COMPANY INDEX

番組審議会レポート

2021年 第5回番組審議会報告


※今回は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会議を中止し、
各委員からのレポート提出形式となりました。

参加者
委員長   後藤 希望        
副委員長  関  千里
委員    田中 靜一 
委員    佐伯 高史         
委員    倉橋 岳            
委員    野村 奈緒       
委員    藤岡 颯太

概要
タイトル:「CULTURE RADIO via TOKYO」《2021年3月27日放送分》
・放送時間   毎週土曜日 19:00〜21:00
・ナビゲーター 澤田修&たけうちほのか

「2021年 第5回番組審議会」は、
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、
第28期の委員7名よりレポートを提出してもらう形式で行われました。

今回の審議会では、
毎週土曜日、夜7時から9時まで、東京・J-WAVEのスタジオから
澤田修とたけうちほのかがナビゲートする2時間番組
『CULTURE RADIO via TOKYO』について、
各審議委員の自由な意見を述べていただきました。

まず、番組全体の印象について
「聴くカルチャーマガジンというコンセプトにふさわしい番組内容だ」、
「各セッションの時間配分も良く、耳心地がいい」
「40代後半以上のリスナーが共感しやすい内容だと感じた」
といった意見が出されました。


また、
「時代を感じられるスピード感をもって届けられる雰囲気が伝わってきた」
「おしゃれな東京の雰囲気を思い出させてくれる」という意見があった一方、
「“東京ならでは”のカルチャーが伝わってきたかと問われると正直微妙」
「東海・愛知・名古屋の視点で届けられた「東京」について、感じる部分はない」
といった指摘もあり、賛否がわかれました。

担当ナビゲーターについては、
「2人のほどよい距離感が伝わってきて、好感が持てる」と、好意見が出されました。

澤田修に関しては
「話し方が非常に落ち着いている」
「声のトーン、話す調子が番組コンセプトに呼応している」といった意見が、
たけうちほのかに関しては
「等身大の20代女性が伝わってきて、とても良い印象」、
「ゲストとのトークにおける話の展開力にまだまだ伸びしろがある」
といった意見が寄せられました。

番組の内容やコーナーについては、
7時台の「カルチャービート」というゲストコーナーのコシノジュンコさんに
「ワクワクした」「興味深い」という感想が多く、
「非常に目の付け所がいいゲスト選択」という意見が出されました。

番組内で流される音楽については、
「トレンドを意識している」という好意見が多く出されました。
また、コーナーで特集されたCITY POPが選曲されていることについて、
「番組プログラムを通じて一貫性が感じられて、気持ちがいい」
といった意見も寄せられました。


ZIP-FMでは、今後も審議会の中で各委員から出されたあらゆる意見を、
番組づくりに反映させていきたいと考えています。

次回の番組審議会は、7月8日に開催の予定です。

>>過去のレポート
<2021年>   第1回   第2回   第3回   第4回
<2020年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回
<2019年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回   第11回
<2018年>   第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回   第11回
<2017年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回
<2016年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2015年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2014年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2013年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回
<2012年>  第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回

PR

PR

PICK UP