COMPANY INDEX

番組審議会レポート

2019年 第3回番組審議会報告

2019年3月14日(木)18:00-19:00
会場 ZIP-FM 大会議室

出席者
委員長   内田 俊宏        
副委員長  野田 葉子
委員    木下 正章
委員    渡邉 和紀
委員    阿部 慎一郎 
委員    広瀬 良子
委員    稲垣 宇乃

<会社側出席者>i
稲葉社長含め8名

概要
「ZIP HOT 100」

今回の審議会では、ミュージック・ナビゲーターの鉄平が担当する
毎週日曜日、午後1時からのプログラム『ZIP HOT 100』について、
各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

まず、ナビゲーターについて、
野田委員からは、「ライトなノリが似合うナビゲーターだ。
といっても軽すぎず、失言も無く、安心して楽しく聴ける。
ただし、話が面白いナビゲーターなので
楽曲を紹介するだけの番組を担当させるのは勿体無いと思う。
トーク中心の番組に出演した方がよい」との意見が出されました。

渡邉委員からは、「トークに安定感があるので安心して聴くことができる。
ただし、アーティスト名や楽曲名が聴き取れない時があるので、
そこは改善してほしい」との意見が、
また、広瀬委員からは、「リスナーと電話で直接話しをするコーナーで、
幅広い世代とフランクに会話できるのは素晴らしい。
子供相手でもフォローが上手だ。
ただし、たまに早口になりすぎるのが気になる」と意見が出されました。

木下委員からは、「トークに安定感があり、番組の進行も流れるよう。
口調にメリハリが感じられ、ZIP-FMらしいトークだと思う。
ただし、『アレしといて』や『メッセーゲ』など頻繁に登場する
この番組以外では通用しない言い回しが気になる。
理解できないリスナーもいるはず」との指摘がありました。
阿部委員からは、「話しがうまく、
ゲームなどのマニアックなネタもマニアックに感じさせないのは見事。
独特のキャラクターも含めて印象はよい。
ただし、ランキング番組自体が一位のしのぎを削る時代でもないので、
ナビゲーター自身がその難しさを感じながらやっているのかなと
感じる場面がある」との意見がありました。

番組全体に対する評価としては、
稲垣委員から「ランキングは、リスナーの中で何が流行っているのかを知るために、
大変参考になるデータだ。楽曲と楽曲の間に解説もあるのでわかりやすく、
ランキングを当てて景品が当たるという娯楽要素も面白く、
日曜日らしい番組だと思う」との意見がだされるなど
おおむね高い評価を得ることが出来ましたが、
その一方で、一部の委員から、
「意味の分からないコーナーがある。
どこかで説明があったほうがよいのでは」との指摘や
「今の時代、100曲のカウントダウン番組を
世の中が求めているのかどうか、疑問である」と指摘する声もありました。


ZIP-FMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、
番組づくりに反映させていきたいと考えています。

次回の番組審議会は、4月11日に開催の予定です。

>>過去のレポート
<2019年>   第1回   第2回
<2018年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回   第11回
<2017年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回
<2016年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2015年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR

PICK UP