COMPANY INDEX

番組審議会レポート

2020年 第3回番組審議会報告

2020年 第3回番組審議会報告

2020年3月
※新型コロナウイルス感染症対策のため、会議形式を中止し、書面提出にて実施

参加者
委員長   野田 葉子
副委員長  後藤 希望
委員    岡田 清和
委員    加藤 雄一
委員    市原 正人
委員    ヤマシタ ヒトシ 
委員    磯部 梨華子
   
概要
「GOODY」

「2020年 第3回番組審議会」は、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
会議で議論を行う形式での開催を中止し、
各委員からレポートを提出していただくという形で行われました。

今回のテーマは、
1月31日に放送された高木マーガレットのナビゲートによる4時間番組、
「GOODY」です。

各委員から出されたのは、次のような意見でした。

まず、加藤委員からは、
「何かの作業をしているうしろで、ずっと流しておきたくなるような番組。
特にナビゲーターの声は、まるで音楽を聴いているような心地よさだ」との意見が、

岡田委員からは
「ナビゲーターの声のトーンが明るく、性格も明るいのが、
金曜日の昼の時間帯に合っていると感じた。
コメントもナビゲーターらしく、中立の立場で好感が持てる。
ラジオショッピングでは、販売員と蟹のやり取りが楽しそうで、
一人でしゃべるよりこちらの方が向いているのではないかとすら感じた」との意見が。

また、市原委員からは、
「トレンドを感じさせる選曲と、無駄に喋りを入れない番組構成が良く、
ナビゲーターの流れるような英語が気持ちよかった」との意見が出るなど、
評価する意見が相次ぐ一方で、
一部の委員からは、
「しゃべり方が幼く、語尾を伸ばすのが気になった。
英語が堪能なことは分かるが、それ以外に個性が出ていないのは残念。
リスナーからのメッセージも4時間番組の割には紹介が少ないと感じた」との指摘や、
「番組を聴いた後に何も残こらなかった。
ナビゲーターのトークには、言い間違いや原稿の読み間違いが多く、
ワンパターンな表現も耳につく」と指摘する意見もありました。

ヤマシタ委員からは、
「“ながら聞きタイプ”のリスナーには心地よく聞ける番組。
選曲はヒット曲だけでなく、どこかで聞いたことのある曲のカバーバージョンなど
攻めている姿勢に好感が持てる。
ただし、アーティストの紹介がどこにでも載っていそうな
オフィシャル発信の内容になっていたことは勿体ない」との意見が、

そして、磯部委員からは、
「きょうも1日頑張るぞと思えるような音楽ばかりで
車の中で聞いていたらノリノリになれそう。
ナビゲーターは、女性らしい声で聞き取りやすいが、
特定のワード、例えば「すごい」という言葉を沢山使っているのが耳に残った」
との意見が出されました。


ZIP-FMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、
番組づくりに反映させていきたいと考えています。

次回の番組審議会は、4月9日に開催の予定です。

>>過去のレポート
<2020年>   第1回   第2回
<2019年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回   第11回
<2018年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回   第11回
<2017年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回
<2016年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2015年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR

PICK UP