AICHI TOYOTA presents GROOVIN' THE TOWN
愛知トヨタ 0 愛知トヨタのホームページはこちらから
「"街"を楽しもう!」をコンセプトに、
「ショッピング」「グルメ」「アミューズメント」「レジャー」などのタウン・スポット情報から、
エンタテインメント情報、イベント情報など、クルマに乗って"街"へ出掛けたくなる
様々なトピックスを毎週ピックアップしてお届けいきます。
また番組では「ECO」にも注目し、「ECOイベント」や
「ECOを感じるイベント」「ECOドライブ」などもご紹介していきます。
(提供:愛知トヨタ)
メッセージ&リクエストをくれた方にプレゼント!!
「グルメ情報」「ショップ情報」など、あなたがお薦めの"街"情報を大募集!ご応募いただいた方の中から毎週抽選でプレゼント!
車用コードレス脱臭機 番組オリジナル・ecoカップ 番組オリジナル・ステッカー
車用コードレス脱臭機
毎週1名様
番組オリジナル・ecoカップ
毎週5名様
番組オリジナル・ステッカー
毎週20名様
メッセージ&リクエストはこちらから
TOWN TOPICS

●2017年9月30日放送

 
「AICHI TOYOTA presents Groovin' The Town, TOWN TOPICS」。
ここでは、今週末から来週にかけて行われるエンタメ情報やイベント情報などをご紹介しましょう。
「TOWN TOPICS」
今日は、モーニング文化発祥の地!「愛知県一宮市」をご紹介。

------------一宮市の基本データ-------------
名古屋市中区丸の内にありますZIP-FMから、北西へ20キロの所にあります一宮市。
面積は113平方キロメートル、人口は2017年9月発表で38万6122人。
特産品は「ウールの織物」、「」、そして「鮎の一夜干し」など。
一宮市といえば、「モーニング文化」発祥の地として有名ですよね。
マスコットキャラクター共に、モーニングをPRする、「モーニングエンジェル」というご当地アイドルも登場しています。

お出かけスポットを見ていきましょう。
まずは、一宮市の名前の由来にもなった、「真清田神社」。
神社の位を表す言葉で「一の宮」、「二の宮」、「三の宮」とあるなかで、「一の宮」に位置づけられていたのがこの「真清田神社」なんです。
由緒ある神社であることに加え、周辺のグルメスポットも充実しています。

また一宮市のランドマークでもある「138タワーパーク」がある、「木曽三川公園」も人気スポットのひとつ。
今月22日には、12種類、16本のすべり台が付いた大型遊具、「わくわくスライダー」も完成しましたね。
三本のレーンが横に並んだ台や、ローラーの上を滑るタイプ、さらに、トンネル形の滑り台など、さまざまな滑り台が扇状に広がっています。

そんな、木曽三川公園では現在、「オータムフェス」が開催中です。
コスモスなどおよそ13万本の今見頃を迎えた花々を楽しむことが出来ます。
また、明日の夜6時分からは、天体望遠鏡を使ってスマートフォンなどで夜空の、撮影会も行われます。秋の夜長を空を見上げながら、ゆっくり過ごすのもいいですねー。
■映画■
映画情報いきましょう!

まずは今週の映画ランキング。
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が初登場No.1。

東野圭吾の同名ベストセラー小説を、『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一が実写映画化した作品。
主演の山田涼介をはじめ、西田敏行、尾野真千子、成海璃子、門脇麦など、豪華俳優陣が顔をそろえています。
先週末の土日2日間での動員数は16万8000人、興行収入は2億1000万円を記録。
観客の男女比は3:7と女性客の割合が高いようで、各映画館ごとにある「レディースデイ」に客足が伸びそうです。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、「イオンシネマ各務原」他で公開中。
● 続いては、今週スタートしたおすすめ映画をご紹介。
昨日からスタートしたヒューマンドラマ「僕のワンダフル・ライフ」。
少年「イーサン」に命を救われたゴールデンレトリバーの子犬「ベイリー」は、「イーサン」を慕い、彼と固い絆を結んでいきます。
しかし、イーサンよりベイリーの寿命は短く、やがて別れの時が訪れます。
「ベイリー」は「イーサン」に会いたい一心で生まれ変わり、50年で3度の転生を経てついに再会。自分の大切な使命に気付いていきます。

映画「僕のワンダフル・ライフ」は、「ミッドランドスクエア シネマ」他で、どうぞ。
その他、元祖エイリアンの監督、リドリー・スコット監督による、『エイリアン』シリーズの原点を描いた作品「エイリアン:コヴェナント」。
「君に届け」の熊澤尚人監督最新作「ユリゴコロ」もやってまーす。
上に戻る
TOWN PICK UP

「AICHI TOYOTA presents Groovin' The Town, TOWN PICK UP」、ここでは、番組オススメのスポットを1カ所ピックアップ、直接電話をつないでお話をうかがいます。

さて、期間限定でパワーアップ中のTOWN PICK UP!

僕デイルが乗り心地抜群の「プリウスPHV」に乗って、ZIPエリア各地にある、注目のグルメスポットにおじゃまします。

今日は「名古屋市緑区有松町」にあります、伝統工芸品をテーマにした一品が有名なパン屋さん「ダーシェンカ 名古屋・有松店」さんにお邪魔してきました!

デイル: では、このお店についてお話伺っていきましょう。「石窯パンの店 緑と風のダーシェンカ」の社長、小倉さん、よろしくお願いします。
こんにちはー!
小倉様: よろしくお願いします。
デイル: 早速なんですけども本店は幸田にあるということですが、こちらのお店はどういったきっかけで始められたんですか?
小倉様: ここは16年前になるんですが、古い建物を壊してマンションを作るという話が出たんです。
そのことを気にかけられた住民の方から、「何かマンションを作らずに、古い建物を使って商売ができないですか〜」というご要望があって、うちに声がかかったんですよ〜。
デイル: なるほど!でもそのおかげもあってか、この辺の景観は風情のあるいい町並みが残っていますよね。
小倉様: 京都に匹敵するぐらい守られていると思います。
デイル: こちらでは、「有松絞りパン」というのがいただけるということですが、こちらはどういったパンなんでしょう?
小倉様: こちらは有松の絞りの様に、数種類のパン生地を食パンにぐるぐる〜と螺旋状に巻き込んだパンです。
デイル: これが通常1斤の状態で売られて入るんですけども、今日はそれをスライスしたものをご用意していただきました。
この断面を見てみるともう芸術作品のようですね。
これは季節によって生地とか中のナッツ類は変わるんでしょうか?
小倉様: 今は国産の和栗、玉露、コーヒー、かぼちゃの生地と、4色でぐるぐる巻いてますけども、これが季節によってトマトに変わったりチョコレートに変わったり、色々変化します。
デイル: では、私も早速その有松絞りパンを頂いてみていいでしょうか?
小倉様: はい、どうぞ!
デイル: では、いただきまーす!

食感がまず良いですね〜。和栗もいいアクセントになってます。
そして、一つ一つの生地の味が一緒に味わってるんですが、瞬間瞬間で玉露の味も香ればコーヒーの香りも香れば、かぼちゃの香りが鼻を抜けたり…
こ〜れは美味しいですね〜。
小倉様: もちもちしてませんか?
デイル: すごいもちもちしてます!
これはなぜなんでしょう?
小倉様: これは、石窯で焼いて自家製の酵母でやると、油が入っていないんですけどしっとり感ともっちり感がでるんですよ〜。
デイル: なるほど〜。やっぱりその製法がこの触感を生み出しているんですね。
この渦を巻くように焼き上げるのも相当な手間がかかってますよね?
小倉様: これは模様が変わっちゃうのでいつも1人の人しか巻かないんですよ〜。
デイル: そうなんですね。
今この秋バージョンも美味しく頂いてますが、中の生地が変わるごとに食べにきたいですね〜。
他にも、この店にはいつも何種類ぐらいのパンがご用意されているんでしょう?
小倉様: ここは30種類ぐらいなんですが、幸田のお店とか大高にもお店があるんですが、そこから入れ代わり立ち代わり違うパンが出てきます。
なので、一週間来ていただくと昨日のパンと今日のパンが違うものが揃ってますね。
デイル: では、毎日来るのが良いかもしれませんね。(笑)
さぁ、一番大事な営業時間とアクセス方法ですけども、小倉さん教えて頂けますか?
小倉様: オープンが朝の10時でクローズが午後6時で、定休日は毎週月・火が定休日になっているのでご注意くださいませ。
最寄りの駅は名鉄本線「有松駅」が50m程の所にあります。
車でのアクセスの場合はお店の駐車場も数台分ありますし、そちらが満車でしたら近くにコインパーキングもありますので、お車でもお越しいただけます。
デイル: ありがとうございます。
今日は本当に美味しいパン、ごちそうさまでした!

ということで、今日は緑区有松町にあります「ダーシェンカ 名古屋・有松店」さんにおじゃましました。
小倉さん、ごちそうさまでした!
「ダーシェンカ 名古屋・有松店」
所在地:愛知県名古屋市緑区有松2304
上に戻る
ECO TOPICS
「AICHI TOYOTA presents GROOVIN'THE TOWN, ECO TOPICS」、
ここでは、「エコ」にまつわるトピックスをご紹介します。

「自転車シェアリングならぬ、バッテリーシェアリング!?」

続いては、 ECO TOPICS!

ここ最近、電気自動車や水素を利用した乗り物が増える中、沖縄の石垣島で、エコな乗り物のシェアリングシステムが始まるそうです。

それが、台湾のGogoro(ゴゴロ)社が開発した電動スクーター、「スマートスクーター」。
このスクーターは、専用のバッテリーパックを2つ搭載していて、1回の充電で100kmの走行が可能とのことです。
バッテリーは毎回充電するというものではなく、ユーザーが充電ステーション「GoStation」に出向いて、充電済みバッテリーに交換するというシステム。
空のバッテリーと充電済みバッテリーの交換時間は6分程で済むそうです。

台湾の台北などでは、既にシェアリングサービス、そして販売もしていて、パリやベルリンでもこの取組がスタートしています。

そこで日本でもこの取組をスタートさせようということなんですが、実証実験として、観光客が爆発的に増えていて、環境汚染なども懸念されている、沖縄県の石垣島が選ばれたということです。

現時点では、価格などのサービスは詰めている段階とのことで、石垣島にあるレンタサイクルなどを見ながら決まっていくそうで、今後はさらに、ソーラーパネルを使った、太陽光発電などで生み出された電気も使用する予定とのことです。

自転車のシェアリングが都市部で始まって、各地に広がっていますが、こういったクリーンで高機能な乗り物のシェアリングが広がれば、都市部でのco2排出量削減に大きな貢献ができるようになりそうですよね。
今後の実験結果に期待しましょう。

上に戻る
● 過去のオンエア分
Copyright © ZIP-FM Inc.All rights reserved.