病みつきになる、餃子鍋を作ってみませんか?


<<材料>>(4人分)

餃子皮 1/2袋(12枚)
市販の鶏つくね(生) 適量
水 1000ml
鶏ガラスープの素 大さじ2
◆ホールの花椒 大さじ1
◆豆板醤 大さじ1
◆酒 大さじ1
◆味噌 大さじ1
◆醤油 小さじ1

<お好みの具材>
豚肉、白菜、チンゲン菜、長ネギ、シメジ、エノキ、
シイタケ、厚揚げなど


<<作り方>>

1)花椒はすりつぶし、◆を混ぜ合わせます。
2)鍋に水を入れて沸騰させ、鶏ガラスープの素、◆を入れます。
3)皮に鶏つくねをのせ、フチに水をつけ、ひだを寄せて包みます。
4)鍋にお好みの具材を入れて煮込みます。
5)(3)を食べる分ずつ鍋に加えて、約3分煮込んだらできあがり。

★煮込みすぎると皮がダレてしまうので、食べる分ずつ加えて下さい。


詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

2月18日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「ワンタンたまごスープ」


ボリュームも美味しさも倍増。
寒いこの時期には、温かいたまごスープにワンタンを入れてみませんか?


<<材料>>(6人分)

雲呑皮・焼売皮 1袋
豚ひき肉 150g
長ネギ 50g(1/2本)
ショウガ 1かけ
卵 4個
万能ネギ 適量
◆塩 小さじ1/2
◆胡椒 少々
◆醤油 小さじ1
◆酒 小さじ1
◆ゴマ油 小さじ1

<スープ>
水 1200ml
中華スープの素(顆粒) 大さじ1と1/2
醤油 小さじ2
塩 少々
胡椒 少々

<<作り方>>

1)長ネギ、ショウガをみじん切りに、万能ネギは小口切りにします。
2)豚ひき肉に、ショウガと◆の調味料類を加えてよく練り、
  長ネギを加えてサッと混ぜます。
3)皮に具材をのせて、フチに水をつけて包みます。
4)スープを煮立て、(3)をくっつかないように1つずつ入れ、中火で約2分茹でます。
5)溶き卵を入れて約1分加熱し、万能ネギを入れて火を止めたらできあがり。

★ワンタンは茹ですぎると皮がダレてしまうので、食べる分ずつ加えて下さい。


包み方など、
詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

2月11日(木)隆祥房LET'S WRAPP'N'ROL「旧正月は餃子の日」



  今日は、「餃子の日」について、紹介します。
  そもそも「餃子」は、中国から伝わった縁起の良いとされる食べ物。
  中国では、旧正月の大晦日に家族全員で餃子を包み、
  日本人がおせちやお雑煮をたべるように、
  旧正月には餃子を食べて、新年を祝うという習慣があります。
  この習慣にならい、
  「隆祥房」では、旧正月(春節)を「餃子の日」としています。
  今年=2021年の「餃子の日」は、2月12日(金)。

  中国では、餃子の形が、清の時代まで使われていた貨幣に似ていることから、
  餃子を新年に食べると金運が良くなると考えられています。
  また、中国語で、子供を授かるという意味の単語「交子(ジャオジ)」と、
  食べる「餃子(ギョウザ)=中国語でチャオズ」が、よく似た読み方をすることから、
  子孫繁栄の縁起を担いだ料理、とされているそうです。

  また、中国では、お正月に食べる餃子の中に、
  1つだけコインを入れて包み、この餃子が当たった人は、
  1年間幸せに過ごせる、という
  おみくじ餃子「咬春=ヤオチュン」を楽しむそうです。
  
  明日=2月12日の「餃子の日」には、
  コインの代わりに、当たりの餃子には「うずらの卵」を包んで、
  おみくじ餃子パーティを楽しんでみませんか?


詳しくは、隆祥房のWEB SITEをご覧ください。

全15ページ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  [次のページ]